メインメニューを開く

高梨 臨(たかなし りん、1988年12月17日 - )は、日本女優ファッションモデルタレント。旧芸名は高梨 真莉(たかなし まり)。千葉県船橋市出身[1]スターダストプロモーション所属(JTBエンタテインメント業務提携)。夫はプロサッカー選手槙野智章

たかなし りん
高梨 臨
高梨 臨
第29回東京国際映画祭にて (2016年10月)
本名 槙野真莉
別名義 高梨真莉(旧芸名)
生年月日 (1988-12-17) 1988年12月17日(30歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県船橋市[1]
身長 166 cm
血液型 A型
職業 女優ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2005年 -
配偶者 槙野智章2018年 - )
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
侍戦隊シンケンジャー
宇宙犬作戦
放課後グルーヴ
花子とアン
Dr.倫太郎
不機嫌な果実
恋がヘタでも生きてます
映画
生きてるものはいないのか
ライク・サムワン・イン・ラブ
今日、恋をはじめます
醒めながら見る夢
KILLERS キラーズ
テンプレートを表示

略歴

原宿でスカウトされ、芸能界入り。

2005年、『アイドル道』(フジテレビ)「世界制服計画 FINAL」のオーディションに参加、グランプリを獲得。同年末、アイドルグループ・ピンクジャムプリンセスの結成に参加。しかしCDを1枚リリースした以外の目立った活動はなく、ピンクジャムプリンセスはわすが1年足らずで解散。

2007年6月、いちにのさんよりJTBエンタテインメントに移籍[2]。契約タレント第1号としてJTBの旅行冊子の表紙モデルなどを務める。

2008年4月から2009年3月まで、『めざましテレビ』(フジテレビ)内「MOTTOいまドキ!」に「いまドキ★ムスメ」として出演。

2008年12月、映画『GOTH』にヒロイン・森野夜役で出演[3]

2009年2月から2010年2月まで、特撮ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日)に白石茉子 / シンケンピンク役で出演。

2012年イランの巨匠アッバス・キアロスタミ監督作で、日本を舞台にした映画『ライク・サムワン・イン・ラブ』に主演した[4]。この作品は第65回カンヌ国際映画祭コンペティション部門へ出品され、高梨も監督や奥野匡加瀬亮と共に映画祭に出席した[5]。同作により、第27回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞した[6]

2013年4月期の『放課後グルーヴ』(TBS)で連続ドラマに初主演[7]2014年NHK連続テレビ小説花子とアン』で吉高由里子演じるヒロインの友人・醍醐亜矢子役を好演し注目を集める[8][9]

2017年は、2月にファッション雑誌andGIRL』(エムオン・エンタテインメント)3月号より同誌レギュラーモデルに加わり[10]、4月期の連続ドラマ『恋がヘタでも生きてます』(日本テレビ系)で主演、7月期の連続ドラマ『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系)でヒロイン役を演じるなどの活躍を見せ、『日経トレンディ』誌(日経BP)が選ぶ2017年の「ヒット人(にん)」に竹内涼真、みやぞん(ANZEN漫才)と共に選出される[11][12][13]

2018年の『西郷どん』でNHK大河ドラマ初出演[14]

私生活では、2016年6月に共通の知人を交えた食事会にて知り合った、浦和レッズ所属のプロサッカー選手槙野智章と約1年8か月交際。2017年12月17日にプロポーズを受け、2018年1月20日に結婚予定との報道を受けて双方の所属事務所を通じて自身のインスタグラムで正式に発表[15]、同年2月9日に婚姻届を提出し結婚した[16]12月26日、東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で挙式・披露宴を行った[17]

人物

出演

テレビドラマ

WEBドラマ

  • 代償(2017年11月18日配信、Hulu) - 白石真琴 役

映画

Vシネマ

舞台

日本語吹替

バラエティ

旅番組

  • 高梨臨がゆく〜海の京都〜(2015年3月22日、BS-TBS

広告

CM

  • ACジャパン「やさしい森」NHK共同キャンペーン(2011年7月)
  • JR東日本グループビューカード「異才のカード。」(2013年3月 - )
  • 伊藤園「スタイリースパークリング」(2014年6月 - )
  • 伊藤園「充実野菜 ベジタブル&ファイバー」(2014年11月 - )
  • ピップ「スリムウォーク」(2015年3月 - )
  • 伊藤園「黄金烏龍茶」(2015年4月 - )
  • 花王アジエンス」(2015年4月 - )

スチール

雑誌

リリース作品

CD

  • パイナップルプリンセス(2006年4月) - Pink Jam Princessとして

写真集

DVD

デジタル写真+ムービー作品集

  • 笑顔日和(2011年9月5日、石川信介撮影、ファンプラス・GザテレビジョンPLUS配信)

その他

  • ファースト・トレーディングカード(2010年5月5日)

受賞

2017年

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b “高梨臨、吉高由里子とのクリスマスの思い出「誰も来なくて凍えた」”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年11月2日). https://news.mynavi.jp/article/20161102-a477/ 2018年1月20日閲覧。 
  2. ^ JTB「芸能」参入のナゼ…「エヴァ」アノ人らと契約”. ZAKZAK (2007年6月17日). 2013年7月17日閲覧。
  3. ^ 死体愛好の趣味を持つ女子高生を妖しく演じた高梨臨に独占インタビュー!”. シネマトゥデイ (2008年12月17日). 2014年11月24日閲覧。
  4. ^ 今年のカンヌ注目作はキアロスタミ×高梨臨! コンペ部門出品決定!、2012年4月23日、シネマトゥデイ、2012年4月24日参照。
  5. ^ 岡崎匡、キアロスタミ監督が国境を越えて映画を成功させる秘訣を語る! 加瀬亮は撮影の合間をぬってカンヌに参加、2012年5月22日、ハリウッドチャンネル、2012年5月22日参照。
  6. ^ “第27回高崎映画祭各賞発表”. 高崎新聞. (2012年12月20日). http://www.takasakiweb.jp/news/article/2012/12/2001.html 2016年9月6日閲覧。 
  7. ^ a b c カンヌ映画祭から連ドラ初主演へ!新ドラマ『放課後グルーヴ』主演女優の原点とは?【高梨臨インタビューNo.1】”. テレビドガッチ (2013年4月21日). 2016年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月3日閲覧。
  8. ^ “【花子とアン】高梨臨、ヒロインの同級生を好演「役への愛が深まりました」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年5月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2037044/full/ 2018年1月20日閲覧。 
  9. ^ “【高梨臨】「花子とアン」お嬢さま役で注目!”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). (2014年6月11日). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20140611/peo1406110830001-n1.htm 2018年1月20日閲覧。 
  10. ^ a b “高梨臨が「andGIRL」モデルに 美しさの秘訣を明かす〈コメント到着〉”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月10日). https://mdpr.jp/news/detail/1662577 2018年1月20日閲覧。 
  11. ^ 磯修 (2017年11月2日). “AIスピーカーは1人1台に 今年のヒット商品予測を発表”. 日経トレンディネット (日経BP). http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/110201008/ 2018年1月20日閲覧。 
  12. ^ 下村麻美 (2017年11月2日). “深紅のドレスがまぶしい高梨臨、今年のヒット人に選出され謙虚な女優魂のぞかせる”. シネマトゥディ. https://www.cinematoday.jp/news/N0095858 2018年1月20日閲覧。 
  13. ^ “高梨臨、“今年のヒット人”に選出!「ロングセラー人になれるように」と決意”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2017年11月2日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/52554 2018年1月20日閲覧。 
  14. ^ a b 2018(平成30)年 大河ドラマ「西郷どん」出演者発表!”. NHKドラマトピックス. NHK (2017年4月12日). 2017年4月12日閲覧。
  15. ^ “J1浦和・槙野智章と女優・高梨臨が結婚発表 槙野「幸せだと感じています」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年1月20日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/20/0010913616.shtml 2018年1月20日閲覧。 
  16. ^ “高梨臨&槙野が入籍 都内の区役所に婚姻届を提出”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年2月10日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/10/0010972907.shtml 2018年2月10日閲覧。 
  17. ^ “槙野智章、高梨臨と1億円ジュエリー披露宴”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年12月26日). https://www.sanspo.com/soccer/news/20181226/jpn18122622040011-n1.html 2018年12月26日閲覧。 
  18. ^ a b c d 日刊ゲンダイ 2014年8月2日 15面
  19. ^ “高梨臨、ホノルルでフルマラソンに初挑戦!元駅伝部の実力発揮か”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2017年11月7日). https://dogatch.jp/news/tbs/48184/detail/ 2018年1月20日閲覧。 
  20. ^ 高梨臨 (2017年12月11日). “無事に完走しました!! タイムは4時間50分39秒でした。”. Instagram. 2018年1月20日閲覧。
  21. ^ 「花アン」の高梨臨は“将棋ガール” デイリースポーツ 2014年8月7日
  22. ^ いちご食べたい”. オフィシャルブログ「Strawbe Rin」 (2010年11月30日). 2014年5月3日閲覧。
  23. ^ “高梨臨:4年ぶり連ドラ主演で“恋ヘタ女子”に 大人のラブコメで願望シーンも”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年2月18日). http://mantan-web.jp/2017/02/18/20170217dog00m200044000c.html 2017年2月18日閲覧。 
  24. ^ “山崎育三郎、ドラマ初主演!強烈キャラで結婚相談所所長役 ヒロインは高梨臨”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2017年6月2日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/50032 2017年6月2日閲覧。 
  25. ^ 高梨臨『刑事ゆがみ』第4話ゲスト 浅野忠信&神木隆之介と初共演”. ORICON NEWS. オリコン (2017年10月23日). 2017年10月23日閲覧。
  26. ^ “野村周平、10月期新ドラマ『結婚相手は抽選で』で主演に 共演に高梨臨、大谷亮平、佐津川愛美ら”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2018年7月20日). https://realsound.jp/movie/2018/07/post-222953.html 2019年2月14日閲覧。 
  27. ^ “加藤シゲアキ主演「犬神家の一族」ヒロインは高梨臨、「新しい珠世を演じられれば」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年11月29日). https://natalie.mu/eiga/news/309929 2018年11月29日閲覧。 
  28. ^ “はじこい:高梨臨が人気講師役で登場 深キョンの強力なライバルに?”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年2月14日). https://mantan-web.jp/article/20190212dog00m200075000c.html 2019年2月14日閲覧。 
  29. ^ “斎藤工が高梨臨に「キスとか…してみますか?」、「種まく旅人」予告編”. 映画ナタリー. (2016年8月17日). http://natalie.mu/eiga/news/198418 2016年8月17日閲覧。 
  30. ^ イ・チャンドン「バーニング」がテレビ放送、吹替は柄本時生×萩原聖人×高梨臨”. 映画ナタリー (2018年12月1日). 2018年12月30日閲覧。
  31. ^ 『バラエティ面白ネタCHECKER』 2015年4月23日閲覧
  32. ^ 高梨臨、あこがれの人・羽生善治氏との2ショットに大感激!”. ウオーカープラス (2017年12月15日). 2017年1月16日閲覧。
  33. ^ 中央労働金庫新着情報(2016年4月1日)

外部リンク