メインメニューを開く

NO SIDE

日本の松任谷由美のアルバム

NO SIDE』(ノーサイド)は、松任谷由実の16枚目のオリジナルアルバム。1984年12月1日東芝EMIからリリースされた(LP:ETP-90310、CT:ZH28-1470)。

NO SIDE
松任谷由実スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
松任谷由実 アルバム 年表
VOYAGER
1983年
NO SIDE
(1984年)
DA・DI・DA
1985年
テンプレートを表示

1984年9月13日から1985年2月3日まで、『YUMING BLOOD』全国コンサートツアーが行われた。1985年6月1日に初CD化(CA32-1142)。1999年2月24日LPのブックレットを復刻し、バーニー・グランドマンによるデジタルリマスタリングで音質を大幅に向上したリマスタリングCD(TOCT-10649)とLP(TOJT-10649)をリリース。

目次

解説編集

収録曲編集

CD編集

全作詞・作曲: 松任谷由実、全編曲: 松任谷正隆。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE松任谷由実松任谷由実
2.ノーサイド -No Side-[1]松任谷由実松任谷由実
3.DOWNTOWN BOY松任谷由実松任谷由実
4.BLIZZARD松任谷由実松任谷由実
5.一緒に暮らそう -Let's Move In Together-松任谷由実松任谷由実
6.破れた恋の繕(なお)し方教えます -Abracadabra-松任谷由実松任谷由実
7.午前4時の電話 -A 4am Phone Call-松任谷由実松任谷由実
8.木枯らしのダイアリー -Diary Read By the Cold Wind-松任谷由実松任谷由実
9.SHANGRILAをめざせ -Let's Go To the Shangrila-松任谷由実松任谷由実
10.〜ノーサイド・夏〜空耳のホイッスル -Thought I Heard the Whistle-松任谷由実松任谷由実

楽曲解説編集

  1. SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE(サラーム モンスーン サラーム アフリーク)
    アフリカを舞台にした、「箱舟」「砂漠」「海流」などのフレーズが登場する曲。
  2. ノーサイド
    タイトルチューンで、文字通りラグビーの試合終了後の感情を歌った歌。1985年富士フイルム・ビデオテープスーパーHG HiFi CMソング。
  3. DOWNTOWN BOY
    タイトルと詞の内容から分かるように、この曲はビリー・ジョエルの「アップタウン・ガール」の世界を、富裕層の女性の視点から描いたアンサーソングである。1984年富士フイルム・ビデオテープスーパーHG HiFi、1998年三菱自動車工業トッポBJ2018年東日本高速道路東京外環自動車道三郷南IC高谷JCT開通のそれぞれCMソングに起用。アルバム発売CMにも使われた。また、1999年露崎春女がカヴァー。
  4. BLIZZARD
    スキーをテーマにした、ユーミンの冬の定番曲のひとつ。1987年映画私をスキーに連れてって』劇中歌。1996年三菱自動車工業・「Catch The Winter」キャンペーン(観月ありさが出演)、2017年には映画『私をスキーに連れてって』公開とJR東日本発足30周年の記念企画として、同社が展開しているキャンペーン「JR SKISKI」のCMソングにそれぞれ起用された。
  5. 一緒に暮らそう
    年末の忙しい時期を舞台にしたプロポーズソング。イメージは世田谷の「玉川高島屋S.Cソニープラザ」(現・プラザ)。
  6. 破れた恋の繕(なお)し方教えます
    黒魔術をモチーフに取り入れたナンバー。曲の内容は、昔の彼とヨリを戻そうとして、あの手この手の魔法を使うというもの。2008年小林幸子がカヴァー。
  7. 午前4時の電話
    別れた恋人が電話をしてくるという設定の恋愛ソング。
  8. 木枯らしのダイアリー
    日記をモチーフにした失恋の歌。
  9. SHANGRILAをめざせ
    のちに超大型ライブ「ユーミンスペクタクル・シャングリラ」シリーズのテーマソングになることとなる、ユートピア探求を歌った曲。
  10. 〜ノーサイド・夏〜空耳のホイッスル
    1985年富士フイルム・ビデオテープスーパーHG HiFi CMソング。詞の中に「老人」のフレーズが登場、この曲が「青春の日々がどれだけ掛け替えのないものか」を示している。
    前述の2013年12月1日の早明戦後のセレモニーで、「ノーサイド」の歌唱に先駆けて「すべてのラグビーOBにささげたい」と話して、本曲の歌詞の朗読を披露している[2]

参加ミュージシャン編集

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 配信を機に本人監修のもと全曲英語表記が公式に発表された。 https://itunes.apple.com/us/album/no-side/1436013106
  2. ^ “ユーミン「ノーサイド」に5万人が泣いた”. 日刊スポーツ. (2013年12月2日). http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20131202-1225882.html 2014年4月28日閲覧。 

外部リンク編集

  • 松任谷由実オフィシャルサイトによる紹介ページ