イオン秋田中央店

イオン秋田中央店(イオンあきたちゅうおうてん)は、秋田県秋田市楢山川口境にある、イオン東北が管理・運営するショッピングセンターである。

イオン秋田中央店
ÆON Akita-Chūo
AEON Akita Chuō.jpg
店舗概要
所在地 010-0029
秋田県秋田市楢山川口境5番11号
座標 北緯39度42分15秒 東経140度6分34.7秒 / 北緯39.70417度 東経140.109639度 / 39.70417; 140.109639 (イオン秋田中央店)座標: 北緯39度42分15秒 東経140度6分34.7秒 / 北緯39.70417度 東経140.109639度 / 39.70417; 140.109639 (イオン秋田中央店)
開業日 1995年 (平成7年) 4月28日 (秋田サティ)
施設所有者 みずほ信託銀行株式会社[1]
施設管理者 イオン東北株式会社
延床面積 35,055 m²
商業施設面積 18,621 m²[2]
中核店舗 イオン秋田中央店
店舗数 53店舗
駐車台数 1,416台
前身 秋田サティ
最寄駅 JR羽越本線 羽後牛島駅
最寄バス停 イオン秋田中央店前
最寄IC 秋田自動車道 秋田中央IC
外部リンク イオン秋田中央 専門店街
イオン秋田中央店
AEON w logo.svg TOHOKU
テンプレートを表示
旧・秋田サティ(2008年7月)

概要編集

かつての県有工業用地と秋田市御所野湯本に移転した山岡工業跡地などに、1991年平成3年)9月に東北ニチイが出店を表明。大規模小売店舗審議会東北審議部会の答申による売場面積の4割削減や近隣の土地買収が不調に終わったことを受けて、計画を大幅に変更。当初併設する予定だったシネマコンプレックスは取り止めになった。[要出典]1995年(平成7年)4月、秋田県における「サティ」第1号店[注釈 1]として「秋田サティ」はオープンした。

開業初年度の1996年2月期で約101億円[3]の売上を計上。1998年2月期には約115億円[3]の売上があり、マイカル東北の店舗の中では唯一100億円を超え、2001年9月のマイカル経営破綻まで約100億円の売上を維持し続けていた。これにより、当時の秋田サティ店長はマイカル東北の取締役であり、北東北の「サティ」や「ニチイ」を取りまとめる北東北ブロック長を兼任していた。

2001年9月1日付で、マイカル東北が運営する店舗のうち、「秋田サティ」を含む7店舗[注釈 2]をマイカルが譲受。2001年9月14日にマイカルは経営破綻したが、「秋田サティ」を含む全国の店舗は引き続き営業を継続した。

2003年11月にマイカルがイオングループとなり、マイカルイスト(現在のイオンイーハート)が運営していた1階フードコートや2階レストランを取り止めて、新しい飲食店や物販店舗を誘致。[要出典]また、食品売場の営業時間の延長などをしている。

2011年3月1日マイカルイオンリテールへ吸収合併されることに伴い、「秋田サティ」から「イオン秋田中央店」へ改称した。テナントで、「サティ」を含む店名となっていた店舗・ショップ名の変更もほぼ同時に実施されたが、JTBトラベランド[注釈 3]などの運営会社変更予定の事情等を抱える店舗などはこの時点では一部実施されなかった。 また、2013年から食品フロア、2階・3階、飲食店街付近と立て続けにリニューアルされている。

現在は地域経済の低迷などにより、売上はかつての100億円まではいかない。

沿革編集

  • 1991年平成3年)9月17日 - 東北ニチイが秋田市楢山川口境に出店を表明[4]
  • 1994年(平成6年)5月30日 - 起工式および安全祈願祭が行われる。
  • 1995年(平成7年)4月28日 - 「秋田サティ」オープン[5]
  • 1996年(平成8年)7月 - 東北ニチイがマイカル東北に商号変更。
  • 2001年(平成13年)
    • 9月1日 - 「秋田サティ」を含む7店舗がマイカル東北からマイカルに譲渡される。
    • 9月14日 - マイカルが東京地方裁判所民事再生法の適用を申請。
  • 2002年(平成14年)1月9日 - マイカル全国104店舗「100億円在庫大処分」開催により周辺道路が大渋滞。秋田警察署員16名が出動し交通整理を行う。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月1日 - 「秋田サティ」を「イオン秋田中央店」に改称。
    • 4月1日 - 秋田中央交通がサティ前停留所をイオン秋田中央店前停留所に改称。
    • 6月30日 - 東北地方唯一の店舗であった「カフェデュモンド秋田サティ店」が閉店[6]
  • 2016年(平成28年)2月5日 - 秋田市とイオン秋田中央店にて、災害時における応急生活物資の供給等に関する協定を締結[7]
  • 2020年(令和2年)
    • 1月31日 ‐ テナントのひとつで、飲食店街から離れた所に店舗を構えていた「ミスタードーナツ秋田南ショップ」が閉店[8]
    • 3月1日 - 店舗の管理・運営および食品売場をイオン東北に移管。
  • 2021年(令和3年)
    • 2月14日 - 1階にある「ハッシュアッシュイオン秋田中央店」が閉店[9]
    • 2月20日 - 1階西口脇のミスタードーナツ跡地にカプセルトイ専門店「TOYS SPOT PALO」がオープン[10]

フロア編集

イオン秋田中央店編集

フロア
3 子供服とベビー用品・住まいと暮らしのフロア
2 婦人・紳士・ファッションとレストランのフロア
1 食料品・健康と美容・ファミリーファッション・飲食街のフロア

専門店編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ この時点では、「能代サティ」は東北ニチイが運営する「ニチイ能代店」だった。また、旧・鷹巣町(現在の北秋田市)には「ニチイ鷹巣店」もあった。
  2. ^ 「秋田サティ」、旧「盛岡南サティ」、「一関サティ」、「米沢サティ」、「福島サティ」、「会津サティ」、「いわきサティ」の7店舗。
  3. ^ JTBトラベランド秋田サティ店」は、運営会社変更となった2011年4月1日付で、「JTB東北トラベランドイオン秋田中央店」に改称されている。

出典編集

  1. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要 (PDF)”. 経済産業省 (2012年6月30日). 2012年8月10日閲覧。
  2. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC一覧 (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会 (2016年12月). 2018年3月21日閲覧。
  3. ^ a b 石川洋 『勝ち組への新流通戦略』 文芸社、2000年、124頁。
  4. ^ 「東北ニチイが出店表明 秋田市に超大型店 来月早々に説明会」『秋田魁新報』1991年9月18日付朝刊。
  5. ^ 「秋田市に大型SC サティ船出 1800台収容駐車場も満杯」『秋田魁新報』1995年4月29日付朝刊。
  6. ^ 株式会社松屋ホームページ「出店予定・新店情報」2011年11月3日閲覧
  7. ^ 秋田市公式ホームページ「秋田市地域防災計画 資料編」令和元年6月12日更新 2020年5月14日閲覧
  8. ^ イオン秋田中央店 専門店街「インフォメーション」2020年1月3日閲覧
  9. ^ イオン秋田中央店 専門店街「ショップニュース」2021年1月15日閲覧
  10. ^ イオン秋田中央店 専門店街「ショップニュース」2021年4月18日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集