サッカースコットランド代表

スコットランドの男子サッカーナショナルチーム

サッカースコットランド代表(サッカースコットランドだいひょう、: Scotland national football team)は、スコットランドサッカー協会(SFA)によって構成される、スコットランドサッカーナショナルチームである。ホームスタジアムは、首都グラスゴーにあるハムデン・パーク

サッカースコットランド代表
国または地域 スコットランドの旗 スコットランド
協会 スコットランドサッカー協会
愛称 Tartan Army
監督 スコットランドの旗 スティーブ・クラーク[1]
最多出場選手 ケニー・ダルグリッシュ(102試合)
最多得点選手 ケニー・ダルグリッシュ
デニス・ロー(30得点)
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
初の国際試合
 スコットランド 0 - 0 イングランド 
パーティック, 1872年11月30日)
最大差勝利試合
 スコットランド 11 - 0 アイルランド 
グラスゴー, 1901年2月23日)
最大差敗戦試合
 ウルグアイ 7 - 0 スコットランド 
バーゼル, 1954年6月19日)
FIFAワールドカップ
出場回数 8回(初出場は1954
最高成績 グループリーグ敗退 (1954, 1958, 1974, 1978, 1982, 1986, 1990, 1998)
UEFA欧州選手権
出場回数 3回
最高成績 グループリーグ敗退 (1992, 1996, 2020)

歴史 編集

19世紀 編集

1870年3月5日、ロンドンのケニントン・オーヴァルで「非公式」ながら、世界初の国際試合がイングランド代表とスコットランドの間で行われ、1-1の引き分けに終わった。その後、この試合も含め両者は5回に渡り非公式国際試合を行った(1870年の11月19日、ケニントン・オーヴァルでイングランドが1-0で勝利。1871年2月25日、同地区で1-1引き分け。1871年11月18日、ロンドンでイングランドが2-1で勝利、1872年2月24日、ロンドンでイングランドが1-0の勝利)。

この一連の非公式国際試合は、それらの試合を企画したイングランドサッカー協会 (FA) 第4代事務局長チャールズ・ウィリアム・オールコックの名前にちなんで、『オールコックの国際試合』と呼ばれている。そして、1872年11月30日に、グラスゴーのパーティック地区のハミルトン・クレッセント・グラウンドで、世界で最初の「公式」国際試合がイングランドとスコットランドの間で実施された。スコアは0-0の引き分けだった。

このように、イングランド代表とともに世界初の公式および非公式の国際試合を戦った歴史あるチームである。なお、FIFAワールドカップには1950年ブラジルW杯で出場権を獲得したものの辞退、1954年スイスW杯に初出場して以来、8回出場しているものの、全て1次リーグ敗退という結果に終わっている。代表チームサポーターの愛称はタータン・アーミー (Tartan Army) と呼ばれている。

1863年にイングランドで近代サッカーが誕生した時から、イングランドはロングボール戦術だった。イングランド代表に勝てなかったスコットランド代表は、1867年にショートパス戦術を考案。スコットランドはショートパス戦法確立後、1872年から1882年の10年間で、イングランドに対し「7勝2敗2分け 得点39失点31 試合平均得点3.55 平均失点1.91」と大きく勝ち越した。この2つの戦法が近代サッカー伝来と同時か、もしくは時を経て各国に伝播されていき、各国のサッカー戦術の源流となった。なお、日本で現在主流のショートパスも、スコットランド人からサッカーを学んだビルマ(現ミャンマー)人留学生チョウ・ディンの、1923年(大正12年)からの全国巡回指導および指導書出版によりもたらされたものである[2]

20世紀 編集

FIFAワールドカップでは初めて本大会に出場した1954年大会で、2試合でオーストリアウルグアイにいずれも敗れて敗退した。3度目の出場となった1974年大会で、第一戦のザイール戦でW杯初勝利を挙げると、続くブラジル戦とユーゴスラビア戦でも両方とも引き分けで1勝2分とするが、得失点差で1届かず敗退した。そこからブラジルドイツイタリアアルゼンチン以外で唯一1990年大会まで連続出場を果たした。1986年大会は最初に2連敗するが、第三戦で勝てば自力で16強入りとなるウルグアイ戦を迎える。相手のホセ・バティスタがゴードン・ストラカンに対するファウルを犯し、W杯最速記録(2022年大会終了時点)の56秒で退場処分を受けるが、0-0の引き分けで敗退した。

21世紀 編集

2002年大会から2018年大会まではヨーロッパ1次予選敗退が続き、2022年大会では、ヨーロッパ予選グループF2位で2次予選(プレーオフ)に進出し、プレーオフではパスAに組み込まれた。準決勝でウクライナに敗れて1998大会以来となるワールドカップ出場を逃した[3]UEFA欧州選手権では1992年大会1996年大会で予選を突破したが、1次リーグ敗退となっている。2021年大会にも予選を突破して6大会ぶりに本大会へ出場したが、こちらもグループリーグ敗退に終わった。

成績 編集

FIFAワールドカップ 編集

開催国 / 年 成績
  1930 不参加
  1934
  1938
  1950 出場辞退
  1954 グループリーグ敗退 2 0 0 2 0 8
  1958 3 0 1 2 4 6
  1962 予選敗退
 1966
  1970
  1974 1次リーグ敗退 3 1 2 0 3 1
  1978 3 1 1 1 5 6
  1982 3 1 1 1 8 8
  1986 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 3
  1990 3 1 0 2 2 3
  1994 予選敗退
  1998 グループリーグ敗退 3 0 1 2 2 6
   2002 予選敗退
  2006
  2010
  2014
  2018
  2022
合計 出場8回 23 4 7 12 25 41

UEFA欧州選手権 編集

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
  1960 不参加
  1964
  1968 予選敗退
  1972
  1976
  1980
  1984
  1988
  1992 グループリーグ敗退 3 1 0 2 3 3
  1996 3 1 1 1 1 2
    2000 予選敗退
  2004
    2008
    2012
  2016
  2021 グループリーグ敗退 3 0 1 2 1 5
合計 3/16 9 2 2 5 5 10

歴代監督 編集

現招集メンバー 編集

2022年9月、UEFAネーションズリーグウクライナ戦とアイルランド共和国戦に招集されたメンバー[4][5]

No. Pos. 選手名 生年月日(年齢) 出場数 ゴール 在籍クラブ
1 GK クレイグ・ゴードン (1982-12-31) 1982年12月31日(41歳) 71 0   ハート・オブ・ミドロシアン
2 DF ネイサン・パターソン (2001-10-16) 2001年10月16日(22歳) 11 1   エヴァートン
3 DF グレッグ・テイラー (1997-11-05) 1997年11月5日(26歳) 8 0   セルティック
4 MF スコット・マクトミネイ (1996-12-08) 1996年12月8日(27歳) 35 1   マンチェスター・ユナイテッド
5 DF ライアン・ポーテアス (1999-03-25) 1999年3月25日(24歳) 0 0   ハイバーニアン
6 DF キーラン・ティアニー (1997-06-05) 1997年6月5日(26歳) 33 1   アーセナル
7 MF ジョン・マッギン (1994-10-18) 1994年10月18日(29歳) 49 14   アストン・ヴィラ
8 MF カラム・マグレガー (1993-06-14) 1993年6月14日(30歳) 47 2   セルティック
9 FW リンドン・ダイクス (1995-10-07) 1995年10月7日(28歳) 23 8   QPR
10 FW チェ・アダムス (1996-07-13) 1996年7月13日(27歳) 20 5   サウサンプトン
11 FW ライアン・クリスティー (1995-02-22) 1995年2月22日(29歳) 32 4   ボーンマス
12 GK リアム・ケリー (1996-01-23) 1996年1月23日(28歳) 0 0   マザーウェル
13 DF ジャック・ヘンドリー (1995-05-07) 1995年5月7日(28歳) 18 2   クレモネーゼ
14 MF ビリー・ギルモア (2001-06-11) 2001年6月11日(22歳) 15 0   ブライトン
15 DF スコット・マッケンナ (1996-11-12) 1996年11月12日(27歳) 27 1   ノッティンガム・フォレスト
16 DF アンソニー・ラルストン (1998-11-16) 1998年11月16日(25歳) 4 1   セルティック
17 MF スチュアート・アームストロング (1992-03-30) 1992年3月30日(31歳) 37 4   サウサンプトン
18 MF デイヴィッド・ターンブル (1999-07-10) 1999年7月10日(24歳) 5 0   セルティック
19 FW ライアン・フレイザー (1994-02-24) 1994年2月24日(30歳) 23 4   ニューカッスル・ユナイテッド
20 MF ライアン・ジャック (1992-02-27) 1992年2月27日(32歳) 12 0   レンジャーズ
21 GK ロビー・マクローリー (1998-03-18) 1998年3月18日(25歳) 0 0   レンジャーズ
22 DF アーロン・ヒッキー (2002-06-10) 2002年6月10日(21歳) 5 0   ブレントフォード
23 MF ケニー・マクリーン (1992-01-08) 1992年1月8日(32歳) 26 1   ノリッジ・シティ

歴代選手 編集

歴代記録 編集

2022年9月27日[6]現在

出場数ランキング 編集

  水色は現役代表選手
順位 名前 出場 得点 ポジション 期間
1 ケニー・ダルグリッシュ 102 30 FW 1971-1986
2 ジム・レイトン 91 0 GK 1982-1998
3 ダレン・フレッチャー 80 5 MF 2003-2017
4 アレックス・マクリーシュ 77 0 DF 1980-1993
5 ポール・マクステイ 76 9 MF 1983-1997
6 クレイグ・ゴードン 74 0 GK 2004-
7 トム・ボイド 72 1 DF 1990-2001
8 ケニー・ミラー 69 18 FW 2001-2013
デヴィッド・ウィアー 1 DF 1997-2010
10 クリスティアン・デイリー英語版 67 6 DF 1997-2008
11 ウィリー・ミラー英語版 65 1 DF 1975-1989

得点数ランキング 編集

  水色は現役代表選手
順位 名前 得点 出場 1試合平均 期間
1 デニス・ロー 30 55 0.40 1958-1974
ケニー・ダルグリッシュ 30 102 0.40 1971-1986
3 ヒューイー・ギャラハー英語版 23 20 1.15 1924-1935
4 ローリー・レイリー英語版 22 38 0.58 1948-1957
5 アリー・マッコイスト 19 61 0.31 1986-1998
6 ケニー・ミラー 18 69 0.41 2001-2013
7 ロバート・ハミルトン英語版 15 11 1.36 1899-1911
ジェームズ・マクファデン 15 48 0.31 2002-2010
ジョン・マッギン 15 52 0.29 2016-
10 モー・ジョンストン英語版 14 38 0.37 1984-1991
11 ロバート・スミス・マッコール英語版 13 13 1.00 1896-1908
アンドリュー・ウィルソン英語版 13 12 1.08 1920-1923

脚注 編集

  1. ^ スコットランド代表、新監督にクラーク氏”. サンケイスポーツ (2019年5月21日). 2019年10月11日閲覧。
  2. ^ チョー・ディン Kyaw Din 日本サッカー人物史 - 日本サッカーアーカイブ
  3. ^ “W杯まであと1勝…ウクライナ代表DFジンチェンコ「すべての試合が決勝戦」”. サッカーキング. (2022年6月2日). https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20220602/1654194.html 2022年12月10日閲覧。 
  4. ^ Steve Clarke names squad for Nations League triple-header” (英語). Scottish Football Association (2022年9月13日). 2022年9月22日閲覧。
  5. ^ @ScotlandNT (2022年9月20日). "Scotland squad update. IN: Robby McCrorie. OUT: Jon McLaughlin, Grant Hanley and Jacob Brown". X(旧Twitter)より2022年9月22日閲覧
  6. ^ https://www.rsssf.org/miscellaneous/scot-recintlp.html

関連項目 編集

外部リンク 編集