モーニングEye』(モーニング・アイ)は、1984年11月5日から1996年9月27日までの約12年間、TBS系列で放送されていた日本ワイドショーである。

モーニングEye
ジャンル ワイドショー番組
出演者 森本毅郎
絵門ゆう子
山本文郎
長峰由紀
渡辺真理 ほか
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域日本の旗 日本
森本ワイド モーニングEye
放送期間1984年11月5日 - 1987年10月2日
放送時間平日 8:30 - 9:55
放送枠TBSテレビ系列平日午前のワイドショー枠
放送分85分
モーニングEye
(1987年10月5日から1992年10月2日まで)
放送期間1987年10月5日 - 1992年10月2日
放送時間同上
(1992年10月5日から放送終了まで)
放送期間1992年10月5日 - 1996年9月27日
放送時間平日 8:30 - 10:20※
放送分110分

特記事項:
※一部地域は9:55まで。
テンプレートを表示

概要編集

森本毅郎さわやかワイド』の後継番組としてスタート。当初は総合司会の森本毅郎冠番組として『森本ワイド』(もりもとワイド)のサブタイトルが付されたが、1987年、その森本が『ニュース22プライムタイム』のメインキャスターとして異動し、池田裕子(絵門ゆう子)とともに番組を降板。総合司会を山本文郎と、当時新人だった長峰由紀に交代、同時に総合司会者の冠が外れた。1991年4月1日に山本のパートナーが長峰から渡辺真理(当時TBSアナウンサー)に交代。山本は就任当時TBSアナウンサー(社会情報局専門局局長兼任)だったが、1994年9月末の退社・フリー転身後も専属契約のキャスターとして総合司会を続けた。

1990年代の制作協力会社は東京ビデオセンター・ファーストハンド・東放制作(現在のTBSスパークル)。この3社は1987年10月4日の番組開始から『(関口宏の)サンデーモーニング』も制作協力をしている。

「ゲストコメンテーター」は極力使っていなかった。例外は月曜の和田勉と、金曜日の天野祐吉木元教子山本コウタロー田中康夫前田武彦残間里江子平野陽子(特集コーナーの「WEEKポイント」・「WEEKポイント・延長戦」(放送時間拡大時の1992年10月以降から)出演のため)など。

芸能人は「さん付け」していた(当時の『ビッグモーニング』『関口宏のサンデーモーニング』後継番組の『はなまるマーケット』なども同じ)。午後枠の『3時にあいましょう』→『スーパーワイド』は、現在のTBS報道情報番組と同じく呼び捨てしていた。

事件・芸能・皇室だけではなく、きんさんぎんさん・政治・経済・特撮映画(『ゴジラ』「モスラ』など)などの話題も多く取り上げていた。当時のテレビ朝日制作『モーニングショー』『スーパーモーニング』と同じく、時事問題を多く取り上げていた。

芸能ニュースは小川みどりみといせい子が中心となってリポートしていた。リポート後、宇都木員夫(芸能デスク)が解説を加えていた。

リポーターの村上允俊が『トリカブト保険金殺人事件』を連日伝えていた。この事件は当時の『ビッグモーニング』(下村健一アナウンサー)でも頻繁に伝えていた。

事件・不祥事・殺人事件・統一教会幸福の科学オウム真理教事件などは、高村智庸、剛たつひと、山形美房、津島令子などが詳しく伝えていた。

1993年頃、司会の山本文郎が番組内で「お前の番組は皇室の話題が多い」という視聴者からの意見を紹介していた。実際に皇室の番組がTBS系で多かったのは午後の『3時にあいましょう』『スーパーワイド』だった。

1990年代前半は同時間帯の視聴率1位を独走していた[1]

番組末期の1996年4月からの半年間は、宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之の楽曲「鳥の瞳で」(シングル『GOD BLESS TOKYO』カップリング/アルバム『起承転々』所収)がテーマ曲として流れていた。

TBSビデオ問題」の責任を取る形でTBSはワイドショーの廃止を決定した[2]ため、1996年9月27日に終了。『モーニングジャンボ』から通算25年半続いた朝のワイドショー番組は一旦幕を下ろす事になった。『モーニングEye』はTBSビデオ問題に関しては全くの無関係である。「TBSビデオ問題」が発覚した後は、当番組でも大きく取り上げていた。後継番組は、岡江久美子薬丸裕英が総合司会を務める生活情報番組はなまるマーケット』。なお、山本は本番組終了と共にTBSとの専属契約が切れて名実共にフリーとなり、先立って終了していた『スーパーワイド』の後継番組で同じく生活情報番組『素敵なあなた』に異動した。

『はなまるマーケット』(2014年3月28日まで)は「生活情報番組」、その後継番組『いっぷく!』(同年3月31日 - 2015年3月27日)は「情報番組」という位置付けだったが、『いっぷく!』に代わって2015年3月30日から本枠で開始した『白熱ライブ ビビット』(2017年4月3日から『ビビット』に改題、2019年9月27日に終了)は「ワイドショー・情報バラエティ番組」との位置付けとなり、本番組終了以来19年ぶりに本枠でのワイドショーが事実上復活となった。『ビビット』の後継番組『グッとラック!』もワイドショー路線を継続したが、『ビビット』時代から続く視聴率低迷により2021年3月で終了。同年春開始の新番組からは再びワイドショー路線から撤退し、『はなまるマーケット』をモデルとした新生活情報番組『ラヴィット!』に切り替わる。なお『はなまるマーケット』までは制作協力会社が同じく敬称を付けていたが『いっぷく!』以降は他のTBSの報道・情報番組と同じく有名人は基本的に呼び捨てとなっている。

2014年2月27日放送の『朝ズバッ!』で山本の死去が伝えられた際、当番組初総合司会時の映像が流れた。

出演者編集

放送時間・総合司会・アシスタント編集

「モーニングEye」歴代総合司会・アシスタント
期間 放送時間(JST 番組タイトル 総合司会 アシスタント
1984年11月5日 1985年3月29日 月曜 - 金曜 8:30 - 9:55(85分) 森本ワイド モーニングEye 森本毅郎12 菅原牧子2
1985年4月1日 1986年3月28日 石井和子
1986年3月31日 1987年9月25日 池田裕子2
1987年9月28日 1987年10月2日 なし
1987年10月5日 1991年3月29日 モーニングEye 山本文郎2 長峰由紀2
1991年4月1日 1992年10月2日 渡辺真理2
1992年10月5日 1996年9月27日 月曜 - 金曜 8:30 - 10:20(110分)3

コメンテーター編集

月曜日
金曜日

特集コーナー:『WEEKポイント』・『WEEKポイント・延長戦』など。

ほか

リポーター・芸能デスク・ナレーター編集

ほか

レギュラー編集

  • 三波豊和
  • 田中義剛(「おとなの通信簿」のコーナーで出演)
  • 渡嘉敷勝男(「こりゃまた失礼」のコーナーで出演)
  • 松岡憲治(「女の人生相談 どうすりゃいいの?」のコーナーで出演、放送当時TBS社員)
  • 金谷ヒデユキ(1990年代『WEEKポイント』のコーナーで、冒頭替え歌を歌っていた)

ほか

コーナー編集

末期は一つ前の番組(終了当時は『おはようクジラ』)の本編終了直後に15秒間の生予告を行い、その後ステブレCMを挟んで始まっていた。この予告内では主として当日伝える話題の紹介を山本・渡辺が行っていた。これは後番組の『はなまるマーケット』でも2005年3月まで引き継がれた。

金曜日には金谷ヒデユキの替え歌コーナーを放送していた時期があった。当時、私生活で問題になった金曜コメンテーターの山本コウタローも替え歌のターゲットになった時があった(「走れコウタロー」が使われた)。

渡辺真理アナ時代は、水曜日9:55枠で「プリティウーマン」と題したコーナーがあり、各ジャンルで活動する女性をゲストに迎えトークを行った。

ネット局編集

この時期は、テレビ朝日系のワイドショーをネットしていた地方局が多く、テレビ朝日系の放送局が開局した1990年代前後になってネットを始めた局も多かった。

●は自局自身の新規開局によるもの。△は当該地域におけるテレビ朝日系列の新規開局によるもので前番組は『モーニングショー』(1993年4月2日以前)→『スーパーモーニング』(1993年4月5日以降)をネットしていた。

放送対象地域 放送局 備考
関東広域圏 TBS 制作局
現:TBSテレビ
北海道 北海道放送 -
青森県 青森テレビ 9:55で飛び降り
岩手県 岩手放送→IBC岩手放送 1995年6月まで岩手放送、9:55で飛び降り
宮城県 東北放送 9:55で飛び降り
山形県 テレビユー山形 開局2日目の1989年10月2日から、9:55で飛び降り
福島県 テレビユー福島 -
山梨県 テレビ山梨 -
長野県 信越放送 9:55で飛び降り
新潟県 新潟放送 -
静岡県 静岡放送 -
富山県 チューリップテレビ 1990年10月1日開局当日から1995年9月まで、9:55で飛び降り
石川県 北陸放送 1991年10月1日よりネット開始、9:55で飛び降り
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送 1993年10月から1995年3月まで、9:55で飛び降り
岡山県香川県 山陽放送 現:RSK山陽放送
広島県 中国放送 -
愛媛県 あいテレビ 1992年10月1日開局当日から
高知県 テレビ高知 -
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送 1990年4月2日よりネット開始、9:55で飛び降り
熊本県 熊本放送 1989年10月2日よりネット開始、9:55で飛び降り
大分県 大分放送 1993年10月1日よりネット開始
鹿児島県 南日本放送 9:55で飛び降り
沖縄県 琉球放送 1995年10月2日よりネット開始

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 「ブロードキャスター」9月末で打ち切り”. 日刊スポーツ (2008年6月28日). 2008年6月28日閲覧。
  2. ^ なお、TBSのワイドショーは2004年秋に『(特)情報とってもインサイト』を持って復活している。

関連項目編集

TBS系列 平日午前のワイドショー・情報番組枠
前番組 番組名 次番組
森本ワイド モーニングEye

モーニングEye