メインメニューを開く

たこるくんテレビ大阪(TVO)のマスコットキャラクターである。

たこるくん
(なにわ流たこる)
対象
分類 放送局のマスコットキャラクター
モチーフ たこ焼き
デザイン サカモトタカフミ
指定日 2002年
指定者 テレビ大阪株式会社
性別
公式サイト たこるくんワールド
テンプレートを表示

キャラクターデザインは、キャラクターデザイナー・イラストレーターのサカモトタカフミ

目次

プロフィール編集

本名は、なにわ流たこる。性格は、のんびりやでマイペース。

大阪ミナミの、とあるたこ焼き屋台で、オヤジがたこを入れ忘れたたこ焼きから誕生した。その後、明石を訪れて「タコベエ」(真っ赤で小さいタコの姿)と出逢う。

1人前のたこ焼きになるため、せっかちだけどしっかりもののタコベエと共に旅をしている。

CMの際には「つっつっつー、テレビ大阪つっつっつー♪」とのジングルに乗って登場してくる。

時にはいたずらをすることもある。

生い立ち編集

2002年に誕生し、番組宣伝での初登場では1000件を超える問い合わせが殺到した。

その後、17:55~17:57(月~金)に帯番組たこるTV』を持つことにより、直近の18時からのアニメ番組を視聴する未就学児・小学生はもとより、幅広い世代層に受け入れられることになる。現在の『たこるTV』の放送時間は以下を参照

なお、上記帯番組の他にも特番も不定期ながらも放送され、同じく局マスコットキャラクターであるハチエモン関西テレビ)・らいよんチャン毎日放送)・おっ!サンサンテレビ)らと共に、着実に近畿地方での人気キャラクター地位を得ることとなる。

この他にも2003年11月23日に放送された同局制作のアニメ『デ・ジ・キャラットにょ』第68話において数カットのみ特別出演している。

グッズ等も多数販売され、特に2004年発売の「たこるくんとタコベエのえほん あたたかいこおり」、2005年発売の「たこるくんとタコベエのえほん2 そらいろのロボット」(共に講談社刊)の絵本は、近畿地方以外でも発売されている。

2005年7月には「たこるカフェ」を期間限定で出店。1階では、たこるくんの顔を描いた「たこるモカ」などを販売。2階では、たこるくんギャラリーを展開。たこるくんのテレビアニメーション、ポスター、非売品グッズ、原画ラフなどを展示した。

2005年8月25日には東京へ出張した(キデイランド・原宿店)。

また、テレビ大阪の情報番組みみヨリぃ!?』(2007年9月30日放送終了)には、たこるくんの着ぐるみが毎回“出演”していた。

2007年3月21日から4月22日にかけて、KPOキリンプラザ大阪(2007年10月31日に閉館)で "No Takoyaki, No Osaka!"(=たこ焼きのない大阪なんて!)をテーマに「たこるくん展 Takoru Shock!!!!(たこるショック!!!!)」が開催され、10000人を越すファンが詰めかけた。

2011年7月24日正午にTVOのアナログ放送の終了。これに伴い、通常『和風総本家』を再放送するところをアナログ放送では『たこるTV』に差し替えた。そこから「なにわ流たこるのうた」へ展開し、シームレスに特別クロージングへと移った。特別クロージングではまず、緞帳が下がった舞台の上に「たこるくん」が立ち、たこるくんが「19ch」と書かれたプラカードを裏返して「7ch」をアピールした。BGMは「つっつっつー、テレビ大阪、テレビ大阪♪」のオルゴールによるインストゥルメンタルバージョンが使われた。舞台には「たこるくんファミリー」が勢ぞろいして、長年のアナログ放送視聴に感謝のメッセージを述べた後、最後に「JOBH-TV テレビ大阪」と書かれた縦長の看板が下り、たこるくんファミリーが一礼して終わった。正午以降はブルーバックのお知らせ画面に切り替わり、最後に「たこるのうた」からをリピートして地上波デジタル放送へと完全移行した。

たこるTV編集

2011年8月現在、以下の時間に放送されている。内容はたこるくんのアニメ、テレビ大阪製作の番組の宣伝などがあり、テレビ大阪のアナウンサーがたこるくんと同じ2頭身のキャラクターとなって番組を進行する。土曜日09:45 - 10:00の時間帯での放送は毎回「視聴者プレゼント」が実施される。

DVD編集

2007年10月26日、東宝より『たこる・ザ・ムービー Takoru Shock!!!!』が発売された。前述の「たこるくん展 Takoru Shock!!!!」会場内で限定上映された約20分のアニメ映像本編をはじめ、会場案内映像、未公開アニメなど約13分の特典映像を収録している。

  • たこる・ザ・ムービー Takoru Shock!!!!(TDV17310D)

関連項目編集

外部リンク編集