メインメニューを開く

2017年オーストリアグランプリ

2017年オーストリアグランプリ (2017 Austrian Grand Prix) は、2017年のF1世界選手権第9戦として、2017年7月9日レッドブル・リンクで開催された。

オーストリアの旗 2017年オーストリアグランプリ
レース詳細
Circuit Red Bull Ring.svg
日程 2017年シーズン第9戦
決勝開催日 7月9日
開催地 レッドブル・リンク
オーストリアの旗 オーストリア シュピールベルク
コース 恒久的レース施設
コース長 4.318km
レース距離 71周(306.452km)
決勝日天候 曇(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:04.251
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1:07.411(Lap 69)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「FORMULA 1 GROSSER PREIS VON ÖSTERREICH 2017」。

レース前編集

このレースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ソフト、スーパーソフト、ウルトラソフトの3種類[1]

ホンダは前戦アゼルバイジャンGPのフリー走行でフェルナンド・アロンソのみ使用した「スペック3」を、アロンソとストフェル・バンドーンの2台に供給する[2]

メルセデス7月4日(火曜日)の時点で、ルイス・ハミルトンギアボックスを交換することを決定。6戦連続使用という規定を満たすことができないため、ハミルトンは5グリッド降格となる[3]

レッドブル・リンクは2014年のF1カレンダー復帰以降、F1でのコーナー数は「9」としていたが、ターン1とターン2の間のキンクをコーナーと見なしているMotoGPと同じ「10」に変更した[4]

フリー走行編集

開催日時は現地時間 (UTC+2、以下同じ)。

1回目編集

2017年7月7日 10:00

気温22度、路面温度34度、晴天のドライコンディション。このセッション限定で、フォース・インディアセルジオ・ペレスに代わりアルフォンソ・セリスJr.が、ルノーニコ・ヒュルケンベルグに代わりセルゲイ・シロトキンがドライブした。34分にマックス・フェルスタッペンがターン7でクラッシュした。高速コースであるがゆえにスピンやコースオフの場面が多々見られた。トップタイムはハミルトンの1:05.975だが、他の上位勢がスーパーソフトで自己ベストを出した中、唯一ソフトで記録している。スペック3を投入したマクラーレン勢はバンドーン7位、アロンソ9位と初日から好調な仕上がりを見せた。なお、両者ともウルトラソフトで自己ベストを出している[5]

2回目編集

2017年7月7日 14:00

気温30度、路面温度43度、昼ににわか雨が降ったが路面はすぐに乾き、晴天のドライコンディションで行われた。マクラーレン勢とペレスはマシンの整備が遅れたためコースインが遅れた。アロンソは7周でフロアを壊し、さらに交換作業も必要になってしまった。1回目に続いてコースのあちこちでマシンコントロールを失う場面が見られた。52分にターン9でコースオフしたカルロス・サインツJr.がフロア周りに大きなダメージを負い、ダニール・クビアトも「何かパーツを失ってパワーもなくなった」とピットに戻る。クビアトはコースに復帰したものの、再びパワーユニットにトラブルが発生してしまった。トップタイムは1回目に続きハミルトン(1:05.483)で、セバスチャン・ベッテルが0.147秒差で2位[6]

3回目編集

2017年7月8日 11:00

気温22度、路面温度30度、晴天のドライコンディション。アロンソは「スペック3」パワーユニットのMGU-Hにトラブルが発見されたため、旧仕様の「スペック2」パワーユニットに載せ替えた[7]。4分にサインツが1コーナーを回ったところでストップ。エンジンの再始動を試みるも復帰できなかった。10分にサインツのマシンが撤去され、各車続々とコースインする。なお、サインツはセッション後半に復帰している。まず、フェルスタッペンがウルトラソフトで1:06.387でトップタイムをマークし、続けて1:06.015までタイムを更新した。20分にベッテルが1:05.384でトップとなり、バルテリ・ボッタス、ハミルトンが続く。セッション後半にハミルトンがウルトラソフトで1:05.361のトップタイムを出すも、ベッテルが1:05.092で塗り替える。ハミルトンは残り10分にブレーキトラブルが発生し、スロー走行のままピットに戻った[8]

予選編集

2017年7月8日 14:00

ボッタスが2度目のポールポジションを獲得した。

経過編集

気温30度、路面温度47度、晴天のドライコンディションで行われた[9]

Q1
ロマン・グロージャンがターン7でコースオフするが、クラッシュを回避しコースへ復帰。ケビン・マグヌッセンはサスペンションのトラブルでピットへ戻った。ハミルトンがウルトラソフトでトップタイムを出し、ベッテルはスーパーソフトで2番手に続いた。フリー走行から不調のウィリアムズザウバーの各2台、そしてジョリオン・パーマーがQ1敗退となった。
Q2
Q3進出者にとってはレーススタート時のタイヤを決めるセッションでもあるが、各車ウルトラソフトでアタックを開始する中、既に5グリッド降格が決まっているハミルトンのみスーパーソフトを選択した。1回目のアタックでトップに立ったのはボッタスで、ハミルトンが2番手に続いた。ハミルトンは2回目のアタックもスーパーソフトで走り3位。ベッテルが2位となった。マグヌッセンはサスペンションの修理が間に合わず、タイムを出せなかった。
Q3
最初のアタックでボッタスがトップに立ち、ベッテルとハミルトンが続く。フェルスタッペンはターン1のミスが響き6位。各車2回目のアタックに臨もうとしたが、グロージャンがターン3出口のコース上にストップし黄旗が出される。これによりタイム更新ができず、ボッタスがそのままポールポジションを獲得した。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:05.760 1:04.316 1:04.251 1
2 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:05.585 1:04.772 1:04.293 2
3 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:05.064 1:04.800 1:04.424 8 1
4 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:05.148 1:05.004 1:04.779 3
5 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:05.854 1:05.161 1:04.896 4
6 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:05.779 1:04.948 1:04.983 5
7 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:05.902 1:05.319 1:05.480 6
8 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:05.975 1:05.435 1:05.605 7
9 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:06.033 1:05.550 1:05.674 9
10 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1:05.675 1:05.544 1:05.726 10
11 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:06.174 1:05.597 11
12 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:06.158 1:05.602 12
13 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:06.316 1:05.741 13
14 26   ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1:05.990 1:05.884 14
15 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:06.143 no time 15
16 30   ジョリオン・パーマー ルノー 1:06.345 16
17 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:06.534 17
18 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:06.608 18
19 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:06.857 19
20 94   パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 1:07.011 PL 2
107% time: 1:09.618
ソース[10][11]
追記
  • ^1 - ハミルトンは6戦以内のギアボックス交換のため5グリッド降格[3][12]
  • ^2 - ウェーレインは予選後にICE(エンジン)を交換したため、決勝はピットレーンからスタート[13]

決勝編集

2017年7月9日 14:00

ボッタスが初のポール・トゥ・ウィンで2勝目を飾った。

展開編集

気温28度、路面温度48度、湿度37%、曇天のドライコンディションで行われた[14]

ボッタスが好スタートで首位をキープ。ターン1でクビアトがアロンソに追突しフェルスタッペンも巻き込まれた。アロンソはコースに復帰を果たすもピットに戻りリタイア、フェルスタッペンはチームからの指示でマシンを止めリタイアした。

ギアボックス交換により8番グリッドからスタートとなったハミルトンは徐々に順位を上げていき5位まで浮上し、20周目にはライコネンの背後まで迫ったが、ここからは膠着状態となる。30周目、ストロールと入賞圏内の10位を争っていたマグヌッセンがギアを失いリタイア。

32周目にハミルトンが上位勢では一番先にピットインし、スーパーソフトからウルトラソフトに交換した。続いてリカルドとベッテルもタイヤ交換を済ませる。ボッタスは41周目まで引っ張ったが、流石にタイヤの摩耗が激しく「もうタイヤが残っていない」という本人の訴えもありピットイン。ベッテルの3秒前でコースに復帰するが、まだタイヤ交換を済ませていないライコネンが前に立ちふさがる。フェラーリはライコネンにボッタスを抑えさせ、ベッテルとの差を詰める作戦であったが、ライコネンのタイヤも限界に来ており、44周目にボッタスがライコネンをパスしてトップに返り咲いた。ライコネンはこの直後にタイヤ交換を行った。

以後しばらく上位陣に変動はなかったが、レース終盤になって先頭のボッタスが2位ベッテルに、3位リカルドが4位ハミルトンに猛烈なプレッシャーをかけられる。ファイナルラップまでこの接近戦が見られたが、ボッタスとリカルドの両者とも最後までポジションをキープした。ボッタスは初のポール・トゥ・ウィンで今シーズン2勝目を飾った。ベッテルは0.6秒及ばず2位に終わったが、ハミルトンが4位に終わったため、2人のポイント差は20に広がった。3位のリカルドは5戦連続、レッドブルはホームレースで初の表彰台となった。予選で振るわなかったウィリアムズ勢はマッサ9位、ストロール10位で今シーズン初のダブル入賞を果たした。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 71 1:21:48.523 1 25
2 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 71 +0.658 2 18
3 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 71 +6.012 4 15
4 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 71 +7.430 8 12
5 7   キミ・ライコネン フェラーリ 71 +20.370 3 10
6 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 71 +1:13.160 6 8
7 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 70 +1 Lap 7 6
8 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 70 +1 Lap 9 4
9 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 70 +1 Lap 17 2
10 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 70 +1 Lap 18 1
11 30   ジョリオン・パーマー ルノー 70 +1 Lap 16
12 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 70 +1 Lap 1 13
13 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 70 +1 Lap 11
14 94   パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 70 +1 Lap PL
15 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 69 +2 Laps 19
16 26   ダニール・クビアト トロ・ロッソ 68 +3 Laps 2 14
Ret 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ 44 エンジン 10
Ret 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 29 ハイドロリクス 15
Ret 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1 アクシデント 12
Ret 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 0 アクシデント 5
ソース[15]
ファステストラップ[16]
ラップリーダー[17]
追記
  • ^1 - バンドーンは青旗無視のため、ドライブスルーペナルティとペナルティポイント2点が科された[18]
  • ^2 - クビアトはスタート直後にアロンソと接触したため、ドライブスルーペナルティとペナルティポイント2点が科された[19]

第9戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ F1オーストリアGP:各ドライバーのタイヤ選択”. F1-Gate.com (2017年6月28日). 2017年7月7日閲覧。
  2. ^ ホンダ、F1オーストリアGPで両ドライバーに“スペック3”エンジンを投入”. F1-Gate.com (2017年7月4日). 2017年7月7日閲覧。
  3. ^ a b ベッテルを追うハミルトンにグリッド降格ペナルティ。F1オーストリアGPは6番手以下からのスタートに”. AUTOSPORTweb (2017年7月8日). 2017年7月8日閲覧。
  4. ^ F1オーストリアGP:レッドブル・リンクのコーナー数を変更”. F1-Gate.com (2017年7月6日). 2017年7月7日閲覧。
  5. ^ F1オーストリアGP FP1:ソフトタイヤのハミルトンがトップ、アロンソも9番手で好調な滑り出し”. AUTOSPORTweb (2017年7月7日). 2017年7月8日閲覧。
  6. ^ F1オーストリアGP FP2:初日トップはハミルトン、僅差でベッテルが続く。アロンソも好調を維持”. AUTOSPORTweb (2017年7月7日). 2017年7月8日閲覧。
  7. ^ アロンソのF1パワーユニットにトラブル。旧仕様の“スペック2”に戻す”. AUTOSPORTweb (2017年7月8日). 2017年7月8日閲覧。
  8. ^ ベッテルがトップタイム【タイム結果】F1オーストリアGPフリー走行3回目”. AUTOSPORTweb (2017年7月8日). 2017年7月8日閲覧。
  9. ^ F1オーストリアGP予選:ボッタスが自身2度目のポールを獲得、アロンソは12番手”. AUTOSPORTweb (2017年7月8日). 2017年7月8日閲覧。
  10. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS VON ÖSTERREICH 2017 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2017年7月8日). 2017年7月8日閲覧。
  11. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS VON ÖSTERREICH 2017 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2017年7月9日). 2017年7月9日閲覧。
  12. ^ Stewards Decision Doc 22 - Lewis Hamilton”. FIA (2017年7月8日). 2017年7月9日閲覧。
  13. ^ F1オーストリア GP:決勝スターティンググリッド”. F1-Gate.com (2017年7月9日). 2017年7月9日閲覧。
  14. ^ ボッタスが初のポール・トゥ・ウイン達成!”. ESPN F1 (2017年7月9日). 2017年7月9日閲覧。
  15. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS VON ÖSTERREICH 2017 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2017年7月9日). 2017年7月9日閲覧。
  16. ^ FORMULA 1 GROSSER PREIS VON ÖSTERREICH 2017 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2017年7月9日). 2017年7月9日閲覧。
  17. ^ Lap Chart”. FIA (2017年7月9日). 2017年7月10日閲覧。
  18. ^ Stewards Decision Doc 39 - Stoffel Vandoorne”. FIA (2017年7月9日). 2017年7月9日閲覧。
  19. ^ Stewards Decision Doc 42 - Daniil Kvyat”. FIA (2017年7月9日). 2017年7月9日閲覧。
前戦
2017年アゼルバイジャングランプリ
FIA F1世界選手権
2017年シーズン
次戦
2017年イギリスグランプリ
前回開催
2016年オーストリアグランプリ
  オーストリアグランプリ次回開催
2018年オーストリアグランプリ