メインメニューを開く

2005年トルコグランプリ (I Turkish Grand Prix) は、2005年F1世界選手権の第14戦として、2005年8月21日にイスタンブール・パークで開催された。

トルコの旗 2005年トルコグランプリ
レース詳細
2005年F1世界選手権全19戦の第14戦
Istanbul park.svg
日程 2005年シーズン
決勝開催日 8月21日
正式名称 I Turkish Grand Prix
開催地 イスタンブール・パーク
トルコイスタンブール
コース Permanent racing facility
コース長 5.34
レース距離 309.72
決勝日天候 Sunny; 30°C Air; 45°C Track
観客数 100,000
ポールポジション
ドライバー マクラーレン-メルセデス
タイム 1:26.797
ファステストラップ
ドライバー コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ マクラーレン-メルセデス
タイム 1:24.770 (39周目)
決勝順位
優勝 マクラーレン-メルセデス
2位 ルノー
3位 マクラーレン-メルセデス

金曜プラクティス編集

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクター Lap
1 9   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 1:26.797 -
2 6   ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 1:27.039 +0.242
3 5   フェルナンド・アロンソ ルノー 1:27.050 +0.253
4 10   ファン・パブロ・モントーヤ マクラーレン-メルセデス 1:27.352 +0.555
5 16   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:27.501 +0.704
6 8   ニック・ハイドフェルド ウィリアムズ-BMW 1:27.929 +1.132
7 7   マーク・ウェバー ウィリアムズ-BMW 1:27.944 +1.147
8 12   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 1:28.419 +1.622
9 17   ラルフ・シューマッハ トヨタ 1:28.594 +1.797
10 15   クリスチャン・クリエン レッドブル-コスワース 1:28.963 +2.166
11 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1:29.369 +2.572
12 14   デビッド・クルサード レッドブル-コスワース 1:29.764 +2.967
13 3   ジェンソン・バトン B・A・R-ホンダ 1:30.063 +3.266
14 4   佐藤琢磨 B・A・R-ホンダ 1:30.175 +3.378
15 18   ティアゴ・モンテイロ ジョーダン-トヨタ 1:30.710 +3.913
16 21   クリスチャン・アルバース ミナルディ-コスワース 1:32.186 +5.389
17 20   ロバート・ドーンボス ミナルディ-コスワース -
18 11   ジャック・ヴィルヌーヴ ザウバー-ペトロナス -
19 19   ナレイン・カーティケヤン ジョーダン-トヨタ -
20 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ -

決勝編集

順位 No 国籍 ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 9   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 58 1:24:34.454 1 10
2 5   フェルナンド・アロンソ ルノー 58 +18.609 3 8
3 10   ファン・パブロ・モントーヤ マクラーレン-メルセデス 58 +19.635 4 6
4 6   ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 58 +37.973 2 5
5 3   ジェンソン・バトン B・A・R-ホンダ 58 +39.304 13 4
6 16   ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 58 +55.420 5 3
7 14   デビッド・クルサード レッドブル-コスワース 58 +1:09.292 12 2
8 15   クリスチャン・クリエン レッドブル-コスワース 58 +1:11.622 10 1
9 4   佐藤琢磨 B・A・R-ホンダ 58 +1:19.987 20
10 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 57 +1 lap 11
11 11   ジャック・ヴィルヌーヴ ザウバー-ペトロナス 57 +1 lap 16
12 17   ラルフ・シューマッハ トヨタ 57 +1 laps 9
13 20   ロバート・ドーンボス ミナルディ-コスワース 55 +3 laps 17
14 19   ナレイン・カーティケヤン ジョーダン-トヨタ 55 +3 laps 18
15 18   ティアゴ・モンテイロ ジョーダン-トヨタ 55 +3 laps 14
リタイア 21   クリスチャン・アルバース ミナルディ-コスワース 48 撤退 15
リタイア 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 32 接触 ダメージ 20
リタイア 8   ニック・ハイドフェルド ウィリアムズ-BMW 29 タイヤ 6
リタイア 12   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 28 エンジン 8
リタイア 7   マーク・ウェバー ウィリアムズ-BMW 20 タイヤ 7
  • ウィリアムズ-BMWは2台とも右リアタイヤのトラブルでリタイアした。
  • ミハエル・シューマッハマーク・ウェバーは14ラップ目に接触した。シューマッハの右リアサスペンションがダメージを受けたものの、シューマッハは修理の後、次戦イタリアでの予選ポジション獲得のためレースに復帰した。ウェバーのウィリアムズはノーズコーンを失った。
  • ファン・パブロ・モントーヤは2位を走行していたものの、ティアゴ・モンテイロに追突されディフューザーを損傷した。次のラップでモントーヤはターン8に真っ直ぐ突っ込み、2位の座をフェルナンド・アロンソに明け渡した。
  • フェリペ・マッサニック・ハイドフェルドとの接触でフロントウィングと導風板を失った。修理の後レースに復帰したが、29ラップ目にエンジントラブルでリタイアした。
  • 通常ファステストラップは予選タイムよりも遅いにもかかわらず、モントーヤのファステストラップはチームメイトのライコネンの予選タイムよりも2秒以上速かった。

編集

第14戦終了時点でのランキング編集

  • 太字は理論上ワールドチャンピオンの可能性あり
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集