筑紫哲也 NEWS23』(ちくしてつや ニュース・ツー(トゥー)・スリー、英称:TETSUYA CHIKUSHI NEWS 23)は、1989年10月2日から2008年3月28日まで、TBS系列(JNN)で平日祝日含む)23時台に生放送されていた、平日最終版の報道番組筑紫哲也冠番組であったが、本番組終了以降も『NEWS23』の名は後続番組に継承されている。

筑紫哲也 NEWS23
TETSUYA CHIKUSHI NEWS 23
2007 TBS NEWS23 studio fenghuang wall.jpg
番組スタジオ(2005年3月 - 2006年9月)
ジャンル 帯番組 / 報道番組
出演者 筑紫哲也
浜尾朱美
池田裕行
佐古忠彦
草野満代
膳場貴子
三澤肇
後藤謙次 ほか
出演者を参照)
オープニング テーマソングを参照
エンディング エンディングテーマを参照
製作
製作総指揮 筑紫哲也
プロデューサー

間瀬泰宏
(1989年 - 1992年)

金平茂紀
(編集長、1994年 - 2002年)ほか
制作 TBSJNN
放送
音声形式 モノラル放送[1]
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1989年10月2日 - 2008年3月28日
放送時間 月 - 木曜:放送時間を参照
金曜:23:30 - 翌0:35
放送分 月 - 木曜:同上 / 金曜:65分
TBS「筑紫哲也 NEWS23」

特記事項:
2005年3月28日放送分からハイビジョン制作
テンプレートを表示

放送開始の経緯編集

番組名に使われている数字「23」は放送時間の由来もあるが、野球ボールカウント(SBO方式)におけるフルカウントこと「ツーストライク スリーボール」の略称の由来もあり、読みは「にじゅうさん」や「トゥエンティースリー」ではなく「ツースリートゥースリー)」の読みになった。これは当時視聴率が低迷していたTBSの平日最終版ニュースの「起死回生」にかけた[2]

筑紫は番組スタート当時の雑誌インタビューや自らの著書『ニュースキャスター』などで「『君臨すれども統治せず』の編集長」と自らの立場を説明していたが、オウムビデオ問題を機にTBSの社長人事にまで影響を及ぼした。

1996年3月25日坂本堤弁護士一家殺害事件の契機となったとされるTBSビデオ問題では、内部調査の結果として一貫して否定していたTBS側が、一転して事実を認めて謝罪したことを受け、筑紫が番組コーナー『多事争論』内で、マスメディアが視聴者との信頼関係の上で存在していることに触れながら、「TBSは今日、死んだに等しいと思います。……今日の午後まで私はこの番組を今日限りで辞める決心でおりました」と発言した[3]。この発言は大きな波紋を呼んだが、筑紫はその後10年以上にわたってキャスターを務めた。しかしこの問題が発覚して以降、裏番組で老舗である『NNNきょうの出来事』(日本テレビ)や、1994年4月より始まった後発の『ニュースJAPAN』(フジテレビ)といった、同時間帯の他局のニュース番組に視聴者が流れ、一時は視聴率が急速に低下した。

出演者編集

メインキャスター・サブキャスター・スポーツキャスター・天気キャスター
期間 メイン サブ スポーツ 天気 サブ
(番組後半)
月 - 木 月 - 水
1989.10.02 1991.03.29 筑紫哲也 浜尾朱美 池田裕行 小林繁1 (女性サブが担当) 阿川佐和子2
1991.04.01 1992.04.03 木村美穂 三崎由紀
1992.04.06 1992.10.02 木場弘子
1992.10.05 1993.03.31 香川恵美子
1993.04.01 1996.09.27 有村かおり
1996.09.30 1997.09.26 池田裕行
佐古忠彦
渡辺真理
1997.09.29 1999.09.24 草野満代 佐古忠彦3 進藤晶子 (廃止)
1999.09.27 2000.03.31 小倉弘子
2000.04.03 2001.01 小倉弘子4 草野満代4
2001.02 2004.03.26 小倉弘子
2004.03.29 2004.09.24 草野満代 真壁京子
2004.09.27 2005.03.25 久保田智子
2005.03.28 2006.09.22 山田玲奈
2006.09.25 2006.12.01 膳場貴子 高野貴裕 (日替わり)5
2006.12.04 2006.12.28 出水麻衣 岡山裕子
2007.01.09 2007.03.02 出水麻衣 岡山裕子
2007.03.05 2007.11.30 膳場貴子 三澤肇6
2007.12.03 2008.02.01 筑紫哲也7
後藤謙次8
2008.02.04 2008.03.28 出水麻衣9 膳場貴子9 岡山裕子

  • 上記の筑紫以外の末期キャスター陣は全員、後身番組『NEWS23』も続投。
  • 1 『JNNスポーツチャンネル』から続投。
  • 2 『情報デスクToday』から続投。
  • 3 1999年9月まで、金曜日は出演せず。
  • 4 小倉の『大好き!東京ゲスト10』→『サンデー・ジャポン』担当との兼ね合いによる。
  • 5 当初は山本モナと膳場が日替わりで担当。山本の降板後は膳場が担当。
  • 6 毎日放送(MBS)からの出向。
  • 7 スペシャルアンカー(特別キャスター)として不定期で出演。
  • 8 金曜日は出演しない(下記参照)。
  • 9 出水の『J-SPO』担当との兼ね合いによる。

ナレーター

『筑紫』時代は一貫して柳志津男がニュース・特集企画のナレーションを担当。スポーツニュースは時期の詳細は不明であるが、真中了(水曜まで)と八戸優(木曜・金曜)が担当した。

「サッカー23」解説者
かつて、毎週月曜日(原則)に、主として前週末に行われたヨーロッパ各国のサッカーリーグ戦などについて解説していたが、久保田が降板した2006年9月以降は行われなかった。

代役について編集

筑紫の休暇や出張、療養などで休みの時は、初期は黒田清、しばらくは嶌信彦秋山豊寛らが代理を務めていた。佐古と草野の体制になってからは、前述の嶌をはじめとした文化人や評論家が日替わりで登場するようになったが、キャスターというよりはコメンテーター的ポジションであり「多事争論」以降の番組後半からは登場しなかったため、実質上の代理は草野・佐古が務めていた。2006年度以降および、筑紫闘病・休養中は全て佐古→膳場が担当。

  • 池田が不在の時には、当時TBSアナウンサーの岡崎潤司が担当することもあった。
  • 佐古は降板後も国会からの中継報告などで度々登場していた(他の時間帯にも登場)。2007年11月7日は約1年ぶりにスタジオにも登場した。
  • スポーツニュースの代役は浜尾・草野が担当した。2007年は不明。

年間テーマ編集

1991年から2008年までは、その年の年間テーマを掲げ、シリーズ特集を組むことがあった。2008年は後藤謙次がメインキャスターだった時期だが、筑紫は『地球破壊』シリーズでアイスランド取材を行っている。

  • 1991年:日本が危ない!
  • 1992年:年間テーマなし
  • 1993年:乱
  • 1994年:論
  • 1995年・1996年:脱
  • 1997年:年間テーマなし
  • 1998年:壊
  • 1999年:それから
  • 2000年:こころ
  • 2001年:幸福論、世界が変わった日(9月12日 -、アメリカ同時多発テロの発生による)
  • 2002年:新・幸福論(2001年に放送した2つのテーマの仕切り直し)
  • 2003年:Go!Slow スローで行こう
  • 2003年・2004年:この戦争の正体(イラク戦争に伴う)
  • 2005年:翔
  • 2006年:変
  • 2007年:破、がんを生きぬく(この期間に筑紫ががんを患っていることが判明)
  • 2008年:地球破壊

放送時間編集

「筑紫哲也 NEWS23」放送時間の変遷
期間 月曜日 火 - 木曜日 金曜日
1989.10.02 1997.09.26 23:00 - 翌0:30(90分) 23:30 - 翌0:35(65分)
1997.09.29 1998.03.27 23:00 - 23:55(55分)
1998.03.30 2004.10.01 22:54 - 23:50(56分)
2004.10.04 2008.03.28 22:54 - 翌0:25(91分) 22:54 - 23:50(56分)

新聞発表上では月 - 木曜の番組開始時間が22:54になっていたが、実際は22:56開始であった(22:54時点では、2分間CMを流していた)。

プロ野球中継の延長や、ドラマバラエティ番組の拡大・特番編成により、放送時間が変更される場合もしばしばあった。[4]

年末年始は特番編成の関係上、放送を休止している。代替番組として、15分間の『JNNニュース』を23:30頃に設けている。

また、(国際的な)ゴルフ中継やテニス中継(ダイジェスト・総集編含む)などで、番組後半を休止したこともあった。[5]

2008年以降はNEWS23#放送時間を参照。

その他
  • 1996年5月20日 - 5月24日
    • オウム真理教事件に関連するTBSビデオ事件の不祥事を鑑みて、TBSテレビのみ深夜放送を自粛することにしたため番組後半の放送を取りやめ、JNN全国共通ネットである番組前半のみを放送した。
    • この間、番組後半をネットしていた局は「ドキュメントDD」などの裏送り番組などを代替として放送していた。
    • 5月20日月曜日から5月23日木曜日の4日間は23:50までで、5月24日の金曜日は翌0:20まで番組前半のみの放送となった。ただし、それまでも番組前半しか放送していない毎日放送 (MBS)では“通常通り”であった(この期間の多事争論で、「1局を除いて片翼で飛ぶ」と表現している)。[6]

ネット局編集

1997年9月まで続いた番組後半は徐々にネット局を拡大させて最終的には毎日放送(MBS)を除く全局が放送するに至った。「マンデープラス(月+)」は中部日本放送(CBC)・チューリップテレビ・毎日放送・テレビ山口は放送しない。毎日放送は金曜の番組後半もネットせず。

  • 23:00開始時代には青森テレビで流れるはずのないTBSの23:00.00の時報が稀に聞けた。また当時の時報をサンスターが提供していた。
  • CBCは2005年9月まで「月+」を定期ネットしていた。2007年1月29日の「月+」(テーマは「屋久島移住 その夢と現実 大定年時代到来」)はCBCが制作したため、この日に限りCBCでも放送。中日クラウンズの開催週(原則としてゴールデンウィークが該当)に、同大会予選ラウンドのハイライトを放送するため「金曜深夜便」を休止。
  • 山陽放送は原則「月+」「金曜深夜便」双方ともネットされるが、「月+」については不定期でローカルスポーツ中継(録画)を行なうために休止することがある。
  • 1998年4月から2008年9月までフライングスタートをとり、2分間CMを放送して本編が始まっていたが、中国放送ではこの時間、自社制作番組「キラリ!広島県」を放送していた。

テーマ曲編集

オープニング編集

  • 1989年10月2日 - 1997年9月26日:井上陽水(不明)
    筑紫が井上陽水に直接会い、直談判の上で依頼した。井上は制作コーディネーターとして大瀧詠一を指名し、当時大瀧の事務所でスタッフをしていた川原伸司と共同で制作に当たった。[7]
    このテーマソングに曲名・歌詞はついておらず、CDなどへの音源化はされていない。井上のスキャットのみで、一部の箇所はCM前のアイキャッチジングルで使われていた。
  • 1997年9月29日 - 2005年3月25日:坂本龍一『put your hands up』
    1999年10月以降、金曜日のオープニングはピアノバージョン。
    通常版のオープニングとエンディングは坂本のアルバム『CM/TV』に、ピアノバージョンはシングル『ウラBTTB』に収録されている。
  • 2005年3月28日 - 2008年3月28日:Bank Band with Salyuto U
    2006年9月22日まで、オープニングは月曜〜木曜が番組オリジナルのバージョン(Salyuと桜井和寿のスキャットが入る)、金曜はピアノバージョン(CM前アイキャッチでも一部分を使用)。エンディングでは原曲が流れた。
    2006年9月25日からオープニングはテクノ調にアレンジされたものを全曜日で使用、エンディングにはCM前のアイキャッチと同様、ピアノバージョン[8]が使用された。
    筑紫や番組スタッフが聴き、メロディや歌詞の内容が番組のコンセプトに合致しているということで主題歌にしたという。
    Bank Bandによるシングル盤には、原曲とピアノバージョンのみ収録。

エンディング編集

放送開始から1997年9月までのエンディングテーマは筑紫が選び、アーティストに直接頼み込んで実現したものもある[9]

これ以降は前出の『put your hands up』『to u』のアレンジ版を使用した。前者に関しては一時期、筑紫が司会し、キャンペーンにもなった『地雷ZEROキャンペーン』のテーマ曲『ZERO LANDMINE』が、エンディングにかけられたこともあった。

スタジオセット編集

1989.10.2 - 1992.9:初代(この代はドーナツ型のキャスターテーブル)編集

白を基調としたセットで、筑紫の席の奥には番組ロゴが描かれた登場口が、右端にはスポーツ用のモニターが多数置かれたセットがあった。スタジオは朝の『ビッグモーニング』や『モーニングEye』、午後の『スーパーワイド』と共用。

1992.10 - 1994.9.30:3代目(ここまでは旧テレビ局舎Fスタジオ)編集

茶色を基調としたリビング風の物。

1994.10.3 - 1997.9.19:4代目(ここからは現放送センター、「ニュースの森」などと同様Nスタジオからの放送となる)編集

先代のセットを踏襲したセット。左側には「JNNニュースの森」のセットがあった。

1997.9.29 - 1998.9:5代目(立席のちに着席、スポーツコーナー等では以前から着席)編集

青色・ピンク色を基調としている。筑紫・草野の位置の後ろには番組ロゴのモニターが縦に並べられていた。

左側にはソファー席が、右側には大型モニターがあった。多事争論はこの期間のみこのモニターを使用して進行していた。

1998.10 - 2000.3.24:6代目編集

木目調のセット。

先代同様左側にはソファー席が、右側には大型モニターがあり、ソファー席の背景は変更されていない。

2000.4.3 - 2005.3.25:7代目編集

先代と同様木目調のセット。中央上にはシャンデリアが、夜景の窓の右側には階段と植物があった。右側には大型モニター、左側(当番組のセットと「JNNニュースの森」のセットの間に位置する部分)にはソファー席があった。

途中から筑紫の位置の後ろの背景が昼の風景から夜景に変更された。

ソファー席の箇所はJNNニュースの森でもエンディング挨拶の際に映り込んでいた。

2005.3.28 - 2006.9.22:8代目編集

この代から、多事争論はテーブルを背景に立って進行する形に変更されている。

2006年からは筑紫の位置の後ろに「変 2006」と表記された額縁が追加された。

2006.9.25 - 2008.3.28:9代目(8代目のマイナーチェンジ版)編集

※1997年9月末は番組のリニューアルに伴うスタジオ改装のため、それまで使用していたスタジオの絵が描かれたパネルを立てて番組が放送された。

※スタジオ改装のため、2000年3月末は5日連続で全国各地から中継する「志」キャラバンを放送した。なお最終日は有珠山噴火のニュースに時間を割いた。

※2004年1月5日は「2004 ニッポンの分かれ道」として全編バーチャルクロマキーを使用して放送した。(テロップも通常と異なる仕様)

※4-7代目では金曜深夜便の生演奏企画などで「JNNニュースの森」のスペースも使われた。

『ニュースステーション』との関係編集

『NEWS23』放送開始の4年前からテレビ朝日が放送していた『ニュースステーション』(Nステ)との間では、よく比較の対象となっていた。

『Nステ』が放送終了した2004年3月26日放送の「多事争論」で筑紫は、「この番組(Nステ)が無かったら私たちの番組も生まれていなかっただろう、ライバルというより『同じニュースというものを追究している仲間だ』という想いが強くあります」と述べ[10]、互いに意識していたことを明かした。また、これ以前の1999年9月に、久米宏が番組からの一時降板を発表した際にも筑紫は、同じく「多事争論」の中で「『休養』という名で番組からまもなく姿を消すという話を聞いて、大変残念だという思いがする。(中略)希有の才能をお持ちの方なんで、本当に『休養』して、また戻ってきて欲しいもんだと思います」と久米への思いを語っていた[11]

評価編集

批判された報道内容編集

撮影取材を拒絶した被災者のグループを取り上げた際、筑紫が「被災者は感情的になっている」とコメントした。この被災者のひとりと知人であった田中康夫は、自身の著書『神戸震災日記』で、この撮影取材が被災者に無断で行われたもので、なおかつ放送しないことを約束したにも関わらず放送された、としている。ただし、この田中の指摘は事実とは異なり、取材映像は放送しておらず、筑紫が補足コメントで述べたもの。筑紫は自著の中で田中の名を挙げなかったものの、この批判を知っていたとしている[13]
  • 1997年(平成9年)9月1日、「きょうの特集」において北朝鮮に渡った日本人妻へのインタビューを放送。そこでは「日本人妻は何の不満も無く差別されずに安泰に暮らしている」という日本人妻たちの回答を流した。これについて井沢元彦は、共産圏とは言論の自由も無いわけで、筑紫がまさかそんな基本的なことすら知らないジャーナリストではない筈であり、明らかに日本人妻の本音とは違う部分を何の論評もせずに垂れ流すというのは、北朝鮮の宣伝に加担しているものであり、明らかに意図的であり偏向報道の何ものでもなかった、と筑紫とこの番組の批判をした[14]
  • 1999年(平成11年)7月15日、多事争論において東芝クレーマー事件を取り上げた際、東芝一部上場企業匿名で報道した上で、当事者に批判的な発言を行った[15]。また、このときインターネットを「かなり恣意的で、トイレの落書きに近い、などという酷評すらあります」と批判した発言は、インターネットを中心に批判が広がり、「便所の落書き」発言として一人歩きすることとなった。放送当日のスポンサーが東芝で、多事争論直前に東芝ダイナブックのCMが放送されたとされることも非難を大きくする要因となった。
  • 2002年11月、筑紫が編集委員を務めていた雑誌「週刊金曜日」が北朝鮮による拉致被害者・曽我ひとみの家族(当時北朝鮮在住)にインタビューを行ない、「『はやく北朝鮮に帰ってきてほしい』との趣旨の記事を直接曽我に届け、精神的に追い詰めた」として週刊金曜日に批判が集まった。このことについて、11月14日放送の多事争論「永遠のジレンマ」で、「国の方針に水を差すような報道、取材はすべきではないという、こういう議論になりますと、自由な報道や言論というのは死んでしまって、北朝鮮と何ら変わらない国に私たちはなってしまいます」と週刊金曜日を擁護する発言をする。
  • 2003年(平成15年)5月7日、番組で北朝鮮の人権問題に取り組むドイツ人医師・ノルベルト・フォラツェンのインタビューを放送したが、同日に東京国際フォーラムで行われた家族会救う会などが主催した集会のニュースを報じなかった(この集会のニュースは他局のニュース番組はもちろん、同局の他のニュース番組でも報道されている)。TBSに対し、フォラツェンがなぜ報道しなかったのか問い質すと、TBS側から「あれはナショナリズムの集会だったから放送しなかった」と回答されたと明かし、雑誌のインタビューなどで番組とTBSの態度を非難した。
  • 2003年8月15日に放送された終戦企画「終戦スペシャル・殺す、な」は、恐怖感を煽るようなBGMを多用するなど、演出手法に批判が集まった。
  • 2006年(平成18年)6月29日小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝について、アメリカ合衆国共和党ヘンリー・ハイド英語版下院国際関係委員長の「行くべきでないと強く感じているわけではない(英語: Not strongey alone.)」という発言を、字幕テロップで「行くべきではないと強く思っている」と改変して報道した。のちに字幕に正確ではない表現があったと釈明した[16]
    • 2005年11月25日に環境問題特集「ほっとけない!私たちにできること」を放送したが、中国での吉林市化学工場爆発事故(11月13日に発生)による環境汚染問題については報じなかった。
    • 2003年のシリーズ「この戦争の正体」で実施したテレゴング(電話アンケート)の集計結果と、画面に表示されたグラフの間に多大なる乖離があった。
    • 2006年平成18年)10月9日の北朝鮮核実験報道に関して、筑紫が何ら批判的な言質を表明しなかった。
  • 2007年6月4日、関東アマゴルフ選手権初日において、番組キャスターの膳場貴子に認めさせたラブレターを、高野貴裕石川遼に手渡そうとしたシーンを放映したが、その一方でTBSの他番組が行なった石川選手の同伴者に対する盗聴マイク装着依頼、ヘリコプターでの会場中継強行へ批判が集まった。
筑紫哲也NEWS23を批判する立場からの文献
  • 別冊宝島Real編集部『筑紫哲也「妄言」の研究・『NEWS23』、その印象操作&偏向報道の作られ方』 ISBN 4-7966-3848-2
  • 水間政憲『ニュースキャスター筑紫哲也を斬る・このままテレビの偏向報道を許していいのか もはや中国、北朝鮮の代弁者か』 ISBN 4-8174-0549-X
  • 中宮崇『天晴れ! 筑紫哲也NEWS23』 ISBN 4-16-660494-5
  • 西村幸祐『反日の構造』 ISBN 4-569-63996-8 - 「第4章 拉致家族と『朝日新聞』&筑紫哲也氏の深すぎる溝」にフォラツェン医師のインタビュー記事を所収。

関連番組編集

関連項目編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ただし、「金曜深夜便」「マンデープラス」などで歌手・ミュージシャンによる生演奏が行われる際は、その部分のみステレオ放送が実施された。
  2. ^ “NEWS23、筑紫さん死去で悲しい報告”. 日刊スポーツ. (2008年11月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20081108-427231.html 
  3. ^ News23 多事争論 3月25日(月) 「坂本弁護士事件とTBSの問題」 TBS 筑紫哲也 NEWS23 ホームページ アーカイブ
  4. ^ 特に開始時間が遅くなる金曜の放送では、プロ野球中継の延長などで放送時間が深夜0:00(24:00)、もしくはそれ以降となる場合は、筑紫が冒頭で「ニュース24(ツーフォーかトゥーフォー)」と読み上げることもあった。
  5. ^ 出典:東奥日報1993年9月及び1994年4月のテレビ欄から。
  6. ^ 1996年5月17日(金)放送 「続く…」(アーカイブ)「私たちのこの『ニュース23』という番組、1局を除きましては1時間半で一つの番組を毎日構成しております。(中略)来週いっぱいは、その後半がないことになりまして、片翼で飛ぶことになります。」
  7. ^ 井上陽水 『少年時代』<2>:オンガク小説「HEART×BEAT」一曲入魂
  8. ^ 使用された部分は異なる。2006年9月まではBメロ部分、それ以降はCメロ部分が使用された。
  9. ^ 女性自身 2008年11月25日号
  10. ^ 2004年3月26日 「さようならN.S」(アーカイブ)
  11. ^ 1999年9月29日 [1](アーカイブ)
  12. ^ 女神(2)草野満代さん オンエア3秒前まで雑談していた”. asahi.com. 朝日新聞デジタル (2010年11月5日). 2010年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月26日閲覧。
  13. ^ 筑紫哲也『ニュースキャスター』集英社新書 ISBN 4-08-720145-7
  14. ^ 井沢元彦『逆説のニッポン歴史観』234頁
  15. ^ http://www.tbs.co.jp/news23/old/onair/taji/s90715.html
  16. ^ TBSがまた“超訳”小泉の靖国参拝のコメントで”. ZAKZAK (2006年7月8日). 2007年6月14日閲覧。

外部リンク編集

アーカイブページが残されているが、多事争論以外はトップページから誘導されないようになっている。

TBSおよびJNN系列 平日最終版のJNNニュース
前番組 番組名 次番組
JNNニュースデスク
(1988年10月3日 - 1989年9月29日)
筑紫哲也 NEWS23
(1989年10月2日 - 2008年3月28日)
NEWS23(第1期)
(2008年3月31日 - 2010年3月26日)
TBSおよびJNN系列 平日スポーツニュース
JNNスポーツチャンネル
(1986年4月 - 1989年9月)
筑紫哲也 NEWS23
(1989年10月2日 - 2008年3月28日)
NEWS23(第1期)
(2008年3月31日 - 2010年3月26日)
TBS 月曜 - 木曜 22:54 - 23:00
前番組 番組名 次番組
スポーツホットライン
※同番組までローカルセールス
筑紫哲也 NEWS23
(1998年4月 - 2008年3月)
※同番組より全国ネット
NEWS23(第1期)
(2008年4月 - 2008年9月)
TBS系列 月曜 - 木曜 23:00 - 23:30
ドラマ23
(1987年10月 - 1989年9月)
筑紫哲也 NEWS23
(1989年10月 - 2008年3月)
NEWS23(第1期)
(2008年4月 - 2010年3月)
TBS系列 月曜 - 木曜 23:30 - 23:50
JNNスポーツチャンネル
筑紫哲也 NEWS23
(1989年10月 - 2008年3月)
NEWS23(第1期)
(2008年4月 - 2009年3月)
TBS 月曜 - 木曜 23:50 - 23:55
情報デスクToday
(1983年10月3日 - 1989年9月28日)
筑紫哲也 NEWS23
(1989年10月 - 1998年3月)
番組ナビ
(1998年3月30日 - 1999年3月25日)
TBS 月曜 - 木曜 23:55 - 翌0:30
情報デスクToday
(1983年10月3日 - 1989年9月28日)
筑紫哲也 NEWS23
(1989年10月 - 1997年9月)
ワンダフル
(1997年9月29日 - 2002年9月26日)
TBS 月曜 23:50 - 翌0:25
前番組 番組名 次番組
ラブセン!
(2002年10月7日 - 2004年9月27日)
※同番組までPooh!
筑紫哲也 NEWS23
(「マンデープラス」)
(2004年10月 - 2008年3月)
NEWS23(第1期)
(2008年4月 - 2008年9月)
※「月ONE」枠
TBS系列 金曜 23:30 - 23:59
前番組 番組名 次番組
噂的達人
(1988年4月1日 - 1989年9月29日)
筑紫哲也 NEWS23
(1989年10月 - 2008年3月)
NEWS23(第1期)
(2008年4月 - 2010年3月)
TBS 金曜 23:59 - 翌0:35
噂的達人
※23:30 - 翌0:00
JNNスポーツチャンネル
※0:00 - 0:20
キャッチアップ
※0:20 - 0:30
筑紫哲也 NEWS23
(金曜版)
(1989年10月 - 2008年3月)
NEWS23(第1期)
(金曜版)
(2008年4月 - 2009年3月)