One more time, One more chance

山崎まさよしの楽曲

One more time, One more chance」(ワン・モア・タイム ワン・モア・チャンス)は、山崎まさよし通算4枚目のシングル。1997年1月22日発売。発売元はポリドール・レコード(現:ユニバーサルミュージック)。2007年に発売されたリニューアル盤「『秒速5センチメートル』 Special Edition」についても併せて説明する。

One more time, One more chance
山崎まさよしシングル
初出アルバム『HOME (#1)
アレルギーの特効薬 (#2)』
B面 妖精といた夏
リリース
時間
レーベル ポリドール・レコード
作詞・作曲 山崎将義
プロデュース 山崎将義
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間18位(オリコン
  • 1997年度年間97位(オリコン)
  • 山崎まさよし シングル 年表
    セロリ
    1996年
    One more time, One more chance
    1997年
    アドレナリン
    1997年
    ミュージックビデオ
    「One more time,One more chance」 - YouTube
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    • 山崎の初主演映画である『月とキャベツ』(篠原哲雄監督、1996年)の主題歌に採用され、ロングヒットを記録した、初期の代表曲のひとつとなる。映画公開に併せ発売され、累計売り上げ30万枚を越えるヒット作となった。同年発売のアルバム『HOME』にも収録されている。
    • 楽曲そのものは山崎が山口県から上京した直後の1993年頃に作られたもので、山崎が当時居を構えた「桜木町」(神奈川県横浜市中区および西区)の地名が歌詞に登場する。また「急行待ちの踏切」などの言葉も登場することから、歌の舞台が東急東横線沿線であることを窺わせる[1]
    • デビューするために上京したもののなかなかデビューが決まらない日々、悶悶とした自分の気持ちを綴った曲である[2]。「阪神・淡路大震災で死んだ自分の恋人を歌っている」という噂があるが、前述のとおり1993年頃の製作であり、震災発生の1995年と時期が一致しない。
    • 2005年大晦日放送の『第56回NHK紅白歌合戦』に出演し、本楽曲を歌唱した。当日は、横浜みなとみらい21の「横浜ランドマークタワー」等を臨むエリアから、実況生中継で放送された。
    • 2006年の『M-1グランプリ』決勝(テレビ朝日系、2006年12月24日放送)にて、優勝したチュートリアルの漫才のネタにこの曲のサビの部分が使用された。このことは山崎自身も認識しており、喜ぶコメントがファンクラブ会報に掲載されている。
    • 8センチシングルでリリースされたのち、2000年5月31日にマキシシングルとして再リリースされた。2005年9月21日に同時発売されたベストアルバムBLUE PERIOD』(A面集)と『OUT OF THE BLUE』(B面集)の発売をもち、シングルは生産終了となっている。2007年のリニューアル盤は発売中である。なお、8センチのシングル盤で初めて「山崎まさよし オフィシャルファンクラブBOOGIE HOUSE」の情報が掲載された。

    収録曲編集

    全作詞・作曲:山崎将義

    1. One more time, One more chance (5:29)
    2. 妖精といた夏 (6:11)
      • 編曲:山崎将義
    3. One more time, One more chance (KARAOKE) (5:25)

    『秒速5センチメートル』 Special Edition編集

    One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition
    山崎まさよしシングル
    B面 雪の駅〜One more time, One more chance〜
    One more time, One more chance(弾き語りVer.)
    リリース
    ジャンル J-POP
    時間
    レーベル ユニバーサルミュージック
    作詞・作曲 山崎将義
    プロデュース 山崎将義
    チャート最高順位
    山崎まさよし シングル 年表
    アンジェラ
    2006年
    One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition
    2007年
    真夜中のBoon Boon
    (2008年
    テンプレートを表示

    One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition」(ワン・モア・タイム ワン・モア・チャンス 『びょうそく5センチメートル』 スペシャル・エディション)は、山崎まさよしの通算22枚目のシングルとして、2007年3月3日に発売された。

    解説編集

    • オリジナル・シングルのリリースから10年後、新海誠・監督によるアニメーション映画『秒速5センチメートル』の主題歌として、新海監督から「One more time, One more chance」の楽曲使用の依頼があり、山崎サイドが快諾したのを機に発売された。オリジナル版がシングルベスト『BLUE PERIOD』(2005年9月21日)リリースの際に生産中止となったため、リニューアルされて新発売されたシングルが本作品である。オリジナル盤発売元のポリドールがユニバーサルミュージックに吸収合併されたため、本作はユニバーサルからのリリースとなっている。制作はナユタウェイブレコーズ
    • タイアップとなった『秒速5センチメートル』の内容にJR小山駅が登場し、小山駅の両毛線の発車メロディーとして2018年4月7日6月30日の期間内に「One more time, One more chance(PIANO Ver.)」として起用された[3]

    収録曲編集

    1. One more time, One more chance (5:34)
    2. 雪の駅〜One more time, One more chance〜 (2:20)
      • 映画のサントラ盤に収録されていた、「One more time, ~」のインストゥルメンタルバージョン。
    3. One more time, One more chance(弾き語りVer.) (5:30)

    収録アルバム等編集

    • One more time, One more chance
    • One more time, One more chance (Live Version #1)
    • One more time, One more chance (Live Version #2)
    • One more time, One more chance (Live Version #3)
    • One more time, One more chance (弾き語りヴァージョン)
      • The Road to YAMAZAKI ~ the BEST selections for beginners ~ [SOLO ACOUSTIC]
    • 妖精といた夏
    • 雪の駅 〜One more time, One more chance〜
      • 秒速5センチメートル DVD-BOX

    カヴァー編集

    脚注編集

    1. ^ 桜木町駅JR東日本京浜東北線根岸線及び横浜市営地下鉄と併設だが、根岸線はほぼ全線で高架線、市営地下鉄は地下または高架線であるため踏切は存在せず、また京浜東北線に踏切はあるが急行はない。なお、東急東横線の横浜 - 桜木町間は2004年に廃止されている。
    2. ^ 広島エフエム放送『食卓on楽』2009年2月27日
    3. ^ time, One more chance」がJR小山駅の構内BGMに BARKS 2018年7月12日閲覧