メインメニューを開く

UFC 238: Cejudo vs. Moraes(ユーエフシー・ツーサーティエイト・セフード・バーサス・モラエス)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2019年6月8日イリノイ州シカゴユナイテッド・センターで開催された。

UFC 238: Cejudo vs. Moraes
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2019年6月8日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州シカゴ
会場 ユナイテッド・センター
試合数 全13試合
放送局 PPV
ESPN
日本の放送局 WOWOW
FOXスポーツ&エンターテイメント
入場者数 16,083人[1]
入場収益 2,034,387ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Gustafsson vs. Smith UFC 238: Cejudo vs. Moraes UFC Fight Night: Moicano vs. Korean Zombie

大会概要編集

メインイベントのUFC世界バンタム級王座決定戦ではUFC世界フライ級王者のヘンリー・セフードマルロン・モラエスが対戦し、セフードがTKO勝利を収め王座獲得に成功。2階級制覇を達成した。セミのUFC世界女子フライ級タイトルマッチでは王者のヴァレンティーナ・シェフチェンコと挑戦者のジェシカ・アイが対戦し、シェフチェンコがハイキックによるKO勝ちを収め、王座の初防衛に成功した。

試合結果編集

アーリープレリム編集

第1試合 女子フライ級 5分3R
  ケイトリン・チュケイギアン vs.   ジョアン・コールダウッド ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、29-28)
第2試合 バンタム級 5分3R
  エディ・ワインランド vs.   グリゴリー・ポポフ ×
2R 4:47 TKO(右フック→パウンド)
第3試合 ミドル級 5分3R
  ダレン・スチュワート vs.   ベヴォン・ルイス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第4試合 女子ストロー級 5分3R
  ヤン・シャオナン vs.   アンジェラ・ヒル ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

プレリミナリーカード編集

第5試合 フェザー級 5分3R
  カルヴィン・ケイター vs.   リカルド・ラマス ×
1R 4:06 TKO(右ストレート→パウンド)
第6試合 女子ストロー級 5分3R
  アレクサ・グラッソ vs.   カロリーナ・コバケビッチ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第7試合 バンタム級 5分3R
  アルジャメイン・スターリング vs.   ペドロ・ムニョス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 女子ストロー級 5分3R
  タチアナ・スアレス vs.   ニーナ・アンサロフ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

メインカード編集

第9試合 ヘビー級 5分3R
  ブラゴイ・イワノフ vs.   タイ・トゥイバサ ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
第10試合 バンタム級 5分3R
  ピョートル・ヤン vs.   ジミー・リベラ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第11試合 ライト級 5分3R
  トニー・ファーガソン vs.   ドナルド・セラーニ ×
2R終了時 TKO(ドクターストップ:目の負傷)
第12試合 UFC世界女子フライ級タイトルマッチ 5分5R
  ヴァレンティーナ・シェフチェンコ vs.   ジェシカ・アイ ×
2R 0:26 KO(左ハイキック)
※シェフチェンコが王座の初防衛に成功。
第13試合 UFC世界バンタム級王座決定戦 5分5R
  ヘンリー・セフード vs.   マルロン・モラエス ×
3R 4:51 TKO(パウンド)
※セフードが王座獲得に成功。

各賞編集

ファイト・オブ・ザ・ナイトトニー・ファーガソン vs. ドナルド・セラーニ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトヘンリー・セフードヴァレンティーナ・シェフチェンコ
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更編集

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注編集

  1. ^ a b Matt Erickson (2019年6月9日). “UFC 238 draws announced 16,083 attendance for live gate north of $2 million”. mmajunkie.com. 2019年6月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集