メインメニューを開く
チヨダ > おもちゃのハローマック
旧・ハローマック会津坂下店

おもちゃのハローマックは、チヨダが1985年から2008年まで運営していた玩具店。

目次

概要編集

量販店を展開するチヨダが1985年から展開[1]。空前の「ファミコンブーム」を背景に、東京靴流通センターの不採算店舗の業態転換という形で埼玉県春日部市に1号店をオープンした[2]。視認性を高めるために導入された[2]、「メルヘンなお城をイメージした」という白とピンクのぎざぎざ屋根の店舗外観が特徴的であった[3]

店舗にはオリジナルキャラクターの「マックライオン」が描かれていた。なお、マックライオンには前期型と後期型が存在しており、左手?をあげているマックライオンは前期型、右手?の親指をたてているマックライオンは後期型。2019年1月に商標登録されたマックライオンは後期型である。[要出典]

最盛期には500店舗を超える店舗網を有したが、海外企業の日本進出や少子化の影響から採算が悪化[3]。末期には商品仕入の抑制などを行っていた[4]。2000年2月期時点でも396店を営業していたが[5]、店舗の閉鎖を進めた結果、2008年2月期時点では36店舗までに減少していた[6]。2008年7月に全店が閉店し、チヨダは玩具事業から撤退[3]。一部の店舗は「東京靴流通センター」「マックハウス」にリニューアルされてチヨダの店舗としては存続している[1]

ハローマックには、「おもちゃのハローマック」と「パジャマトリッパー」の2種類の曲が存在する。「おもちゃのハローマック」は90年代ごろのハローマックのCMでよく流れており、「パジャマトリッパー(唄:濱田マリ)」は2000年代頃のハローマックのCMソング&店内BGMであった。[要出典]

同業の「靴のマルトミ」(現:ファーストリテイリング傘下のジーユー)も「おもちゃのBANBAN」「おもちゃ流通センター」を運営し、一部店舗はマルトミグループの靴店舗を併設していたが、同様に撤退している。各店舗の規模もこちらと同等であった。[要出典]

2018年12月13日、チヨダがハローマックのキャラクター「マックライオン」のロゴを商標出願しており、特許庁の商標出願状況が更新された2019年1月8日に明らかになった。商標切れが判明したための措置で、今後は東京靴流通センターなどでロゴの使用やマスコットとしての活用も考えているという[7]

2019年5月9日、チヨダが6月に東京ビッグサイトで開催される東京おもちゃショー2019へ「おもちゃのハローマック」ブランドで出展することを正式発表した[8]。ただし、玩具の展示・販売は行わず、子供向けオリジナルシューズの展示・販売と「マックライオン」ノベルティグッズの提供などを行う予定であるという。

チヨダの店舗として現存する元ハローマックの店舗編集

以下の店舗は、チヨダが公式サイトで「元ハローマックの店舗」として示しているチヨダの店舗群である[1](公式サイト掲載順)。

東京靴流通センター
マックハウス

提供番組編集

出典編集

外部リンク編集