CEDEC AWARDS(セデック・アワード)は、ゲーム開発者による。ゲームタイトルそのものでなく、そこに用いられている技術を主たる対象とし、技術面から開発者の功績を称え表彰することで、ゲーム開発技術の普及・啓蒙と産業の発展を目的としている。インターナショナルなものとしては、ゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワードがあるが、この賞の日本版という側面が強い。CEDECにて、2008年から催されている。

選考プロセス編集

国内におけるゲームの賞としては、他に日本ゲーム大賞などがあるが、日本ゲーム大賞が東京ゲームショー参加者からの一般投票によって決定されるため、一般人気の高い作品が賞を受賞する傾向がある。これに対して、CEDEC Awardは、ゲーム開発者による選考のため、日本ゲーム大賞とは違ったラインナップになる傾向がある。具体的には下記のような手順での選考となる。

  1. 「CEDEC AWARDSノミネーション委員会」と「CEDEC運営委員会」がノミネーションリスト(優秀賞)を決定
  2. ノミネーションリストからCEDEC受講者(=そのほとんどがゲーム開発者。)が投票し、最優秀賞を決定

対象となる作品編集

基本的には、コンピュータ・ゲーム関係の技術を対象としているが、「ニコニコ動画」や「セカイカメラ」など、

  1. デジタル かつ
  2. インタラクティヴ かつ
  3. エンターテイメント

に関わる技術であれば幅広く対象としている。

また、Game Developer Choice Awardsとの対抗上からか、主に日本国内のものが主たる対象となっていることが多い。(ただし、2010年のビジュアル・アーツ部門はInfinity Ward Team が受賞するなど、明確に日本国内のものに限定されているわけではない)

初開催となる2008年は過去に発売されたゲームすべてに用いられた技術を対象に受賞作が決定され、2009年の賞についても2000年代後半のものを幅広く対象としている。2010年ごろから、その年のものを対象とするようになってきた。

今までの受賞作品編集

エンジニアリング部門編集

プログラミング・開発環境部門編集

ビジュアル・アーツ部門編集

ゲームデザイン部門編集

サウンド部門編集

ネットワーク部門編集

(2009年から設けられ、2016年にエンジニアリング部門と統合された)

特別賞編集

著述賞編集

(2009年から設けられた)
  • 2017 - Eske Yoshinob『マヤ道!! THE ROAD OF MAYA』(株式会社ボーンデジタル刊)[1]
  • 2016 - CGWORLD編集部(株式会社ボーンデジタル)[2]
  • 2015 - 大野功二『3Dゲームをおもしろくする技術 実例から解き明かすゲームメカニクス・レベルデザイン・カメラのノウハウ』(SBクリエイティブ株式会社 刊)[3]
  • 2014 - 株式会社ディー・エヌ・エー『Mobageを支える技術 ~ソーシャルゲームの舞台裏~』[4]
  • 2013 - 堂前嘉樹(株式会社バンダイナムコスタジオ)『ゲームを動かす技術と発想』(ソフトバンククリエイティブ・刊)、加藤政樹(株式会社バンダイナムコスタジオ)『ゲームの作り方 Unityで覚える遊びのアルゴリズム』(ソフトバンククリエイティブ・刊)[5]
  • 2012 - 曽良洋介、Marc Salvati、四倉達夫『テクニカルアーティストスタートキット 映像制作に役立つCG理論と物理・数学の基礎』[6]
  • 2011 - 中嶋謙互『オンラインゲームを支える技術 -壮大なプレイ空間の舞台裏-」(技術評論社 刊)』[7]
  • 2010 - 株式会社ボーンデジタルおよび川西裕幸(マイクロソフト株式会社)(※ 主に「Game Programming Gemsシリーズ」日本語版他多数の出版 に対して)[8]
  • 2009 - 平山尚(株式会社セガ AM R&D2)(※『ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術』に対して)、石田晴久(※『プログラミング言語C』邦訳版他多数の著述に対して)[9]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f CEDEC AWARDS 最優秀賞”. 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2018年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f CEDEC AWARDS 最優秀賞”. 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2018年1月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g CEDEC AWARDS 最優秀賞”. 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2018年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g CEDEC AWARDS 2014 最優秀賞”. 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2018年1月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g CEDEC AWARDS 2013 最優秀賞発表!”. 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2018年1月21日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g CEDEC AWARDS 2012 最優秀賞発表!”. 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2013年7月7日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g CEDEC AWARDS 2011 最優秀賞”. 社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2013年7月7日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g CEDEC AWARDS 2010 各部門賞発表!”. 社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2013年7月7日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g CEDEC AWARDS 2009 最優秀賞発表!”. 社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2013年7月7日閲覧。
  10. ^ a b c d e CEDEC AWARDS/日本最大級のゲーム開発者カンファレンス CEDEC 2008”. 社団法人コンピュータエンターテインメント協会. 2013年7月7日閲覧。

関連する賞など編集

外部リンク編集