メインメニューを開く

60s 70s 80s」(シックスティーズ・セブンティーズ・エイティーズ)は、日本女性歌手安室奈美恵の単独名義では34作目のシングルCD+DVD、CDの2形態で2008年3月12日発売。

60s 70s 80s
安室奈美恵シングル
初出アルバム『BEST FICTION
A面 NEW LOOK
ROCK STEADY
WHAT A FEELING
リリース
規格 CD+DVD、CD
デジタル・ダウンロード
録音 2008年
ジャンル J-POPR&Bヒップポップダンス・ポップエレクトロ・ポップ
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 michico
Lamont Dozier, Brian Holland, Eddie Holland, T.Kura
Aretha Franklin, MURO
Keith Forsey, Irene Cara, Shinichi Osawa, Giorgio Moroder
プロデュース T.Kura & michico, MURO, Shinichi Osawa
ゴールドディスク
  • プラチナ(CD、日本レコード協会
  • トリプル・プラチナ(「NEW LOOK」、着うた、日本レコード協会)
  • ダブル・プラチナ(「NEW LOOK」、シングルトラック、日本レコード協会)
  • ゴールド(「WHAT A FEELING」、着うたフル、日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2008年4月度月間5位(オリコン)
  • 2008年度上半期8位(オリコン)
  • 2008年度年間18位(オリコン)
  • 2008年度上半期7位(CDTV
  • 2008年度年間17位(CDTV)
  • 1位(avex第21期シングル出荷枚数)
  • 安室奈美恵 シングル 年表
    FUNKY TOWN
    2007年
    60s 70s 80s
    (2008年)
    WILD/Dr.
    2009年
    BEST FICTION 収録曲
    1. Do Me More
    2. Wishing On The Same Star
    3. shine more
    4. Put 'Em Up
    5. SO CRAZY
    6. ALARM
    7. ALL FOR YOU
    8. GIRL TALK
    9. WANT ME, WANT ME
    10. White Light
    11. CAN' T SLEEP, CAN' T EAT, I' M SICK
    12. Baby Don' t Cry
    13. FUNKY TOWN
    14. NEW LOOK
    15. ROCK STEADY
    16. WHAT A FEELING
    17. Sexy Girl
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    7thアルバム『PLAY』に続くシングル。本作は、自身が出演するP&G『プレミアム ヴィダルサスーン』(Fashion×Music×VSキャンペーン)とのコラボレーションにより、“リメイク”をテーマに各年代を象徴する楽曲「NEW LOOK」、「ROCK STEADY」、「WHAT A FEELING」の3曲を収録したスペシャル企画盤。

    1960年代からは、自身のフェイバリット・ソングであるというスプリームスの代表曲「Baby Love」(1964年)を選曲。お馴染みのT.Kuramichico夫妻にプロデュースを依頼し、「NEW LOOK」としてリメイク。1970年代からはアレサ・フランクリンのヒット曲「Rock Steady」(1971年)をMUROによるアイディアで大胆にサンプリングしたダンスナンバーにリメイク、“駆け落ち”をテーマにmichicoが作詞。1980年代からは映画『フラッシュダンス』の主題歌であるアイリーン・キャラの「What a Feeling」(1983年)を選曲し、初顔合わせの大沢伸一がプロデュースを担当。

    ミュージック・ビデオでは「ヴィダルサスーン」とのコラボレーションにより、パトリシア・フィールド(スタイリスト)、オーランド・ピタ(ヘアスタイリスト)と世界的クリエイター陣がヘアメイク、衣装デザインを手掛け、CMでは各年代別3本のカットダウンサイズPVがオンエア。またキャンペーンの一環として、1月にCM商品の発売記念プレミアムイベントが開催され、抽選で限定150人を招待してスペシャルライブを開催。他にも、1週間限定で業界新発想の自身の等身大写真84枚がデザインされた横長の携帯音楽試聴ポスターがメトロプロムナードをジャック[1]

    大沢伸一のアルバム『TEPPAN-YAKI -A Collection Of Remixes-』に「WHAT A FEELING (Shinichi Osawa Remix)」が収録されている。

    CD・DVD収録曲編集

    CD (Disc 1)
    1 NEW LOOK オリジナル:スプリームス「Baby Love」(1964)
    作詞:michico, Lamont Dozier, Brian Holland, Eddie Holland / 作曲:T.Kura , michico, Lamont Dozier, Brian Holland, Eddie Holland / 編曲:T.Kura
    3:58
    2 ROCK STEADY オリジナル:アレサ・フランクリンROCK STEADY」(1971)
    作詞:michico, Aretha Franklin / 作曲:MURO, michico, Aretha Franklin / 編曲:MURO
    3:29
    3 WHAT A FEELING オリジナル:アイリーン・キャラFlashdance... What a Feeling」(1983)
    作詞:michico, Keith Forsey, Irene Cara / 作曲:Shinichi Osawa , michico, Giorgio Moroder / 編曲:Shinichi Osawa
    3:47
    4 NEW LOOK (Instrumental)   3:59
    5 ROCK STEADY (Instrumental)   3:29
    6 WHAT A FEELING (Instrumental)   3:47
    DVD (Disc 2)
    1 NEW LOOK (MUSIC VIDEO) 「Fashion×Music×VS」60年代篇(ディレクター:児玉裕一 / 振付:Moritsune Morita, Nami Segawa, Raymond Johnson)  
    2 ROCK STEADY (MUSIC VIDEO) 「Fashion×Music×VS」70年代篇(ディレクター:田中裕介 / 振付:SHUN)  
    3 WHAT A FEELING (MUSIC VIDEO) 「Fashion×Music×VS」80年代篇(ディレクター:中村剛 / 振付:Tetsuharu  

    脚注編集

    1. ^ 縦2m・横56mの計4枚のポスターが並べられ、内2枚のポスターには、おサイフケータイで「NEW LOOK」の先行視聴が可能なツールを採用。ポスターの自身の口元には曲と連動した詞がデザインされ、歩きながら曲を聴いて見て楽しめるという仕掛けがある。

    外部リンク編集