TEAM近藤(チームこんどう)は、吉本興業東京本部に所属する日本のお笑い芸人

TEAM近藤
本名 近藤 慎治
(こんどう しんじ)
生年月日 (1983-05-05) 1983年5月5日(38歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都練馬区
血液型 A型
最終学歴 東京国際大学卒業
出身 ワタナベコメディスクール8期
NSC東京校15期
影響 ジミー大西
劇団ひとり
コンビ名 TEAMサツマカワ
TEAMTKC(ユニット)
相方 サツマカワRPG(TEAMサツマカワ)
金澤TKCファクトリー(TEAMTKC)
芸風 一人コント一発ギャグ
事務所 吉本興業東京本部
活動時期 2010年 -
同期 ワタナベコメディスクール
ダニエルズ
ロマンス河野(上木恋愛研究所
らむ(みちばたコンサート)など

NSC
おかずクラブ
デニス
マテンロウなど
テンプレートを表示

人物編集

芸名の由来は劇団ひとりに憧れて、コンビトリオと見せかけて実はピンということで付けた[1]

法政大学お笑いサークル・HOSの出身で、村上マヂカルラブリー)の2期下。

仲の良い芸人はNSCで同期の坂井良多(鬼越トマホーク[1]

幼稚園の頃からジミー大西に似てると言われ、学生時代はジミーを真似て鼻くそをほじるギャグをやっていた。勝手に恩人だと思っているジミーとテレビでの共演を目標としている[1]

NSC時代は同期から「最初から仕上がっていた」「すぐ売れるなと思った」と評されるほど圧倒的な評価を得ていた[2]

父親は東京税理士会の理事で、裕福な家庭で育った[3]

R藤本や山本正剛(BAN BAN BAN)、アイデンティティらと同じDB芸人の1人でもあり、ドドリアに扮することがある。

芸風編集

主に一人コント

代表ネタには『披露宴の余興でハンドベルを使って木村カエラButterflyを演奏するが、途中で長州力の入場曲になってしまう新婦の友達』等がある[1]

サツマカワRPGと共にコンビ『TEAMサツマカワ』としてM-1グランプリに出場経験がある[4][3]。2020年にはホリプロコム所属のピン芸人・金澤TKCファクトリーとコンビを組み『TEAMTKC』として出場[5]

出演編集

バラエティ番組編集

舞台編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(174)】事務所の先輩、ジミー大西に憧れて?芸人になったTEAM近藤” (日本語). SANSPO.COM (2016年10月30日). 2021年4月28日閲覧。
  2. ^ a b 水曜日のダウンタウン調査、NSC東京15期(2009年)の“天才”” (日本語). ライブドアニュース. 2020年10月24日閲覧。
  3. ^ a b M-1グランプリ挑戦から生まれたお笑い界をかき乱す “ケルベロス”怪奇!YesどんぐりRPG、今年のM-1への秘策とは!?|お笑いメディア【東京で考え中】|note” (日本語). note(ノート). 2020年5月3日閲覧。
  4. ^ TEAMサツマカワ コンビ情報詳細|M-1グランプリ 公式サイト”. コンビ情報詳細|M-1グランプリ 公式サイト. 2020年4月5日閲覧。
  5. ^ TEAMTKC | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2020年11月7日閲覧。

外部リンク編集