メインメニューを開く

DA・DI・DA』(ダ・ディ・ダ)は、松任谷由実(ユーミン)の17枚目のオリジナルアルバム。1985年11月30日東芝EMIからリリースされた(LP:ETP-90365、CT:ZH28-1600)。1985年11月11日1986年4月26日、『YUMING VISUALIVE DA・DI・DA』コンサートツアーが行われた。1985年12月5日に初CD化(CA32-1196)。1999年2月24日LPのブックレットを復刻し、バーニー・グランドマンによるデジタルリマスタリングで音質を大幅に向上したリマスタリングCD(TOCT-10650)とLP(TOJT-10650)をリリース。

DA・DI・DA
松任谷由実スタジオ・アルバム
リリース
録音 -
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1986年度年間4位(オリコン)
松任谷由実 年表
NO SIDE
1984年
DA・DI・DA
(1985年)
YUMING VISUALIVE DA・DI・DA
1986年
『DA・DI・DA』収録のシングル
  1. メトロポリスの片隅で
    リリース: 1985年8月1日
テンプレートを表示

目次

解説編集

収録曲編集

CD編集

全作詞・作曲: 松任谷由実、全編曲: 松任谷正隆。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.もう愛は始まらない -No Love Between Us-[1]松任谷由実松任谷由実
2.2人のストリート -The Street For Two-松任谷由実松任谷由実
3.BABYLON松任谷由実松任谷由実
4.SUGAR TOWNはさよならの町 -Sayonara Sugar Town-松任谷由実松任谷由実
5.メトロポリスの片隅で -In This Corner of a Metropolis-松任谷由実松任谷由実
6.月夜のロケット花火 -Rocket Fireworks Under the Moon-松任谷由実松任谷由実
7.シンデレラ・エクスプレス -Cinderella Express-松任谷由実松任谷由実
8.青春のリグレット -Regret From My Youth-松任谷由実松任谷由実
9.たとえあなたが去って行っても -Even If You Left Me-松任谷由実松任谷由実

楽曲解説編集

  1. もう愛は始まらない
    恋人との別れを固く決意する歌。曲中にアルバムタイトルである「DA・DI・DA」が繰り返し出てくる。
  2. 2人のストリート
    道路のど真ん中にを放置したまま喧嘩する仲の良いカップルを描いたナンバー。
  3. BABYLON
    大都会の朝焼けを、バビロンの空中庭園に例えたナンバー。
  4. SUGAR TOWNはさよならの町
    大雪の朝の別れを歌っている。未練の言葉をかけるも、自分の元を恋人が去ってしまうストーリー。
  5. メトロポリスの片隅で
    21枚目のシングル。1985年資生堂「フィアネス」CMソング。1988年TBS系『意外とシングルガール主題歌1991年TBS系『ルージュの伝言』でドラマ化された(第12話、主演・七瀬なつみ)。
  6. 月夜のロケット花火
    TBS系『ルージュの伝言』でドラマ化された(第11話、主演・桜井幸子)。
  7. シンデレラ・エクスプレス
    遠距離恋愛をテーマにした作品。TBS系「日立テレビシティ」のドキュメンタリー番組『シンデレラ・エクスプレス-48時間の恋人たち-』の主題歌として制作。1986年毎日放送制作・TBS系「東芝日曜劇場」の『週末物語 シンデレラ・エクスプレス』主題歌1987年JR東海東海道新幹線シンデレラ・エクスプレス」イメージソング。
  8. 青春のリグレット
    1984年麗美への提供曲。ユーミンが歌う場合はテンポが少し上がっている。1995年映画キャンプで逢いましょう』劇中歌。1998年中部日本放送制作・TBS系『人・旅わくわく』エンディングテーマ。後に2013年にAcid Black Cherryがシングル『黒猫 〜Adult Black Cat〜』のカップリングとしてカバー。
  9. たとえあなたが去って行っても
    恋人と別れてでも自分の信じる道を進む女性の歌。

参加ミュージシャン編集

脚注編集

  1. ^ 配信を機に本人監修のもと全曲英語表記が公式に発表された。 https://itunes.apple.com/us/album/da-di-da/1436013438

外部リンク編集

  • 松任谷由実オフィシャルサイトによる紹介ページ