メインメニューを開く

B・A・R 005は、B・A・R2003年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー2003年の開幕戦から、最終戦まで実戦投入された。デザイナーはジェフ・ウィリス

BAR 005
Villeneuve BAR USGP 2003.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター BAR-ホンダ
デザイナー ジェフ・ウィリス
先代 B・A・R 004
後継 B・A・R 006
主要諸元
シャシー カーボンファイバー コンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションスプリング ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションスプリング ダンパー
エンジン ホンダ RA003 3.0L V10, NA,
トランスミッション X-Trac, 前進7速 + 後進1速, セミAT
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ラッキーストライク BAR ホンダ F1
ドライバー カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ
イギリスの旗 ジェンソン・バトン
日本の旗 佐藤琢磨
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2003年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16000
テンプレートを表示

概要編集

005はウィリアムズから移籍してきたウィリスを中心に開発され、004までのレイナードカラーを払拭するマシンとなった。

設計はウィリアムズ流のコンベンショナルなもので、004よりもパフォーマンスは向上していたが、小型化したギアボックスやエンジンの信頼性、エアロダイナミクスの効率、ブリヂストンタイヤとのマッチングといった問題の解決に追われながらシーズンを過ごした。

イギリスGPでは後半戦仕様のエアロパッケージを投入。エンジンインテークが3角形から5角形に変更された。また、サイドポンツーン側面のフェアリングを1枚増やして、それと上面のミニウィングを連結する独特のデザインを採用した。

ホンダV10エンジンは軽量化や高回転化などのバージョンアップを続けたが、ダウンフォース不足を補うためウィングを立てて走行したので、自慢のエンジンパワーが相殺されてしまった。

2003年シーズン編集

レースドライバーはジャック・ヴィルヌーヴと新加入のジェンソン・バトン佐藤琢磨がリザーブ兼テストドライバーを務めた。

バトンは予選順位・決勝成績ともにヴィルヌーヴを上回り、アメリカGPではリタイアするまで16周に渡りトップを走行した。ヴィルヌーヴは最終戦で佐藤と交代し、4位・6位のダブル入賞で1年を締めくくった。

チームは26ポイントを獲得し、コンストラクターズ5位でシーズンを終えた。

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
2003年 ラッキーストライク BAR ホンダ ホンダ RA003E V10 B AUS
 
MAL
 
BRA
 
SMR
 
ESP
 
AUT
 
MON
 
CAN
 
EUR
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
26 5位
ジャック・ヴィルヌーヴ 9 DNS 6 Ret Ret 12 Ret Ret Ret 9 10 9 Ret 6 Ret
佐藤琢磨 6
ジェンソン・バトン 10 7 Ret 8 9 4 DNS Ret 7 Ret 8 8 10 Ret Ret 4

参照編集

外部リンク編集