メインメニューを開く

2013 ワールド・ベースボール・クラシック・チャイニーズタイペイ代表

2013 WBCチャイニーズタイペイ代表
第2ラウンド1回戦、日本戦(2013年3月8日)

2013 ワールド・ベースボール・クラシック・チャイニーズタイペイ代表は、2013年に開催されたワールド・ベースボール・クラシック第3回大会に出場した野球チャイニーズタイペイ代表である。

目次

経緯編集

2009年
第2回WBCで無勝利であったため、第3回WBCは予選からの出場となった。
2012年
9月21日に、予選の代表メンバーが発表された[1]
予選では全勝し本戦進出を決めた。
2013年
1月14日に、本戦の代表メンバーが発表された[2]
第1次ラウンドは勝ち抜いたものの、第2ラウンドで敗退した。

試合結果編集

下記(青帯)表記は以下の通り

ゲームNo. 試合開始時間(試合時間、入場者数)

x - x

予選4組編集

1回戦(11月15日)編集

ゲーム2 試合開始時間18:30(2時間29分、9,788人)

  チャイニーズタイペイ 10 - 0   ニュージーランド
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
  ニュージーランド 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
  チャイニーズタイペイ 0 0 1 1 8 0 x 10 11 0
  1. 規定により7回コールドゲーム
  2. ニ : ●ジョン・ホルツコムアデルマンボイスブレムナービショップ
  3. 台 : ○王躍霖、H黄欽智、H官大元鄭凱文增菘
  4. : 王躍霖  : ジョン・ホルツコム  

2回戦(11月16日)編集

ゲーム4 試合開始時間18:30(2時間56分、10,911人)

  フィリピン 0 - 16   チャイニーズタイペイ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
  チャイニーズタイペイ 0 0 3 0 8 0 5 16 14 1
  フィリピン 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5
  1. 規定により7回コールドゲーム
  2. 台 : ○傅于剛陽耀勲羿
  3. 比 : ●小川デラカルサダジャバテジャスミンビナラオ
  4. :   : 小川  

本選進出決定戦(11月18日)編集

ゲーム6 試合開始時間19:09(3時間31分、8,163人)

  チャイニーズタイペイ 9 - 0   ニュージーランド

第1ラウンドB組編集

1回戦(3月2日)編集

ゲーム1、試合開始時刻:12:30 (試合時間:2時間53分、入場者数:20,035人)[3]

  オーストラリア 1 - 4   チャイニーズタイペイ

試合概要  オーストラリア打線をステファン・ウェルチのソロホームランによる1点に抑えて勝利を収めた。

2回戦(3月3日)編集

ゲーム3、試合開始時刻:14:30 (試合時間:3時間9分、入場者数:20,035人)[4]

  オランダ 3 - 8   チャイニーズタイペイ

3回戦(3月5日)編集

ゲーム6、試合開始時刻:19:30(試合時間:3時間27分、入場者数:23,431人)[5]

  チャイニーズタイペイ 2 - 3   韓国
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
  チャイニーズタイペイ 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 8 1
  韓国 0 0 0 0 0 0 0 3 x 3 8 1
  1. 台 : 陽耀勲王鏡銘羅錦龍、●郭泓志(0-1) - 高志綱
  2. 韓 : 張元準盧景銀朴熙洙孫勝洛、○張ウォン三、(S)呉昇桓姜ミン鎬陳甲龍
  3. :   : 郭泓志  S: 呉昇桓  
  4. :  韓 – 姜正浩

第2ラウンド1組編集

1回戦(3月8日)編集

ゲーム2 試合開始時間19:00(4時間37分、43,527人)[6]

  日本 4 - 3   チャイニーズタイペイ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
  日本 0 0 0 0 0 0 0 2 1 1 4 13 0
  チャイニーズタイペイ 0 0 1 0 1 0 0 1 0 0 3 11 0
  1. 日 : 能見篤史攝津正田中将大山口鉄也澤村拓一、○牧田和久、S杉内俊哉 - 阿部慎之助相川亮二炭谷銀仁朗
  2. 台 : 王建民潘威倫郭泓志王鏡銘、●陳鴻文羿陽耀勲 - 林泓育高志綱
  3. : 牧田和久(1勝1S)  : 陳鴻文(1敗)  S: 杉内俊哉(1S)  

敗者復活1回戦(3月9日)編集

ゲーム3 試合開始時刻:19:00 (試合時間:2時間43分、入場者数:12,884人)[7]

(ゲーム2敗者)   チャイニーズタイペイ 0 - 14   キューバ(ゲーム1敗者)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 R H E
  チャイニーズタイペイ 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
  キューバ 2 0 0 4 0 8 x 14 12 0
  1. 7回規定によりコールドゲーム
  2. 台 : ●羅錦龍陽耀勲王溢正曾仁和 - 高志鋼
  3. キ : ○ダニー・ベタンコートノルベルト・ゴンサレスラシエル・イグレシアス - フランク・モレホンエリエル・サンチェス
  4. : ダニー・ベタンコート(2勝)  : 羅錦龍(1敗)  
  5. :  キ – フレデリク・セペダ1号2ラン(1回、羅錦龍)、ヤズマニー・トマス2号3ラン(4回、陽耀勲)、ホセ・アブレイユ2号2ラン(6回、王溢正)、アルフレド・デスパイネ3号ソロ(6回、曾仁和)

選手編集

本戦ロースター編集

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 81 謝長亨
コーチ 77 謝承勳
6 陳威成
27 葉君璋
76 劉栄華
56
投手 12 黄欽智  Lamigoモンキーズ
15  兄弟エレファンツ
17 曾仁和  高雄市立三民高級中学
18 潘威倫  統一セブンイレブン・ライオンズ
19 王溢正  横浜DeNAベイスターズ
22 王躍霖  シカゴ・カブス傘下
40 王建民 フリーエージェント 2012年は ワシントン・ナショナルズでプレー
41 王鏡銘  統一セブンイレブン・ライオンズ
51 郭泓志 フリーエージェント 2012年は シカゴ・カブス傘下でプレー
63 羿  読売ジャイアンツ
71 羅錦龍  統一セブンイレブン・ライオンズ
91 陽耀勲  福岡ソフトバンクホークス
99 陳鴻文  國訓中心棒球隊
捕手 7 鄭達鴻  義大ライノズ
11 林泓育  Lamigoモンキーズ
34 高志綱  統一セブンイレブン・ライオンズ
内野手 8 陳江和  兄弟エレファンツ
9 林益全  義大ライノズ
13  統一セブンイレブン・ライオンズ
21 郭巌文  Lamigoモンキーズ
23 彭政閔  兄弟エレファンツ
31 林智勝  Lamigoモンキーズ
98 林瀚  合作金庫棒球隊
外野手 1 陽岱鋼  北海道日本ハムファイターズ
16 周思斉  兄弟エレファンツ
24 林哲  ヒューストン・アストロズ
59 張正偉  兄弟エレファンツ
66 張建銘  義大ライノズ

予選ロースター編集

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 81 謝長亨
コーチ 77 謝承勳
6 陳威成
27 葉君璋
76 劉榮華
56
投手 1 傅于剛  統一セブンイレブン・ライオンズ
12 黄欽智  Lamigoモンキーズ
15  兄弟エレファンツ
17 曾仁和  高雄市立三民高級中学
18 官大元  兄弟エレファンツ
20 鄭凱文 フリーエージェント 2012年は 阪神タイガースでプレー
22 王躍霖  シカゴ・カブス傘下
42 増菘  兄弟エレファンツ
54 林彦峰  興農ブルズ
63 羿  読売ジャイアンツ
91 陽耀勲  福岡ソフトバンクホークス
96 林家  Lamigoモンキーズ
99 陳鴻文  國訓中心棒球隊
捕手 7 鄭達鴻  興農ブルズ
11 林泓育  Lamigoモンキーズ
34 高志綱  統一セブンイレブン・ライオンズ
内野手 3 李杜軒  福岡ソフトバンクホークス
9 林益全  興農ブルズ
13  統一セブンイレブン・ライオンズ
21 郭巌文  Lamigoモンキーズ
23 彭政閔  兄弟エレファンツ
31 林智勝  Lamigoモンキーズ
52 陳江和  兄弟エレファンツ
外野手 8 智堯  Lamigoモンキーズ
16 周思斉  兄弟エレファンツ
41 高国輝  シアトル・マリナーズ傘下
59 張正偉  兄弟エレファンツ
66 張建銘  興農ブルズ

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集