3. リーガ (ドイツサッカー)2020-2021

3. リーガ (ドイツサッカー)  > 3. リーガ (ドイツサッカー)2020-2021
2020年, 2021年のスポーツ > 2020年, 2021年のサッカー > 3. リーガ (ドイツサッカー)2020-2021

3. リーガ2020-2021 (2020–2021 3. Liga)は、第1シーズンが行われて以来、13回目の3. リーガである。ディナモ・ドレスデンが5シーズンぶり2度目の優勝を果たした。

3. リーガ
シーズン 2020-2021
優勝 ディナモ・ドレスデン (2回目)
昇格 ディナモ・ドレスデン
ハンザ・ロストック
インゴルシュタット
降格 メッペン
バイエルン・ミュンヘン II
リューベック
ウンターハヒンク
試合数 380
ゴール数 1015 (1試合平均2.67)
得点王 ドイツの旗 サシャ・メルダース (22得点)

2019-2020年シーズンの昇格・降格編集

2020-2021年シーズンの3. リーガのチーム編集

2020-2021年シーズンの3. リーガのクラブ数は前年同様の20。

チーム名 監督 地方 ホームタウン スタジアム 収容人数 前年度成績
ヴァルトホーフ・マンハイム   パトリック・グロックナー  バーデン
=ヴュルテンベルク州
マンハイム カール・ベンツ・シュタディオン 25,677人 ( 9位)
インゴルシュタット   トーマス・オラル  バイエルン州 インゴルシュタット アウディ・スポーツパーク 15,198人 ( 4位)
1860ミュンヘン   ミヒャエル・ケルナー ミュンヘン グリュンヴァルター・シュタディオン 15,000人 ( 8位)
バイエルン・ミュンヘン II   ダニー・シュヴァルツ ( 1位)
テュルクギュジュ・ミュンヘン   アンドレアス・パマー (暫定) グリュンヴァルター・シュタディオン
ミュンヘン・オリンピアシュタディオン[注釈 1]
15,000人
69,250人
☆( 1位)[B]
ウンターハヒンク   アリー・ファン・レント ウンターハヒンク アルペンバウアー・シュポルトパルク 15,053人 (11位)
ヴェーエン・ヴィースバーデン   トルステン・フレーリング  ヘッセン州 ヴィースバーデン ブリタ・アレーナ 12,250人 (17位)★
メッペン   リコ・シュミット  ニーダーザクセン州 メッペン ヘンシュ・アレーナ 16,500人 ( 7位)
ハンザ・ロストック   イェンス・ヘルテル  メクレンブルク=
フォアポンメルン州
ロストック オストゼーシュタディオン 29,000人 ( 6位)
デュースブルク   パヴェル・ドチェフ  ノルトライン=
ヴェストファーレン州
デュースブルク シャウインスラント・ライゼン・アレーナ 31,502人 ( 5位)
ヴィクトリア・ケルン   オラフ・ヤンセン ケルン シュポルトパルク・ヘーエンベルク 22,528人 (12位)
ユルディンゲン   ステファン・ライジンガー (暫定) デュッセルドルフ メルクール・シュピール・アレーナ[注釈 2] 31,500人 (13位)
フェール   グエリーノ・カプレッティ パーダーボルン ベンテラー・アレーナ[注釈 3] 15,000人 ☆( 2位)[D]
カイザースラウテルン   マルコ・アントウェルペン  ラインラント=
プファルツ州
カイザースラウテルン フリッツ・ヴァルター・シュタディオン 49,780人 (10位)
ザールブリュッケン   ルーカス・クヴァスニオク  ザールラント州 ザールブリュッケン ルートヴィヒ・スパルク・シュタディオン 16,003人 ☆( 1位)[C]
ディナモ・ドレスデン   アレクサンダー・シュミット  ザクセン州 ドレスデン シュタディオン・ドレスデン 32,066人 ★(18位)
ツヴィッカウ   ジョー・エノック ツヴィッカウ シュポルトフォルム・ソユーズ31 10,049人 (16位)
ハレシャー   フローリアン・シュノーレンベルク  ザクセン=アンハルト州 ハレ エルドガス・スポルトパルク 15,057人 (15位)
マクデブルク   クリスティアン・ティーツ マクデブルク MDCCアレーナ 27,500人 (14位)
リューベック   ロルフ・ランデール  シュレースヴィヒ=
ホルシュタイン州
リューベック シュタディオン・ローミューレ 17,849人 ☆( 1位)[A]
★印は2. ブンデスリーガでの成績
☆印はレギオナルリーガでの成績
  1. ^ レギオナルリーガ・ノルト1位
  2. ^ レギオナルリーガ・バイエルン1位
  3. ^ レギオナルリーガ・ズュートヴェスト1位
  4. ^ 昇格プレーオフ勝者
  • チーム名・監督・本拠地名については現時点のもの


メーカー・スポンサー編集

チーム名 メーカー シャツ スポンサー
ディナモ・ドレスデン Craft ALL-INKL.COM
AOK Plus (袖)
デュースブルク Iberostar Group Schauinsland-Reisen
ハレシャー プーマ sunmaker
インゴルシュタット プーマ PROSIS
Audi Schanzer Fußballschule (袖)
カイザースラウテルン ナイキ Layenberger
ヴィクトリア・ケルン プーマ ETL
Wintec Autoglas (袖)
リューベック ヒュンメル iperdi
マクデブルク ウールシュポルト sunmaker
ヴァルトホーフ・マンハイム Capelli sunmaker
メッペン ナイキ KiK xxl
1860ミュンヘン ナイキ Die Bayerische
Bet3000 (袖)
バイエルン・ミュンヘン II アディダス ドイツテレコム
Tipico (袖)
テュルクギュジュ・ミュンヘン Capelli Yayla
ハンザ・ロストック ナイキ sunmaker
SoftClean (袖)
ザールブリュッケン アディダス Victor's
ユルディンゲン Capelli SWK
ウンターハヒンク アディダス frostkrone
Süd-Hansa (袖)
フェール ホマ Beckhoff
Frankenfeld
ヴェーエン・ヴィースバーデン Capelli ブリタ
ツヴィッカウ プーマ sunmaker

監督交代編集

チーム 前監督 備考 退任日 順位 新監督 就任日
テュルクギュジュ・ミュンヘン   ライナー・マウラー 契約満了 2020年5月31日 開幕前   アレクサンダー・シュミット 2020年6月26日[4]
メッペン   クリスティアン・ナイトハルト 双方の合意 2020年7月4日[5]   トルステン・フリンクス 2020年7月14日[6]
ヴァルトホーフ・マンハイム   ベルンハルト・トラレス 契約満了 2020年7月4日[7]   パトリック・グロックナー 2020年7月20日[8]
バイエルン・ミュンヘン II   セバスティアン・ヘーネス ホッフェンハイム監督就任 2020年7月27日[9]   ホルガー・セイツ 2020年8月25日[10]
ウンターハヒンク   クラウス・シュロム スポーツダイレクター就任 2020年7月29日[11]   アリー・ファン・レント 2020年8月18日[12]
カイザースラウテルン   ボリス・ショマース 解任 2020年9月29日[13] 20位   ジェフ・サイベネ 2020年10月2日[14]
デュースブルク   トルステン・リーベルクネヒト 2020年11月10日[15] 17位   ジノ・レッティエリ 2020年11月15日[16]
ヴィクトリア・ケルン   パヴェル・ドチェフ 2021年1月24日[17] 14位   オラフ・ヤンセン 2021年2月1日[18]
デュースブルク   ジノ・レッティエリ 2021年1月27日[19] 20位   パヴェル・ドチェフ 2021年2月2日[20]
カイザースラウテルン   ジェフ・サイベネ 2021年1月30日[21] 16位   マルコ・アントウェルペン 2021年2月1日[22]
マクデブルク   トーマス・ホスマン 2021年2月9日[23] 18位   クリスティアン・ティーツ 2021年2月12日[24]
テュルクギュジュ・ミュンヘン   アレクサンダー・シュミット 2021年2月9日[25] 7位   セルダル・ダヤト 2021年2月23日[26]
バイエルン・ミュンヘン II   ホルガー・セイツ スポーツダイレクター就任 2021年4月2日[27] 15位   ダニー・シュヴァルツ 2021年4月2日[27]
ユルディンゲン   シュテファン・クレマー 解任 2021年4月13日[28] 17位   ステファン・ライジンガー (暫定) 2021年4月13日[28]
メッペン   トルステン・フリンクス 2021年4月14日[29] 16位   リコ・シュミット 2021年4月20日[30]
ディナモ・ドレスデン   マルクス・カウチンスキ 2021年4月25日[31] 4位   アレクサンダー・シュミット 2021年4月26日[32]
テュルクギュジュ・ミュンヘン   セルダル・ダヤト 双方の合意 2021年5月6日[33] 10位   アンドレアス・パマー (暫定) 2021年5月6日[33]

結果編集

順位表編集

チーム 出場権または降格
1 ディナモ・ドレスデン (C) (P) 38 23 6 9 61 29 +32 75 2. ブンデスリーガ 2021-22に出場 1
2 ハンザ・ロストック (P) 38 20 11 7 52 33 +19 71
3 インゴルシュタット 38 20 11 7 56 40 +16 71 入れ替え戦に出場 1
4 1860ミュンヘン 38 18 12 8 69 35 +34 66 3. リーガ残留
5 ザールブリュッケン 38 16 11 11 66 51 +15 59
6 ヴェーエン・ヴィースバーデン 38 15 11 12 57 53 +4 56
7 フェール 38 14 13 11 66 55 +11 55
8 ヴァルトホーフ・マンハイム 38 13 13 12 50 55 −5 52
9 ハレシャー 38 14 10 14 51 58 −7 52
10 ツヴィッカウ 38 13 12 13 46 45 +1 51
11 マクデブルク 38 14 9 15 42 45 −3 51
12 ヴィクトリア・ケルン 38 13 12 13 52 59 −7 51
13 テュルクギュジュ・ミュンヘン 38 12 11 15 45 55 −10 47
14 カイザースラウテルン 38 8 19 11 47 52 −5 43
15 デュースブルク 38 11 10 17 52 67 −15 43
16 ユルディンゲン 38 11 11 16 38 48 −10 412
17 メッペン (R) 38 12 5 21 37 61 −24 41 レギオナルリーガ 2021-22へ降格
18 バイエルン・ミュンヘン II (R) 38 8 13 17 47 58 −11 37
19 リューベック (R) 38 8 11 19 41 57 −16 35
20 ウンターハヒンク (R) 38 9 5 24 40 57 −17 32

最終更新は2021年5月22日の試合終了時
出典: kicker(ドイツ語)
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1 3位までにIIチームが入賞した場合、自動昇格または入れ替え戦出場チームから除外される。
2 ユルディンゲンは破産申請のペナルティとして勝点-3の処分が2021年2月12日に科せられた[34]

戦績表編集

ホーム / アウェー[1] DRE DUI HFC ING KAI VKÖ LÜB MAG WMA MPN M60 FCB2 TÜM ROS SBR UDG UHA VER WEH ZWI
ディナモ・ドレスデン

1–0

0–3

4–0

4–3

2–0

3–1

1–0

1–1

3–0

2–1

1–1

4–0

0–0

1–1

0–0

2–0

4–1

1–0

1–2

デュースブルク

0–3

0–0

1–5

2–2

1–3

3–1

1–2

1–1

1–0

1–0

2–2

3–2

1–2

2–3

0–2

2–1

0–4

4–1

1–1

ハレシャー

1–3

1–1

0–2

1–1

2–0

2–1

1–0

0–0

4–1

0–4

0–4

4–1

1–1

1–1

2–1

2–0

1–1

4–0

0–2

インゴルシュタット

1–0

2–1

1–1

1–0

2–1

1–1

1–0

1–0

0–0

3–1

2–2

2–1

1–0

0–0

2–1

0–1

2–1

4–1

3–2

カイザースラウテルン

0–1

2–2

3–1

1–1

0–0

1–0

1–1

1–1

2–2

0–3

1–1

0–0

0–0

2–1

4–1

3–2

1–1

0–1

2–2

ヴィクトリア・ケルン

2–4

3–1

2–0

2–0

3–3

0–2

2–4

1–2

1–0

2–1

3–2

0–2

1–2

0–2

0–2

1–1

2–2

0–2

1–1

リューベック

0–1

1–1

2–3

1–1

1–1

1–2

1–1

0–1

0–2

0–0

3–0

0–2

1–0

1–1

1–0

1–0

2–2

0–3

1–2

マクデブルク

0–1

3–2

0–2

2–0

1–0

0–2

1–0

1–1

0–0

0–3

2–1

2–0

1–1

1–2

1–1

1–1

0–4

1–2

0–0

ヴァルトホーフ・マンハイム

1–0

2–2

3–2

4–1

0–2

2–2

3–2

5–2

0–1

0–2

2–2

4–4

1–2

4–1

1–1

1–4

2–2

0–1

1–0

メッペン

0–4

2–1

2–1

2–0

3–2

0–1

0–2

1–2

2–0

1–3

2–1

1–4

2–3

1–0

0–4

3–2

1–2

0–3

1–2

1860ミュンヘン

1–0

0–2

6–1

1–0

3–0

1–1

4–1

1–1

5–0

1–1

2–2

2–2

0–0

1–2

0–0

3–1

3–2

2–2

0–1

バイエルン・ミュンヘン II

3–0

1–1

0–1

1–3

0–0

0–1

2–3

0–2

2–0

2–0

0–2

2–2

0–1

0–4

0–1

1–2

1–2

2–0

3–2

テュルクギュジュ・ミュンヘン

1–0

2–1

0–3

1–1

3–0

1–1

4–3

2–1

0–2

2–0

0–2

0–0

0–3

1–1

0–2

0–0

1–2

0–0

1–1

ハンザ・ロストック

1–3

3–1

1–0

1–1

2–1

5–1

1–1

0–2

1–0

0–2

1–1

2–0

2–0

4–2

0–0

1–0

3–2

1–1

0–0

ザールブリュッケン

2–1

4–1

4–0

3–3

1–1

2–3

0–0

0–3

5–0

2–0

2–1

1–2

2–1

2–0

2–2

2–1

1–2

3–3

1–2

ユルディンゲン

0–2

1–2

0–1

0–3

0–2

1–1

1–1

1–0

1–1

0–2

1–3

1–1

1–0

0–1

1–0

3–1

1–2

0–4

1–1

ウンターハヒンク

2–0

0–1

3–0

0–1

2–0

2–2

1–0

0–2

0–2

2–1

0–2

1–1

0–2

0–1

0–1

2–3

3–4

2–1

1–2

フェール

0–0

1–2

4–2

1–1

1–1

1–1

1–2

3–1

0–1

3–1

1–1

3–0

0–1

2–3

1–3

3–0

2–1

2–2

1–1

ヴェーエン・ヴィースバーデン

0–1

0–3

1–1

1–2

2–2

2–2

4–2

1–0

0–1

1–0

1–1

2–4

3–1

2–1

2–2

3–1

1–0

0–0

3–1

ツヴィッカウ

0–2

3–1

2–2

0–2

1–2

1–2

2–1

0–1

0–0

0–0

1–2

1–1

0–1

0–2

2–0

1–2

2–1

3–0

2–1

最終更新は2021年5月22日の試合終了時
出典: kicker(ドイツ語)
1左縦列のチームがホーム側。
: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

入れ替え戦編集

試合開始時間は全て現地時間 (CEST/UTC+2)。

第1戦編集

インゴルシュタット
(3.リーガ 3位)
3 - 0オスナブリュック
(2. ブンデスリーガ 16位)
シュレック   3分
カヤ   35分
エッケルト   81分
レポート
観客数: 0人
主審: サッシャ・シュテーゲマン

第2戦編集

二試合合計スコア 4 - 3でオスナブリュクが3.リーガ降格、インゴルシュタットが2.ブンデスリーガ昇格


得点ランキング編集

最終結果[35]

順位 選手 所属 得点
得点王   サシャ・メルダース 1860ミュンヘン 22
2   テレンス・ボイド ハレシャー 18
3   ニクラス・シプノスキ ザールブリュッケン 15
T4   ズラトコ・ヤニッチ フェール 14
  アイギュン・ユルドゥルム フェール
T6   シュテファン・クチュケ インゴルシュタット 13
  ドミニク・マルティノヴィッチ ヴァルトホーフ・マンハイム
  ペタル・スリスコヴィッチ テュルクギュジュ・ミュンヘン
T9   クリストフ・ダフェルナー ディナモ・ドレスデン 12
  モーリス・マローン ヴェーエン・ヴィースバーデン
  ヨン・フェルフック ハンザ・ロストック

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ テュルクギュジュ・ミュンヘンは今シーズンはミュンヘン・オリンピアシュタディオンでのホームゲームが最大8試合行われる[1]
  2. ^ ユルディンゲンは本来の本拠地である、クレーフェルトに所在するグロンテンブルク・シュタディオンが3.リーガのスタジアム要件を満たしていないため、今シーズンはデュッセルドルフメルクール・シュピール・アレーナでホームゲームが行われる[2]
  3. ^ フェールは本来の本拠地である、フェルルに所在するシュタディオン・アン・デア・ポストシュトラーセの代わりに、今シーズンはパーダーボルンベンテラー・アレーナでホームゲームが行われる[3]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “Türkgücü zieht ins Münchner Olympiastadion - zum Teil” (プレスリリース), kicker.de, (2020年6月19日), https://www.kicker.de/tuerkguecue_zieht_ins_muenchner_olympiastadion_zum_teil-777957/artikel 2020年9月18日閲覧。 
  2. ^ “Uerdingen spielt in der nächsten Saison in Düsseldorf” (プレスリリース), kicker.de, (2019年3月12日), https://www.kicker.de/744408/artikel/uerdingen-spielt-in-der-naechsten-saison-in-duesseldorf 2020年9月18日閲覧。 
  3. ^ “3. Liga: Alle Bewerber erhalten Lizenz für Saison 2020/21” (プレスリリース), LIGA-DREI.de, (2020年6月29日), https://www.liga-drei.de/3-liga-alle-bewerber-erhalten-lizenz-fuer-saison-2020-21/ 2020年9月18日閲覧。 
  4. ^ Trainerfrage geklärt!” (ドイツ語). Türkgücü München (2020年6月26日). 2020年9月18日閲覧。
  5. ^ Christian Neidhart verlässt SV Meppen” (ドイツ語). SV Meppen (2020年6月19日). 2020年9月18日閲覧。
  6. ^ Torsten Frings ist neuer Cheftrainer” (ドイツ語). SV Meppen (2020年7月14日). 2020年9月18日閲覧。
  7. ^ Trainerduo verlässt den SV Waldhof” (ドイツ語). SV Waldhof Mannheim (2020年7月1日). 2020年9月18日閲覧。
  8. ^ Patrick Glöckner ist neuer Trainer des SV Waldhof Mannheim” (ドイツ語). SV Waldhof Mannheim (2020年7月20日). 2020年9月18日閲覧。
  9. ^ FC Bayern stimmt Wechsel von Sebastian Hoeneß zu” (ドイツ語). FC Bayern München (2020年7月27日). 2020年9月18日閲覧。
  10. ^ Holger Seitz übernimmt die U23 für ein Jahr, anschließend wird er sportlicher Campus-Leiter” (ドイツ語). FC Bayern München (2020年8月25日). 2020年9月18日閲覧。
  11. ^ Claus Schromm übernimmt sportliche Leitung” (ドイツ語). SpVgg Unterhaching (2020年7月29日). 2020年9月18日閲覧。
  12. ^ Arie van Lent neuer Trainer in Haching” (ドイツ語). SpVgg Unterhaching (2020年7月29日). 2020年9月18日閲覧。
  13. ^ FCK stellt Boris Schommers frei” (ドイツ語). 1.FC Kaiserslautern (2020年9月29日). 2020年10月3日閲覧。
  14. ^ Jeff Saibene übernimmt beim FCK” (ドイツ語). 1.FC Kaiserslautern (2020年10月2日). 2020年10月3日閲覧。
  15. ^ MSV stellt Torsten Lieberknecht frei – Neuer Chef-Coach am Sonntag” (ドイツ語). MSV Duisburg (2020年11月10日). 2020年11月13日閲覧。
  16. ^ MSV holt Gino Lettieri: „Ehrgeizig, fordernd, ein echter Arbeiter!“” (ドイツ語). MSV Duisburg (2020年11月11日). 2020年11月13日閲覧。
  17. ^ VIKTORIA KÖLN STELLT PAVEL DOTCHEV FREI” (ドイツ語). Viktoria Köln 1904 (2021年1月24日). 2021年1月27日閲覧。
  18. ^ OLAF JANSSEN WIRD VIKTORIA-CHEFTRAINE” (ドイツ語). Viktoria Köln 1904 (2021年2月1日). 2021年2月6日閲覧。
  19. ^ MSV trennt sich von Gino Lettieri” (ドイツ語). MSV Duisburg (2021年1月27日). 2021年1月30日閲覧。
  20. ^ Pavel Dotchev wird neuer MSV-Cheftrainer” (ドイツ語). MSV Duisburg (2021年2月2日). 2021年2月6日閲覧。
  21. ^ FCK trennt sich von Jeff Saibene” (ドイツ語). 1.FC Kaiserslautern (2021年1月30日). 2021年2月6日閲覧。
  22. ^ Marco Antwerpen übernimmt das Traineramt beim FCK” (ドイツ語). 1.FC Kaiserslautern (2021年2月1日). 2021年2月6日閲覧。
  23. ^ Thomas Hoßmang tritt als Cheftrainer zurück” (ドイツ語). 1.FC Magdeburg (2021年2月9日). 2021年2月13日閲覧。
  24. ^ Christian Titz wird neuer Cheftrainer” (ドイツ語). 1.FC Magdeburg (2021年2月12日). 2021年2月13日閲覧。
  25. ^ TGM und Schmidt gehen getrennte Wege” (ドイツ語). Türkgücü München (2021年2月9日). 2021年2月13日閲覧。
  26. ^ Dayat neuer Trainer” (ドイツ語). Türkgücü München (2021年2月23日). 2021年2月27日閲覧。
  27. ^ a b Schwarz und Demichelis übernehmen FC Bayern Amateure vorzeitig” (ドイツ語). FC Bayern München (2021年4月2日). 2021年4月16日閲覧。
  28. ^ a b Stefan Krämer nicht mehr Trainer des KFC” (ドイツ語). FC Bayern München (2021年4月13日). 2021年4月16日閲覧。
  29. ^ SVM trennt sich von Cheftrainer Torsten Frings” (ドイツ語). SV Meppen (2021年4月14日). 2021年4月16日閲覧。
  30. ^ Rico Schmitt ist neuer Cheftrainer” (ドイツ語). SV Meppen (2021年4月20日). 2021年4月24日閲覧。
  31. ^ Markus Kauczinski verabschiedet sich vom Team” (ドイツ語). SG Dynamo Dresden (2021年4月25日). 2021年5月4日閲覧。
  32. ^ Alexander Schmidt übernimmt als Cheftrainer bis Saisonende” (ドイツ語). SG Dynamo Dresden (2021年4月26日). 2021年5月4日閲覧。
  33. ^ a b Dayat und Türkgücü lösen Vertrag einvernehmlich auf” (ドイツ語). Türkgücü München (2021年5月6日). 2021年5月11日閲覧。
  34. ^ “DFB-Spielausschuss beschließt Punktabzug für Uerdingen” (ドイツ語). DFB. (2021年2月12日). https://www.dfb.de/news/detail/dfb-spielausschuss-beschliesst-punktabzug-fuer-uerdingen-224343/ 2021年2月27日閲覧。 
  35. ^ 3. Liga - Torjäger” (ドイツ語). kicker. 2021年5月28日閲覧。

外部リンク編集