イグナシオ・ノボ

スペインのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴメス第二姓(母方の)はノボです。

イグナシオ・シャビエル・"ナチョ"・ゴメス・ノボIgnacio Xavier "Nacho" Gómez Novo, 1979年3月26日 - )は、スペインフェロル出身のサッカー選手。現在は無所属。ポジションはFW

ナチョ・ノボ Football pictogram.svg
Nacho Novo.jpg
レンジャーズ時代(2009年)
名前
本名 イグナシオ・シャビエル・ゴメス・ノボ
Ignacio Xavier Gómez Novo
ラテン文字 Nacho NOVO
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1979-03-26) 1979年3月26日(43歳)
出身地 フェロル
身長 175cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション FW (RWG, CF)
利き足 右足
ユース
1997-1998 スペインの旗 ラシン・フェロル
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-1999 スペインの旗 ソモーサス英語版 35 (16)
2000-2001 スペインの旗 ウエスカ 38 (22)
2001-2002 スコットランドの旗 レイス英語版 33 (18)
2002-2004 スコットランドの旗 ダンディー 71 (26)
2004-2010 スコットランドの旗 レンジャーズ 179 (47)
2010-2012 スペインの旗 ヒホン 42 (7)
2012 ポーランドの旗 レギア・ワルシャワ 15 (1)
2012-2013 スペインの旗 ウエスカ 11 (2)
2013 スコットランドの旗 グリノック 8 (1)
2014 イングランドの旗 カーライル 6 (0)
2014-2016 アメリカ合衆国の旗 レイルホークス英語版 33 (14)
2016-2017 北アイルランドの旗 グレントラン 23 (2)
代表歴
2007-2008 ガリシア州の旗 ガリシア 2 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年9月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

SDウエスカからデビューし、2001年にスコットランドに渡ってレイス・ローヴァーズFCダンディーFCでプレーした。2004年7月に移籍金45万ポンドでレンジャーズFCに移籍し、2004-05シーズンは公式戦で25得点して国内リーグとリーグカップの2冠に貢献した。2008-09シーズンには再びリーグで優勝し、国内カップ決勝では決勝点を挙げて再度の2冠達成を果たした。2010年に母国のスポルティング・デ・ヒホンに移籍した。

経歴編集

クラブ編集

レイス・ローヴァーズFC編集

2001年7月、SDウエスカからスコットランドのレイス・ローヴァーズFCに移籍した[1]。8月4日のエアドリーオニアンズFC戦でデビューし、3日後のスコティッシュ・チャレンジカップ・アロア・アスレティックFC英語版戦 (3-2) で初得点となる決勝点を挙げた[2]パーティック・シッスルFC戦では、移籍後わずか3試合目にして退場処分を受けたが、この躓きを経てもスコティッシュ・ファースト・ディビジョン(1部)では得点を量産し、セント・ミレンFC戦とフォルカークFC戦では1試合2得点を挙げた。2001-02シーズンは計38試合に出場して22得点を挙げた。

ダンディーFC編集

2002年7月、ダンディーFCに移籍した。移籍金は10万ポンド[3]。8月3日のハート・オブ・ミドロシアンFC戦でデビューし、8月17日のダンファームリン・アスレティックFC戦では移籍後初得点を含む2得点を挙げたが、この試合では試合終了直前にスコット・ウィルソンに対して足の裏を見せたとして退場処分を受けた[4]。2002-03シーズン終盤には9試合でさらに7得点を挙げた。

2003-04シーズンのUEFAカップでは、イタリアのペルージャ・カルチョ (1-2) から決めた得点を含む4得点を挙げた[5]。リーグ戦では19得点し、公式戦通算では計25得点を決めた。この活躍によってセルティックFCレンジャーズFCがノボの獲得に興味を示し[6]、セルティックは50万ポンドの移籍金を提示したが、選手本人との契約合意に失敗した[7]

レンジャーズFC編集

2004-05シーズン

2004年7月6日、レンジャーズFCに移籍し、ミハエル・モルス英語版がクラブを離れて以来空いていた背番号10を割り当てられた。移籍金は45万ポンドと報じられた[8]。8月7日のアバディーンFC戦でデビューし[9]、8月10日のPFC CSKAモスクワ戦 (1-2) で移籍後初得点を挙げた[10]。初得点後は8試合の無得点期間が続き、先発メンバーから控えに降格したが、古巣のダンディーFC戦で66分に途中出場して2得点し[11]、再びレギュラーに返り咲いた。2004-05シーズンはリーグ戦での19得点を含む25得点を挙げ、スコティッシュ・プレミアリーグ制覇に貢献した[12]

2005-06シーズン

2005-06シーズン序盤に第5中足骨基部骨折[13]、数ヶ月の間チームを離脱した。クリス・ボイドが先発に定着したため、ストライカーではなくウイングとして起用されることが多く、復帰以降は20試合も無得点期間が続いたが、セルティック戦、フォルカークFC戦、キプロスのアノルトシス・ファマグスタ戦で得点した。アレックス・マクリーシュ監督が退任し、フランス人のポール・ル・グエン監督が就任すると、ノボはレンジャーズからの移籍を考えたが、イングランド・FLチャンピオンシップ(2部に相当)のコヴェントリー・シティFCへの移籍話は移籍期限最終日までにまとまらなかった[14]。出場機会が散発的になり、7週間も試合に出場しないこともあったが、クラブは成績が低迷した上に負傷者が続出したため、リザーブチームで好調だったノボがトップチームに復帰した。

2006-07シーズン

2006年10月19日、UEFAカップASリヴォルノ・カルチョ戦 (3-2) でシーズン初得点を挙げた[15]。続く数試合はベンチスタートであったが、セント・ミレン戦 (3-2) では途中出場から決勝点を挙げた[16]。翌節のマザーウェルFC戦 (1-1) には先発出場してマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。コンディションを整え、続くハーツ戦(1-0)[17]、イスラエルのマッカビ・ハイファFC戦 (2-0)[18]、フランスのAJオセール戦 (2-2)[19]で得点した。ル・グエン監督はウォルター・スミスに代わってノボをレギュラーに据えた。

2007-08シーズン

2007年夏には複数のストライカーが新加入し、攻撃的なポジションでの競争が激化した。序盤戦のノボの出場機会はほとんどが途中出場であったが、10月20日、シーズンで初めてオールドファームダービーに先発出場し、2得点して3-0の快勝に貢献した[20]。2007年12月2日、クラブは2008年7月に満了するノボとの現行契約を1年延長する意思があると報じられたが[21]、ノボはより長い契約延長を望み、2010年夏までの2年間の契約延長にサインした[22]。2008年5月1日、UEFAカップ準決勝のACFフィオレンティーナ戦で決勝点となるPKを決めた。2007-08シーズンは2度の退場処分を受けたが、2度ともカップ戦決勝を控えたリーグ戦であり、そのせいでスコティッシュリーグカップ決勝とスコティッシュカップ決勝は出場停止となった。

2008-09シーズン以後

2008-09シーズンはもっぱら途中出場であった。同シーズンのスコティッシュカップ決勝もベンチスタートであったが、途中出場してわずか28秒後に決勝点を決めた[23]。スコットランドでの最終シーズンとなった2009-10シーズンは途中出場がほとんどながら9得点し、国内リーグと国内リーグカップの2冠を達成した。より多くの出場機会を得るため、ノボはレンジャーズとの契約を延長しない決定を下した[24]

スポルティング・ヒホン編集

2010年5月、母国スペインのスポルティング・デ・ヒホンと2年契約を結んだ[25]。2010-11シーズンは厳しいシーズンとなり、2011年夏にはスコットランド・アバディーンFCクレイグ・ブラウン英語版監督がノボの獲得に乗り出したが、この申し出を断ってヒホンに残留した[26]

グレントラン編集

2016年7月26日、NIFLプレミアシップグレントランFCへ加入[27]。同年9月、脅迫を受けていたことが警察により明らかにされた[28]。翌年5月5日、ジ・オーヴァルを去ることが発表された[29]

代表編集

ガリシア州選抜編集

スペインA代表に招集されたことはないが、2007年にガリシア州選抜に初めて選ばれ、カメルーン代表との非公式親善試合 (1-1) に出場した。2008年12月にはイラン代表との非公式親善試合に招集されたが、セルティックFCとのオールドファームダービーが終わると同時にスコットランドを離れ、イラン戦の試合開始1時間前にスタジアムに到着した。イラン戦では2得点を挙げてサポーターからの拍手喝采を浴びた。

スコットランド代表招集をめぐる議論編集

2008年10月24日、スコットランド代表でプレーしたいというノボの発言が報道された。2001年から8年間スコットランドに住んでいたノボにはイギリス国籍を取得する資格があった[30]。ノボはスペイン出身であり、スコットランド出身の両親や祖父母がいるわけでもなく、スコットランド代表招集の是非について多くの議論が交わされた[31]。しかし、ホーム・ネイションズではイングランド代表北アイルランド代表、スコットランド代表、ウェールズ代表でプレーするいかなる選手もその国に血縁関係があるべき、もしくはその国で5年以上の義務教育を受けるべきだとし[31]、ノボのスコットランド代表招集問題は立ち消えた。スペイン出身のマヌエル・アルムニアミケル・アルテタがイングランド代表に招集されるべきか議論された際にも、この規定によって招集が認められなかった[31]

タイトル編集

レンジャーズ
レギア・ワルシャワ

個人成績編集

2011年12月11日時点
クラブ シーズン 国内リーグ 国内カップ 国内リーグカップ その他[32] 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
レイス 2001-02 33 18 1 0 2 1 2 3 38 22
通算 33 18 1 0 2 1 2 3 38 22
ダンディー 2002-03 36 7 6 2 1 0 0 0 43 9
2003-04 35 19 2 1 3 1 4 4 44 25
通算 71 26 8 3 4 1 4 4 87 34
レンジャーズ 2004-05 35 19 1 0 4 3 8 3 48 25
2005-06 24 2 2 0 1 0 5 1 32 3
2006-07 28 5 1 0 2 1 8 4 39 10
2007-08 28 10 4 2 3 2 14 2 49 16
2008-09 29 5 3 2 4 2 2 1 38 10
2009-10 35 6 4 1 4 1 6 1 49 9
通算 179 47 15 5 18 9 43 12 255 73
ヒホン 2010-11 31 4 1 0 0 0 0 0 32 4
2011-12 6 3 0 0 0 0 0 0 6 3
通算 37 7 1 0 0 0 0 0 38 7
通算 318 98 25 8 24 11 49 19 416 136

脚注編集

  1. ^ “Raith's summer ins and outs”. BBC Sport. (2001年8月4日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/r/raith_rovers/1376868.stm 2012年1月10日閲覧。 
  2. ^ “East Fife 2–3 Raith Rovers”. BBC Sport. (2001年8月7日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/scotland/1478418.stm 2012年1月10日閲覧。 
  3. ^ “Dundee sign Novo”. BBC Sport. (2002年7月4日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/scotland/2092841.stm 2012年1月10日閲覧。 
  4. ^ “Crawford dumps Dundee”. BBC Sport. (2002年8月17日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/scot_prem/2196273.stm 2012年1月10日閲覧。 
  5. ^ “Heartache for Dundee”. BBC Sport. (2003年9月24日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/3131636.stm 2012年1月10日閲覧。 
  6. ^ “Celtic make Novo inquiry”. BBC Sport. (2004年6月15日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/d/dundee/3753687.stm 2012年1月10日閲覧。 
  7. ^ “Celtic drop Novo interest”. BBC Sport. (2004年6月15日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/d/dundee/3849817.stm 2012年1月10日閲覧。 
  8. ^ “Rangers sign Novo”. BBC Sport. (2004年7月6日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/scot_prem/3856045.stm 2012年1月10日閲覧。 
  9. ^ “Aberdeen 0–0 Rangers”. BBC Sport. (2004年8月7日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/scot_prem/3538018.stm 2012年1月10日閲覧。 
  10. ^ “CSKA Moscow 2–1 Rangers”. BBC Sport. (2004年8月10日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/r/rangers/3549676.stm 2012年1月10日閲覧。 
  11. ^ “Dundee 0–2 Rangers”. BBC Sport. (2004年9月26日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/scot_prem/3684224.stm 2012年1月10日閲覧。 
  12. ^ “Hibernian 0–1 Rangers”. BBC Sport. (2005年5月22日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/scot_prem/4565709.stm 2012年1月10日閲覧。 
  13. ^ “Novo could be out for two months”. BBC Sport. (2005年9月26日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/4279496.stm 2012年1月10日閲覧。 
  14. ^ “No go for Novo move to Coventry”. BBC Sport. (2006年8月31日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/r/rangers/5303974.stm 2012年1月10日閲覧。 
  15. ^ “Livorno 2–3 Rangers”. BBC Sport. (2006年10月19日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/6050936.stm 2012年1月10日閲覧。 
  16. ^ “St Mirren 2–3 Rangers”. BBC Sport. (2006年10月22日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/scot_prem/6069510.stm 2012年1月10日閲覧。 
  17. ^ “Hearts 0–1 Rangers”. BBC Sport. (2006年11月19日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/scot_prem/6157788.stm 2012年1月10日閲覧。 
  18. ^ “Rangers 2–0 Maccabi Haifa”. BBC Sport. (2006年11月2日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/6106436.stm 2012年1月10日閲覧。 
  19. ^ “Auxerre 2–2 Rangers”. BBC Sport. (2006年11月23日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/6161154.stm 2012年1月10日閲覧。 
  20. ^ “Rangers 3–0 Celtic”. BBC Sport. (2007年10月20日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/scot_prem/7051963.stm 2012年1月10日閲覧。 
  21. ^ “Rangers to offer Novo new deal”. BBC Sport. (2007年12月2日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/r/rangers/7123774.stm 2012年1月10日閲覧。 
  22. ^ “Novo agrees new Rangers contract”. BBC Sport. (2007年12月21日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/r/rangers/7155899.stm 2012年1月10日閲覧。 
  23. ^ “Rangers 1–0 Falkirk”. BBC Sport. (2009年5月30日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/scot_cups/8072822.stm 2012年1月10日閲覧。 
  24. ^ “Rangers forward Nacho Novo ponders next move”. BBC Sport. (2010年5月11日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/r/rangers/8675578.stm 2012年1月10日閲覧。 
  25. ^ “Rangers forward Nacho Novo will join Sporting Gijon”. BBC Sport. (2010-05-21 accessdate=2012-01-10). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/r/rangers/8698358.stm 
  26. ^ “Agent denies Nacho Novo was offered to Aberdeen.”. BBC Sport (BBC). (2011年7月1日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/13990040.stm 2012年1月10日閲覧。 
  27. ^ Irish Premiership: Glentoran sign ex-Rangers striker Nacho Novo”. BBC Sport (2016年7月26日). 2017年9月3日閲覧。
  28. ^ Nacho Novo 'warned of threat from dissident republicans'”. BBC News (2016年9月11日). 2017年9月3日閲覧。
  29. ^ Nacho Novo: Glentoran release former Rangers striker after one season with club”. BBC Sport (2017年5月5日). 2017年9月3日閲覧。
  30. ^ “Scotland open to Novo selection”. BBC Sport. (2008年10月24日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/teams/r/rangers/7688703.stm 2012年1月10日閲覧。 
  31. ^ a b c “Deal ends Novo's Scotland hopes”. BBC Sport. (2008年10月24日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/internationals/7702704.stm 2012年1月10日閲覧。 
  32. ^ 欧州カップ戦やスコティッシュ・チャレンジカップなど

外部リンク編集