メインメニューを開く

みずほインベスターズ証券株式会社(みずほインベスターズしょうけん、英文名称: Mizuho Investors Securities Co., Ltd. )は、かつて存在した準大手証券会社の一つ。みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行完全子会社。旧・勧角証券(日本勧業角丸証券)。

みずほインベスターズ証券株式会社
Mizuho Investors Securities Co., Ltd.
Mizuho logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8607
2011年8月29日上場廃止
大証1部(廃止) 8607
2011年8月29日上場廃止
名証1部 8607
2011年8月29日上場廃止
略称 みずほイン証、MHIS、みずほIS、みずほISEC
本社所在地 103-8658
東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目10番30号
設立 1922年(大正11年)12月14日
業種 証券、商品先物取引業
金融機関コード 9525
SWIFTコード NKKSJPJT
事業内容 証券業
代表者 代表取締役社長 惠島克芳
(2009年6月30日現在)
資本金 802億8,829万2,694円
(2006年3月現在)
発行済株式総数 12億3,235万7,808株
(2011年3月31日現在)
売上高 377億03百万円
(2009年3月期決算、連結)
営業利益 ▲130億68百万円
(2009年3月期決算、連結)
純利益 ▲250億04百万円
(2009年3月期決算、連結)
純資産 826億54百万円
(2009年3月期決算、連結)
総資産 8,284億12百万円
(2009年3月期決算、連結)
従業員数 2,240名
(2011年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社みずほ銀行 100%
(2011年9月1日現在)
主要子会社 みずほインベスターズビジネスサービス株式会社 100%
外部リンク mizuho-isec.co.jp
インターネットアーカイブ
特記事項:店舗数:本支店56、プラネットブース155(2011年3月現在)
自己資本比率:単体10.6%、連結10.6%(2008年3月31日現在)
テンプレートを表示

概要編集

みずほフィナンシャルグループ傘下(元は第一勧業銀行〈旧日本勧業銀行〉系列)であり、近年では、みずほ銀行との共同店舗「プラネットブース」の展開を開始し、銀証連携サービスを進めるなど、営業体制の見直しが図られてきた。また、同行の子会社としてグローバル・リテールグループの証券部門を担うと標榜してきたが、2004年(平成16年)には法人業務を再開した。

2011年(平成23年)9月1日、株式交換によりみずほ銀行の完全子会社となり、2013年1月4日付で、みずほ証券に吸収合併された[1][2]

みずほFG間の共通の人事プラットフォームからの対象外であり、独自の人事制度を維持していた。そのため、採用活動も同グループ共同新卒採用ではなく独自の採用活動を行っていた。

沿革編集

  • 1878年明治11年)5月 - 今村商店(後の角丸証券株式会社)として創業。
  • 1922年大正11年)12月 - 日本勧業証券株式会社を設立。
  • 1949年昭和24年)12月 - 証券取引法に基づく証券業者として登録、株式委託売買業務を開始。
  • 1968年(昭和43年)10月 - 角丸証券株式会社と合併し、日本勧業角丸証券株式会社に商号変更。
  • 1969年(昭和44年)4月 - 改正証券取引法による総合証券会社としての免許を取得。
  • 1973年(昭和48年)5月 - 東京証券取引所大阪証券取引所市場第2部に上場。
  • 1975年(昭和50年)11月 - 東京証券取引所・大阪証券取引所市場第1部に昇格。
  • 1984年(昭和59年)12月 - 本店を東京都千代田区丸の内(丸の内センタービル)に移転。
  • 1988年(昭和63年)10月 - 勧業角丸ビジネスサービス(現・みずほインベスターズビジネスサービス)設立。
  • 1989年平成元年)3月 - 名古屋証券取引所市場第1部に上場。
  • 1990年(平成2年)10月 - 勧角証券株式会社に商号変更。
  • 1994年(平成6年)10月 - 本店を中央区日本橋茅場町(澁澤シティプレイス)に移転。
  • 1998年(平成10年)11月 - コンプライアンス委員会を設置。
  • 1999年(平成11年)
  • 2000年(平成12年)
    • 2月 - 富士銀行などが大株主に加わる。
    • 10月 - みずほインベスターズ証券株式会社に商号変更。公共証券株式会社と合併。
  • 2001年(平成13年)
  • 2002年(平成14年)6月 - 執行役員制度を導入。
  • 2003年(平成15年)
    • 3月 - グループ機構改革に伴い、みずほ銀行の連結子会社となる。
    • 7月 - 業界初の銀行内相談窓口プラネットブース内幸町(みずほ銀行本店内)を開設。
  • 2004年(平成16年) - 株式公開引受業務等の法人業務を再開。
    • 12月 - 証券仲介業を株式会社みずほ銀行と開始。
  • 2005年(平成17年)4月 - みずほフィナンシャルグループの経営計画“Channel to Discovery” Planで「グローバル・リテールグループ」の中核証券会社に位置づけられる。
  • 2006年(平成18年) - 配当を復活。
    • 5月 - インターネット取引手数料大幅値下げ。
    • 7月 - 一任勘定取引認可、みずほインベスターズSMA(愛称・みずほエグゼクティブポート)・ラップ口座取扱い開始。
  • 2007年(平成19年)
    • 2月 - プラネットブース100ヵ店達成。
    • 4月 - ラジオCMを再開(文化放送・土曜早朝の健康番組、プロ野球中継を提供)。
    • 7月 - テレビCMを再開(TBS系・日曜7:30〜8:00『がっちりマンデー!!』、土曜『ズームインサタデー』提供)。
    • 7月9日 - 仙台支店が仙台ファーストタワー高層棟5Fに移転。
    • 7月17日 - 東北では初のプラネットブースとなる、プラネットブース仙台を仙台ファーストタワー高層棟4Fに開設。
    • 10月 - 小金井支店、吉祥寺支店を統合し、三鷹支店開設。
    • 10月1日 - 新規出店店舗 大宮支店開設。
  • 2009年(平成21年)9月24日 - 本店を現在の中央区日本橋蛎殻町(澁澤シティプレイス蛎殻町)に移転。
  • 2011年(平成23年)
  • 2013年(平成25年)1月4日 - みずほ証券に吸収合併され、解散。本社・本店は、みずほ証券の日本橋本店営業第一部(後の本店営業第二部)・日本橋本店営業第二部(後の兜町支店)に改組される。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ みずほ証券とみずほインベスターズ証券の合併に関する基本合意について (PDF) - (株)みずほフィナンシャルグループ 平成23年7月29日
  2. ^ みずほ証券とみずほインベスターズ証券の合併契約書締結について (PDF) - (株)みずほフィナンシャルグループ 2012年5月15日