メインメニューを開く

TEX & Sun Flower Seed(テックス・アンド・サン・フラワー・シード)は、東京を中心に活動するレゲエを軸にしたレベル・ミクスチャーバンド。2002年結成。2011年に改名。以前は『TEX & the Sun Flower Seed』という名前で活動していた。メンバーは様々なバンドで活躍中。数々の海外ツアーを行っている。略称『TEX』

TEX & Sun Flower Seed
出身地 日本の旗 日本 東京
ジャンル REBEL MUSIC/ROCK LATINO/CUMBIA/PACHANGA/Reggae/Ska
活動期間 2002年 -
レーベル JAPONICUS DISCOS
EGO MUSIC
iLHAWA REOCRDS
ROCKET MUSIC
事務所 JAPONICUS、PRODUCCIONS SUBMARINES
公式サイト TEX & Sun Flower Seed 公式サイト
メンバー 助安哲弥 / Vocal, E.Guitar
鉄観音 / Trombone,Cho
水口彰太 / Drums,Cho
中田明男 / E.Guitar,Cho
児島敏幸 / Bass,Cho
富山渡 / Trumpet,Keyboard,Cho

バンドの特徴編集

結成当初はJ-Pop+Reggae=ポゲエバンドとライブやテレビ、ラジオ、雑誌などで表現していたが、最近ではレゲエを軸にPACHANGA,クンビア,Rock Latinoなどを取り入れたレベル・ミクスチャーバンドになっている。

フジロック・フェスティバル』『SUNSET LIVE』『TOYOTA ROCK FESTIVAL』を始めとする野外フェスに出演する傍ら、『WORLD PEACE PARADE』『アースデイ東京・千葉』『earth garden』『沖縄うるま十十平和祭り』『Peace Music Festa!辺野古』『さようなら原発1000万人アクション』『選挙フェス』など、社会性の強いイベントへの出演も数多い。特に、ソーラーパネルを使用しての太陽光発電ゲリラライブは彼らの真骨頂の一つ。

2008年に行った初の海外ツアーもレベル・ミュージックの本場バスク地方(スペイン)で行っている。

2011年、5thアルバム『1945』にはEKD、MATE POWER(from Germany)、MIXに河村博司(ex.ソウル・フラワー・ユニオン)など多彩なゲストを迎えている。

2011年9月には、2度目となる海外ツアーFIGHT FOR RIGHTS SOUTH EUROPE TOUR 2011を決行。

2012年8月には、3度目となる海外ツアーRADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOUR 2012を決行。世界最大級のレゲエフェスティバル、Rototom Sunsplashに日本人バンドとして初出演。

更に今まで行っていたワンマンライブを元に、JAPONICUSUとの共同イベント、「RITMO SOLAR」を立ち上げる。現在Vol.17までに毎回フジロックに出演の海外アーティストを招聘している。

2013年、JAPONICUS DISCOSから初の日本人アーティストとして、ドイツのRUDE & THE LICKSHOTSとのSplit 7inch『INDEPENDENT LUCHA LIBRE』を発売。発売後すぐにSOLD OUT。

2015年、最も尊敬するとされるFERMIN MUGURUZAのバックバンドとして『RADICAL MUSIC NETWORK夏』、FUJI ROCKに出演、FUJI ROCKでは他にもWhite Stageでバルセロナの人気No1バンドTxarangoと共演。10月、RADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOUR 2015を決行。Manu Chao主催のスペイン、バルセロナ最大のロックフェス、Esperanzah!にてFERMIN MUGURUZAのバックバンドとして登場。Esperanzah!ではTb鉄観音がManu Chaoのステージに登場、共演を果たす。その他国内では、騎馬武者ロックフェス、アースガーデン他、多数のフェスに出演。

2016年6月、昨年のEsperanzah!の好評によりバルセロナ各地の野外フェスに出演。再びFERMIN MUGURUZAのバックを務めたり、LIVEのゲストにTxarango、JUANTXO SKALARI、Che SudakaのLEOを迎えるなど、大成功のうちに終える。FERMIN MUGURUZAのアルバム「Black is Beltza ASM Sessions」の「La Negra Flor en Rambla Santa Monica」のレコーディングににTb.鉄観音とKey.yu-koが参加。

7月、韓国の野外フェスStepping Stoneに出演。

12月に6thアルバムをユニバーサルミュージックから発売。このアルバムのゲストにFERMIN MUGURUZA、ESNE BELTZA、シアターブルックの佐藤タイジ、SHOW441が参加。 

2017年7月、MIMI MAURAのバックバンドとしてフジロックフェスティバルのカフェ・ド・パリとクリスタルパレスに出演。SERGIO ROTMAN(Los Fabulosos Cadillacs)と共演。

9月、台湾ツアー。10月、Vocalてつが朝霧JAMのメインステージにTXARANGOのゲストで出演。

11月、スペイン、マヨルカ島のメスティソロック・ラテンスカバンド、DINAMOの新曲「HOY」のレコーディングにVo,てつが参加。PVにも出演した。

日本ではJAPONICUSに、ヨーロッパでは「PRODUCCIONS SUBMARINES」に所属している。

略歴編集

  • 2002年:本格始動開始
  • 2003年06月:1stミニアルバム『ONE WORLD』リリース
  • 2003年12月:2ndミニアルバム『Natural Vibration』リリース
  • 2004年03月:TEX & Sun Flower Seed企画「A Happy Seed」開催@原宿アストロホール(ゲストに喜納昌吉&チャンプルーズ、寿、他)
  • 2004年05月:ジャマイカ〜日本 国交40周年記念 ONE LOVE JAMAICA FESTIVAL ボブ・マーリー SONGSDAY特別賞受賞
  • 2004年09月:3rdミニアルバム『A seed』リリース(ダイキサウンド・ワールドランキング初登場1位)(TOWER RECORDSの@tower.jpにてJ-INDIES Weeklyチャート第5位)3rdアルバムのセールス好調にともない、2ndと3rdから5曲、カラオケに収録される。
  • 2004年11月:新潟県中越地震チャリティーライブ開催 キリバス共和国のラジオ「Radio Kiritimati」で2曲On Air
  • 2005年04月/09月:愛知万博瀬戸会場内のイベント「Big Familyアートフェスタ」出演
  • 2005年08月:福岡放送の5番組において『雲が流れて』がPVオンエア&エンディングBGMとして使用される
  • 2005年09月:カトリーナ襲来・ニューオリンズ復興チャリティーライブ開催 SunSetLive 2005(福岡)に出演
  • 2005年10月:日比谷野外音楽堂にて喜納昌吉&チャンプルーズを中心とするイベント『戦争よりも祭りを!』のオープニングアクトを務める。スティーブン・セガール(ミュージシャン・俳優)、ロリーナ・バヤッカ、アメリカ先住民ホピ族、アメリカ先住民イロコイ連邦、ベンジャミン・フルフォード、アル・アンダーソン(ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのギタリスト)等と共演。
  • 2005年11月:ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザンに、perでDrけんじ参加。沖縄、札幌を含む全国7カ所を回る
Vo.助安、単身クリスマス島 (キリバス共和国)に渡り、連夜のストリートライブを決行、人口4000人のこの島で700人を動員
Vo.助安、TVドラマ「一杯いきますか!!(主演:板尾創路矢作兼おぎやはぎ】、平泉成)のテーマソングを歌う
  • 2008年10月:初の海外ツアー(バスク州・スペイン)決行
  • 2009年11月:レコチョク限定配信の新曲3曲発表
  • 2010年:九州〜四国ツアー。代々木公園のアースデイ、earth garden、Natural High!〜アースデイ・キャンプ〜、Peace Music Festa!辺野古2010に出演
  • 2011年04月:東北地方太平洋沖地震チャリティー・ワンマンライブ開催
  • 2011年05月:Natural High!〜アースデイ・キャンプ〜に5年連続出演
  • 2011年06月:5thアルバム『1945』リリース
  • 2011年07月:1945発売記念TOURスタート フランス領バスクを含む国内外20ヵ所TOUR
RADICAL MUSIC NETWORK 2011 MESTIZO FIESTA PARTY出演
  • 2011年08月:蔵王 龍岩祭 2011出演
  • 2011年09月:二度目となる海外ツアー(フランス&バスク州)決行
  • 2011年10月:BAD SOUND SYSTEM(バスク州)のツアーサポートを行う
  • 2011年12月:二度目となるワンマンライブをAOYAMA CAYにて開催。ゲストに和気優(JACK KNIFE)、EKD、Rude Hi-Fi (Italy)等出演
  • 2012年01月:earth garden出演
  • 2012年02月:さようなら原発1000万人アクションに賛同・出演
  • 2012年03月:大貫憲章企画のGroovy Rock Caravanにゲスト出演
  • 2012年05月:自主企画『RITMO SOLAR<MESTIZO FIESTA PARTY>』を開催、INTI(フランス)のツアーサポートを行う
  • 2012年07月:RADICAL MUSIC NETWORK 2012に出演、さようなら原発1000万人アクションに出演
  • 2012年08月:三度目となる海外ツアー(スペインバスク地方)決行、世界最大のレゲエ・スカイベント、Rototom Sunsplash 2012「SKA CLUB」に日本人バンドとして初出演
  • 2012年09月:ROY ELLIS aka Mr.Symaripのツアーサポートを行う
  • 2012年10月:BUNNY GANG feat.NATHEN MAXWELL of フロッギング・モリーのツアーサポートを行う、TOYOTA ROCK FESTIVAL 2012に出演
  • 2012年11月:CAPITAN TIFUS(アルゼンチン)のツアーサポートを行う、自主企画『RITMO SOLAR<MESTIZO FIESTA PARTY> vol.02』を開催
  • 2013年07月:『RADICAL MUSIC NETWORK夏』ではこの年のFUJI ROCKに出演、6年ぶりの来日となるFERMIN MUGURUZA(バスクのスーパースター。しばらく映画監督に専念していたが、6年ぶりの野外ライブの際は新聞の1〜3面を独占するほど)と夢の初共演。DJ SCRATCHYとは3度目の共演を果たした。2008年からTEX&SFSが日本語でカヴァーしているFERMIN MUGURUZAの「LA LINE DEL FRENTE」が認められ、FUJI ROCK(オレンジコート、土曜日)ヘッドライナーのステージにvo.てつが招かれ共演を果たした。それをきっかけに8月、フェルミンの「ZULOAK feat ASTHMATIC LION SOUND ANTI-SYSTEM aka FERMIN MUGURUZA JAPAN TOUR 2013」にCARIBBEAN DANDYの藤井悟、DJ TXAKOと共に全行程に参加。
  • 2013年08月:JAPONICUS DISCOSから初の日本人アーティストとして、ドイツのRUDE & THE LICKSHOTSとのSplit 7inch『INDEPENDENT LUCHA LIBRE』を発売。発売後すぐにSOLD OUT。
  • 2013年10月:『RADICAL MUSIC NETWORK秋』では朝霧JAMに出演し話題となったLA PEGATINAと共演。
  • 2015年07月:FERMIN MUGURUZAのバックバンドとして『RADICAL MUSIC NETWORK夏』、FUJI ROCKに出演、FUJI ROCKでは他にもWhite Stageでバルセロナの人気No1バンドTxarangoと共演。
  • 2015年10月:RADICAL MUSIC NETWORK SOUTH EUROPE TOUR 2015を決行。Manu Chao主催のスペイン、バルセロナ最大のロックフェス、Esperanzah!にてFERMIN MUGURUZAのバックバンドとして登場。Esperanzah!ではTb鉄観音がManu Chaoのステージに登場、共演を果たす。その他国内では、騎馬武者ロックフェス、アースガーデン他、多数のフェスに出演。
  • 2016年6月:2015年のEsperanzah!の好評によりバルセロナ各地のビックフェスに出演。再びFERMIN MUGURUZAのバックを務めたり、LIVEのゲストにTxarango、Che SudakaのLEO、JUANTXO SKALARIを迎えたり、Tiken Jah Fakolyとの競演を果たすなど、大成功のうちに終える。
  • 2016年7月:韓国の野外フェスStepping Stoneに出演。
  • 2016年11月:7枚目のアルバムをユニバーサルミュージックから発売。このアルバムのゲストにFERMIN MUGURUZA、ESNE BELTZA、シアターブルックの佐藤タイジ、SHOW441が参加。
  • 2017年7月:MIMI MAURAのバックバンドとしてフジロックフェスティバルのカフェ・ド・パリとクリスタルパレスに出演。SERGIO ROTMAN(Los Fabulosos Cadillacs)と共演。
  • 2017年9月:台湾ツアー。
  • 2017年10月:Vocalてつが朝霧JAMのメインステージにTXARANGOのゲストで出演。佐々木大樹(guitar)の脱退により、助安哲弥(Vocal)の中学生時代の同級生、中田明男(guitar)が正式メンバーに。
  • 2018年5月:La PegatinaのRuben Sierraがパーソナリティを勤めているバルセロナのラジオ番組「Casa Babylon」でプッシュされる。
  • 2018年9月:サウスヨーロッパツアー。

メンバー編集

  • 助安哲弥 / Vocal, E.Guitar, Blues Harp
Birth Of The Band 本格始動当初はライブではGt.は弾いていなかった。最近ではRhythm Guitarとして定着している。harpやウクレレなどもライブで披露したことがある。単身インドやキリバス共和国などに渡りライブを行っている。Earth Day、earth garden、Natural High!〜アースデイ・キャンプ〜、蔵王 龍岩祭などでは司会者としても活躍中。難波章浩喜納昌吉三宅洋平佐藤タイジ梶原徹也、元晴(元SOIL&"PIMP"SESSIONS)との親交も深い。ダライラマ法王とも直接2度面会している。バンドの発起人。
  • 鉄観音 / trombone,cho
2003/03加入 G☆T HORNSの元メンバー。G☆T HORNS時代に三宅伸治二井原実をはじめとする、数多くのアーティストと共演。G☆T HORNS解散後は様々なバンド、ホーンセクションに参加。MIQの30周年記念ライブでは、森口博子山形ユキオと共演。JAPONICUSを通じ、MATE POWER(ドイツ)、Rude Hi-Fi (イタリア)、GUAKA(フランス)、BUNNY GANG feat.NATHEN MAXWELL of フロッギング・モリー(アメリカ)、CAPITAN TIFUS(アルゼンチン)など、ジャンル、国境を問わない数多くのバンドでライブやレコーディングに参加している。ツアーサポートをしているバンドに参加することも多い。MATE POWERでは『フジロック・フェスティバル'11』に出演・梶原徹也と共演。「ONE WORLD」ではサポートメンバーとして、本名(吉田幸生)でクレジットされている。2015年、バルセロナ最大の野外フェスEsperanzah!ではManu Chaoのステージに登場、共演を果たす。
  • 水口彰太 / Drums,cho
2013/3加入 1982年生まれ。 15歳からドラムを始めてYAMAHA音楽教室発表会にてベストドラマー賞受賞。 フジロックフェスティバルなど50本以上のフェスに出演。
  • 児島敏幸 / bass,cho
2017/07加入
  • 中田明男 / E.Guitar,cho
2017/10加入 1993年よりLabien Rose、BBA、土曜の夜は、等都内ライブハウスでギタリストとして活動。HATAKE、鮫島秀樹樋口宗孝のツアーサポート。マリンバ奏者shinsukeデビューアルバムレコーディング。元グレイプバイン西原との企画CD製作。ハロープロジェクト公式サイトの着メロ製作等、活動は多岐にわたる。
  • 冨山 渡 / trumpet,keyboard,cho
2018/11加入 クラシックからジャズ、ファンクなどポピュラー音楽全般を演奏できる音楽家として、数々のバンド活動、アーティストサポート、テレビ/ラジオ番組、レコーディング、テーマパークなど様々なジャンルで多岐に渡り演奏活動を行っている。これまでにTOKIO和田アキ子榊原郁恵今陽子泉谷しげるChar鈴木聖美藤木直人平愛梨つじあやの斉藤哲夫あがた森魚遠藤ミチロウ佐野史郎白井良明小室等宮路オサム安西マリア小松みどり[要曖昧さ回避]、他多くのアーティストのサポートを努める。
  • いっさ / Saxophone,cho(サポートメンバー)
2015/09加入

過去に在籍したメンバー編集

  • 中尾一貴 / per,cho
  • 佐々木大樹 / guitar,cho
  • マーシ / bass,cho
  • Yu-ko / keyboard,cho
  • 佐藤けんじ / Drum,Percussion,cho
  • 相馬 一仁 / Guitar,cho
  • 和田武 / Guitar,cho
  • 真島 信行 / Percussion,cho
  • 西崎ケータ / Guitar,cho
  • 藤浦 崇之 / bass
  • 本多 慶舟 / bass
  • 茉莉花 / bucking Vocal,cho
  • 育 / bucking Vocal,cho
  • 吉原 久美子 / Trumpet,cho
  • 狩俣たろー / alto saxophone,tenor saxophone
  • 奈々子 / cho
  • 助安 葉子 / cho

ディスコグラフィー編集

Original Works編集

  • ONE WORLD 2003/06/21
GREEN
White Fish
what do you see
ONE WORLD
Leaf Child
BEGIN
  • Natural Vibration 2003/12/17
Alright!!
みんな
歩こう
happy all the time
ステレオ
森の中では
  • A Seed 2004/09/10
Introduction〜A HAPPY SEED〜
明日のタネ
ハレルヤ
YO-こそ
雲が流れて
バナナ
Big Up!
  • circle of LIFE 2008/07/09
LIFE
白と黒 feat.リコ・ロドリゲス(ex.スペシャルズ,スカタライツ etc.)
群星の空
Re:born
TRY
waking with you (a.k.a.歩こう)
100年後の世界
きっと誰でも
いのち
  • 1945 2011/06/21
Fight for Rights feat.King-Spider-Nao & EKD
Spiral Over Head Shoot
NaNaNaNa
下北Tribe feat.MATE POWER
69★Fellar
El Padrino feat.King-Spider-Nao
mother
Beer Up!!
1945(sympathy for Partizan Spirits)
A! So! VIVA!
  • 人々が団結する限り負けることはない 2016/12/14
Message (feat.佐藤タイジ)
8年後の満月 Red Valley (feat.ESNE BELTZA)
One Voice
La Linea Del Frente (feat.FERMIN MUGURUZA / SHOW441)
04
Truth of madman
権力者
La vuelta al mund

Other Works編集

  • Colla Bo Gumbos Vol.1
tr-8『ポケットの中』ソウル・フラワー・ユニオン&ザ・グルーヴァーズにcho.で参加
  • Spike Bar Joint Compilation Vol.3
tr-9『太陽の子ども』

関連項目編集

外部リンク編集