アレッポの戦い (2012-2016)

アレッポの戦い (2012-)から転送)

アレッポの戦い(アレッポのたたかい、英語: Battle of Aleppoアラビア語: معركة حلب‎)は、シリア内戦において2012年から2016年にかけてシリア最大の都市アレッポで行われた戦闘。シリアの政府軍反体制派がアレッポ市内を東西に分断、長期に渡り激しい軍事衝突を繰り返したが、最終的に政府軍が勝利を収めた[2]

アレッポの戦い
Battle of Aleppo.jpg
戦争シリア内戦
年月日:2012年7月 - 2016年12月[1]
場所アレッポ
結果:政府軍による市内の制圧、反体制派の撤退[1]
交戦勢力
アサド政権(バアス党
シリア軍
ロシア空軍
イスラム革命防衛隊
ヒズボラ
シリア国民連合
自由シリア軍
アル=ヌスラ戦線
シリア民主軍
クルド人民防衛隊
指導者・指揮官
バッシャール・アル=アサド
ウラジーミル・プーチン
サレフ・ムスリム・モハメド

目次

概要編集

 
市内の勢力図(2016年6月)
赤が政府軍、緑が反体制派、黄がクルド人勢力、黒がISIL

シリア北部のアレッポ県に属する都市アレッポは、首都ダマスカスを上回る人口を有するシリア最大の都市でもある。大統領バッシャール・アル=アサド率いるシリア政府軍と自由シリア軍アル=ヌスラ戦線アルカーイダ系)を中心とする反体制派の間でアレッポの支配をめぐり戦闘が行われた。アレッポの戦いの行方はシリア内戦の趨勢を決すると言われたため、ここでの戦闘はシリアで最も激しいものとなった。激しい戦闘の結果、深刻な人道危機が発生し、市民にも多くの犠牲が生じている[3]

戦闘は4年に及んだが、その間政府軍は補給路を守り抜き、ロシアイランからの支援獲得やアレッポ市内のYPG(クルド人民防衛隊)との協調に成功し、徐々に勢力を盛り返し、2015年9月にロシア空軍による空爆が開始されると政府軍は攻勢に移り、2016年9月に反体制派が支配する市の東部を包囲。11月の攻勢では大きく勢力を広げ、12月についにアレッポの制圧を宣言した[2]

交戦勢力編集

 
シリア北部の勢力図(2016年9月)

アサド政権側編集

反政権側編集

 
アレッポの戦いにおいて作戦を練っている自由シリア軍の兵士

アレッポの反体制派は一枚岩ではなく、様々な勢力に分かれ、時に対立しあっている[5]。「住民と一体となって政権側に抵抗」しているとされる[6]。また、サウジアラビアカタールトルコなどからの支援に大きく依存していた[7]

2016年2月にアレッポの活動家は、アレッポ県北部で活動するアルカーイダ系の武装集団と「穏健な反体制派」の計15組織に、「アレッポ軍」として統合して政府軍に対して反転攻勢に出るよう呼びかけた。 「アレッポ軍」への統合を要請された反体制派は以下のとおりである[8]

  • シャーム戦線
  • 「命じられるままに進め」連合
  • 山地の鷹
  • 第1中隊
  • ヌールッディーン・ザンキー運動
  • イスラーム軍
  • ムジャーヒディーン軍
  • シャーム自由人イスラーム運動
  • シャーム軍団
  • イスラーム覚醒大隊
  • アブー・アマーラ大隊
  • 東部革命家連合
  • ヤルムーク旅団
  • 第16師団
  • スルターン・ムラード師団

戦闘の推移編集

前史編集

2011年チュニジアからアラブの春がシリアにも波及し、シリア騒乱が勃発する。アレッポは豊かな地域であり、農村部の反アサド民衆蜂起に脅威を覚える人々が多かった[9]。また、アレッポで行われた抗議運動も当初は穏健なものであったとされる[10]

反体制派の侵入編集

 
破壊された車両(2012年10月)

2012年7月下旬、アレッポ市内に反体制派の自由シリア軍が侵攻し、一部では市街戦の様相を呈した。この時点で民間人20万人ほどがアレッポから脱出したとされる。アレッポに残された200万人以上の市民は、砲撃・爆撃から逃れるため地下室に殺到した。シリア国民評議会は政府軍の攻撃に対抗するため重火器の提供を求めた[11]。ハナノ地区を制圧した反体制派は、アレッポの東部を占領し、アレッポ西部を引き続き統治する政府軍と戦闘を繰り広げることになる[12]。なお、アレッポ市民の多くは郊外から侵入してきた反体制派を歓迎しなかったとされる[13]

ここ数十年ではじめてダマスカスの支配を逃れたアレッポの反体制派支配地域では、外国のジャーナリストたちが群がり、地元メディアと市民社会グループが突如次々と出現した。ここにイスラム過激派も潜入し、反体制派は分裂・内部対立が深刻化した[7]

2012年9月、政府軍と反体制派との戦いでスークが爆撃され、700軒以上の店舗が焼失し、歴史的な店舗の大半は失われた。10月には大モスクが攻撃を受けて損傷した[14]

過激派の台頭編集

アレッポの反体制派支配地域に勢力を持ったイスラム過激派は、イスラム法廷を設置し、イスラム法を強要し始めたするのを許した[7]。2013年には市内においてアルカーイダ系組織のアル=ヌスラ戦線の活動が活発化。同年4月、同組織と政府側が大モスクをめぐり攻防を行う中でミナレットが爆破された。また、モスクの宝物が盗まれる被害が出ている[15]

2013年後半と2014年、反体制派は、ダマスカス-アレッポ間を結ぶ道路を寸断し、アレッポ国際空港を包囲した。しかし、数と指揮に勝る政府軍の押し返された。2014年初め、反体制派とISILの対立が激化し、アレッポの兵員・物資がISILとの戦闘に割かれた[7]

2014年以降も空爆などにより市街地が破壊され、多数の犠牲者が発生している[16]

ロシアの介入編集

 
アサドとプーチン(2015年10月21日)。シリアとロシアは強固な友好関係にある

ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンは第70回(2015年)国連総会の一般討論演説でアサド政権への軍事支援を宣言、各国に連携を呼びかけた[17]。ロシアやイランの支援を受けたシリア政府はアレッポで攻勢をかけ、失地を回復していく[18]

ロシア介入後も反体制派はアレッポで戦闘を有利に進めており、防御力の強化や他の反体制派支配地域とアクセスできるトンネルの建設を怠った。また、政府側から持ちかけられた協定も跳ね除けていた。しかし2015年11月にはロシア軍の空爆が本格化し、塩素ナパーム弾リンなど規制が議論されている兵器も投下したとされる。またシリア政府軍に、イラン人軍事顧問、ヒズボラ兵士、イラク・アフガニスタン系民兵、パレスチナ武装勢力、そしてアレッポの一地区を支配するシリア系クルド人も加わり反体制派に攻勢を加えた。この結果、政府軍側がいくつかの主要地区を占領し、反体制派兵士は攻撃にさらされやすい地域へ退却した[7]

2016年2月、ロシア空軍の支援を受けた政府軍、YPG(クルド人民防衛隊)主導のシリア民主軍がアレッポ北部を攻撃し、トルコからアレッポやイドリブ県への補給路の一つを寸断した。この事態を受けて、アレッポの反体制派活動家は、アレッポ県北部の反体制派15組織に、「アレッポ軍」として統合して政府軍に対して反転攻勢に出るよう呼びかけた[8]

7月、政府軍はアレッポの反体制派支配地を包囲した。しかし、反体制派の反撃によってこの包囲は破られた[19]。8月、アサドはアレッポの戦闘員に対して、3か月以内に投降すれば罪に問わないとする大統領令を発した[20]。この頃、ロシア空軍の空爆によって、反体制派支配地域に住んでいた少年オムラン・ダクニシュが負傷したとされる。その救助は映像に捉えられ、「アレッポの惨状」の象徴として瞬く間に世界中に拡散された[21]

9月、政府軍は反体制派に奪われていたアレッポ南部を再奪還し、反体制派支配地域を再包囲した。これにより、アレッポ市の反体制派は移動・補給ルートをすべて失ったことになる。なお、この時点で、アレッポの反体制派の支配下には25万人の住民がいるとされた[22]。この頃からアレッポの反体制派支配地域に住むとする少女バナ・アルアベドTwitterで町の様子を発信し始め、大きな注目を集めた[23]

11月に政府軍は反体制派に猛攻をかけ、4年ぶりにハナノ地区が奪還されるなど、物資が尽きかけていた反体制派は一気に後退した[18]。この攻勢で反体制派はアレッポ東北部の支配を失った[6]

反体制派側の撤退編集

2016年12月22日、シリア軍総司令部はアレッポを解放したと発表した[24]。反体制派組織、イスラム戦線に加盟するアハラール・アル・シャーム・イスラム運動幹部も、事実上の撤退を認めた[1]

戦時下のアレッポ編集

 
破壊された市街地(2013年)

経済編集

アレッポの戦いの影響で、アレッポの夜の光は激減した。人工衛星から撮影したシリアの夜の画像を比較すると、2011年と比べて2015年にはアレッポの97%の光が失われた(シリア全体では83%)[25]

政府支配地域では、2016年時点で数年前に比べて物価が数倍9倍に高騰した。内戦前より給与水準が下がり、国連難民高等弁務官事務所の支援を受けている人も多い。また、アレッポには周辺から逃れてきた人も多く、国立大学学生寮などに多くの人々が暮らしていた。移動も難しくなり、ダマスカスまでかつては4時間で行けたが、騒乱が始まってからは10時間以上かかるようになった[26]

反体制派の支配地域では、経済的により厳しい環境に置かれた。政府軍によって包囲された2016年9月以降、住民の生活は支援物資に頼っていた。しかし、政府軍は反体制派支配地域への補給を妨害していた。仮に支援物資が届いたとしても、ほとんどは武装グループによって独占され、一般住民には行き渡らなかった。食料の値段は高騰し、小さな緑地でナスなどが栽培された[27]コーヒージャガイモ果物などは市場に存在せず、日中に瓦礫で覆われた道路を走る車両は救急車か市民救援隊のものに限られた[28]。郊外では反体制派の資金を得るために、プラスチックを燃やすことで石油の精製が行われていた[29]

人口編集

アレッポには、2012年の時点で250万以上もの人々が住んでいたが、7月の戦闘で20万人が避難した[11]。国連の推計によると、2016年時点でアレッポには反体制派の支配下に27万5000人、政府の支配下に150万人の住民が暮らしているとされていた[27]。しかし、戦闘が終わると反体制派支配地域にいた人口は推計よりはるかに少ないことが判明した[24]

影響編集

アレッポはダマスカスと並ぶシリアの主要都市であり、政治・経済・社会的影響力も強く、人口も多かった。そのため、アメリカやトルコなどにはアレッポに反体制派の新たな政府を設置し、アサド政権を打倒しようとする構想もあったとされる。しかし、アレッポの陥落によってこの構想は完全に破綻した[24]

2016年12月19日、駐トルコ・ロシア大使アンドレイ・カルロフアンカラで射殺された。犯人の男は「アレッポを忘れるな、シリアを忘れるな」などと叫んでおり、ロシア軍によるアレッポの反体制派攻撃に憤っての犯行と考えられた[30]

アレッポの陥落によって、反体制派の敗北は確定的になり、「残念ながら革命は終わった」とする活動家も存在した[7]

アレッポの戦闘によって大勢の国内避難民・難民が発生した。アレッポが陥落すると、2017年1月から7月末にかけて数十万人の避難民がアレッポに帰還したとみられている[31]

アレッポ陥落直前の2016年12月、政府軍がアレッポに戦力を注いでいる隙にISILは政府軍に奪還されたパルミラを再占領した[7]。このためパルミラ攻防戦が再び行われることになる。

アレッポモデル編集

アレッポのように政府軍による包囲・攻勢と諸外国の仲介を通じて、反体制派を退去・投降させ、政府の支配を回復する手法は、他の反体制派支配地域で何度も行われた。青山弘之はこれを「アレッポ・モデル」と呼び、反体制派との停戦が軌道に乗るまで、2017年に以下の4つの地域で適用されたとしている。なお、住民の大半は退去せず、投降した戦闘員も少なくない(恩赦が与えられることになっている)[32]

  • ホムス市ワアル地区(3月12日合意) - 反体制派戦闘員とその家族約1万1500人イドリブ県とトルコの支配するアレッポ県ジャラーブルスに退去。代わりに反体制派が包囲するイドリブ県のフーア市・カファルヤー町の一部住民が政府支配地に避難。
  • ダマスカス郊外県マダーヤー町・ザバダーニー市・ブルーダーン村(3月28日合意) - 反体制派戦闘員がイドリブ県に退去する代わりにフーア市・カファルヤー町の住民を避難させる。
  • ダマスカス郊外県西カラムーン地方(7月27日、8月27日合意) - フライタ村無人地帯とアルサール村郊外の反体制派戦闘員とその家族はイドリブ県に退去。、カーラ市近郊とジャラージール町近郊の無人地帯、ラアス・バアルベック村・ファーキハ村・カーア村一帯のISILはデリゾール県に撤退。
  • ダマスカス県ジャウバル区・カーブーン区・バルザ区(5月8日合意) - 反体制派戦闘員とその家族約2500人がイドリブ県に退去。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c シリア政府軍、アレッポ奪還を宣言 反体制派の撤退完了AFP通信(2016年12月23日)2016年12月25日閲覧
  2. ^ a b シリア・アレッポ、「政府支配下に」 政府軍”. BBC (2016年12月23日). 2016年12月29日閲覧。
  3. ^ “停戦崩壊 深刻化するアレッポの人道危機”. http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2016/10/1003.html 2016年11月28日閲覧。 
  4. ^ a b “停戦崩壊 深刻化するアレッポの人道危機”. http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2016/10/1003.html 2016年11月28日閲覧。 
  5. ^ “シリア「内戦」とイスラーム主義”. http://www2.jiia.or.jp/pdf/resarch/H24_Arab_Spring/02-moriyama.pdf#search=%27%E3%81%93%E3%81%AE%E8%A9%B1%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AF%E3%80%81%E6%94%BF%E6%A8%A9%E3%81%A8%E3%81%AE%E4%B8%BB%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%88%A6%E5%A0%B4%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%9D%27 2016年11月27日閲覧。 
  6. ^ a b “アレッポ北東部で支配権失う=反体制派、窮地に-シリア”. http://www.jiji.com/jc/article?k=2016112800690&g=isk -2016-11-28閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g “シリア政府軍のアレッポ制圧にはどういう意味があるのか”. (2016年12月17日). https://www.buzzfeed.com/jp/bfjapannews/aleppo?utm_term=.hh26dZvYO#.fanAEV7Le 2018年1月27日閲覧。 
  8. ^ a b “シリア軍、アレッポ東部の反政府地域に急迫 市民数千人避難”. http://www.bbc.com/japanese/38127073 2016年11月28日閲覧。 
  9. ^ “シリア内戦 -- 地域的な対立と解決への見通し”. http://d-arch.ide.go.jp/idedp/ZCR/ZCR201402_006.pdf#search=%27%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%86%85%E7%B7%9A+%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%AF%BE%E7%AB%8B%E3%81%A8%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%A6%8B%E9%80%9A%E3%81%97%27 2016年11月27日閲覧。 
  10. ^ “シリア反体制派の危険な変化”. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2012/08/post-2654.php 2016年11月27日閲覧。 
  11. ^ a b 20万人避難も依然多くが脱出できず、シリア・アレッポAFPBB.News(2012年7月30日)]
  12. ^ “シリア軍、アレッポ東部の反政府地域に急迫 市民数千人避難”. http://www.bbc.com/japanese/38127073 2016年11月28日閲覧。 
  13. ^ シリア危機の背景(2013年)
  14. ^ “古都アレッポ/シリア”. https://allabout.co.jp/gm/gc/408869/2/ 2016年11月27日閲覧。 
  15. ^ “ウマイヤド・モスクの光塔、戦闘で崩壊 シリア北部アレッポ”. AFPBB News (フランス通信社). (2013年4月25日). http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2940572/10639319 2013年4月28日閲覧。 
  16. ^ “シリア内戦により破壊されたアレッポの町並み”. http://gramnews.blog.jp/archives/1059202038.html 2016年11月27日閲覧。 
  17. ^ “国連総会演説、シリア情勢巡り米ロが応酬”. http://www.cnn.co.jp/world/35071099.html 2016年11月27日閲覧。 
  18. ^ a b “シリアから消えた灯。衛星画像は語る”. http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/15/syria-lights-out_n_6871816.html 2016年11月27日閲覧。 
  19. ^ “アレッポ東部の包囲破れる、シリア反体制派が猛攻 形勢逆転”. http://www.afpbb.com/articles/-/3096629 2016年11月27日閲覧。 
  20. ^ “包囲されたアレッポに住む子供たち、団結して政府軍に抵抗する”. http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/02/syrian-children-in-aleppo_n_11310148.html 2016年11月27日閲覧。 
  21. ^ “空爆から救出されたオムラン君、回復してもつきまとう独裁者の影”. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/post-7768.php 2018年1月27日閲覧。 
  22. ^ “シリア政権軍、アレッポ東部を再び包囲 反体制派のルート遮断”. http://www.afpbb.com/articles/-/3099760 2016年11月27日閲覧。 
  23. ^ “戦火のアレッポから届く現代版「アンネの日記」 ”. http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2016/12/post-25.php 2018年1月27日閲覧。 
  24. ^ a b c “アレッポ攻防戦後のシリア紛争”. https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6661.php 2018年1月27日閲覧。 
  25. ^ “シリアから消えた灯。衛星画像は語る”. http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/15/syria-lights-out_n_6871816.html 2016年11月27日閲覧。 
  26. ^ “「難民の3割は就学年齢」/シリア・アレッポ大学准教授 アフマド・マンスール”. http://globe.asahi.com/feature/side/2016040400002.html 2016年11月27日閲覧。 
  27. ^ a b “シリア・アレッポ停戦 「これで外に出られる」という安堵と、支援物資が届かない絶望と”. http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/15/aleppo_n_12023344.html 2016年11月27日閲覧。 
  28. ^ “包囲されたアレッポの生と死 「誰かが寿命で死んだと最後に聞いたのはいつだったか」”. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00010000-clc_teleg-int 2016年11月27日閲覧。 
  29. ^ “「ここは地獄」、変わり果てたアレッポの街 シリア内戦”. http://www.cnn.co.jp/world/35049192-3.html 2016年11月28日閲覧。 
  30. ^ “トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポを忘れるな」と叫ぶ”. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/12/1210.php 2018年1月27日閲覧。 
  31. ^ “シリア、今年に入って避難民60万人以上が自宅に帰還 国連”. http://www.afpbb.com/articles/-/3139170 2018年1月27日閲覧。 
  32. ^ “アレッポ・モデルの停戦:退去か強制移住か/シリア情勢2017:「終わらない人道危機」のその後(12)”. https://news.yahoo.co.jp/byline/aoyamahiroyuki/20180315-00082680/ 2018年6月25日閲覧。 
  33. ^ “米大統領候補「アレッポって何?」”. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/09/post-5800.php 2016年11月27日閲覧。