メインメニューを開く

2018年アメリカグランプリ2018 United States Grand Prix)は、2018年のF1世界選手権第18戦として、2018年10月21日サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催された。

アメリカ合衆国の旗 2018年アメリカグランプリ
レース詳細
Austin circuit.svg
日程 2018年シーズン第18戦
決勝開催日 10月21日
開催地 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ テキサス州 オースティン
コース 恒久的レース施設
コース長 5.513km
レース距離 56周 (308.405km)
決勝日天候 晴 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:32.237
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1:37.392 (40周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「FORMULA 1 PIRELLI 2018 UNITED STATES GRAND PRIX[1]

レース前編集

本レースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ソフト、スーパーソフト、ウルトラソフトの3種類[2]

前年の決勝でマックス・フェルスタッペンがコース外を使って有利にオーバーテイクを行い、レース後にペナルティが出されて降格した件を考慮し、ターン16とターン17のエイペックスの後ろに新たな縁石を設置した。これとは別にターン1出口にも新たな縁石を導入する[3]

ルイス・ハミルトンドライバーズチャンピオン獲得条件
ハミルトンはランキング2位のセバスチャン・ベッテルに67点の差を付けており、本レースで以下の条件をクリアした場合チャンピオンが決定する。ただし、ハミルトンが7位以下の場合、ベッテルの順位を問わず次戦メキシコGPに持ち越しとなる[4]
  1. ハミルトンが優勝 - ベッテルが3位以下
  2. ハミルトンが2位 - ベッテルが5位以下
  3. ハミルトンが3位 - ベッテルが7位以下
  4. ハミルトンが4位 - ベッテルが8位以下
  5. ハミルトンが5位 - ベッテルが9位以下
  6. ハミルトンが6位 - ベッテルがノーポイント
2019年シーズンの動向


エントリーリスト編集

フリー走行編集

ホンダは、前戦日本GPで使用した「スペック3」にマイナーチェンジを施したパワーユニットへの交換をトロ・ロッソの2台に対して行う。ピエール・ガスリーはFP1から、ブレンドン・ハートレイはFP3からの交換となる。これにより、両者とも後方へのグリッド降格が決まった[10]

降雨となったFP1でシャルル・ルクレールがスピンしてグラベルへ飛び出してしまい、コースへ戻る際に砂利をコース上に撒き散らしたため、赤旗中断となった。この赤旗提示中にセバスチャン・ベッテルは十分な減速を行わなかったため3グリッド降格が決まり、さらなる苦境に立たされることになった[11]

予選編集

2018年10月20日 16:00 CDT(UTC-5) 曇(ドライ)

ルイス・ハミルトンセバスチャン・ベッテルと0.088秒の僅差でポールポジションを獲得した。2位のベッテルはグリッド降格により5番グリッドからのスタートとなり、予選終了後の無線で放送禁止用語を発した。マックス・フェルスタッペンはQ1で右リアサスペンションを壊してしまい[12]、Q2を走行できなかった。一方、レッドブルのジュニアチームであるトロロッソ勢は2人ともQ2を走行しなかった。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:34.130 1:33.480 1:32.237 1
2 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:34.569 1:33.079 1:32.298 5 1
3 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:34.703 1:32.884 1:32.307 2
4 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 1:34.518 1:33.702 1:32.616 3
5 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:34.755 1:34.185 1:33.494 4
6 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:34.876 1:34.522 1:34.145 6
7 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:34.932 1:34.564 1:34.215 7
8 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:34.892 1:34.419 1:34.250 8
9 16   シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:35.069 1:34.255 1:34.420 9
10 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:35.193 1:34.525 1:34.594 10
11 55   カルロス・サインツ ルノー 1:34.891 1:34.566 11
12 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:34.972 1:34.732 12
13 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:34.850 No Time 19 2
14 28   ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:35.206 No Time 20 3
15 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:34.766 No Time 18 4
16 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:35.294 13
17 35   セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:35.362 14
18 18   ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:35.480 15
19 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:35.536 16
20 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:35.735 17
107% time: 1:40.719
ソース:[13][14]
追記
  • ^1 - ベッテルはFP3で赤旗が出された際に十分な減速を行わなかったため、3グリッド降格とペナルティポイント2点が加算された(合計5点)[15][11]
  • ^2 - ガスリーはFP1で規定を超えるパワーユニット交換(7基目のエンジン(ICE)、ターボチャージャー(TC)、MGU-H、6基目のMGU-K)を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[16][10]
  • ^3 - ハートレイはFP3で以下のペナルティを受けた。
    • 6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[17]
    • 規定を超えるパワーユニット交換(8基目のICE、TC、MGU-H、7基目のMGU-K)を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[18][10]
  • ^4 - フェルスタッペンは決勝前に6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[19][20]

決勝編集

2018年10月21日 13:10 CDT(UTC-5) 晴(ドライ)

現役最年長F1ドライバーのキミ・ライコネンマックス・フェルスタッペンルイス・ハミルトンを抑えきり、2013年オーストラリアGP以来5年ぶりに優勝を果たした。これによりハミルトンの連勝は4でストップ。セバスチャン・ベッテルは1周目にダニエル・リカルドとの接触でまたしても自滅して4位に終わったが、ハミルトンが3位に終わったため、結局2017年と同じくチャンピオン決定は次戦メキシコGPへ持ち越しとなった。その条件の詳細はメキシコGPの該当箇所に譲るが、この場合ハミルトンはベッテルが優勝出来なかった時点でワールドチャンピオンを確定する条件を満たすこととなる。

展開編集

オープニングラップは2番グリッドスタートのライコネンがウルトラソフトの利点を生かし、ポールシッターのハミルトンを攻略。ライコネンはそのままハミルトンとのギャップを開いていく。また、後方では数台がからむクラッシュが発生。フェルナンド・アロンソマクラーレン)がランス・ストロールウィリアムズ)と接触。アロンソはピットに戻り、そのままレースを諦めた。この一件について、ストロールにドライブスルーペナルティが科せられている。また、ブレーキングでロックしてしまったロマン・グロージャンハース)が、シャルル・ルクレールザウバー)に追突。ルクレールはスピンすることになり、グロージャンもピットに戻ってレースを諦めた。

一方、赤旗無視によるグリッド降格ペナルティーを受けて5番グリッドからスタートしたベッテルは4番グリッドのリカルドをオーバーテイクしようとして接触しスピン。ここで一気に15番手に順位を下げてしまった。しかし、ベッテルはそこからマシンを次々に追い抜き、5周目にはトップ10に復帰。また18番グリッドスタートだったフェルスタッペンもこの時点ですでに7番手にまで順位アップを果たしていた。

レースが9周目に入ったところで4番手を走行していたリカルドのマシンにトラブルが発生。リカルドはコース脇にマシンを止めリタイアとなった。ここでリカルドのマシンを撤去するためにVSC(バーチャルセーフティカー)が導入されると、2番手のハミルトンがピットに入りソフトに交換。ハミルトンは2ストップ作戦を取り、チームメートのバルテリ・ボッタスの後方3番手でコース復帰。逆にトップのライコネンはそのままステイアウトし、最初のスティントを伸ばして1ストップ作戦でレースを走りきる戦略をとる。そして、VSCが解除されるとハイペースで飛ばし、14周目にボッタスの前に出るとトップを走るライコネンとのギャップを縮めにかかる。

レースが20周目を迎えるころにはハミルトンがライコネンの背後に迫り、オーバーテイクのチャンスを狙ってプレッシャーをかける。しかし、ライコネンもたくみに防戦しハミルトンに追い抜きを許さない。そして、22周目。ライコネンはピットインしソフトに交換。5番手でコースへ復帰。また、24周目にはボッタスがピットインしソフトに交換してコースに戻るが、23周目にピットインし、スーパーソフトに交換していたフェルスタッペンに先行を許してしまった。27周目にはベッテルもピットインしソフトに交換。トップ争い中の5台のピットが終わり、ハミルトン-ライコネン-フェルスタッペン-ボッタス-ベッテルの順となる。

ハミルトンはタイヤ交換の時間を稼ぐべく、必死に逃げるがライコネンはファステストラップを連発するペースで追撃。ベッテルもハイペースで飛ばしてボッタスとの差を縮めていく。そんななか、レースが折り返しを迎える頃から、ハミルトンはリヤタイヤのブリスターが出始ため、差を広げて時間を稼ぐより、ピットイン後の周回数を減らす作戦に変更。そして、タイヤが厳しくなったハミルトンは38周目にピットに入り、新品のソフトタイヤに交換。ハミルトンは4番手でコース復帰し、ここでライコネンが再びトップの位置に戻った。だが、ハミルトンは猛ペースで追撃し、40周目には3番手を走行していたボッタスに順位を譲ってもらい3番手に浮上。この時点での順位はライコネン-フェルスタッペン-ハミルトン-ボッタス-ベッテルとなる。

残り10周となったところで、ライコネン、フェルスタッペン、ハミルトンのギャップがだんだん縮まっていき、3台がひとつの集団を形成するようになる。ここまで猛ペースで追い上げていたハミルトンも、ここへ来て若干そのペースが衰え始めた。また、その後方ではベッテルがボッタスとのギャップを縮めていく。遂にハミルトンはレースが残り2周となったところでフェルスタッペンに攻撃をしかけ、2台がサイド・バイ・サイドの戦いを展開。この戦いをフェルスタッペンが制した。一方、その後方ではベッテルがボッタスを攻略して4番手に浮上し、ボッタスはコース外のデブリを踏んでスローダウン。そして、フェルスタッペン以下の追撃を凌ぎ切ったライコネンがトップチェッカーを受け、2013年のオーストラリアGP以来、そしてフェラーリ復帰後初の勝利を、このアメリカGPで成し遂げた。トップチェッカーを受け久々の勝利を喜ぶライコネンは無線で放送禁止用語が使われていた。また、39歳のドライバーの勝利はナイジェル・マンセル以来26年ぶりであった。

また、順位を守り切ったフェルスタッペンはコース責任者が意地の悪い対策[21]をしたにもかかわらず、それをはねのけ2位、ポールスタートのハミルトンは3位、グリッドペナルティとミスで失速したベッテルは4位、ボッタスは5位で終わった。以下6位と7位にルノーニコ・ヒュルケンベルグカルロス・サインツJr.が入り、ルノーが大量得点を獲得。コンストラクターズ4位争い中のハースは9位にケビン・マグヌッセンが入った。また、フォース・インディア勢も8位にエステバン・オコン、10位にセルジオ・ペレスが入りダブル入賞を果たした。また、トロロッソ・ホンダ勢はレースペースが振るわず、ブレンドン・ハートレイが奮闘し11位。ピエール・ガスリーは序盤でデブリを拾ったことによるマシンの損傷で14位でのフィニッシュで終わった。ところが、レース終了後、8位のオコンと9位のマグヌッセンのマシンに燃料系の規定違反が発覚し両者失格となり、レース結果から除外されてしまった。その結果、以下の順位が繰り上げとなり、ペレスが8位、ハートレイが9位、マーカス・エリクソン(ザウバー)が10位となった。そのため、日本人エンジニアもいるハースは母国レースをノーポイントで終え、厳しい週末となった。

今季のドライバーズタイトルの確定は次戦メキシコGP以降に持ち越されることになった。メルセデス勢の不調により、首の皮一枚繋がったベッテルだが、今回の結果によって両者のポイント差が70ポイント拡大。ベッテルは残りの3戦の優勝が逆転するための絶対条件となった。一方でハミルトンはベッテルが優勝以外の結果となった時点でタイトルを得られるという圧倒的に優勢[22]な状況となった。一方でこのGPでタイヤ戦略をミスしたのはフェラーリ勢ではなく、メルセデス勢であった。フェラーリ勢はベッテルのミスを除けば、久々にメルセデス勢に勝ったGPとなり、コンストラクターズにおいてフェラーリはポイント差を66ポイントに縮めることに成功した。だが、メルセデス勢はこの結果でもコンストラクターズタイトル5連覇に王手をかけることには成功し、次戦でフェラーリ勢に対し87ポイント差(次戦の結果で21ポイント差の順位)を付ければコンストラクターズタイトルが確定する。また、この結果でレッドブル勢は今季のコンストラクターズランキングが3位に確定した。1周目にルクレールに追突したオープニングラップの狂人と呼ばれるグロージャンは1年間のペナルティポイントが10ポイントとなり、次戦のメキシコGPでペナルティポイントが2ポイント科せられると、1レース出場できなくなる危機が迫っている。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 7   キミ・ライコネン フェラーリ 56 1:34:18.643 2 25
2 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 56 +1.281 18 18
3 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 56 +2.342 1 15
4 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 56 +18.222 5 12
5 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 56 +24.744 3 10
6 27   ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 56 +1:27.210 7 8
7 55   カルロス・サインツ 1 ルノー 56 +1:34.994 11 6
8 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 56 +1:41.080 10 4
9 28   ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 55 +1 Lap 20 2
10 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 55 +1 Lap 16 1
11 2   ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 55 +1 Lap 17
12 10   ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 55 +1 Lap 19
13 35   セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 55 +1 Lap 14
14 18   ランス・ストロール 2 ウィリアムズ-メルセデス 54 +2 Laps 15
Ret 16   シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 31 接触ダメージ 9
Ret 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 8 バッテリー 4
Ret 8   ロマン・グロージャン 3 ハース-フェラーリ 2 接触ダメージ 8
Ret 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1 接触 13
DSQ 31   エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 56 燃料流量超過 4 6
DSQ 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 56 燃料使用量超過 5 12
ソース:[23]
ファステストラップ[24]
ラップリーダー[25]
追記
  • ^1 - サインツは1周目のターン1でコースを外れてアドバンテージを得たため、5秒ペナルティ(ピットインで消化)とペナルティポイント1点が加算された(合計3点)[26][27]
  • ^2 - ストロールは1周目のターン4でアロンソと接触した責任を問われ、ドライブスルーペナルティとペナルティポイントポイント2点が加算された(合計7点)[28]
  • ^3 - グロージャンは1周目のターン12でルクレールと接触した責任を問われ、次戦メキシコGPで3グリッド降格ペナルティとペナルティポイント1点が加算された(合計10点)[29][30]
  • ^4 - オコンは8位でフィニッシュしたが、1周目で燃料流量制限の100kg/hを超過したため、レース後の審議で失格となった[31][32]
  • ^5 - マグヌッセンは9位でフィニッシュしたが、レース全体での燃料使用量105kgを超過したため、レース後の審議で失格となった[33][32]

第18戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ United States”. The Official F1 Website. 2018年10月19日閲覧。
  2. ^ F1第18戦アメリカGP全20人のタイヤ選択:マクラーレンが硬いコンパウンド重視の大胆チョイス”. AUTOSPORTweb (2018年10月10日). 2018年10月19日閲覧。
  3. ^ F1アメリカGP:フェルスタッペン降格騒動により、新たな縁石が設置。不正なオーバーテイクを阻止”. AUTOSPORTweb (2018年10月18日). 2018年10月19日閲覧。
  4. ^ F1アメリカGP:ハミルトンが2018年タイトルを獲得する条件。ボッタスの役割も重要に”. AUTOSPORTweb (2018年10月19日). 2018年10月19日閲覧。
  5. ^ ウィリアムズ、2019年のジョージ・ラッセルの起用を発表”. F1-Gate.com (2018年10月12日). 2018年10月19日閲覧。
  6. ^ フォース・インディアF1がペレスとの契約延長を発表。チームメイトには言及せず”. AUTOSPORTweb (2018年10月19日). 2018年10月19日閲覧。
  7. ^ Entry List”. FIA (2018年10月18日). 2018年10月19日閲覧。
  8. ^ a b c トロロッソ・ホンダ、マクラーレン、フォース・インディアがF1アメリカGPのプラクティスで若手ドライバーを起用”. AUTOSPORTweb (2018年10月17日). 2018年10月19日閲覧。
  9. ^ トロロッソ・ホンダ、ショーン・ゲラエルをF1アメリカGPのFP1に起用”. F1-Gate.com (2018年10月16日). 2018年10月19日閲覧。
  10. ^ a b c トロロッソ・ホンダ、2台ともにPU交換で後方スタート / F1アメリカGP”. F1-Gate.com (2018年10月20日). 2018年10月20日閲覧。
  11. ^ a b セバスチャン・ベッテル、赤旗中の減速不足で3グリッド降格ペナルティ”. F1-Gate.com (2018年10月20日). 2018年10月20日閲覧。
  12. ^ F1アメリカ予選:トップ3が僅か0.07秒差。大接戦をハミルトン制す”. jp.motorsport.com (2018年10月21日). 2018年10月21日閲覧。
  13. ^ FORMULA 1 PIRELLI 2018 UNITED STATES GRAND PRIX - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2018年10月20日). 2018年10月21日閲覧。
  14. ^ FORMULA 1 PIRELLI 2018 UNITED STATES GRAND PRIX - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2018年10月20日). 2018年10月21日閲覧。
  15. ^ Offence Doc13 - S.Vettel”. FIA (2018年10月19日). 2018年10月21日閲覧。
  16. ^ Offence Doc8 - P.Gasly”. FIA (2018年10月19日). 2018年10月21日閲覧。
  17. ^ Offence Doc19 - B.Hartley”. FIA (2018年10月20日). 2018年10月21日閲覧。
  18. ^ Offence Doc20 - B.Hartley”. FIA (2018年10月20日). 2018年10月21日閲覧。
  19. ^ Offence Doc33 - M.Verstappen”. FIA (2018年10月21日). 2018年10月22日閲覧。
  20. ^ F1アメリカGP”. F1-Gate.com (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  21. ^ “Verstappen meets the ‘Verstopper’ in Austin”. www.planetf1.com. (2018年10月21日). https://www.planetf1.com/news/verstappen-meets-the-verstopper-in-austin/ 2018年10月23日閲覧。 
  22. ^ ハミルトンの戴冠はメキシコで決定の可能性”. ja.espnf1.com (2018年10月22日). 2018年10月23日閲覧。
  23. ^ FORMULA 1 PIRELLI 2018 UNITED STATES GRAND PRIX - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2018年10月21日). 2018年10月22日閲覧。
  24. ^ FORMULA 1 PIRELLI 2018 UNITED STATES GRAND PRIX - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2018年10月21日). 2018年10月22日閲覧。
  25. ^ Lap Chart”. FIA (2018年10月21日). 2018年10月22日閲覧。
  26. ^ Offence Doc44 - C.Sainz”. FIA (2018年10月21日). 2018年10月22日閲覧。
  27. ^ カルロス・サインツ 「ペナルティを科せられた理由がまだ理解できない」”. F1-Gate.com (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  28. ^ Offence Doc38 - L.Stroll”. FIA (2018年10月21日). 2018年10月22日閲覧。
  29. ^ Offence Doc47 - R.Grosjean”. FIA (2018年10月21日). 2018年10月22日閲覧。
  30. ^ ロマン・グロージャン、次戦F1メキシコGPで3グリッド降格ペナルティ”. F1-Gate.com (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  31. ^ Technical Report Doc51 - Fuel mass flow”. FIA (2018年10月21日). 2018年10月23日閲覧。
  32. ^ a b F1アメリカGP エステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが失格”. F1-Gate.com (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  33. ^ Technical Report Doc52 - Fuel consumption”. FIA (2018年10月21日). 2018年10月23日閲覧。
前戦
2018年日本グランプリ
FIA F1世界選手権
2018年シーズン
次戦
2018年メキシコグランプリ
前回開催
2017年アメリカグランプリ
  アメリカグランプリ次回開催
2019年アメリカグランプリ