メインメニューを開く

それが答えだ!(それがこたえだ)はフジテレビ系列で1997年7月2日-9月17日水曜劇場枠で放送されたテレビドラマ

それが答えだ!
企画 石原隆瀧山麻土香
脚本 戸田山雅司
演出 若松節朗西谷弘高丸雅隆
出演者 三上博史
エンディング ウルフルズワンダフル・ワールド
プロデューサー 高橋萬彦
制作 フジテレビ共同テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1997年7月2日 - 9月17日
放送時間 水曜 21:00 - 21:54
放送枠 水曜劇場 (フジテレビ)
放送分 54分
回数 12
テンプレートを表示

ストーリー編集

海外で “神が宿った”と評された世界的なマエストロ、鳴瀬望はコンサート中にオーケストラのメンバーから演奏をボイコットされ、その責任を問われて解雇されてしまった。そして今は山小屋にこもっている。時折マネージャーの樫尾と酒屋の出前が訪ねてくるくらいで他に訪れる人もない。一年以上も仕事がない。

酒屋の出前(池田邦男)は、地元の中学教師(体育)。突然オーケストラ部顧問の任についたが、音楽のことはさっぱり分からない。ピアノが壊れていることに気づいた池田は鳴瀬を楽器屋と勘違いし、修理を頼みに行く。一旦は断る鳴瀬だったが、学校に出向き修理する。試しに弾いた曲に学校中の人々が魅了されてしまった。

池田の再三にわたる “子供たちに音楽を教えてください!”という熱烈な依頼を断り続ける鳴瀬。マネージャーの樫尾が仕事を持ってきた。喜びもつかの間、その仕事は“子供たちに音楽を教えること”。憤る鳴瀬だったが、その日の食事にも事欠く有様となったうえ、楽団への多額の借金返済のため受けざるを得ない状況に。“神が宿った世界的なマエストロ”が、その日の食事と借金返済のために田舎の中学校のたった12名のオーケストラ部でタクトを振ることになってしまった。

自分から辞めれば違約金を払わねばならない。だが先方から辞めて欲しいといわれれば払う必要はない。ならばそのように。出来るだけ早い時期にそうなるように。もともとの性格もあるが、辞めたくて仕方がない鳴瀬は誰に気兼ねすることもなく “出勤”し続ける。当然、周りの教師や生徒たちからは憤りや不満の声が続出する。鳴瀬にしてみれば “非常にいい状態”になってきていたのだったが。

生徒や教師・村の人々と過ごすことにより、鳴瀬は少しずつ変わっていく。生徒たちの人を憎むことも疑うことも知らない心、人を愛し、信じ、許すことの出来る心が、鳴瀬に今までの自分の音楽にはないものを見つけさせたのだった。

ではそれを表現する場は、鳴瀬も気に入り村人も残留を熱望するこの村なのか、または、世界の舞台へと続くプロのオーケストラなのか。鳴瀬が出した答えは…。

キャスト編集

ゲスト

主題歌編集

スタッフ編集

受賞歴編集

サブタイトル編集

  1. 最低最悪の教師
  2. 学校がキライな子
  3. こんなひどい先生
  4. 恋を殺した先生
  5. 負け犬はいらない
  6. 生徒たちの涙
  7. 万引き少年とマエストロ
  8. 教師の失恋
  9. 天才が昔愛した女
  10. 出場停止処分
  11. 最後の決断
  12. 卒業

備考編集

フジテレビ 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
ギフト
(1997.4.16 - 1997.6.25)
それが答えだ!
(1997.7.2 - 1997.9.17)
成田離婚
(1997.10.15 - 1997.12.17)