メインメニューを開く

エフエム山口

株式会社エフエム山口(エフエムやまぐち、FM-Yamaguchi co,.Ltd.)は、山口県放送対象地域として超短波放送(FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。コールサインはJOUU-FM

エフエム山口
FM-Yamaguchi co,.Ltd.
放送対象地域 山口県
系列 JFN
略称 FMY
愛称 FM山口
コールサイン JOUU-FM
開局日 1985年12月1日
本社 〒753-8521
山口県山口市緑町3-31
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 山口(防府) 79.2MHz / 1kW
主な中継局 下関 77.7MHz
宇部 88.6MHz
岩国 82.1MHz
柳井 77.9MHz
萩 78.6MHz 他
公式サイト www.fmy.co.jp
特記事項:山口本局の送信所は防府市にある。
テンプレートを表示
株式会社エフエム山口
FM-Yamaguchi co,.Ltd.
エフエム山口 局舎
現在は鉄塔にFMYロゴがついているが、2005年12月まではピンクで「FM」、青で「山口」とタテに設置されていた(会社案内のページの中にある写真がそれである)。
種類 株式会社
略称 FMY
本社所在地 日本の旗 日本
753-8521
山口県山口市緑町3-31
設立 1985年4月1日
業種 情報・通信業
法人番号 2250001000088
事業内容 放送法に基づく超短波放送事業ほか
代表者 藤井 正史(代表取締役社長)
資本金 4億9500万円(2015年2月)
決算期 毎年3月31日
主要株主 #資本構成を参照
主要子会社 株式会社ZERO・db
外部リンク http://www.fmy.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

1985年12月1日に全国20番目のFM局、全国69番目のラジオ放送局として開局した、山口県唯一の県域民放FM局である。略称はFMY(エフエムワイ)。JFN系列局で九州・山口のJFN系列8局で構成するFMQリーグにも参加している。放送開始当初からJFNC制作番組のネット比率が高い。

2001年夏頃[いつ?]から愛称(キャッチコピー)として「Heart Warm Radio」(ハート・ウォーム・レディオ)を使用するようになり、かつて放送された『FridaySuperFreak』や2001年秋の大改編でスタートした『Morning Kiss』、『Heart Beat Basket』、2004年の『ランチタイムブレイクSkip×Skip×Skip』のジングルで使用するようになったが、翌2005年の開局20周年に合わせて、これまでウェブサイトのアドレスやメールのドメインで使用されるなどしてきた「FMY」を積極的に使用するようになり、「Heart Warm Radio」のジングルも使用終了している(詳細は後述)。なお新聞のラジオ欄における局名表記は、開局以来「FM山口」「エフエム山口」を用いている事例が多い。

同じく山口市内に本社を置く民放テレビ局であるテレビ山口山口ケーブルビジョンと業務提携関係にあることから、3局合同イベント・特番の制作が随時行われている。また、当局とテレビ山口は相互に番組宣伝CMが放送されている。

完全子会社に「(株)ZERO・db(ゼロ・ディービー)」(前身社名「サウンドオフィスFM」)がある。

キャッチフレーズ編集

  • ときめく夢 きらめく音 - 1985年の開局から2001年6月まで。90年代まではこのキャッチフレーズを用いたジングルもオンエアしていた。
  • 面白すぎて 耳が点! - 1995年の10周年記念で制定。
  • Heart Warm Radio - 2001年7月から2005年11月30日まで使用。様々な自社制作番組のジングルやJFN共通ジングルにおいて使用していた。
    • 2005年12月1日 - 2015年3月31日は未設定
  • 届いてる!FMY - 2015年4月1日より。開局30周年キャッチコピー。「色んな人のメッセージや思いを、これまでも、これからも届け続けて行く、リスナーのハートに一番近い、一番身近なメディアでありたい」という願いが込められている[1]

資本構成編集

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典は日本民間放送年鑑によった[2][3][4]

2015年3月31日編集

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
4億9500万円 19億8000万円 5万円 9,900株 45
株主 株式数 比率
山口県 990株 10.00%
朝日新聞社 854株 08.62%
テレビ山口 655株 06.61%
山口放送 556株 05.61%
読売新聞大阪本社 556株 05.61%
中国新聞社 457株 04.61%
広島東洋カープ 457株 04.61%
宇部興産 408株 04.12%
トクヤマ 358株 03.61%
関門港湾建設 358株 03.61%

過去の資本構成編集

送信所・中継局編集

親局 周波数 空中線電力 備考
山口(大平山) 79.2MHz 1kW テレビ山口と共用
中継局 周波数 空中線電力 備考
下関 77.7MHz 50W
宇部 88.6MHz 100W
山口鴻ノ峯 82.1MHz 10W
岩国
柳井 77.9MHz 100W
78.6MHz
長門 89.4MHz 20W [注 2]
美祢 81.5MHz 100W
豊浦 78.3MHz 10W
周防大島 84.5MHz

インターネットによるサイマル放送は、LISMO WAVEドコデモFM[5]ラジオクラウド[6]で行っており、radikoには長らく未対応だったが、2018年4月2日からエリアフリーも含め参加している([1])。

所有スタジオ編集

本社スタジオ編集

本社内に以下のスタジオを所有している[7]

  • 第1スタジオ - 主に生放送番組用に使用されるスタジオ。以前はセミオープンスタジオとして使用していたが、保安上の問題から現在は原則非公開となっている。
  • 第2スタジオ - 副調整室と一体化しているため、主に録音番組用に使用されるスタジオ。またワンマンスタイルの生放送番組(例:PURE Morning[8])用に使用されることもある。
  • 第3スタジオ - 主にニュース番組用に使用されるスタジオ。
  • 第4スタジオ - 簡易スタジオ。

サテライトスタジオ編集

開局以来、本社以外のスタジオは所有していなかったが、2018年にJR新山口駅(山口市小郡)北口広場にサテライトスタジオを新設。山口市の「新山口駅ターミナルパーク整備事業」の一環で整備されたもので[9]、整備事業のコンセプト「まちと駅をつなぐ0(ゼロ)番線」にちなみ、「0スタジオ」(ゼロスタジオ)と称する[10]。駅前広場オープン当日の2018年3月22日の記念特番より運用を開始し、「COZINESS」と「Happy Happy FRIDAY」が本社スタジオから移動した。

各番組編集

5:00を起点とした24時間編成を行っている。基本的に毎週月曜 0:30 - 5:00を放送休止時間にあてており、多くの場合試験電波を流している(後述)。

放送中の自社制作番組編集

2018年2月現在の主な自社製作番組[11]

JFNC・TOKYO FM以外のネット番組編集

下記以外はJFNC制作番組、TOKYO FM制作番組がメインである。

現在放送中
放送終了

ニュース・天気予報・交通情報編集

ニュース(自社制作終了)
2015年3月をもって自社制作・各新聞社配信のニュースはすべて取りやめられ、全枠「JFNニュース」の放送へ変わった。
2015年3月まで行われていた自社送出のニュースは"FMY NEWS highlight"のジングルとBGMに載せて、朝8:55(日経ジャーナル)と夕方18:55の回(山口新聞ニュース)を除き、下記の全国紙・ブロック紙から配信されたニュースをアナウンサーが読み上げる形式で放送された。なお、土日放送分は2009年3月で終了している。
天気予報
平日のみ1日1回放送(7:30)。ただし、明確に「天気予報」という独立した枠があるのは朝の番組のみ。
開局以来女声コーラスの「天気予報〜」のジングルの後「RAINBOW MAN」(アール・クルー)に乗せて天気を読んでいたが、20周年のジングル変更時に「FMY weather」のコールタイトル後にアップテンポのBGMに乗せて放送するスタイルとなっている。
こちらもかつては土日も放送されていたが、すべて廃枠となっている。10:55、17:55に放送され、日曜のみ12:55にも放送があった。また平日昼(13:47)にも放送されたことがあった。夕方に関しても夕方ワイドに内包、ないしは独立枠(金曜)で18:50に放送されていたが2010年3月末の平日夕方ワイド廃止で廃枠となった。
2015年12月改編をもって8:25の放送も廃止された。現在は早朝1回のみで、そのあとは適宜触れるのみ。また、"FMY weather"のジングルとBGMも廃止された。
道路交通情報
日本道路交通情報センター山口センターからの放送は平日1日5回・土曜1日1回(他に全国情報が土日に1回ずつあり)[13]。ニュースなどと同様に独立パート扱いとなっており、他局のようにDJとのやりとりはない。なお、日曜は従来から放送が無い(KRYラジオも同様)。

特別番組編集

WILD BUNCH FEST.の会場が設けられている山口きらら博記念公園多目的ドーム(きららドーム)内に設置された「公開ラジオブース」から放送される。また"BATTLE HEAT in STARPIAA"の後継ぎであるアマチュアバンドイベント[注 9]もこの中で行われており、「Ride On Music!」とのコラボレーションで行われる。

ヘヴィー・ローテーション編集

エフエム山口ではヘヴィー・ローテーション(パワープレイ)のことを「FMY PUSH ONE」(プッシュ・ワン、「一押し」の直訳。FMY検定によるとサブタイトルは「炎の皿回し」ということである)と呼び、月一回洋楽と邦楽一曲ずつ選んで5分枠または自社制作番組の中で放送している[17]

また、年1回8月にFMQリーグの共同企画としてヘヴィー・ローテーション企画「FM Q LEAGUE POWER PLAY」を放送している。

放送終了した自社制作番組編集

朝・午前中番組編集

は最終的に2001年に『Morning Kiss』に吸収合併された番組。

  • サンライズ・ウェイヴ
    開局当初に放送していたミニ番組のひとつ。後に5分間の『ウェザー・ファイル』()へと変わる
  • Morning Breeze
  • Okky's Super Radio Show → Morning Kiss Friday Edition Okky's Super Radio Show
  • Morning Kiss → Morning Street
  • JOYOUS!(『Morning Street』の後半枠(9:00 - 11:00)で2015年12月にスタートした番組。2016年9月に終了し、『PURE Morning』に吸収)

昼ワイド番組編集

夕方ワイド番組編集

は最終的に2003年に『paradise radio』に吸収合併された番組。

金曜縦長ワイド番組編集

その他の自社番組編集

日曜午後6時前半枠
日曜午後6時後半枠
  • 集まれ!音楽の仲間たち〜スウィンギング・ア・ミュージック
  • Sunday Sports 630
カウントダウン
  • Weekend Best10 → COUNT DOWN ATTACK!! → ビリフラMAX TOP10 → FMY WEEKLY MUSIC CHART
    「Weekend Best10」は広島などで活躍する君崎滋が出演していた。その後、それをリニューアルする形で「COUNT DOWN ATTACK!!」がはじまる。この頃までは土曜の夜に60分放送されていた。
アマチュアバンド応援番組
その他
  • BB金光のプレジャーQ(クオーター)
釣り専門の15分番組

放送形態編集

コーポレートロゴ変更編集

2005年7月1日CIを実施し、コーポレートロゴを全面変更し、ホームページも大幅にリニューアルした。このコーポレートロゴはCI以前から『FMY-TV』で先行使用されていた。これに伴い番組・CM中のジングルも一部変更され、以前の愛称“Heart Warm Radio”が原則として使用終了となった(ただし、2008年春までは『Morning Kiss』『ランチタイムブレイクSkip×Skip×Skip』のオープニングにおいてこの愛称がコールされていた)。

また、宇部市在住のイラストレーター・上大岡トメがデザインした新キャラクター「緑山タイガ」を採用した。

開局20周年でのジングル等の変更編集

エフエム山口は2005年12月1日の開局20周年を機にジングルやミニ情報番組のBGMの全面変更を行った。

ジングルは開局以来のものや10周年記念のものはすべて20周年の特別版、及びそれを元としたものに全差し替えとなった。

最も多く流されたのは、1985年12月の開局以来のもの。女声コーラスによる、「エフエムやまぐち〜」「J・O・U・U〜、エフエムやまぐち〜」「うきうきサウンド・わくわくメディア〜♪」などと歌うものだった。開局から5年後の1990年には西司プロデュースによるものが作られ、その5年後の1995年には10周年記念のものもできた。

20周年以降のものは、アメリカのダラスで制作されたものとなっている。「FMY the place for you」と歌われているものは、2パターンあり、最初は「20th anniversary」と歌われていたが、21年目以降の事もあって差し替え用の「It's your power station」が用意されている。

また、自社送出のニュース・天気予報・道路交通情報のコールタイトル・BGMをあわせて全面的に変更している(上述)。

なお、FMYステーションジングル内で古いジングルが紹介されている。

また、これはCI時と同時にTOKYO FMの全国ネット番組前(一部除く)で用いられていたJFN共通ジングルの使用を取りやめ独自ジングルを採用している。この共通ジングルでは、共通の「♪Your listening to your favorite」と歌った後に、女声で「Heart Warm Radio FM YAMAGUCHI」と読み上げられた。

2015年12月1日の開局30周年を前に4月1日にステーションジングルが新しくなった(「♪Happy Thirty Years Always by your side FMY」と歌っている)[18]。開局31年目に入った12月1日以降は別の英語表現に変わっているがメロディラインと最後の「FMY」は変わっていない。

放送開始・終了・休止編集

放送は日曜日深夜(月曜日未明) 24:30 - 29:00 (0:30 - 5:00) までをメンテナンスタイムとして放送休止しているが、それ以外は24時間放送。メンテナンスの際は試験電波を発射しており、終了後翌朝まで音楽を流し、毎正時には時報、0:35頃と、毎時30分過ぎには試験電波発射中のアナウンスが流れる(アナウンスは新井道子アナウンサー)。

流れる音楽としては、洋楽・邦楽やインストゥルメンタル曲のほかに、過去の洋邦PUSH ONEを特集して流すこともある。この試験電波はドコデモFMでも流される。

エフエム山口では、毎朝 4:58.30 - 4:59.42まで、周波数告知(月曜日早朝はこの告知がオープニング)を行う。オープニングアナウンスの時のBGMは『あすの天気』(日本テレビ毎日20:57頃)のものと同一のもの。オープニングBGMは「Feelin' Happy/Dan Siegel」。

日曜深夜 0:29.00 - 0:30.30に放送終了アナウンス(クロージング)を放送(アナウンスは新井道子アナ)。これまでは「夜にやさしく包まれて、さぁ、夢空間へ旅立ってください。今夜はどんな夢を見るのでしょうか」というアナウンスが追加されていたが、周防大島局開局で、これまで途中に読まれていた「今日のプログラムをすべて終了いたします」を末尾に持ってくる形に変更し、前述の「夜にやさしく…」のアナウンスはカットされた。クロージングBGMは「パストラル/中村由利子[注 10]

いずれも、アナウンスの構成は変わっておらず、中継局の紹介は大平山送信所から開局順。

FMY Podcast編集

FM山口では、番組でカバーできなかった情報などをポッドキャストで配信している。

アナウンサー・パーソナリティ編集

開局以来、自社アナウンサーは比較的少数で放送されている。最大6人体制であったが、中途退職と後任の不補充により減少している。

在籍中編集

退職者編集

特記なき者はフリーパーソナリティーとして活動中

その他のパーソナリティ編集

2017年9月に公式サイトに名前が掲載されているフリーパーソナリティ等

脚注編集

注記編集

  1. ^ a b c d e f エフエム山口 非常勤取締役
  2. ^ 1986年8月の開局 - 2000年7月2日は81.6MHz(出力10W)で送信されていた。しかし、当局の美祢局(81.5MHz、開局は長門局より後の1997年8月)との混信や、美祢局内でのマスキング(全く受信できなくなる現象)の発生、NHK山口FM豊北局(81.9MHz)との混信が起きたため、翌7月3日に現在の周波数に変更され、同時に出力も増強された。
  3. ^ 2012年4月 - 2015年12月は8:20 - 8:30に自社制作の「道路交通情報」「PUSH ONE」を内包した上で8:55までのフルネット。
  4. ^ Kiss FM KOBEFM岡山HFMFM徳島FM香川JOEU-FM
  5. ^ 2012年10月 - 2014年3月は中断
  6. ^ 制作局のFM FUKUOKAでは当該時間に『BUTCH COUNTDOWN RADIO』を放送しており、FM FUKUOKAの入る地域では表裏の関係になっていた。
  7. ^ 幹事の文化放送では創価学会がスポンサードしているが、FMYでは「各社」にスポンサーを差し替えている
  8. ^ JFNでは他にも35局、AMでは38局がネットしており、KRYラジオにおいても金曜の昼間に放送されていた。
  9. ^ CD音源・書類選考で1次審査を突破した8組(ライジング・エイト)が、周南市のライブハウス「ライジングホール」でパフォーマンスし、最終的に選ばれた2組(ライジング・2トップ)が当日会場でパフォーマンスする[16]
  10. ^ 放送開始当初は「カラーパープルのテーマ/DAVID FOSTER」と「グッドナイト/種ともこ」をつないでいた[19]。のちに中村由利子のウィンターロマンス にかわり、今に至る。

出典編集

  1. ^ エフエム山口営業部 (@FMYbiz) 2015年3月31日 14:16 (UTC) のツイート
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、404頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、395頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、417頁。
  5. ^ ドコデモFM|聴取可能放送局一覧
  6. ^ “博報堂DYメディアパートナーズの提供する音声コンテンツ配信プラットフォームアプリ「ラジオクラウド」のコンテンツ配信社が64社へ拡大” (プレスリリース), 博報堂DYメディアパートナーズ, (2017年10月2日), http://www.hakuhodody-media.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/10/HDYMPnews20171002_02.pdf 2018年3月26日閲覧。 
  7. ^ 社内探索”. エフエム山口. 2016年8月13日閲覧。
  8. ^ 本日スタートPURE Morning (*^^)v
  9. ^ “新山口駅 北口広場、3月オープン バス乗降場も4月に集約/山口”. 山口新聞. (2018年1月18日). https://mainichi.jp/articles/20180118/ddl/k35/020/404000c 2018年3月22日閲覧。 
  10. ^ 新山口駅北口駅前広場にサテライトスタジオオープン!!”. FMY infomation. 2018年3月22日閲覧。
  11. ^ エフエム山口オリジナルプログラム”. エフエム山口. 2016年8月13日閲覧。
  12. ^ FMY Information『長渕剛の震災復興支援番組、放送開始!!』
  13. ^ ラジオ・テレビでの放送時間・山口県”. 日本道路交通情報センター. 2016年8月13日閲覧。
  14. ^ “8/11(木・祝)vs.セレッソ大阪 エフエム山口で生中継!” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2016年6月10日), http://www.renofa.com/archives/12037/ 2016年8月13日閲覧。 
  15. ^ 【イベント・番組情報】WILD BUNCH FEST 公開ラジオブース FMYステージ”. エフエム山口. 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月17日閲覧。
  16. ^ 【イベント終了】WILD BUNCH FEST. FMYステージ出場権争奪オーディション”. エフエム山口 (2017年7月24日). 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月17日閲覧。
  17. ^ PUSH ONE~炎の皿回し~”. エフエム山口. 2016年8月13日閲覧。
  18. ^ だるだる談話室・開局30周年でございます
  19. ^ FM山口伝言板「放送終了のBGM」

外部リンク編集