メインメニューを開く

2012年のヨーロピアン・ル・マン・シリーズ

2012年のヨーロピアン・ル・マン・シリーズ
前年: 2011 翌年: 2013

2012年のヨーロピアン・ル・マン・シリーズは、フランス西部自動車クラブ (ACO) の統括するヨーロピアン・ル・マン・シリーズEuropean Le Mans Series season, ELMS ル・マン・シリーズとして知られる)の9年目のシーズン。選手権タイトルは5つのカテゴリーに与えられるが、LMP1カテゴリーは争われずに、グランドツアラーとFIAのGT3車両によるGTCカテゴリーが新設された。2012年は4月1日のル・カステレで開幕し、10月20日のロード・アトランタまで3戦でタイトルが争われた。

スケジュール編集

ELMSはFIA 世界耐久選手権(前インターコンチネンタル・ル・マン・カップ)とレースを共催しないという決定に続いて、現在はWECの一部であるスパ・フランコルシャンシルバーストンを新たなレースとして必要とした。ポール・リカールは2011年から引き続いた唯一のレースであり、今シーズンも伝統的な開幕戦となった[1]ゾルダー・サーキットはシリーズ第2戦として開催予定であったが、4月1日にエントラントの不足のため中止となった。ELMSのチームは代わりにWECのスパ6時間に参戦した[2]。ドニントン戦は僅かなエントリーで開催されたが、後にシーズン後半の2戦、ブルノ戦とアルガルヴェ戦がキャンセルとなった。これらの2戦に代わってELMSのチームはアメリカン・ル・マン・シリーズプチ・ル・マンへの参戦が許可され、ポイントは2倍のポイントが与えられることになった。ELMSはフル参戦チームに対して輸送の支援を行った[3]

ラウンド レース サーキット 開催日
- 公式テストセッション   ポール・リカール 3月9日-10日
1 カステレ6時間レース   ポール・リカール 4月1日
2 ドニントン6時間レース   ドニントンパーク 7月15日
3 プチ・ル・マン   ロード・アトランタ 10月20日

レギュレーションの変更編集

2012年シーズンに備えてル・マン・シリーズはクラス構造への変更を行った。LMP1カテゴリーは大半のファクトリーチームがWECへ転向しエントリー数が減少したため廃止となった。これによってLMP2カテゴリーがシリーズのトップカテゴリーとなった。トップカテゴリーが減少した一方で、底辺カテゴリーが新設されGTCと名付けられた。このクラスはフェラーリ・458 チャレンジポルシェ・911 GT3 カップロータス・エヴォーラ GT4といったワンメイクレースを統合したカテゴリーであった。GTCチームには1名以上のプロドライバーの参加は許されない[4]。最後にFLMカテゴリーはLMPチャレンジと改称され、アメリカン・ル・マン・シリーズと共有された[5]

エントリーリスト編集

エントリーリスト[6]
チーム 車両 エンジン タイヤ No ドライバー 出場ラウンド
LMP2
  グリーヴス・モータースポーツ ザイテック・Z11SN ニッサン VK45DE 4.5L V8 D 1   アレックス・ブランドル 全戦
  トム・キンバー=スミス
  ルーカス・オルドネス 1-2
  アレックス・ブンカン 3
  ペコム・レーシング オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5L V8 D 10   ルイス・ペレス・コンパンク 1-2
  ピエール・カッファー 1-2
  ジャンマリア・ブルーニ 1
  ソヘイル・アヤリ[7] 2
  レース・パフォーマンス オレカ・03 ジャッド-BMW HK 3.6L V8 D 11   ジョナサン・ハーシ 1
  ミケル・フライ 1
  ラルフ・マイクトリー[8] 1
  ステータス・グランプリ ローラ・B12/80 ジャッド-BMW HK 3.6L V8 D 17   アレクサンダー・シムス[9] 1-2
  イェルマー・バーマン[9] 1
  ディーン・スターリング[9] 1
  ジュリアン・ジュス[7] 2
  マキシム・ジュス[7] 2
  マーフィー・プロトタイプス MG-オレカ・03 ジャッド-BMW HK 3.6L V8 D 18   ジョディ・ファース 全戦
  ウォーレン・ヒューズ
  ルカ・モロ[8] 1
  ブレンドン・ハートレイ[7] 2-3
  セバスチャン・ローブ・レーシング オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5L V8 D 19   ニコラ・マロック 1-2
  ニコラ・ミナシアン 1-2
  ステファン・サラザン[8] 1-2
  オーク・レーシング モーガン・LMP2 ジャッド-BMW HK 3.6L V8 D 24   ジャック・ニコレ 1-2
  ギョーム・モロー[8] 1
  ドミニク・クライハマー[8] 1
  マチュー・ラーイエ[7] 2
ニッサン VK45DE 4.5L V8 35   ベルトラン・バゲット[7] 2-3
  ディミトリ・アンジャルベール[7] 2
  オリビエ・プラ[7] 2-3
  ジャック・ニコレ 3
  Jota ザイテック・Z11SN ニッサン VK45DE 4.5L V8 D 38   サム・ハンコック 1-2
  サイモン・ドゥーラン 1-2
  エクストリーム・リミット ARIC ノーマ M200P ジャッド-BMW HK 3.6L V8 D 44   ファビアン・ロジエ 1
  フィリップ・ティリオン[8] 1
  ブーツェン・ジニオン・レーシング オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5L V8 D 45   バスティエン・ブリエール 1
  ジャック・クラーク[8] 1
  セバスチャン・ブエミ 1
  ティリエ・バイ・TDSレーシング オレカ・03 ニッサン VK45DE 4.5L V8 D 46   マティアス・ベシェ 全戦
  ピエール・ティリエ
  クリストフ・タンソー 3
LMPC
  ブーツェン・ジニオン・レーシング[8] オレカ・FLM09 シボレー LS3 6.2L V8 M 40   トーマス・ダゴニュー[8] 1-2
  マッシモ・ヴィンニャーリ[8] 1
  ジャン=マルク・マーリン[8] 1
  ジャン=シャルル・バテュー[7] 2
  ジョン・ハーツホーン[7] 2
  カーティス・レーシング・テクノロジーズ オレカ・FLM09 シボレー LS3 6.2L V8 M 42   フィル・キーン 1
  ジョン・ハーツホーン 1
  アレックス・カパディア[10] 1
LM GTE Pro
  ケッセル・レーシング[8] フェラーリ・458イタリア GTC フェラーリ F142 4.5L V8 D 61   ミカエル・ブロニシェウスキ[8] 1
  フィリップ・ペーター[8] 1
  JMWモータースポーツ フェラーリ・458イタリア GTC フェラーリ F142 4.5L V8 D 66   ジェームズ・ウォーカー 1
  ジョニー・コッカー[8] 1-2
  アラン・シモンセン 2
  JMBレーシング フェラーリ・458イタリア GTC フェラーリ F142 4.5L V8 M 83   ハイメ・メロ 1
  マルコ・フレッツァ 1
LM GTE Am
  AFコルセ フェラーリ・458イタリア GTC フェラーリ F142 4.5L V8 M 60   ピエルジュゼッペ・パラジーニ 全戦
  マルコ・チオーチ
  マット・グリフィン[8]
  IMSA・パフォーマンス・マットムート ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 M 67   アンソニー・ポンス 全戦
  ニコラ・アルミンド
  レイモン・ナラク
  ガルフ・レーシング アストンマーティン・ヴァンテージ GTE アストンマーティン 4.5L V8 D 69   スチュワート・ホール[8] 1
  ロアルド・ゲーテ[8] 1
  プロスピード・コンペティション ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 M 75   マーク・グーセンス[8] 1
  マキシム・ソウレ[8] 1
  JMBレーシング フェラーリ・458イタリア GTC フェラーリ F142 4.5L V8 M 99   アラン・フェルテ 1
  フィリップ・イリアノ 1

レース結果編集

ラウンド サーキット LMP2 優勝チーム LMPC 優勝チーム GTE Pro 優勝チーム GTE Am 優勝チーム 詳細
LMP2 優勝ドライバー LMPC 優勝ドライバー GTE Pro 優勝ドライバー GTE Am 優勝ドライバー
1 ポール・リカール   No. 46 ティリエ・バイ・TDSレーシング   No. 42 カーティス・レーシング・テクノロジーズ   No. 66 JMWモータースポーツ   No. 75 プロスピード・コンペティション レポート
  マティアス・ベシェ
  ピエール・ティリエ
  ジョン・ハーツホーン
  アレックス・カパディア
  フィル・キーン
  ジェームズ・ウォーカー
  ジョニー・コッカー
  マーク・グーセンス
  マキシム・ソウレ
2 ドニントン   No. 35 オーク・レーシング   No. 40 ブーツェン・ジニオン・レーシング   No. 66 JMWモータースポーツ   No. 67 IMSA・パフォーマンス・マットムート レポート
  オリビエ・プラ
  ディミトリ・アンジャルベール
  ベルトラン・バゲット
  トーマス・ダゴニュー
  ジャン=シャルル・バテュー
  ジョン・ハーツホーン
  ジョニー・コッカー
  アラン・シモンセン
  ニコラ・アルミンド
  レイモン・ナラク
  アンソニー・ポンス
3 ロード・アトランタ   No. 46 ティリエ・バイ・TDSレーシング Did Not Participate Did Not Participate   No. 67 IMSA・パフォーマンス・マットムート レポート
  マティアス・ベシェ
  ピエール・ティリエ
  クリストフ・タンソー
  ニコラ・アルミンド
  レイモン・ナラク
  アンソニー・ポンス

ランキング編集

ポイントは10位以上に与えられる。レース距離の70%に満たない車両、フィニッシュできなかった車両には与えられない。ポールポジションには1ポイントが与えられる(太字で表示)。プチ・ル・マンのポイントは2倍[3]

ポイントシステム
順位 ポールポジション
1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
25 18 15 12 10 8 6 4 2 1 1

チーム・ランキング編集

LMP2、GTE Pro、GTE Amのチャンピオンおよび2位は2012年のル・マン24時間レースに自動エントリーとなる。

LMP2編集

 
ティリエ・バイ・TDSレーシングはLMP2チームズ・タイトルを獲得した。
順位 チーム シャシー エンジン CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1   ティリエ・バイ・TDSレーシング オレカ・03 ニッサン・VK45DE 4.5 L V8 26 18 50 94
2   オーク・レーシング モーガン・LMP2 ジャッド-BMW HK 3.6 L V8
ニッサン・VK45DE 4.5 L V8
8 26 37 71
3   グリーヴス・モータースポーツ ザイテック・Z11SN ニッサン・VK45DE 4.5 L V8 12 6 30 48
4   セバスチャン・ローブ・レーシング オレカ・03 ニッサン・VK45DE 4.5 L V8 18 12 30
5   ペコム・レーシング オレカ・03 ニッサン・VK45DE 4.5 L V8 6 10 16
6   ステータス・グランプリ ローラ・B12/80 ジャッド-BMW HK 3.6 L V8 15 0 15
7   マーフィー・プロトタイプス MG-オレカ・03 ジャッド-BMW HK 3.6 L V8 0 15 0 15
8   レース・パフォーマンス オレカ・03 ジャッド-BMW HK 3.6 L V8 10 10
9   エクストリーム・リミット ARIC ノーマ M200P ジャッド-BMW HK 3.6 L V8 4 4
10   Jota ザイテック・Z11SN ニッサン・VK45DE 4.5 L V8 2 0 2
-   ブーツェン・ジニオン・レーシング オレカ・03 ジャッド-BMW HK 3.6 L V8 0 0

LMPC編集

順位 チーム シャシー エンジン CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1   ブーツェン・ジニオン・レーシング オレカ・FLM09 シボレー 6.2 L V8 1 26 27
2   カーティス・レーシング・テクノロジーズ オレカ・FLM09 シボレー 6.2 L V8 25 25

LM GTE Pro編集

順位 チーム シャシー エンジン CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1   JMWモータースポーツ フェラーリ・458イタリア GTC フェラーリ 4.5 L V8 25 26 51
2   JMBレーシング フェラーリ・458イタリア GTC フェラーリ 4.5 L V8 19 19

LM GTE Am編集

 
IMSA・パフォーマンス・マットムートはGTE Amクラスのタイトルを獲得した。
順位 チーム シャシー エンジン CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1   IMSA・パフォーマンス・マットムート ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 18 25 51 94
2   AFコルセ フェラーリ・458イタリア GTC フェラーリ 4.5 L V8 15 19 0 34
3   プロスピード・コンペティション ポルシェ・997 GT3-RSR ポルシェ 4.0 L Flat-6 26 26

ドライバーズ・ランキング編集

LMP2編集

順位 ドライバー チーム CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1=   ピエール・ティリエ   ティリエ・バイ・TDSレーシング 26 18 50 94
1=   マティアス・ベシェ   ティリエ・バイ・TDSレーシング 26 18 50 94
2=   ベルトラン・バゲット   オーク・レーシング 25 37 62
2=   オリビエ・プラ   オーク・レーシング 25 37 62
3   ジャック・ニコレ   オーク・レーシング 8 9 37 54
4   クリストフ・タンソー   ティリエ・バイ・TDSレーシング 50 50
5=   アレックス・ブランドル   グリーヴス・モータースポーツ 12 6 30 48
5=   トム・キンバー=スミス   グリーヴス・モータースポーツ 12 6 30 48
6=   ニコラ・マロック   セバスチャン・ローブ・レーシング 18 12 30
6=   ステファン・サラザン   セバスチャン・ローブ・レーシング 18 12 30
6=   ニコラ・ミナシアン   セバスチャン・ローブ・レーシング 18 12 30
7   ディミトリ・アンジャルベール   オーク・レーシング 25 25
8   ルーカス・オルドネス   グリーヴス・モータースポーツ 12 6 18
9=   ルイス・ペレス・コンパンク   ペコム・レーシング 6 10 16
9=   ピエール・カッファー   ペコム・レーシング 6 10 16
10=   アレクサンダー・シムス   ステータス・グランプリ 15 0 15
10=   ディーン・スターリング   ステータス・グランプリ 15 15
10=   イェルマー・バーマン   ステータス・グランプリ 15 15
10=   ジョディ・ファース   マーフィー・プロトタイプス 0 15 0 15
10=   ウォーレン・ヒューズ   マーフィー・プロトタイプス 0 15 0 15
10=   ブレンドン・ハートレイ   マーフィー・プロトタイプス 15 0 15
11=   ミケル・フライ   レース・パフォーマンス 10 10
11=   ジョナサン・ハーシ   レース・パフォーマンス 10 10
11=   ラルフ・マイクトリー   レース・パフォーマンス 10 10
11=   ソヘイル・アヤリ   ペコム・レーシング 10 10
12   マシュー・ラハイエ   オーク・レーシング 9 9
13=   ギョーム・モロー   オーク・レーシング 8 8
13=   ドミニク・クライハマー   オーク・レーシング 8 8
14   ジャンマリア・ブルーニ   ペコム・レーシング 6 6
15=   ファビアン・ロジエ   エクストリーム・リミット ARIC 4 4
15=   フィリップ・ティリオン   エクストリーム・リミット ARIC 4 4
16=   サム・ハンコック   Jota 2 0 2
16=   サイモン・ドゥーラン   Jota 2 0 2

LMPC編集

順位 ドライバー チーム CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1   ジョン・ハーツホーン   カーティス・レーシング・テクノロジーズ
  ブーツェン・ジニオン・レーシング
25 26 51
2   トーマス・ダゴニュー   ブーツェン・ジニオン・レーシング 1 26 27
3   ジャン=シャルル・バテュー   ブーツェン・ジニオン・レーシング 26 26
4=   アレックス・カパディア   カーティス・レーシング・テクノロジーズ 25 25
4=   フィル・キーン   カーティス・レーシング・テクノロジーズ 25 25
5=   ジャン=マルク・マーリン   ブーツェン・ジニオン・レーシング 1 1
5=   マッシモ・ヴィンニャーリ   ブーツェン・ジニオン・レーシング 1 1

LM GTE Pro編集

順位 ドライバー チーム CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1   ジョニー・コッカー   JMWモータースポーツ 25 26 51
2   ジェームズ・ウォーカー   JMWモータースポーツ 25 1 26
3   アラン・シモンセン   JMWモータースポーツ 25 25
4=   ハイメ・メロ   JMBレーシング 19 19
4=   マルコ・フレッツァ   JMBレーシング 19 19

LM GTE Am編集

順位 ドライバー チーム CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1=   アンソニー・ポンス   IMSA・パフォーマンス・マットムート 18 25 51 94
1=   ニコラ・アルミンド   IMSA・パフォーマンス・マットムート 18 25 51 94
1=   レイモン・ナラク   IMSA・パフォーマンス・マットムート 18 25 51 94
2=   ピエルジュゼッペ・パラジーニ   AFコルセ 15 19 0 34
2=   マルコ・チオーチ   AFコルセ 15 19 0 34
2=   マット・グリフィン   AFコルセ 15 19 0 34
3=   マーク・グーセンス   プロスピード・コンペティション 26 26
3=   マキシム・ソウレ   プロスピード・コンペティション 26 26

マニファクチャラーズ・カップ編集

LMP2編集

順位 コンストラクター CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1 オレカ-ニッサン 44 33 50 127
2 モーガン-ニッサン 25 37 62
3 ザイテック-ニッサン 14 6 30 50
4 モーガン-ジャッド 8 9 17
5 ローラ-ジャッド 15 0 15
6 オレカ-ジャッド 10 10
7 ノーマ-ジャッド 4 4

LM GTE編集

順位 コンストラクター CAS
 
DON
 
ATL
 
合計
1 ポルシェ 27 18 51 96
2 フェラーリ 44 41 0 85
- アストンマーティン 0 0

参照編集

  1. ^ Tracks for Drivers...”. Le Mans Series (2011年11月22日). 2011年11月28日閲覧。
  2. ^ Zolder annule ! Des reflexions en cours pour le futur de la serie.”. Endurance-Info.com (2012年4月1日). 2012年4月2日閲覧。
  3. ^ a b Dagys, John (2012年7月20日). “ELMS: Series Cancels Brno, Algarve, Teams Invited to Petit Le Mans”. Speed Channel. 2012年7月20日閲覧。
  4. ^ Dagys, John (2011年11月10日). “LE MANS: LMS Confirms GTC Class For 2012”. speedtv.com. Speed Channel. 2011年11月29日閲覧。
  5. ^ Dagys, John (2011年9月8日). “LE MANS: ACO, ORECA Launch LMPC Trophy”. speedtv.com. Speed Channel. 2011年11月29日閲覧。
  6. ^ ELMS 2012 Entry List”. europeanlemansseries.com (2012年2月10日). 2012年3月8日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j Donington: The Participants”. European Le Mans Series. Peter Auto (2012年7月11日). 2012年7月14日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Le Castellet: The Participants”. europeanlemansseries.com (2012年3月23日). 2012年3月24日閲覧。
  9. ^ a b c “Alexander Sims joins Status GP for European Le Mans Series”. Autosport.com. (2012年3月29日). http://www.autosport.com/news/report.php/id/98444 2012年3月29日閲覧。 
  10. ^ Mercier, Laurent (2012年3月28日). “6H Castellet : Alex Kapadia rejoint CURTIS Racing Technologies” [6H Castellet: Alex Kapadia joined CURTIS Racing Technologies] (French). endurance-info.com. Endurance-Info. 2012年3月29日閲覧。

外部リンク編集