FJ1600(エフジェイせんろっぴゃく)は、日本フォーミュラカーレースのカテゴリー名。スーパーFJの前身で、1980年から2009年まで開催されていたジュニア・フォーミュラである。なおカテゴリー名のFJFormula Juniorの略というのが一般的だが、Formula Japanの略だという説も存在する。

概要編集

初級者用フォーミュラ編集

ヨーロッパにおけるフォーミュラ・フォードのような初級者用フォーミュラとして1980年にスタートした(それ以前は、エンジン排気量が300cc少ないFJ1300名義の同様のカテゴリーが存在)。ドライバーの育成に主眼をおいたレギュレーションづくりにより、ウィングなどの空力的付加物をつけないことで、コストを抑えるとともに、ドライビングの基本をマスターすることを目標としている。

パイプフレームを基本にしたシャシーに、エンジン縦置きFFだった富士重工業(現・SUBARU)製の水平対向 EA71型スバル・レオーネ用)を、トランスミッションもそのままに後方へ搭載することで、エントリーフォーミュラにふさわしい特性を得ることができた。スタート当初は別のエンジンを搭載した車両も存在したが、重心位置の低さや富士重工業の協力もあり、その後、事実上のワンメイクエンジンとなった。

マシン購入編集

ウエストレーシングカーズ東京R&D、オスカーなど複数のコンストラクター(車体製造会社)が、上記のレギュレーションに合わせたFJのマシンを製造していた。当時はエンジン込みで平均300万円台で販売されていた。2013年現在は新車の販売は事実上終了しているが、中古車の販売は引き続き行われている。

シリーズ編集

2006年までは全国8つのサーキット(スポーツランドSUGO仙台ハイランドツインリンクもてぎ筑波サーキット富士スピードウェイ鈴鹿サーキット岡山国際サーキットオートポリス)で7シリーズ(東北シリーズのみSUGOと仙台ハイランドで開催、他はサーキット単独シリーズ)が行われていたが、後述するスーパーFJへの移行等の関係で規模は徐々に縮小され、2009年はもてぎ・筑波・富士・鈴鹿・オートポリスの5サーキットで「JAF地方選手権」としてシリーズ戦が開催された。JAF地方選手権の開催は同年で終了し、現在は一部のサーキットが独自シリーズの形でレースを開催している(詳細は後述)。

2009年までは、年末に日本一を決する「FJ日本一決定戦」も行われ、同レースの成績優秀者にはジャパンスカラシップシステムによる翌年度のF4シリーズ参戦費用をサポートするスカラシップも用意されていた。

スーパーFJへの移行編集

しかし既にエンジンの生産が終了してから長期間が経過しており、レースでの使用に耐えうるエンジンの確保が徐々に困難になってきていること(既にクランク等について新品の部品の在庫が尽きており、オーバーホールすら困難になりつつあった[1])、またフォーミュラカーはもちろんのことツーリングカー等でも空力の重要性が高まってきており「ドライバー育成のためには早くからウィング付きの車を経験させた方が良いのではないか」といった意見が増えてきたことから、日本自動車連盟(JAF)は2007年よりFJ1600の後継カテゴリーとして「スーパーFJ」を発足させることを決定し、2009年までFJ1600とスーパーFJが並行してJAF地方選手権として開催された。

スーパーFJ用の新車・エンジンの購入資金といった金額的な問題や、車のパフォーマンス部分[2]で、既存のFJエントラントやメンテナンスガレージの間ではスーパーFJの成功を疑問視する声も多かったが、一方で「エンジン部品の供給が困難である以上、いずれ移行は避けられない」との認識も広がり、2008年は具体的な移行のタイミングを各エントラント、ガレージ単位で探り続けた[1]

2010年にはFJ1600のJAF地方選手権は廃止されスーパーFJに一本化されたが、引き続きFJ1600への参戦を希望する者が少なくないことから、2010年以降も一部サーキットでは独自シリーズとして引き続きFJ1600のレースが開催された。しかし参加エントラントの減少が続き単独シリーズとしての維持が困難になり、概ね2013年頃までにはスーパーFJへの移行が完了した。ただ2022年現在も可動する車体・エンジンは少なくないため、それらが各サーキットのスポーツ走行枠や体験走行会等での走行、またヒストリックカーレースへの参戦などに使用されている。

なお、2012年にはフィリピン共和国においてFJ1600を使ったFormula Windsシリーズが開催されている。[要出典]

スペック編集

歴代チャンピオン編集

鈴鹿A 鈴鹿B 筑波A 筑波B 西日本 オートポリス
1980年 坂本典正[3] ――
1981年 ――
1982年 ――
1983年 岡田成一[4] 兵頭秀二 片山右京 ――
1984年 片山右京[5] 松井茂樹 ――
1985年 成瀬茂喜[6] 太田哲也 ――
1986年 田中実[7] 田中実[7] 田中実[7] ――
1987年 服部尚貴 和田久[8] 村松栄紀 服部尚貴 和田久[8] ――
1988年 金石勝智[9] 石川朗[10] ――
1989年 高村一明[11] 高村一明 高村一明 ――
1990年 ――
1991年
1992年
1993年 谷川達也 玉中哲二
1994年 高木真一[12] 高木真一

主な出身ドライバー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Racing On』(ニューズ出版)2008年3月号 p.109
  2. ^ 純粋なマシン性能の優劣ではなく、イコールコンディションの実現が容易か、若手ドライバーが車の動きを学ぶプラットフォームとして適しているか、などという部分が問題視されていた。
  3. ^ オーナー紹介 EAGLE SPORTS
  4. ^ FJ20エンジンがF3デビュー オートスポーツNo.399 34頁 三栄書房 1984年7月15日発行
  5. ^ 片山右京「自分の存在証明を賭けた戦いだった」 Sports Graphic Number 文芸春秋 2006年10月12日
  6. ^ ■ピックアップドライバー/成瀬 茂喜<Nuvo KASAI EVOLVE 01> WEST RACE REPORT鈴鹿クラブマンレース第1戦 クラブマンスポーツレポート 2018年2月19日
  7. ^ a b c 走り屋対談レーサーヤローの輪ッ Vol.2 田中実の巻 Racing OnNo.022 122-125頁 武集書房 1988年2月1日発行
  8. ^ a b ACHIEVEMENTS【戦績】HISASHI WADA TEAM R'Qs motor sports
  9. ^ ご挨拶 金石勝智 株式会社リアルレーシング
  10. ^ オーナー紹介 エアーズモータースポーツ
  11. ^ FJ-1600A 高村が鈴鹿で負けなしの5連勝 Racing OnNo.55 96頁 武集書房 1989年8月15日発行
  12. ^ 会社概要 1993-1994 レプリスポーツ

関連項目編集

外部リンク編集