メインメニューを開く

Dr.倫太郎』(ドクターりんたろう)は、2015年4月15日から6月17日まで毎週水曜日22:00 - 23:00[1]に、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマである。主演は、本作が日本テレビの連続ドラマ初主演となる堺雅人[1]で、中園ミホのオリジナル脚本[2]

Dr.倫太郎
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜22:00 - 23:00(60分)
放送期間 2015年4月15日 - 6月17日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 水田伸生
相沢淳
原作 清心海(原案)
『セラピューティック・ラブ』
脚本 中園ミホ
相内美生
プロデューサー 次屋尚
大塚英治
出演者 堺雅人
蒼井優
吉瀬美智子
小日向文世
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

キャスト編集

慧南大学病院編集

日野 倫太郎(ひの りんたろう)〈41〉
演 - 堺雅人(中学時代:髙橋楓翔
精神科医。独身で、愛犬とふたり暮らし。
少年時代に母が鬱病により自殺死した過去を持つ。
水島 百合子(みずしま ゆりこ)〈40〉
演 - 吉瀬美智子 (中学時代:白石南帆
外科医。倫太郎の幼馴染。一番の理解者であり、身の回りの世話もする。蓮見外科主任教授の部下。
桐生 薫(きりゅう かおる)〈39〉
演 - 内田有紀
看護師。倫太郎のことを信頼し、医師として尊敬している。働きながら息子を育てるシングルマザー
川上 葉子(かわかみ ようこ)〈26〉
演 - 高梨臨
研修医。倫太郎のファン。精神科を目指し倫太郎を慕って慧南大学病院に入った。
福原 大策(ふくはら だいさく)〈30〉
演 - 高橋一生
研修医。成績優秀で意欲的だが、人前で話したり初対面の人と話すのが苦手。密かに葉子に好意を抱いている。幼少期からクラシックバレエを習っていた。
宮川 貴博(みやがわ たかひろ)〈41〉
演 - 長塚圭史
精神科主任教授。医学論や治療法で、倫太郎とよく論争するライバル的存在。
患者の牧子からセクハラを受けたと訴えられる。
蓮見 榮介(はすみ えいすけ)〈52〉
演 - 松重豊
副病院長兼脳外科医主任教授。人前では笑顔を見せたり、自分の意見を口に出したりはせず、クールを装っている。
矢部 街子(やべ まちこ)〈29〉
演 - 真飛聖
精神科医。宮川精神科主任教授の部下。感情を表に出さず、「氷の女」と呼ばれる。宮川のためには労を惜しまない。
円能寺 一雄(えんのうじ かずお)〈59〉
演 - 小日向文世
慧南大学・慧南大学病院の理事長。病院以外に様々な事業を多角経営する大金持ち。大学発展のために倫太郎を呼び寄せた人物。

新橋 置屋編集

夢乃(ゆめの)〈29〉
演 - 蒼井優 (幼少期:木内心結)
新橋の置屋の売れっ子芸者。本名は相澤明良(あいざわあきら)。普段は愛想のない性格だが、芸者として座敷に入ると美しい舞踊とその愛嬌で客を魅了する。
母による児童虐待ネグレクト)のトラウマを持ち、解離性同一性障害を患っている。
小夢(こゆめ)〈24〉
演 - 中西美帆
夢乃と同じ新橋の置屋に所属している後輩芸者。夢と憧れを持って芸者の世界に飛び込んできた新人。
益田 伊久美(ますだ いくみ)〈53〉
演 - 余貴美子
新橋の夢乃がいる置屋のお母さんであり、現役の芸者。夢乃の親代わり的存在。

その他編集

荒木 重人(あらき しげと)〈52〉
演 - 遠藤憲一
開業医で、倫太郎の精神科医の先輩。倫太郎に慕われている。数年前、副院長の座を巡る内部争いに破れ、慧南大学病院を去った。
中畑 まどか(なかはた まどか)〈35〉
演 - 酒井若菜
倫太郎の妹。旧姓は日野。結婚したため「中畑」姓で、子どももいて、パートタイムの仕事をしながら主婦として堅実に生活している。
池 正行(いけ まさゆき)〈67〉
演 - 石橋蓮司
行政府報道長官。政権与党のスポークスマンを務める大物政治家。大政局での記者会見前には倫太郎のカウンセリングが欠かせない。
三枝(さえぐさ)
演 ‐ 住田隆
池の秘書。
相澤 るり子(あいざわ るりこ)〈55〉
演 - 高畑淳子
夢乃の母。いつも若い男を引き連れている。毒親であり、ギャンブルの費用と借金の返済を得るため、夢乃につきまとっては金を無心する。

ゲスト編集

第1話
阿川 繭子(あがわ まゆこ)〈30〉
演 - 近藤春菜ハリセンボン
OL。ビルの屋上から飛び降りようとする。
繭子の母親
演 - 高間智子
第2話
風間 信之介(かざま しんのすけ)〈60〉
演 - 辻萬長
大物小説家。自身の新作小説を酷評され、精神的に不安定になり入院する。担当医は宮川主任。
保坂 むつみ(ほさか むつみ)
演 - 堀内敬子
風間の秘書。長年にわたり風間を支えてきた。
内藤(ないとう)
演 - 渡辺憲吉
出版社社長。
第3話
小林 弓子(こばやし ゆみこ)
演 - 宮本真希
司の妻。重傷を負い緊急搬送されてくる。
小林 司(こばやし つかさ)
演 - 北村有起哉
弓子の夫。警視庁刑事部捜査二課長・警視。
第4話
三浦 牧子(みうら まきこ)
演 - マイコ
プリマドンナ。未亡人で2年前に夫と死別して以来、鬱状態となり通院していたが、診察中に宮川からセクハラを受けたと訴える。
三浦 千果(みうら ちか)
演 - 井上琳水
牧子の娘。
第5話
大滝 ナミ(おおたき なみ)
演 - ハマカワフミエ
葉子の友人。福原が以前治療を行ったものの、ギャンブル依存症を再発し来院。
大滝 久美子(おおたき くみこ)
演 - 福井裕子
ナミの母。
第6話
星野 好美(ほしの よしみ)
演 - 山田真歩
ストーカー被害を訴え倫太郎の元に来院。
第7話
桐生 深也(きりう しんや)
演 - 平林智志
言語障害のある自閉症スペクトラム(カナータイプ自閉症)を持つ薫の息子。こども美術展の彫刻部門でグランプリを受賞し、サヴァン症候群であると判明した。
第8話
蓮見の過去の患者 / 里中 美月(さとなか みづき)
演 - 町田マリー
海馬付近まで浸潤のある脳腫瘍の患者。蓮見の外科手術を受けたが手術の結果、記憶を失い自分の母も見分けられなくなってしまった。

スタッフ編集

  • 脚本 - 中園ミホ相内美生
  • 原案 - 清心海『セラピューティック・ラブ』(KADOKAWA
  • 音楽 - 三宅一徳
  • 演出 - 水田伸生[2]、相沢淳
  • 精神科医協力 - 和田秀樹
  • VFXスーパーバイザー - オダイッセイ
  • OPタイトル - 影山達也
  • 日舞・所作監修 - 花柳糸之
  • 芸者監修 - 柳瀬真知子
  • 邦楽監修 - 西川啓光
  • 精神科医療監修 - 高橋祥光、古賀良彦、平安良雄
  • 外科医療協力 - 松尾成吾
  • 心理療法指導 - 田中あず見
  • 外科医療監修 - 新村核
  • スーパーバイザー - 霜田一寿(ザ・ワークス)、大垣一穂(ザ・ワークス)
  • チーフプロデューサー - 神蔵克
  • プロデューサー - 次屋尚、大塚英治(ケイファクトリー)
  • 制作協力 - ケイファクトリー
  • 製作著作 - 日本テレビ

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 症例 視聴率[3]
1 4月15日 悩める子羊達よ、さぁ! あなたの心を診ましょうか 中園ミホ 水田伸生 13.9%
2 4月22日 恋愛は一過性の精神疾患のようなもの、そう僕は思っていた 短期精神病性障害 13.2%
3 4月29日 愛に包まれた夫婦に起きた真夜中のDV事件!? 相内美生 相沢淳 レム睡眠行動障害 13.7%
4 5月06日 踊る精神科医と踊れないバレリーナ! セクハラ疑惑は突然に! 中園ミホ 水田伸生 演技性パーソナリティ障害 13.9%
5 5月13日 これは恋? 精神科医はギャンブル依存少女に賭ける!? ギャンブル依存症 10.8%
6 5月20日 愛と憎しみの境界線とは? 精神科医を襲うストーカー事件! 相内美生 相沢淳 境界性パーソナリティ障害虚偽性障害 12.6%
7 5月27日 心を閉ざした少年に起きた奇跡!? ボクがママを守る! 中園ミホ 水田伸生 自閉症スペクトラム 12.3%
8 6月03日 白い巨塔の陰謀! 視力を失った脳外科医の野望と決断 相内美生 相沢淳 心因性視覚障害 11.0%
9 6月10日 絶体絶命のスキャンダル!? 仕組まれた破滅への道! 中園ミホ 水田伸生 神経性大食症 12.7%
10 6月17日 一番大切なものとは? 人生をかけた最後の選択 急性ストレス障害 13.0%
平均視聴率12.7%(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ社調べ)

脚注・出典編集

  1. ^ a b 堺雅人、天才精神科医に!日テレ連ドラ初主演で「花子とアン」脚本家とタッグ”. シネマトゥデイ (2015年1月29日). 2015年2月10日閲覧。
  2. ^ a b 半沢VS未知子?堺雅人 中園ミホ氏とタッグ!日テレ「社運懸ける」”. スポニチアネックス (2015年1月31日). 2015年2月10日閲覧。
  3. ^ 堺雅人主演「Dr.倫太郎」最終回13.0% 安定2桁キープ”. スポニチアネックス (2015年6月18日). 2015年6月18日閲覧。

外部リンク編集

日本テレビ 水曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
○○妻
(2015年1月14日 - 3月18日)
Dr.倫太郎
(2015年4月15日 - 6月17日)
花咲舞が黙ってない
(第2シリーズ)
(2015年7月8日 - 9月16日)