堀威夫

日本の芸能プロモーター

堀 威夫(ほり たけお、1932年10月15日 - )は日本芸能プロモーターホリプロ創業者で、元ファウンダー最高顧問。横浜市生まれ。

ほり たけお
堀 威夫
生誕 (1932-10-15) 1932年10月15日(88歳)
日本の旗 日本神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
出身校 明治大学商学部卒業
職業 ホリプロ
活動期間 1960年 -
活動拠点 日本の旗 日本

略歴編集

浅野学園時代からサークルでバンド活動に勤しみ、1948年、バンド、ワイキキ・ハワイアンズを結成、明治大学商学部時代の1952年小坂一也井原高忠等とともに学生バンドのワゴン・マスターズにスカウトされ、ギタリストとして活躍。卒業後、文化放送でのアルバイトを経て1957年スウィング・ウエストを結成しリーダーとなる。1960年退団後東洋企画を設立し専務に就任するも内紛で追放され、同年に有限会社堀プロダクションを設立し、代表取締役に就任する傍ら営業・制作マネジャーを兼任する。1963年、株式会社ホリプロダクションに社名変更し株式会社化。1984年には同社代表取締役会長に就任。1990年、株式会社ホリプロに社名変更した。

芸能界の一般企業化を進めた先駆者でもある。きっかけは息子の一貴の小学校受験にて、面接で親の職業について答えた際の面接官の妙な反応だった。この出来事をきっかけに「芸能界をヤクザな虚業でなく一般企業として社会に認めさせたい。その為には株式を店頭公開して経営の透明度を上げるしかない」という目標の下経営の健全化を進め、1989年に業界初の株式公開を果たし、1997年には東証2部上場、2002年9月には東証1部上場を果たし、更には日本経団連の加入も成し遂げた。

また1981年から繰り返し上演されている「ピーターパン」の上演を発案した。当初は「ピーターパン」のみの製作にとどまっていたが、舞台作品の製作を広く手がけるようになった。

2002年、会長職を退任し、取締役ファウンダーに就任。2003年大英帝国勲章(CBE=三等勲章)を授与される。2008年には義貴の会長兼任と同時にファウンダー最高顧問となり取締役から退いた。

2014年、一般財団法人ホリプロ文化芸能財団を創設[1]

2020年6月の株主総会で退任が決定した。

勝利の法則として「いい顔つくろう」を教訓としホリプロ本社の玄関ロビーに設置してある姿見(鏡)に記してある。また「いつだって青春」(人は年を重ねただけでは老いない、理想を捨てた時に老いが始まる。〜サミュエル・ウルマンの「青春」という詩より〜)を大切にしている言葉として挙げている[2]

自宅で沢庵を漬けるほどの沢庵好きで、重石として三船敏郎梶芽衣子からもらった石臼を使用している[3]

宇都宮ケーブルテレビ取締役。宇都宮ビジネス電子専門学校と姉妹校の宇都宮アート&スポーツ専門学校の名誉顧問。

人物編集

元バンドマンであり、戦後になって芸能界でのプロダクション企業という基礎を確立し築き上げた一人である。

息子はホリプロ・エンターテインメント・グループ・インク社長の堀一貴と、ホリプロ代表取締役会長兼社長の堀義貴 守屋浩舟木一夫和田アキ子山口百恵榊原郁恵片平なぎさらを育て上げ、ホリプロタレントスカウトキャラバンで多くのスターを輩出した。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ホリプロ創業者「芸能界入り奨学金」設立(日刊スポーツ、2014年4月14日)
  2. ^ BS朝日ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜」(堀威夫×吉永みち子2016年1月31日放送より。
  3. ^ 妹尾河童 河童のタクアンかじり歩き 文春文庫、1992

関連項目編集

外部リンク編集