メインメニューを開く

Wikipedia:ビジュアルエディター/TemplateData

< Wikipedia:ビジュアルエディター

テンプレートデータとは編集

ビジュアルエディターはウィキページを見た目通りに編集できるインターフェイスで、テンプレートを簡単に編集できるツールが含まれています。しかしそのツールを有効活用するには、そのテンプレートに関する情報を引けるようにしなくてはなりません。まずは、ありうるパラメータとその特徴のリストが必要でしょう。

テンプレートデータがない場合編集

テンプレートデータがない場合、新しいテンプレートを挿入する時にそれぞれのパラメータを手動で加える必要があります。

パラメータの値がどんなものになるべきか、情報が与えられていません。


テンプレートデータがある場合編集

テンプレートデータがある場合、サポートされているパラメータ(およびその説明)がテンプレートに提供されます。

テンプレートデータ は、それぞれのパラメータに説明を提供し、利用者がテンプレートをより適用しやすくします。

テンプレートデータの追加編集

ボランティアに望まれるのは、テンプレートデータをテンプレートに(特にInfoボックスのように人目を惹くものに)追加して編集しやすくすることです。

TemplateDataのヘルプページは、テンプレートデータの情報をテンプレートに追加する方法を説明しています。

おそらく、日本語版ウィキペディア上で特に重要なテンプレートをいくつか思い浮かべることは簡単にできるでしょう。経験豊かな利用者は、どのテンプレートが重要かよく知っていて、それを使おうとしたときにテンプレートデータが無いとすぐ気付くはずです。

使用箇所の多いテンプレートの一覧はSpecial:MostUsedTemplatesで自動生成されます。その一覧をウィキのフォーマットで取得したければ(そのほうが共同作業には便利ですね)、okeyes-at-wikimedia-dot-org に依頼のメールを英語で送れば提供してもらえるでしょう。

日本語版のテンプレート編集

対応が望まれるテンプレート編集

ビジュアルエディターで記事編集するときに、使えると有用なテンプレートをここに加えてください。(ただしテンプレートの仕様などにより、対応できない場合があるかもしれません)

テンプレートの解説ページ(/doc) の編集画面を開いて少し待つと「テンプレートデータの管理」というバナー(?)が表示されます。これをクリックするとテンプレートデータの追加や編集が簡単にできます。テンプレート本体が全保護されている場合でも、/doc が保護されていない場合はテンプレートデータを編集できます。
初心者にとって有用かもしれないテンプレート
ベテランにとっても有用かもしれないテンプレート

対応途上のテンプレート編集

部分的に対応したものの、主要データで未対応な部分が残っているテンプレートやそのままでは使いにくいテンプレートをここに加えてください。

対応済のテンプレート編集

主要な対応がだいたいすんだテンプレートをここに加えてください。

Info

使用箇所の多いテンプレートの一覧編集