メインメニューを開く

Cynthia Best 〜 Eternity』(シンシア・ベスト エタニティー)は、シンシア(南沙織)ベスト・アルバム。1996年6月21日発売。発売元はソニーレコード規格品番はSRCL-3519。

Cynthia Best 〜 Eternity
シンシア(南沙織)ベスト・アルバム
リリース
録音 1971年 - 1978年
1992年 - 1996年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニーレコード
シンシア(南沙織) アルバム 年表
Cynthia Memories
1994年
Cynthia Best 〜 Eternity
(1996年)
GOLDEN J-POP/THE BEST 南沙織
1998年
テンプレートを表示

解説編集

シングルレコード17才」(SONA-86183)で歌手デビューを果たしてから25周年を迎えた時期に発売された記念商品で、1970年代に発表された南沙織名義の作品群と、1992年から1996年の間に発表されたシンシア名義の作品群から選曲されたベスト・アルバムである。30周年、35周年にはCD-BOXセットが発売されており、それらと比較すると本作の規模は小さいものではあるが、このアルバムが南沙織時代とシンシア時代の既発表楽曲が1枚に収まった初のベスト盤である[1]

当時の最新シングル曲「愛は一度だけですか」(SRDL-4143)と、小岩井乳業製品のコマーシャルソングに起用されながら未CD化であった「ふたり」が初収録された。この「ふたり」は、本ベスト・アルバムのみに収録されている。

ブックレット内には歌詞や活動当時の写真に加え、南沙織時代に発表された全28枚のシングルA面曲中、過半数以上である16曲の作詞を担当した最重要作詞家有馬三恵子から寄せられた、25周年記念の寄稿文「異国の少女」が掲載されている。その中でデビュー時の南沙織について、「人生の短い少女期の風情を、きっちりと個性にしていたヒト」と評した。なお有馬とシンシアは1970年代当時、顔を合わせる機会は録音ブースで挨拶する時くらいであったと後に述べている[2]

ほか、巻末に「南沙織(シンシア)ヒストリー」という年表が掲載されているが、誤記箇所が多く見受けられる。たとえば、1974年7月発売の9枚目のスタジオ・アルバム名が『夏の感情』でなく『夏の序曲』になっている。CDトレイ下はさよならコンサート時の写真を使用。

収録曲編集

  1. 哀愁のページ(2:48)
  2. 17才(2:46)
    • 作詞: 有馬三恵子、作曲・編曲: 筒美京平
  3. ともだち(3:07)
    • 作詞: 有馬三恵子、作曲・編曲: 筒美京平
  4. 純潔(3:01)
    • 作詞: 有馬三恵子、作曲・編曲: 筒美京平
  5. あの場所から(3:01)
  6. 色づく街(2:50)
    • 作詞: 有馬三恵子、作曲・編曲: 筒美京平
  7. ひとかけらの純情(3:05)
    • 作詞: 有馬三恵子、作曲・編曲: 筒美京平
  8. 人恋しくて(4:23)
  9. 哀しい妖精(3:41)
  10. 春の予感‐I've been mellow‐(3:09)
  11. 青空(4:45)
  12. ファンレター ‐SO GOOD SO NICE‐(Remix version)(5:27)
    • 作詞: 阿久悠、作曲: 筒美京平、編曲: 萩田光雄
  13. 約束(4:01)
  14. よろしく哀愁(4:58)
    • 作詞: 安井かずみ、作曲: 筒美京平、編曲: 服部隆之
  15. ふたり(4:58)
  16. 愛は一度だけですか(5:05)
    • 作詞: 阿久悠、作曲: 都志見隆、編曲: 重実徹

関連作品編集

新曲、既発表曲の新音源を含むアルバム、ボックス・セット

脚注編集

  1. ^ 1992年2月21日に発売されたシングル・コレクションアルバム『南沙織ベスト Recall 〜28 SINGLES SAORI + 1〜』(SRCL-2315/6)にもシンシア名義の「ファンレター ‐SO GOOD SO NICE‐」が収録されているが、当楽曲はベストとしての選曲でなく新曲である。
  2. ^ CD-BOXセット『CYNTHIA ANTHOLOGY』(2000年6月7日発売:SRCL-4801/6)内における、有馬三恵子へのインタビュー記事より。