DOCOMO DREAM CALL(ドコモ・ドリームコール)は、TOKYO FMをキーステーションに、JFN加盟38局(唯一未ネットだったレディオキューブ FM三重は2009年2月よりネット開始)ネットで、2008年10月から2010年3月まで放送されたラジオ番組渋谷スペイン坂スタジオからの公開生放送。NTTドコモの一社提供。

DOCOMO DREAM CALL
放送方式 生放送
放送期間 2008年10月4日 - 2010年3月27日
放送時間 土曜日16:00 - 16:55
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ 松本ともこ
提供 NTTドコモ
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

2008年10月4日放送開始。カウントダウンステーションの第4部として編成され、パーソナリティは前番組「DOCOMO Hits from the Heart」から引き続き松本ともこが担当。2009年4月以降は15時台に2番組が編成される形となり、事実上の第5部となった。

かつてTFM系で放送され、ドコモの親会社、NTTがスポンサーだった「NTTドリームコーリング」の21世紀版といえる。

概要編集

  • 憧れのアーティストと生電話』というコンセプトの元、リスナーに寄せられた質問や曲の感想などをリスナーがゲストアーティストに直接生電話で話す番組。
  • 2009年9月26日放送分までは、全編に渡って、生電話を行っていたが、翌週10月3日放送分から、ゲストにゆかりのあるアーティストが留守番電話にメッセージを残したり、生電話でトークをしたりする内容にリニューアルされた。
  • なお、番組中に回答できなかった質問の一部は番組終了後に番組サイトにアップされ、ゲストアーティストが正確に回答していた。

番組の終了とその後編集

2010年3月27日をもって番組終了。土曜日16時枠の後番組は翌週4月3日よりKIRIN提供の『KIRIN BEER "Good Luck" LIVE』が放送開始。これにより土曜16時枠は提供スポンサー交代とともに『THE GOLDEN HITS』時代から土曜の昼に15年半にわたってパーソナリティを担当していた松本ともこがこの番組の終了をもって土曜から離れた。

なお、ドコモ一社提供枠は4月4日より日曜日22時枠に『DOCOMOシーソーメール〜SHE SAW MAIL〜』、及び4月10日より土曜朝8時枠に『DOCOMO LOVE Family』といった2つの1時間番組が放送開始。ただし、どちらの番組もこれまでのように全国ネットではなく、TFMローカルである。

ネット局編集

関連項目編集

外部リンク編集

TOKYO FM 土曜日午後4時枠(カウントダウンステーション4部→5部)
前番組 番組名 次番組
DOCOMO DREAM CALL