イラン・アーセマーン航空

イラン・アーセマーン航空ペルシア語: هواپیمایی ایران آسمان‎)はイランテヘランに拠点をおく航空会社。国内線および中央アジアペルシア湾岸への域内国際線定期路線のほか、チャーター便の運航も行う。主とする拠点はテヘラン・メヘラーバード国際空港で、シーラーズ国際空港マシュハド国際空港ドバイ国際空港を準ハブ空港としている[1]

イラン・アーセマーン航空
هواپیمایی ایران آسمان
Iran Aseman Airlines Airbus A340-311 landing at Mehrabad Airport.jpg
IATA
EP
ICAO
IRC
コールサイン
ASEMAN
設立 1980年
ハブ空港 メヘラーバード国際空港
エマーム・ホメイニー国際空港
焦点空港 マシュハド国際空港
シーラーズ国際空港
親会社 イラン国民年金基金投資会社
保有機材数 25機(20機発注中)
就航地 42都市
本拠地 イランの旗 イラン, テヘラン
代表者 アリー・アーベザーデ
外部リンク http://www.iaa.ir
テンプレートを表示
ATR72-500

沿革編集

イラン・アーセマーン航空は1980年に設立された。イラン国民年金基金投資会社に保有され、現在民営化が進行中である。2007年3月現在の従業員数は1,298人[1]

就航都市編集

イラン・アーセマーン航空は2007年2月現在、以下の都市・空港に就航している[要出典]

イラン・アーセマーン航空の路線網
都市 空港 注記
中央アジア
  キルギス ビシュケク マナス国際空港
  タジキスタン ドシャンベ ドシャンベ国際空港
  アフガニスタン カーブル カーブル国際空港
中東
  UAE アブーダビー アブーダビー国際空港
ドバイ ドバイ国際空港 ハブ
  オマーン マスカト マスカット国際空港
  カタール ドーハ ドーハ国際空港
  クウェート クウェート クウェート国際空港
  バーレーン バーレーン バーレーン国際空港
イラン国内
  イラン アーバーダーン アーバーダーン空港
アサールーイェ アサールーイェ空港
アフヴァーズ アフヴァーズ空港
アルダビール アルダビール空港
イーラーム イーラーム空港
エスファハーン シャヒード・ベヘシュティー空港
ゲシュム ゲシュム空港
ケルマーンシャー ケルマーンシャー空港
ゴルガーン ゴルガーン空港
サーハンド サーハンド空港
サナンダジュ サナンダジュ空港
サブゼヴァール サブゼヴァール空港
シーラーズ シャヒード・ダシュトガーエブ国際空港 ハブ
タバス タバス空港
タブリーズ タブリーズ国際空港
テヘラン エマーム・ホメイニー国際空港 ハブ
メヘラーバード国際空港 ハブ
バム バム空港
ビールジャンド ビールジャンド空港
ブーシェフル ブーシェフル空港
ホイ ホイ空港
ボジュヌールド ボジュヌールド空港
マシュハド シャヒード・ハーシェミーネジャード国際空港 ハブ
ヤースージュ ヤースージュ空港
ヤズド ヤズド空港
ラームサル ラームサル空港
ラーメルド ラーメルド空港
ラール ラール空港
ラシュト ラシュト空港
ラフサンジャーン ラフサンジャーン空港

保有機材編集

運航機材編集

2021年8月、イラン・アーセマーン航空の機材は以下の通りである。

イラン・アーセマーン航空 運航機材一覧[2]
機材 運用機数 発注機数 座席数 備考
ATR72-210 1 - 70
エアバスA320-200 6 - 156
164
ボーイング727-200 1
ボーイング737‐400 4 144
フォッカー100 10 100 運用されている機材のうち3機ほどは部品取りとなっているため、実稼働機数は7機である。
スホーイ・スーパージェット100 20 No Data 当機は米製部品を10%以上使用しており、米国のイランに対する経済制裁の対象となるため、納入できない可能性がある。[3]
22 20

退役済機材編集

事故編集

2018年2月18日、テヘランヤースージュ行のイラン・アーセマーン航空3704便ATR72(EP-ATS)がザグロス山脈に墜落。乗員6名、乗客59名全員が死亡した。

外部リンク編集

編集

  1. ^ a b “Directory: World Airlines”. Flight International: p. 94. (2007年4月3日) 
  2. ^ Iran Aseman Airlines Fleet Details and History”. www.planespotters.net. 2019年10月27日閲覧。
  3. ^ スホーイ、SSJ-100のイラン輸出に道 アメリカから返答なし | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). 2019年10月24日閲覧。