株式会社エフエム群馬(エフエムぐんま)は、群馬県放送対象地域として超短波放送(FM放送)を行っている特定地上基幹放送事業者愛称アルファベット表記のFM GUNMA(エフエムグンマ、2015年から使用)、旧愛称はFMぐんま1985年昭和60年)10月1日開局。JFN系列局。コールサインはJORU-FM。

株式会社エフエム群馬
FM GUNMA Broadcasting CO.,LTD.[1]
FM Gunma Main Office.JPG
2022年7月まで本社が入居した若宮町のGNビル(2008年3月)
種類 株式会社
略称 FM GUNMA
本社所在地 日本の旗 日本
371-8533
群馬県前橋市千代田町二丁目3番1号
設立 1984年12月18日
業種 情報・通信業
法人番号 5070001000442 ウィキデータを編集
事業内容 放送法に基づく超短波放送
代表者 代表取締役社長 塚越正弘
資本金 2億円[1]
発行済株式総数 4,000株[1]
売上高 8億9187万円(2020年3月期)[2]
経常利益 2701万円(2020年3月期)[2]
純利益 7682万円(2020年3月期)[2]
純資産 19億3195万円(2020年3月期)[2]
総資産 24億5176万円(2020年3月期)[2]
外部リンク https://www.fmgunma.com/fmg863/
テンプレートを表示
エフエム群馬
FM GUNMA Broadcasting CO.,LTD.
種別 FMラジオ放送
放送対象地域 群馬県
系列 JFN系
略称 FMG
愛称 FM GUNMA
FMぐんま
コールサイン JORU-FM
開局日 1985年10月1日
運営会社 株式会社エフエム群馬
本社 371-8533
群馬県前橋市千代田町2-3-1
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 前橋(高崎市吉井町) 86.3MHz / 1kW
主な中継局 榛名 82.2MHz
沼田 77.8MHz
草津 76.7MHz
利根 79.4MHz
長野原 82.0MHz
鬼石 87.1MHz
万場 88.0MHz
株主 資本構成を参照
公式サイト https://www.fmgunma.com/fmg863/
テンプレートを表示

関東地方では、1970年(昭和45年)にTOKYO FMが開局して以来15年半ぶりの新規開局の民放FM放送局である。

概要編集

群馬県では唯一の県域ラジオ局であるため、FM局にありがちな音楽一辺倒の放送ではなく、バラエティ豊かな編成が特徴。

開局当初は予算の制約が大きく聴取エリアも県南東部の関東平野では系列のTOKYO FMと重複しており、地方向けのBラインネットが多かった[注釈 1]。昨今は、在京局と遜色のない自主制作番組が放送できるようになり、経験豊かなスタッフが増えている。

県内にはAM局がないため、県域エフエム局には珍しい報道部も設置されて組織が充実し、毎年夏に開かれる全国高等学校野球選手権大会群馬県大会実況中継をJFN系列で唯一放送し、さらにサッカー・J2リーグザスパクサツ群馬の主催試合実況中継も放送されている。

送信所は高崎市吉井町の牛伏山にある前橋局(エフエム群馬ではこの周波数をメイン周波数としている)である。その他、山間部をカバーするために多くの中継局がある。なお放送対象地域外では、新潟県長野県埼玉県栃木県茨城県の各一部が放送エリアとなっている[3][4]。開局直前の上毛新聞には、群馬県内より県外の受信可能世帯数の方が多い旨の記事が載った[4]

開局から前橋市若宮町GNビルに本社・スタジオとして入居していたが、総務省の「周波数再編アクションプラン」に伴う本社と送信所を結ぶ周波数帯の変更に対応するため新社屋建設を決め、同市千代田町のしののめ信用金庫前橋営業部敷地内へ移転することを発表した[5]2022年7月11日に新社屋からの移転・本放送を開始[6]。当初は同年10月を予定していた[7][8]。一般公開は、スタジオ「CLUB AIR」を9月26日にプレオープンし、10月1日に広場スペース「つどにわ広場」をCLUB AIRと共にグランドオープンした[9]

主な受賞歴に『多頭飼育崩壊の現状 もう一度考える命の向き合い方』で2022年日本民間放送連盟賞ラジオ報道番組部門で優秀賞を受賞した[10][11]。同局が番組部門で受賞するのは、初めてだった。なお、CM部門では、2018年に『G.K.works 番組提供休止/無許可篇』、『群馬マスコミ3社(上毛新聞社群馬テレビエフエム群馬)特殊詐欺ゼロキャンペーン/無許可篇』で同賞の第2種(21秒以上)でいずれも優秀賞を受賞した[12][13]

事業所編集

送信所・中継局編集

 
牛伏山送信所
親局 周波数 空中線電力 備考
前橋 86.3MHz 1kW
中継局 周波数 空中線電力 備考
榛名 82.2MHz 50W
沼田 77.8MHz 10W
利根 79.4MHz
草津 76.7MHz
長野原 82.0MHz 1W
鬼石 87.1MHz 3W
万場 88.0MHz

沿革編集

  • 郵政省(現・総務省)は3大都市圏(先行した中枢3都府県を除く)にも県域民放FM周波数を割り当てるべく、1983年昭和58年)に群馬県三重県に、翌1984年南関東3県埼玉県千葉県神奈川県)と奈良県にそれぞれ周波数割り当てが行われた。
  • 1984年12月18日 株式会社エフエム群馬設立。
  • 1985年
  • 1995年
    • 4月1日 FM文字多重放送開始。コールサインはJORU-FCM。
    • 11月23日 若宮町旧社屋が入居するGNビル1階の群馬日産自動車ショールーム跡にオープンスタジオCLUB AIRオープン。
  • 2003年3月 万場町(当時)に中継局が開局し、記念特番をNHK前橋放送局と合同で制作し、同時放送した。
  • 2005年3月14日 デジタルSTLの運用開始。
  • 2008年7月1日 2007年12月12日にエフエム群馬で放送された群馬県行政書士会幹部(当時総務部長)が不起訴になった案件が群馬県議会の委員会で質疑応答した報道について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送と人権等権利に関する委員会は、案件対象者への取材をせずに報道したことが放送倫理に反すると認定[14]
  • 2011年4月12日 radiko[注釈 2]の試験放送を開始。対象は群馬県内のみ。
  • 2014年
    • 3月31日 FM文字多重放送廃止。
    • 4月1日 radikoプレミアム(エリアフリー)[注釈 2]配信スタート。
  • 2015年
  • 2022年
    • 7月8日 若宮町CLUB AIRから最後の生ワイド番組『アリガトワカミヤ ヨロシクチヨダ クラブエアお引っ越しスペシャル』(岡部哲彦、市川まどか)を20:00 - 21:55に放送、これをもって旧社屋からの大型ワイド番組は終了。
    • 7月11日
      • 0時03分のクロージング送出終了をもって旧社屋からの放送を完全に終了。旧社屋からの最終番組はネット番組の『Good-Track!』、最終自社番組は10日20:55の『FM GUNMA NEWS』。
      • 5時57分のオープニング送出より、新社屋(前橋市千代田町・しののめ信用金庫前橋営業部敷地内)からの放送を開始[6]。キャッチフレーズは”ワクワクマシマシ”。新社屋からの初番組はHARUNA STUDIO送出の『WAI WAI Groovin'』。この番組を含め7:30 - 19:55を『新社屋記念1day スペシャル『改めまして FM GUNMAです。』』とし、通常ネット番組の時間も特別編成とした。
    • 10月1日 千代田町新社屋のスタジオCLUB AIRと広場スペース「つどにわ」をオープン。

所有スタジオ編集

本社スタジオ編集

千代田町新本社には4つのスタジオを所有している[16]。スタジオコンセプトが『上毛三山』+『谷川岳』。群馬を象徴する「上毛三山」のように親しまれるように、とメインの3スタジオはそれぞれ三山の名前が付けられた。また、ニューススタジオは”情報に耳を立てる”=猫耳のような特徴を持つ谷川岳から名前を付けた。

  • AKAGI STUDIO(アカギ・スタジオ) - 第1スタジオ。生放送用スタジオで、横幅があり、生演奏も可能。壁色は赤。
  • HARUNA STUDIO(ハルナ・スタジオ) - 第2スタジオ。生放送・収録共用多目的スタジオ。眺望の良さが特徴。壁色は青。
  • TANIGAWA STUDIO(タニガワ・スタジオ) - 第3スタジオ。ニュース・天気予報等を送出できるワンマンスタジオ。収録にも対応。壁色は橙。
  • MYOGI STUDIO(ミョウギ・スタジオ) - 第4スタジオ。大人数での放送も可能な広さを持つスタジオ。壁色は緑。

オープンスタジオ編集

CLUB AIR(クラブ・エア)
  • 若宮町旧社屋(GNビル1階)時代
    沿革にもある通り、1995年11月23日、若宮町旧社屋が入居するGNビル1階(群馬日産自動車ショールーム跡)にオープン。
    「WAI WAI Groovin'」「POTLUCK」等のワイド番組や「かかあデンパ」等の生放送番組で使用。公開放送(収録・生放送)でも使用した。
    スタジオと観客スペースを仕切る防音壁は可動式で、稼働させることによりスタジオ・観客スペースの一体利用が可能[17]となっていたが晩年は固定された状態だった。
    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月4日よりクローズ(閉鎖)[18]していたが、スタジオ機能は2022年7月8日まで使用した。
  • 千代田町新社屋
    2022年7月11日に移転した千代田町新社屋1階にAKAGI STUDIOとHARUNA STUDIOの様子が観覧できるスペースとして設置。一般開放は2022年9月26日にプレオープンし、同年10月1日グランドオープンした。

資本構成編集

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[19][20][21][22]

2015年3月31日 - 2016年3月31日編集

資本金 発行済株式総数 株主数
2億円 4,000株 74
株主 株式数 比率
群馬県 397株 9.92%
読売新聞東京本社 240株 6.00%
フジ・メディア・ホールディングス 220株 5.50%
上毛新聞社 200株 5.00%
群馬銀行 187株 4.67%
東和銀行 187株 4.67%
朝日新聞社 180株 4.50%
日本経済新聞社 160株 4.00%
群馬県観光物産国際協会 160株 4.00%
ぐんぎんリース 137株 3.43%

過去の資本構成編集

自社制作編集

2021年4月現在 詳細は、公式サイトの番組紹介あるいは番組表を参照。

情報番組編集

2022年4月改編で日中帯の自社制作枠を見直し、『ヒルサイド・アヴェニュー』を中途で打ち切って以降不定期放送へと移行していた日中帯のJFNCワイド(『Seasoning -season your life with music-』)の定期ネット昇格と、『Otona no Radio Alexandria』の特定曜日のみの定期ネット、『デイリーフライヤー』の新規ネットをそれぞれ開始。

番組編集

  • Busi-Neta!(水 11:30 - 11:55、アンカンミンカン[31]
  • チャレンジ・ザ・ドリーム(第1木 12:00 - 12:55[32])※
    • 第2 - 5木には『Otona no Radio Alexandria』(JFNC制作)を放送。
  • 風輪の明日は明日の風が吹く(第1木 11:30 - 11:55、風輪[33])
    • 第2 - 4木には『Otana no Radio Alexandria』(JFNC制作)を放送
  • tsulus fm(第2木 12:00 - 12:30、山本一太、市川まどか[34]
    • 第1・第3 - 第5木には『Otana no radio Alexandria』(JFNC制作)を放送
  • mabanuaの50号室より愛をこめて(月 15:00 - 15:30[注釈 7][35]
  • aoki モーターステーション(月 15:30 - 15:45[注釈 8][36]
  • 蛙亭のおしごとおたまじゃくし(第1火 15:00 - 15:55、蛙亭[37])
  • Busi-Neta!(ビジネタ)(水 11:30 - 11:55、アンカンミンカン)
  • ザ・キャプテンズの『バラ色☆王国』(木 15:30 - 15:55[38]
  • 内田彩の「うちださんのおうっちー」(金 20:00 - 20:15/土 18:30 - 18:45[再][39]、2022年4月より現在の時間帯に)
  • LACCO TOWERのRADIO TOWER(火 20:00 - 20:30[40]
  • もーやめてくんねえかい(水 20:00 - 20:30[41]
  • Da-iCE 和田颯のラジオ始めました→ハヤラジ(木 20:00 - 20:30[42]
  • HORIKENのサイクリングライブ (木 21:30 - 21:55[43]、2020年4月から毎週放送に拡大)
  • lyrical school minanのLet's チルアウト(土 18:00 - 18:30[44]

ミニ番組 編集

  • タウンニュース(月15:50 - 15:55、火15:55 - 16:00、木 12:49 - 12:55、金 12:50 - 12:55、日 13:55 - 14:00)
  • JAグリーンNAVI(月 - 木 12:55 - 13:00、土9:03ごろ - 9:05ごろ[注釈 9][45]
  • 日典ラサのライフシステム プレゼンツ ENDING SONG(金12:55 - 13:00[46]
  • 今週の星占い (月 15:55 - 16:00)
  • 生活経済トピックス (水 15:55 - 16:00)
  • ミミヨリ! MONEY(木 15:55 - 16:00、岡部哲彦[47]
  • ぐんま情報トッピング(月 - 木 17:50 - 17:55)
  • ペガサス+ eスポで群馬を元気に!(金 14:50 - 14:55、松本亜希子[48]
  • ラジオインフォメーション いきいき前橋(金 16:55 - 17:00)
  • 街ネタぽすと (土 12:55 - 13:00[注釈 10]
  • FM GUNMA POWER PLAY(月15:45 - 15:50、金 22:55 - 23:00、他週末にも放送あり)

不定期放送編集

  • 群響アワー(偶数月の木 20:00 - 21:55)
  • 月刊!ラジ・ヴィアン(最終金 19:30 - 19:55)
  • 街の音楽家たち(奇数月の第2木曜日 20:30 - 20:55[49]
  • このほか土曜日12時、14時台を中心に不定期で公開生放送あり。
  • 高校野球群馬大会実況中継(エフエム群馬 高校野球中継) - 放送時間調整として「音楽特集」と題し、フィラー音楽とアナウンサーによる結果情報を放送。
  • ザスパクサツ群馬実況中継 - 中継を行わない日でもNEWS・天気・交通を中止し、5分間の「ザスパ速報」を放送する。
  • FMぐんま・1デイオールリクエスト

以上の番組を放送するときには、一部のTOKYO FMまたはJFNC制作の番組は放送休止または時間移動になる。

終了した番組編集

平日朝

  • FMフレッシュモーニング(月 - 金 7:30 - 8:55)
  • MorningRadio-soup(2002年4月 - 2005年3月 月 - 金 7:30 - 8:55)
  • FM GUNMA MORNING PROGRAM あさnavi( - 2015年3月、月 - 金 7:30 - 8:55) - 全国ほとんどの局でネットされる『中西哲生のクロノス』8時台のAライン枠は未ネット

平日午前

  • 素敵にPureTime
  • Site9-11(月 - 金 9:00 - 11:00)

平日午後

  • 午後は気ままに DO!DO!!ワイド
  • LOVE A GO!GO!
  • チャンネル148(月 - 木 13:00 - 15:45)
  • B定食(月 - 木 13:00 - 14:55、2014年3月まで)
  • OTONOWA(月 - 木 13:00 - 14:55、2014年4月から)

平日夕方

金曜日

土曜日

日曜日

  • グリーンスマイル(日 9:30 -10:00)
  • SUPERGROOVE(2004年10月 - 2004年12月 日 0:00 - 0:55)
  • 音楽の玉手箱(日 13:00 - 13:55)

その他

JFN系列以外のネット番組編集

時差ネット番組編集

先行放送
  • Life Time Audio~人生のプレイリスト~(月曜 - 金曜 13:55 - 14:00)- 1時間先行
遅れ放送
  • 2020年10月現在なし

放送されないTOKYO FMの全国ネット番組編集

ONE MORNING』内の8時台

平日の8時台は開局当初からローカル編成のためネットされていない。このような編成はエフエム栃木(RADIO BERRY)、三重エフエム放送(FM三重)でも行われている。ただしエフエム栃木では『Letter for the next』はネットしている。また、特別加盟局のInterFM897もTOKYO FMとのエリア重複の観点で未ネットとなっている。

日曜13時台の番組

当該時間帯はもともとローカルセールス枠であり、当局でも全国高等学校野球選手権群馬大会開催時、あるいはザスパクサツ群馬主管のJリーグ試合中継[注釈 12]やイベント番組の出張放送を組み込むことも多いため、単発枠として機能させている。そのため全国ネットの番組を見送り、『武部聡志のSESSIONS』(2022年4月改編より[注釈 13])を放送している。そのため、未ネットとなった番組[注釈 14]、ネット落ちした番組[注釈 15]、飛び降りを余儀なくされた番組[注釈 16]、先行ネットを行った番組[注釈 17]が存在する。

(過去の事例1)土曜14時台の番組

かつて当局では当該時間帯も前述のスポーツ中継確保の枠、ローカルセールスの単発番組枠として確保していた。そのため2010年3月まで構成されていた『カウントダウンステーション』はこの部分の未ネット抜けする格好となっていた。チャート番組としての体裁のためでもあり、代替として自社制作番組の『サウンドステーション』やJFNCの番組をはめ込む形で対応していた。2010年4月3日の改編で『ポップス ベスト10』が15時台に枠移動となり、当局でのネットが開始されるのと引き換えに長く放送してきた『SOUND IN MY LIFE』が打ち切られた。2015年12月5日、日曜16時台に放送されて来た『福山雅治のSUZUKI Talking F.M.』が『福山雅治 福のラジオ』へ曜日移動等を含むリニューアルすることに伴って当該枠のローカル編成を終了し、同時ネット枠へ移行した。

(過去の事例2)土曜17時台の番組

当枠についてもローカルセールス枠の自社制作番組の放送を継続していたことと、代替として放送する枠の確保ができなかったことからネットが見送られた。2020年10月の改編で17時台の編成を丸々1時間繰り下げたことでネットが可能となり『SUBARU Wonderful Journey 〜土曜日のエウレカ〜』から同時ネットされている。

ただし、これらについても東日本大震災後などの特別番組を編成する場合はこの限りではない。

アナウンサー・パーソナリティ編集

男性編集

女性編集

かつて出演していた人物

キャンペーンの歴史編集

イベント編集

  • えふえむ屋(9月ごろ開催。9時台と2時台にて中継あり)
  • 稲川淳二のホラーナイト(高崎市慈眼寺で毎年夏に開催し、特別番組で生放送される)
  • FMぐんまシネライブ
  • コスモ アースコンシャス アクトクリーン・キャンペーン in 群馬
  • HAPPY MONDAY クエスチョン

その他編集

エフエム群馬の新聞ラジオ欄における番組表表記は掲載する新聞すべてで「FM GUNMA」となっている[注釈 18]。また、三才ブックスの『ラジオ番組表』では、2017年春号から表記を「FM GUNMA」としている[64]

CLUB AIRは通常9:00 - 19:30まで開いている。しかし、19:30以降まで放送する公開生放送時は、閉場時間が延長される。また、TOKYO FMやJFNの番組がエフエム群馬に出張放送する場合では、通常時間外でもCLUB AIRが開いていることもある。

1日1ガッツキャンペーンがスタートした直後に『ラジアンリミテッドDX』がエフエム群馬へ出張放送した際に、コーナー仕切りのジングル代わりとしてエフエム群馬の1日1ガッツのジングル(ガッツ石松出演)が全国ネットで流れた。

開局当初から十数年は、営業部と放送部だけであり、情報源として新聞社配信のニュースとJFN、ボランタリーネットワーク(事前に契約を結んだ特定聴取者による無償情報提供)に頼っていたが、現在は報道部があり県内の話題を中心に独自の取材も積極的に行われている。他の県域FM局には先発のAM局が報道部を持っていることを考慮した経営効率により報道部を持っていない場合が多い。しかし、群馬県には県域中波放送が無いため群馬県内のニュースに関する同報性、速報性をという面で報道部の設置が必要であったと考えられる。[注釈 19]

報道部があるため、他のローカルFM局よりもニュース情報番組が多めということもこの局の特徴で、毎時55分(深夜を除く)から数分程度FM群馬ニュースを流すことでも有名[要出典]

近年、TOKYO FMが選挙特番を積極的に放送しているため、エフエム群馬は21時台に通常番組から切り替えて選挙特番を放送する。全国ネットの選挙特番が23:30で終了する場合も独自に放送する。自局の報道記者が全国ネットの選挙特番にも出演している。

県域ラジオ局としては珍しくラジオショッピングがなかった。2022年4月より『デイリーフライヤー』のネットを開始。番組内で放送される「ジャパネットたかたラジオショッピング」は差し替えなく放送するため、実質「ラジオショッピング」の放送を解禁したこととなる。ただし、あくまでネット番組内のコーナーであることと、コーナー特性上差し替えが不可能なための特例措置ともとれる[注釈 20]が、2022年4月9日には「ジャパネットたかたラジオショッピングスペシャル オン サタデー」の放送も決定している。

オープニングとクロージングでは、「いつも素敵なサムシング」にかけて「サムシング」(ザ・ビートルズ)の群響演奏アレンジ版が掛けられていたが、この曲は2015年4月からは使われていない(フリー音源による別の楽曲に変更)。この曲が使用されていたころ、コールサイン読みは「いつも素敵なサムシング JORU-FM エフエム群馬」であった。周波数の読み上げの際、前橋本局は「平野部」、その他は「〇〇局」ではなく「〇〇方面」と呼称する形は踏襲している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ JFNに加盟しない初の独立FM局だった横浜エフエム放送の開局はエフエム群馬開局の約1ヶ月半後。
  2. ^ a b 送出システムの関係上、FM局では本局が唯一のモノラル。
  3. ^ a b c エフエム群馬 非常勤取締役
  4. ^ 2019年3月までは火曜15時台、2019年4月-2022年3月は金曜12:00-12:50に放送
  5. ^ 2021年4月から2022年3月までは、金の16:00-18:55
  6. ^ 2015年3月までは、金 13:00 - 17:55。2015年4月から2022年3月までは、祝日を除く月-水の12:00-14:55
  7. ^ 2017年4月時点では水 15:30 - 15:55。その後、月 20:00 - 20:30に移した時期もあったが2022年4月から現在の時間帯に移して放送している。
  8. ^ 2017年4月時点では木曜に5分間放送されていたが、放送時間が延長されている。
  9. ^ サタデースマイル内包
  10. ^ 2017年4月時点では火曜日にも放送されていた
  11. ^ 2017年4月開始。当初は月 15:45 - 15:55に放送されていた。
  12. ^ このスポーツ中継の場合は当時間帯を挟む形での休止が多い。それでも『山下達郎のサンデー・ソングブック』に関しては日曜19時台に振替放送を行う。
  13. ^ 2022年3月で『Joint & Jam 〜global dance traxx〜』が終了したため、月曜4時枠から移動。
  14. ^ 槇原敬之の HITACHI CLOSE TO YOU』『ENEOS Rock on the way』など。
  15. ^ 木村拓哉のWhat's UP SMAP!』は96年10月-97年3月の期間のみ。『Every Little ThingのDear My Sunday』は日曜15時枠時代のみの放送。
  16. ^ SUNDAY POWER OF JAPAN』『KDDI PRIME TIME RADIO』、2006年3月までの『au DOWNLOAD MUSIC CHART』は12:00 - 13:20の放送枠であったため。前者2番組は12:55-13:00がローカル差し替え可能枠であったことから12:54、後者は12:59に終了。
  17. ^ ジャパモン』。スポンサードネットの都合とも考えられるが、2012年10月から2013年12月までは未ネット。
  18. ^ 掲載紙は群馬県内の各紙と栃木県下野新聞、各全国紙日本経済新聞を含む)、ブロック紙東京新聞朝日新聞を除いて、掲載紙の全てが2015年4月1日付けより、朝日新聞は同年7月4日付けより局名表記を「FM GUNMA」に変更。それまでは掲載紙によって「エフエム群馬」「FM群馬」「FMぐんま」と、まちまちだった。
  19. ^ なお、同社以外の県域FM局で明確な報道担当セクションを設けているケースとしては、埼玉県のNACK5の例(部署名は「ニュースルーム」)がある。
  20. ^ 裏付けとして『JFNラジオショッピング』は差し替えられるほか、他局で放送されるようなショッピング番組は全く放送されていない。同じ関東にあるJFN系列ではTOKYO FMはかつて放送していたが、ラジオショッピング撤退後は全く放送されていない。

出典編集

  1. ^ a b c 株式会社エフエム群馬 会社案内”. エフエム群馬. 2020年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e 株式会社エフエム群馬 決算報告(令和2年3月期・第36期より)”. エフエム群馬. 2020年12月22日閲覧。
  3. ^ FM GUNMA 営業部 聴取エリア
  4. ^ a b 県内初のラジオ局きょう誕生|上毛新聞ニュース”. jomo-news.co.jp. 2020年12月22日閲覧。
  5. ^ エフエム群馬 新社屋が完成 前橋|上毛新聞ニュース”. jomo-news.co.jp. 2022年7月17日閲覧。
  6. ^ a b プレスリリース(2021/3/22)「エフエム群馬新社屋からの本放送開始予定日のお知らせ」
  7. ^ “エフエム群馬が本社移転、しののめ信金敷地内に”. 日本経済新聞. (2019年12月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53514530Y9A211C1L60000/ 2021年1月31日閲覧。 
  8. ^ https://twitter.com/yamamotoryu/status/1207179922927583233” (日本語). Twitter. 2022年3月16日閲覧。
  9. ^ 10/1(土)11時~15時 FM GUNMA新社屋スタジオクラブエア グランドオープン記念イベント”. エフエム群馬. 2022年10月10日閲覧。
  10. ^ 日本民間放送連盟賞 優秀賞を受賞! 「多頭飼育崩壊の現状 もう一度考える命との向き合い方」 | 86.3 FM GUNMA #”. www.fmgunma.com. 2022年9月19日閲覧。
  11. ^ 2022年日本民間放送連盟賞 | 一般社団法人 日本民間放送連盟”. www.j-ba.or.jp. 2022年9月19日閲覧。
  12. ^ 民放連「連盟賞」ラジオCM部門で、エフエム群馬のCM2作品が優秀賞受賞”. www.fmgunma.com. 2022年9月19日閲覧。
  13. ^ 表彰番組・事績 | 一般社団法人 日本民間放送連盟”. www.j-ba.or.jp. 2022年9月19日閲覧。
  14. ^ 権利侵害申立てに関する委員会決定 (PDF)”. 放送倫理・番組向上機構 (2008年7月1日). 2021年1月31日閲覧。
  15. ^ [1]
  16. ^ エフエム群馬 新社屋が完成 前橋”. 上毛新聞. 2022年7月8日閲覧。
  17. ^ FM GUNMA新社屋のご案内 (PDF)”. エフエム群馬 (2022年6月27日). 2022年10月10日閲覧。
  18. ^ fmgunmaのツイート(1235026079187783683)
  19. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、288頁。 
  20. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、295頁。 
  21. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、246頁。 
  22. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、265頁。 
  23. ^ WAI WAI Groovin' - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  24. ^ かかあデンパ - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  25. ^ 148 neo - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  26. ^ ☆☆☆ 148neo | FM GUNMA ☆☆☆”. 148neo.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  27. ^ POTLUCK | 群馬県のFMラジオ局といえばFM GUNMA!周波数86.3MHZ”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  28. ^ news ONE | Just another 86.3 FM GUNMAサイト site”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  29. ^ 番組案内 - 新番組” (日本語). www.fmgunma.com (2021年3月25日). 2021年4月2日閲覧。
  30. ^ G★FORCE - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  31. ^ Busi-Neta!(ビジネタ) - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  32. ^ チャレンジ・ザ・ドリーム ~群馬の明日をひらく~ - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  33. ^ 風輪の明日は明日の風が吹く” (日本語). www.fmgunma.com (2020年11月25日). 2021年11月19日閲覧。
  34. ^ 番組案内 - tsulunos fm” (日本語). www.fmgunma.com (2021年6月3日). 2021年11月19日閲覧。
  35. ^ mabanuaの  50号より愛をこめて - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  36. ^ Aokiモーターステーション - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  37. ^ 番組案内 - 蛙亭のおしごとおたまじゃくし” (日本語). www.fmgunma.com (2022年7月13日). 2022年8月19日閲覧。
  38. ^ ザ・キャプテンズの『バラ色☆王国』 - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  39. ^ 内田彩の   「うちださんのおうっちー」 - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  40. ^ LACCO TOWERの RADIO TOWER - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  41. ^ もうやめてくんねーかい - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  42. ^ Da-iCE   和田颯のラジオ始めました。 - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  43. ^ HORIKENのサイクリングライブ - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  44. ^ lyrical school minanのLet's チルアウト | 群馬県のFMラジオ局といえばFM GUNMA!周波数86.3MHZ”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  45. ^ JAグリーンNAVI - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  46. ^ 日典ラサのライフシステム プレゼンツ ENDING SONG - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  47. ^ 番組紹介 - ミミヨリ! MONEY” (日本語). www.fmgunma.com (2021年9月28日). 2021年9月28日閲覧。
  48. ^ 番組紹介 - ペガサス+eスポで群馬を元気に!” (日本語). www.fmgunma.com (2022年5月29日). 2022年6月17日閲覧。
  49. ^ 街の音楽家たち - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  50. ^ 番組案内 - G-WALK+ PARK” (日本語). www.fmgunma.com (2021年7月28日). 2021年8月3日閲覧。
  51. ^ STAY TUNED !”. エフエム群馬. 2021年11月20日閲覧。
  52. ^ BAOO高崎プレゼンツ 赤見千尋のジョッキー魂! | Just another 86.3 FM GUNMAサイト site”. www.fmgunma.com. 2020年12月7日閲覧。
  53. ^ フラット | Just another 86.3 FM GUNMAサイト site”. www.fmgunma.com. 2020年12月7日閲覧。
  54. ^ 番組案内 - 3時のシゴトニン!” (日本語). www.fmgunma.com (2021年7月27日). 2021年8月3日閲覧。
  55. ^ 12月からTakuyaのレギュラー番組「Takuyaのツキイチ!」がスタート! | 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月6日閲覧。
  56. ^ Takuyaのツキイチ! | Just another 86.3 FM GUNMAサイト site”. www.fmgunma.com. 2020年12月6日閲覧。
  57. ^ ライナーノーツ - 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月5日閲覧。
  58. ^ 公式ウェブサイト(ONE MORNING)番組公式サイトに同コーナーが放送される時間帯が記載されている。2021年5月17日閲覧。
  59. ^ パーソナリティ | 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月7日閲覧。
  60. ^ パーソナリティ | 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月7日閲覧。
  61. ^ パーソナリティ | 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月7日閲覧。
  62. ^ パーソナリティ | 86.3 FM GUNMA”. www.fmgunma.com. 2020年12月7日閲覧。
  63. ^ 86.3 FM GUNMA”. 里村衣美. エフエム群馬. 2011年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月14日閲覧。
  64. ^ ラジオ番組表/2017年春号』三才ブックス、2017年5月1日、134頁。 

外部リンク編集