イースター航空(Eastar Jet)は、韓国格安航空会社である。U-FLY Allianceの一員[1]

イースター航空
Eastar Jet
Eastar Jet Logo.svg
IATA
ZE
ICAO
ESR
コールサイン
EASTAR JET
法人番号 4700150015285 ウィキデータを編集
設立 2007年10月
ハブ空港 仁川国際空港
金浦国際空港
航空連合 U-FLY Alliance
親会社 KICグループ
子会社 EASTAR PORT
保有機材数 18機
就航地 35都市
本拠地 大韓民国の旗 韓国ソウル
外部リンク http://www.eastarjet.com/
テンプレートを表示
イースター航空
各種表記
ハングル 이스타 항공
漢字 이스타 航空
発音 イースター ハンゴン
日本語読み: いーすたー こうくう
英語 Eastar Jet
テンプレートを表示
ボーイング737 MAX 8型機

概要編集

2007年10月、EASTAR JET 設立。

2008年8月、不定期航空運送事業免許を取得した[2]

2009年1月7日、金浦-済州間の国内線を運航開始[3]

2009年10月、国際線運送事業免許取得により、ソウルコタキナバルを結ぶ初の国際線に就航。

2015年、韓国LCC(格安航空会社)史上初、金大中夫妻の訪北時の運航会社に選定され、南北間の特別チャーター便(ソウル-平壌間)を運航した。

2015年2月、グランドハンドリングを目的とするEASTAR PORTを設立。

2016年、累積利用客数2,000万人を超えた。

2017年には、国際航空運送協会(IATA) に加入し、現在、国際航空運送協会が公認する国際運航安全監査プログラム(IOSA)認証を取得している。

2018年、2015年の軍事境界線北側への運航に続き、3回目となる南北間の特別チャーター便(ソウル-平壌間)を運航した。

2018年8月、タイにThai Eastar Jet法人を設立。韓国からタイへ、更にタイからヨーロッパなど中長距離を結ぶ路線を計画している。[4]

2018年12月、韓国の航空会社として初となるボーイング社の最新型 B737-MAX 8を導入した。[5]

2019年、顕在化したボーイング737 MAXにおける飛行トラブルにより前年に導入した2機の機体が使用不能となる[6]

日韓関係の冷却化と経営危機編集

2019年日本と韓国の関係が冷却化したことに伴い、韓国の航空各社は日本乗り入れ便を次々と運休させたが、イースター航空は2018年実績で国際線の46%が日本行きであったため経営面に大きな打撃を受けることとなった。 イースター航空の社内向けウェブサイトには、一時、国内外の状況が原因で数百億ウォンの損失を抱え創業以来「最大の危機」にあるとする最高経営責任者のコメントが掲載(掲載直後に削除)されたほか、経営陣は客室乗務員らに対して今年後半に最長4週間の無給休暇を取得するよう要請した[7]

その後、大株主のイースターホールディングスが売却に向け交渉していることが明らかになり[8]、2019年12月18日、ライバルのチェジュ航空が同社を買収することが発表された[9][10]。しかし、その後も新型コロナウィルスの流行など悪材料が続き、2月の給与が40%しか支払われないなど苦境に陥っており、LCC他社と共同で政府に緊急金融援助を要請した[11]。2020年3月2日、チェジュ航空との間で545億ウォンで株式売買契約書(SPA)を締結した[12]。3月9日、日本政府の入国制限措置により日本路線が全路線運休し、国際線の運航が中断。さらに、3月24日からは国内線の運航も中断し、韓国の航空会社では初めて全路線が運休する事態になった[13]。チェジュ航空との合併条件をめぐる対立から、予定されていた買収契約は延期されており、3月からはリース費用未納で保有機のうち5機がリース会社に返却されている[14]

7月23日、チェジュ航空は買収条件として求めていた、従業員への未払い賃金の支払いなど懸案事項が解消されなかったとして、イースター航空の買収を取りやめると発表した[15]

8月28日、再度M&Aを推進するために、全社員の6割に当たる700人規模の人員削減を実施することが発表され、この日より早期退職者を募集することになった[16]。9月6日、航空機6機の運航に必要な人員数約590名を除き、605名を10月14日付で整理解雇を通知した[17]

定期便就航地編集

[18]

ハブ
焦点都市
就航予定地
チャーター/不定期便
キャンセル路線
就航地 空港名 備考 運航回数(毎週)
  韓国 仁川国際空港 メインハブ
  韓国 金浦国際空港 第2ハブ
  韓国 金海国際空港
  韓国 原州空港 不定期便, 金浦空港 発
  韓国 済州国際空港 焦点都市
  韓国 清州国際空港 焦点都市
  韓国 群山空港
  北朝鮮 平壌国際空港 特別チャーター便 一時的運航, 仁川国際空港 発
  中国 上海浦東国際空港 週7回 運航, 清州国際空港 発

週7回 運航, 仁川国際空港 予定

週7回 運航, 済州国際空港 予定

  中国 寧波櫟社国際空港 週3回 運航, 清州国際空港 発
  中国 大連周水子国際空港 週2回 運航, 清州国際空港 発
  中国 瀋陽桃仙国際空港 週2回 運航, 清州国際空港 発
  中国 延吉朝陽川空港 週3回 運航, 清州国際空港 発
  中国 済南遥墻国際空港 週3回 運航, 仁川国際空港 発
  中国 泉州晋江国際空港 週3回 運航, 済州国際空港 発
  中国 ハルビン太平国際空港 週2回 運航, 清州国際空港 発
  日本 成田国際空港 日3回 運航, 仁川国際空港 発
  日本 関西国際空港 日3回 運航, 仁川国際空港 発

週7回 運航, 金海国際空港 発 (9月から運休予定[19]。)

週3回 運航, 清州国際空港 発 (9月から運休予定[20]。)

  日本 鹿児島空港 週3回 運航, 仁川国際空港 発

(9月から減便予定[20]。)

  日本 宮崎空港 週4回 運航, 仁川国際空港 発[21]
  日本 新千歳空港 週7回 運航, 仁川国際空港 発

(9月から減便予定[20]。)

週3回 運航, 金海国際空港 発 (9月から運休予定[19]。)

週2回 運航, 清州国際空港 発 (9月から運休予定[20]。)

  日本 旭川空港 チャーター便 週2回 運航, 仁川国際空港 発

週2回 運航, 清州国際空港 発

(2018年7月26日 - 8月26日)[22]

  日本 大分空港 チャーター便 週3回 運航, 仁川国際空港 発

(2018年1月17日 - 3月4日)[23]

  日本 那覇空港 共同運航 日3回 運航, 仁川国際空港 発

(9月から減便予定[20]。)

  日本 茨城空港 週3回 運航, 仁川国際空港 発

(9月から運休予定[24]。)

  日本 福岡空港 日2回 運航, 仁川国際空港 発
  台湾 台湾桃園国際空港 週4回 運航, 仁川国際空港 発

週2回 運航, 清州国際空港 発

  台湾 台北松山空港 共同運航 週7回 運航, 金浦国際空港 発
  香港 香港国際空港 週7回 運航, 仁川国際空港 発
  モンゴル チンギスハーン国際空港 日1回 運航, 清州国際空港 発
  マレーシア コタキナバル国際空港  日2回 運航, 仁川国際空港 発

週1回 運航, 金海国際空港 発

  ベトナム ノイバイ国際空港 週7回 運航, 仁川国際空港 発
  ベトナム ダナン国際空港 日2回 運航, 仁川国際空港 発
  ベトナム フーコック国際空港 週7回 運航, 仁川国際空港 発
  ベトナム カムラン国際空港 週7回 運航, 仁川国際空港 発
  カンボジア シェムリアップ国際空港 週5回 運航, 仁川国際空港 発
  タイ スワンナプーム国際空港 日2回 運航, 仁川国際空港 発

週7回 運航, 金海国際空港 発

週7回 運航, 済州国際空港 発

  タイ プーケット国際空港 週7回 運航, 仁川国際空港 発
 フィリピン プエルト・プリンセサ国際空港 季節限定便 週7回 運航, 仁川国際空港 発

(2018年10月28日 - 2019年3月30日)[25]

  ロシア ウラジオストク国際空港 週3回 運航, 仁川国際空港 発

週4回 運航, 金海国際空港 発

  シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港 週3回 運航, 金海国際空港 予定
  北マリアナ諸島 サイパン国際空港 週7回 運航, 仁川国際空港 発

2019年8月現在

機内サービス編集

機内では、水、またはオレンジジュースが提供される。他に、軽食等の有料販売がある。また、国際線において機内免税品販売を実施している。

機材編集

2018年12月現在[26][27]

脚注編集

  1. ^ “U-FLYアライアンス、新たにイースタ航空が加盟 5社で197地点就航に | FlyTeam ニュース”. FlyTeam(フライチーム). https://flyteam.jp/airline/eastar-jet/news/article/66610 2018年8月13日閲覧。 
  2. ^ イースター航空、不定期航空運送事業免許を取得 - 聯合ニュース
  3. ^ 格安航空のイースター航空、来月7日に正式就航 - 聯合ニュース
  4. ^ https://www.nna.jp/news/show/1781453
  5. ^ イースター航空、737 MAX韓国初受領 シンガポールなど視野” (日本語). Aviation Wire. 2018年12月26日閲覧。
  6. ^ 韓経:韓国LCCイースター航空が売りに出される…「離陸」12年で「NOジャパン」の流れ弾”. 中央日報 (2019年10月18日). 2019年10月18日閲覧。
  7. ^ 韓国イースター航空、乗務員に無給休暇の取得要請 損失拡大で”. ロイター (2019年9月18日). 2019年9月20日閲覧。
  8. ^ 韓経:韓国LCCイースター航空が売りに出される…「離陸」12年で「NOジャパン」の流れ弾”. 中央日報・韓国経済新聞 (2019年10月18日). 2019年12月18日閲覧。
  9. ^ 아시아나 인수 실패한 제주항공, 이스타 넘본다”. 韓国日報 (2019年12月18日). 2019年12月18日閲覧。
  10. ^ 韓国LCC最大手が同業買収、70億円で”. 日本経済新聞 (2019年12月19日). 2019年12月20日閲覧。
  11. ^ 韓日関係冷え込みに続き新型肺炎ショック…イースター航空、2月分給料半分も払えず”. 中央日報 (2020年2月26日). 2020年2月29日閲覧。
  12. ^ チェジュ航空公示、イースター航空買収の株式売買契約書(SPA)締結”. 時事通信社 (2020年3月2日). 2020年3月2日閲覧。
  13. ^ 이스타항공, 국내선도 운항 중단…국적 항공사 첫 '셧다운'(종합)”. 聯合ニュース (2020年3月21日). 2020年3月21日閲覧。
  14. ^ '빌려줄수록 손해'…이스타항공 비행기 일부 회수한 리스사”. ソウル経済新聞 (2020年7月3日). 2020年7月6日閲覧。
  15. ^ 済州航空、イースター航空の買収撤回 コロナで需要消失”. 日本経済新聞 (2020年7月23日). 2020年7月24日閲覧。
  16. ^ 이스타항공 700여명 인력감축 시작…오늘부터 희망퇴직 신청”. 聯合ニュース (2020年8月28日). 2020年8月28日閲覧。
  17. ^ 航空業界の大量失業現実化…イースター航空605人リストラ”. 中央日報 (2020年9月8日). 2020年9月9日閲覧。
  18. ^ Eastar Jet”. www.eastarjet.com. 2018年8月13日閲覧。
  19. ^ a b “アシアナ航空 需要減少で日本路線縮小へ” (プレスリリース), 朝鮮日報, (2019年7月30日), http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019073080213 
  20. ^ a b c d e “イースター航空、日本線6路線で減便や運休決める 9月から” (プレスリリース), traicy, (2019年8月6日), http://www.traicy.com/20190806-ZEsuspend 
  21. ^ “イースター航空、宮崎〜ソウル/仁川線を増便 週4便に”. TRAICY. (2018年10月22日). https://www.traicy.com/20181019-ZEkml 
  22. ^ “イースター航空、旭川/清州線に就航 8月26日まで”. FlyTeamニュース. (2018年7月27日). https://flyteam.jp/news/article/97774 
  23. ^ “大分-ソウル3社運航に 1月17日-3月4日 韓国LCCがチャーター便 大分県”. 西日本新聞. (2017年12月26日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/382734/ 
  24. ^ “イースター航空、茨城~ソウル/仁川線を休止か 9月18日以降の発売停止” (プレスリリース), traicy, (2019年8月4日), http://www.traicy.com/20190803-ZEibr 
  25. ^ イースター航空、仁川/プエルト・プリンセサ線をデイリー運航で開設FlyTeam 2018年10月23日付
  26. ^ Eastar Jet fleet details - AirFleets.net
  27. ^ Eastar Jet Fleet Details and History - PlaneSpotters.net

外部リンク編集