2013 ワールド・ベースボール・クラシック・オーストラリア代表

2013 ワールド・ベースボール・クラシックオーストラリア代表(2013ワールド・ベースボール・クラシックオーストラリアだいひょう)は、2013年に開催されたWBC第3回大会野球オーストラリア代表である。2013年3月2日から3月5日に台湾台中台中インターコンチネンタル野球場で開催される1次リーグのB組からの開幕となる。

経緯

編集

2013年

編集

1月に暫定メンバーが発表された。

2月に代表メンバーが発表された。

2月23日、24日に京セラドーム日本代表と壮行試合を行った。

3月、台湾でのB組で開幕した。結果は、全敗だった。これにより、次大会は予選からの出場となった。

試合結果

編集

壮行試合・強化試合

編集

2013 WBC 日本代表壮行試合(大阪)

編集

[1]

2月23日(第1戦)

編集

18:38開始(3時間16分、観衆29,740人) 京セラドーム大阪

オーストラリア   2 - 3   日本
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  オーストラリア 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 7 2
  日本 0 0 0 0 0 0 0 3 X 3 4 0
  1. 豪:オクスプリングルジックブライトT.ケネリーラッセル、●ケントウィリアムズ - M.ケネリー
  2. 日:田中杉内、〇能見、(S)牧田 - 阿部相川
  3. :能見  :ケント  S:牧田  
  4. 本塁打
    日:相川 1号(8回3点ケント)

2月24日(第2戦)

編集

18:38開始(3時間16分、観衆29,740人) 京セラドーム大阪

日本   10 - 3   オーストラリア
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  日本 2 0 0 3 0 2 0 3 0 10 13 1
  オーストラリア 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 5 4
  1. 日:〇前田澤村森福攝津今村山口 - 阿部炭谷
  2. 豪:ローランドスミスサールサーポルトタナーリンゼイワイズ
  3. :前田  :サール  
  4. 本塁打
    豪:ヒューズ 1号(3回3点前田)

第1ラウンドB組

編集

1回戦(3月2日)

編集

ゲーム1、試合開始時刻:12:30 (試合時間:2時間53分、入場者数:20,035人)[2]

 オーストラリア 1 - 4  チャイニーズタイペイ

2回戦(3月4日)

編集

ゲーム4、試合開始時刻:18:30 (試合時間:3時間31分、入場者数:1,481人)[3]

 韓国 6 - 0  オーストラリア
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
 韓国 3 1 0 0 0 0 1 0 1 6 11 0
 オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1

3回戦(3月5日)

編集

ゲーム5、試合開始時刻:12:30 (試合時間:2時間50分、入場者数:1,113人)[4]

 オーストラリア 1 - 4  オランダ
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
 オーストラリア 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 8 2
 オランダ 1 3 0 0 0 0 0 0 x 4 8 1

選手

編集
ポジション 背番号 氏名 英語表記 所属球団 備考
監督 24 ジョン・ディーブル Jon Deeble
コーチ 43 フィル・デール Phil Dale 投手コーチ
8 マイケル・コリンズ Michael Collins
2 トニー・ハリス Tony Harris
15 グレッグ・ジェルクス Greg Jelks 走塁コーチ
27 グレアム・ロイド Graeme Lloyd
16 グリーン・ウィリアムズ Glenn Williams 打撃コーチ
投手 6 アンドリュー・ラッセル Andrew Russell  アトランタ・ブレーブス傘下
10 アダム・ブライト Adam Bright  メルボルン・エイシズ
18 ライアン・ローランドスミス Ryan Rowland-Smith  ボストン・レッドソックス傘下
25 スティーブン・ケント Steven Kent  キャンベラ・キャバルリー
28 ブレンダン・ワイズ Brendan Wise  パース・ヒート
30 ワーウィック・サーポルト Warwick Saupold  デトロイト・タイガース傘下
32 シェイン・リンゼイ Shane Lindsay  メルボルン・エイシズ
33 ライアン・サール Ryan Searle  シカゴ・カブス傘下
35 クリス・オクスプリング Chris Oxspring  シドニー・ブルーソックス
36 ブラッド・トーマス Brad Thomas  兄弟エレファンツ
38 ドゥシャン・ルジック Dushan Ruzic  アデレード・バイト
41 マシュー・ウィリアムズ Matthew Williams  シドニー・ブルーソックス
44 クレイトン・タナー Clayton Tanner フリーエージェント
捕手 7 マット・ケネリー Matt Kennelly  アトランタ・ブレーブス傘下
11 アラン・デサンミゲル Allan de San Miguel  ボルチモア・オリオールズ傘下
内野手 3 マイク・ウォーカー Mike Walker  ミルウォーキー・ブルワーズ傘下
4 ジョシュ・デービーズ Josh Davies  メルボルン・エイシズ
9 ジェイムズ・ベレスフォード James Beresford  ミネソタ・ツインズ傘下
12 ブラッド・ハーマン Brad Harman  メルボルン・エイシズ
20 ルーク・ヒューズ Luke Hughes  パース・ヒート
22 ステファン・ウェルチ Stefan Welch  ピッツバーグ・パイレーツ傘下
26 ジャスティン・ヒューバー Justin Huber  メルボルン・エイシズ
外野手 5 コーリー・アダムソン Corey Adamson  サンディエゴ・パドレス傘下
14 クリス・スネリング Chris Snelling  シドニー・ブルーソックス
17 ミッチ・デニング Mitch Dening  シドニー・ブルーソックス
19 ジョシュア・ロバーツ Joshua Roberts  ブリスベン・バンディッツ
23 ティム・ケネリー Tim Kennely  フィラデルフィア・フィリーズ傘下
34 デビッド・カンディラス David Kandilas  コロラド・ロッキーズ傘下

[5][6][7]

脚注

編集

注釈

編集

出典

編集


関連項目

編集