エリオット・ペイジ

カナダの俳優 (1987-)

エリオット・ペイジ(Elliot Page、以前はエレン・ペイジ/Ellen Pageとして活動、1987年2月21日 - )は、カナダ俳優

エリオット・ペイジ
Elliot Page
Elliot Page
2023年
生年月日 (1987-02-21) 1987年2月21日(37歳)
出生地 カナダの旗 カナダノバスコシア州ハリファックス
身長 155cm
職業 俳優
活動期間 1997年 - 活動中
配偶者 エマ・ポートナー(2018年-2021年)
主な作品
ハードキャンディ
X-MEN:ファイナル ディシジョン
JUNO/ジュノ
インセプション
アンブレラ・アカデミー
 
受賞
MTVムービー・アワード
女性演技賞
2008年JUNO/ジュノ
恐怖演技賞
2011年インセプション
その他の賞
テンプレートを表示

テレビシリーズ『Pit Pony』でキャリアが始まり、その後『トレーラーパークボーイズ』、『リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班』に出演する。活動を映画に移すと『ハードキャンディ』(2005年)への出演を経て『JUNO/ジュノ』(2007年)でブレイクする。他の主な出演映画には『X-MEN:ファイナル ディシジョン』(2006年)、『賢く生きる恋のレシピ英語版』(2008年)、『ローラーガールズ・ダイアリー』(2009年)、『インセプション』(2010年)などがある。

『JUNO/ジュノ』での演技によりアカデミー主演女優賞などにノミネートされた[1]

2020年12月にトランスジェンダーであることを公表。2021年にはオープンなトランス男性としては史上初めてタイム誌の表紙を飾った[2][3][4]

生い立ち

編集

ノバスコシア州ハリファックスで生まれ育つ。グラフィックデザイナーの父デニスと教師の母マルタの間に生まれる[5]ハリファックス・グラマー・スクール英語版に10学年まで通い、しばらくハリファックス・グラマー・スクール(英語版)で過ごした後[疑問点]、2005年にシャンバラ・スクール英語版を卒業した。またオンタリオ州トロントヴォーン・ロード・アカデミー英語版のインターアクト・プログラムに2年間参加し、その当時、後に俳優となるマーク・レンドール英語版と友人になった[6][7]

幼少時代はアクションフィギュアで遊んだり、木登りをしたりしていた[8]

経歴

編集

4歳の頃に学校の舞台で演技デビューした。初めてカメラの前で演じたのはカナダのテレビ映画『Pit Pony』(1997年)(英語)である(後にテレビシリーズ化)。その後も国内のテレビ映画やドラマシリーズに出演、『トレーラーパークボーイズ』の第2シーズンに出た(2001年)。16歳で『Mouth to Mouth』にキャスティングされ、ヨーロッパで撮影した。

2005年に映画『ハードキャンディ』に出演し、「今年最も複雑な、不穏な、忘れられない演技の一つ」と賞賛された[9]。また2006年には『X-MEN:ファイナル ディシジョン』で少女キティ・プライド(シャドウキャット)を演じ壁を通り抜けられる能力を演じた。

2007年の映画『JUNO/ジュノ』のジュノ役の演技に賞賛が集まり、映画評論家のA・O・スコット(『ニューヨーク・タイムズ』)に「驚くほどの才能」と評され[10]、またロジャー・イーバートは「エレン・ペイジのジュノよりも優れた演技は今年あっただろうか? 私はそうは思わない」と述べた[11]。ペイジはこれにより20以上の賞にノミネートされ、カナディアン・コメディ賞英語版インディペンデント・スピリット賞サテライト賞などを受賞した。またアカデミー主演女優賞にもノミネートされ『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』のマリオン・コティヤールに敗れた。

また2008年には出演映画『賢く生きる恋のレシピ英語版』がサンダンス映画祭でプレミア上映された。これは『JUNO/ジュノ』よりも前に撮影されながら、公開は遅れた作品で、デニス・クエイド演じる大学教授の娘役である[12]

2008年3月1日に『サタデー・ナイト・ライブ』に出演した[13]。またドリュー・バリモアの監督デビュー作『ローラーガールズ・ダイアリー』に主演し、ジュリエット・ルイスマーシャ・ゲイ・ハーデン、バリモア、クリステン・ウィグらと共演した[14][注釈 1]

マイケル・ランダー監督の映画『サイコ リバース英語版』ではキリアン・マーフィースーザン・サランドンビル・プルマンジョシュ・ルーカスと共演した[注釈 2]。2009年8月、クリストファー・ノーラン監督の映画『インセプション』の撮影が始まった。この作品ではレオナルド・ディカプリオマリオン・コティヤールジョゼフ・ゴードン=レヴィット渡辺謙らと共演し[19]、2010年7月16日に公開された[20]。また同年公開作には『スーパー!』もある[21]

2012年4月イタリア公開(アメリカ公開同年7月)のウディ・アレン監督作品『ローマでアモーレ』に出演する。

2013年1月、ブライアン・シンガーは『X-MEN:フューチャー&パスト』でペイジが再びキティ・プライドを演じると発表した[22][23]

声の出演

編集

2009年5月3日、テレビアニメ『ザ・シンプソンズ』第20シーズン「第19話 Waverly Hills 9-0-2-1-D'oh」でアラスカ・ネブラスカの声優を務め、このキャラクターはハンナ・モンタナパロディである[24]

2012年6月、クアンティック・ドリームテレビゲームBEYOND: Two Souls』で主人公の声優としてペイジとウィレム・デフォーの配役が発表され[25][26]、2013年10月に発売された。

監督として

編集

2013年2月、ペイジは『Miss Stevens』で監督デビューし、アンナ・ファリスが出演を受諾した。脚本はジュリア・ハートが執筆し、製作陣はゲイリー・ギルバート、ジョーダン・ホロウィッツ、ダグ・ワルドである[27][28]

私生活

編集

フェミニストとして妊娠中絶に賛成の立場を表明している[29]。2008年にはミャンマー軍事政権に反対する30人のセレブリティの1人としてオンライン広告に登場した[30]。2014年2月14日、全米最大のLGBT人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーンラスベガスで開催したカンファレンス「Time to Thrive」に登壇し、自身が(そのときは女性として)ゲイであることをカミングアウトした[31]。2018年にはダンサーで振付師のエマ・ポートナーと結婚[32]。2020年半ばに二人は別れ、2021年に正式に離婚した[33]

2020年12月1日、自身のSNSでトランスジェンダーであるとカムアウトし、今後はエリオット・ペイジの名前で活動することを発表[3][4]。当時の配偶者であったエマ・ポートナーは同日、エリオットを「とても誇りに思う」と自身のインスタグラムでコメントした[34]Netflixは「彼は私たちのヒーローだ! エリオット、大好き!」とツイート[35]。カナダのジャスティン・トルドー首相をはじめ、数多くの有名人がペイジの発表に好意的なコメントを寄せた[36][37][38]。Netflixは同日、ペイジの出演する全作品のクレジットおよびメタデータを書き換えて新しい名前を反映すると発表し、12月8日に作業を完了した[38][39]

2021年初頭に『タイム』誌の表紙に登場、トランス男性と自ら公表した人がこの雑誌の表紙を飾った第1号である[40]。同号の特集記事のなかでペイジは自身をクィアノンバイナリーでもあると語り[40][41]、カムアウトした時点に乳房切除術の回復期であったとも明かした。手術は「命が救われるような」体験だったという[42]。また9歳の頃から「男の子だと感じていた、男の子になりたかった。いつか男の子になれるかと母親に尋ねていた」と語っている[33]

主な出演作品

編集

映画

編集
日本語題
原題
役名 備考
1997 Pit Pony マギー・マクレーン テレビ映画
2002 The Wet Season ジョセリン 短編映画
Marion Bridge ジョアニー
2003 Ghost Cat ナタリー・メリット テレビ映画
Touch & Go トリッシュ
Homeless to Harvard 少女時代のリサ テレビ映画
落ちていく女
Going for Broke
ジェニファー テレビ映画
Love That Boy スザンナ
2004 I Downloaded a Ghost ステラ・ブラックストーン テレビ映画
Wilby Wonderful エミリー・アンダーソン
2005 ハードキャンディ
Hard Candy
ヘイリー・スターク
Mouth to Mouth シェリー
2006 X-MEN:ファイナル ディシジョン
X-Men: The Last Stand
キティ・プライド/シャドウキャット
2007 アメリカン・クライム
An American Crime
シルヴィア・ライケンズ
The Tracey Fragments トレイシー・バーコウィッツ
JUNO/ジュノ
Juno
ジュノ・マクグフ アカデミー主演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
The Stone Angel アーリーン
2008 賢く生きる恋のレシピ英語版
Smart People
ヴァネッサ・ウェザーホールド
2009 ローラーガールズ・ダイアリー
Whip It
ブリス・キャヴェンダー
2009 Vanishing of the Bees ナレーター 環境ドキュメンタリー
2010 サイコ リバース英語版
Peacock
マギー
インセプション
Inception
アリアドネ ピープルズ・チョイス・アワード スクリーン・チーム賞ノミネート
スクリーム賞 SF女優賞ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会 WAFCA賞 アンサンブル演技賞ノミネート
スーパー!
Super
リビー/ボルティー
2012 ローマでアモーレ
To Rome with Love
モニカ
2013 ザ・イースト
The East
イジー
Touchy Feely ジェニー
2014 X-MEN:フューチャー&パスト
X-Men: Days of Future Past
キティ・プライド/シャドウキャット
Tiny Detectives 探偵エレン 短編映画
2015 ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
Freeheld
ステイシー
スイッチ・オフ
Into the Forest
ネル
2016 タルーラ 〜彼女たちの事情〜
Tallulah
タルーラ 兼製作総指揮
ウィンドウ・ホーセズ
Window Horses
ケリー 声の出演
ぼくの名前はズッキーニ
My Life as a Zucchini
ロージー 声の出演
2017 フラットライナーズ
Flatliners
コートニー・ホームズ
My Days of Mercy ルーシー
CURED キュアード
The Cured
アビー 兼製作
2019 There's Something in the Water 本人 ドキュメンタリー。兼監督
2022 Into My Name ドキュメンタリー。製作総指揮

テレビシリーズ

編集
日本語題
原題
役名 備考
1999-2000 Pit Pony マギー・マクレーン 計29話出演
2001-2002 トレーラーパークボーイズ
Trailer Park Boys
トリーナ・レイヒー 計5話出演
2002 Rideau Hall ヘレネ 第1話「Pilot」
2004 リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班
ReGenesis
リリス・サンドストロム 計8話出演
ジェミニ賞助演女優賞 (ドラマシリーズ部門)受賞
2009 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
アラスカ・ネブラスカ 声の出演
第20シーズン第19話「Waverly Hills 9-0-2-1-D'oh
2011 Glenn Martin, DDS Robot Assistant 声の出演
第2シーズン第24話「Date with Destiny」
2012 ファミリー・ガイ
Family Guy
リンジー 声の出演
第10シーズン第13話「Tom Tucker: The Man and His Dream
2013 Out There Amber(声の出演) 第10話「Ace's Wild」
2016-2017 Gaycation 本人(番組ホスト) ドキュメンタリー。兼製作総指揮
2019 Tales of the City Shawna Hawkins
2019- 現在 アンブレラ・アカデミー
The Umbrella Academy
ヴァーニャ・ハーグリーヴズ / ヴィクター・ハーグリーブス Netflixオリジナル作品
現在シーズン3まで公開、主演の一人として出演中
2023 Ark: The Animated Series Victoria Walker メイン、声の出演

コンピュータゲーム

編集
日本語題
原題
役名 備考
2013 BEYOND: Two Souls ジョディ・ホームズ 声、演技(モーションキャプチャ)の出演

主な受賞

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 同作は2009年のトロント国際映画祭でプレミア上映された後、2009年10月2日に拡大公開された[15]
  2. ^ 映画『サイコ リバース』の公開は当初予定の2009年から2010年に延期された[16][17][18]

出典

編集
  1. ^ “「JUNO」エレン・ペイジが、ブロンテ原作の「ジェーン・エア」主役に!”. 映画.com. (2008年5月9日). https://eiga.com/news/20080509/5/ 2021年3月9日閲覧。 
  2. ^ 'Juno' actor Elliot Page becomes first out trans man to star on Time magazine cover”. CTV News (2021年3月16日). 2021年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月16日閲覧。
  3. ^ a b Elliot Page, 'Umbrella Academy,' 'Gaycation,' Star Comes Out as Trans” (英語). www.out.com (2020年12月1日). 2020年12月1日閲覧。
  4. ^ a b 有名俳優がトランスジェンダーを公表。「世界をより良い方向へ」と声明”. buzzfeed.com (2020年12月6日). 2020年12月12日閲覧。
  5. ^ Maher, Kevin (2007年10月27日). “Ellen Page isn't fazed by her scripts”. The Times (UK). http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/film/london_film_festival/article2724719.ece 2009年6月21日閲覧。 
  6. ^ Lisk, Dean (2007年12月20日). “Page making a scene on screen”. The Daily News. http://www.hfxnews.ca/index.cfm?sid=91213&sc=269 2008年1月16日閲覧。 
  7. ^ Profile: Ellen Page - Entertainment Celebrity Gossip”. MSN Entertainment UK. 2013年9月17日閲覧。
  8. ^ “Ellen Page Interview”. Complex. オリジナルの2008年1月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080124130623/http://www.complex.com/CELEBRITIES/Complex-Women/Ellen-Page 
  9. ^ Puig, Claudia (December 22, 2006). “Ellen: Manipulates Hard Candy to great effect”. USA Today: E2. 
  10. ^ Scott, A.O.. "Seeking Mr. and Mrs. Right for a Baby on the Way", The New York Times, December 5, 2007.
  11. ^ Ebert, Roger."Juno", Chicago Sun-Times, December 14, 2007.
  12. ^ Noam Muro (2008). smart people (dvd). Mirmax.
  13. ^ Collins, Leah (2008年2月12日). “Ellen Page tapped for SNL, Walters special”. canada.com. http://www.canada.com/globaltv/globalshows/et_story.html?id=02578fa4-fab5-4510-a68d-dba949e50f18 2008年2月15日閲覧。 
  14. ^ “Cast ready to roll on Whip It!. The Hollywood Reporter. (2008年6月29日). http://www.hollywoodreporter.com/news/cast-ready-roll-whip-114770 2009年4月19日閲覧。 
  15. ^ Whip It! (2009)” (英語). Internet Movie Database. 2009年6月21日閲覧。
  16. ^ Siegel, Tatiana (2008年2月14日). “Page, Murphy set for 'Peacock'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117980955.html 2008年2月14日閲覧。 
  17. ^ “Iowans shine as stars' doubles”. The Des Moines Register. http://www.desmoinesregister.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20080428/NEWS/804280329/1047/ENT01 [リンク切れ]
  18. ^ Peacock (2009)”. Internet Movie Database. 2009年6月21日閲覧。
  19. ^ Fleming, Michael (2009年4月1日). “Trio in talks for 'Inception'”. Variety. http://www.variety.com/VR1118002026.html 2009年4月19日閲覧。 
  20. ^ “Inception”. Box Office Mojo. https://www.boxofficemojo.com/release/rl2908456449/ 2012年11月10日閲覧。 
  21. ^ Kay, Jeremy (2009年9月11日). “Rainn Wilson, Ellen Page, Liv Tyler join Super for Ted Hope | News | Screen”. Screendaily.com. 2010年11月30日閲覧。
  22. ^ “'X-Men: Days of Future Past' Cast: Ellen Page, Anna Paquin, Shawn Ashmore Added To Roster” (英語). Huffington Post. (2013年1月26日). https://www.huffpost.com/entry/x-men-days-of-future-past-cast-ellen-page-anna-paquin-shawn-ashmore_n_2558977?utm_hp_ref=entertainment 2013年1月26日閲覧。 
  23. ^ Singer, Bryan (2013年1月26日). “Very excited to welcome #annapaquin, @ellenpage & @shawnrashmore to #XMen #DaysofFuturePast” (英語). 2013年9月17日閲覧。
  24. ^ Keveney, Bill (2008年9月25日). “'The Simpsons' hits a landmark” (英語). USA Today. http://www.usatoday.com/life/television/news/2008-09-24-simpsons-20th-season_N.htm 2008年9月25日閲覧。 
  25. ^ Tach, Dave (2012年6月7日). “'Beyond: Two Souls' impresses with its blend of narrative and technology”. The Verge. 2012年6月9日閲覧。
  26. ^ Robinson, Martin (2012年6月5日). “Quantic Dream's Beyond confirmed, Ellen Page onboard” (英語). eurogamer.net. 2012年6月5日閲覧。
  27. ^ Ellen Page set for directorial debut with ‘Miss Stevens’” (英語). Variety. 2013年2月8日閲覧。
  28. ^ “Ellen Page Making Directing Debut On ‘Miss Stevens’; Anna Faris To Star” (英語). deadline.com. (2013年2月7日). http://www.deadline.com/2013/02/ellen-page-making-directing-debut-on-miss-stevens-anna-faris-to-star/ 2013年7月21日閲覧。 
  29. ^ “'People always see a movie and project how you're going to be.'”. The Washington Post. (2008年2月17日). http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/02/15/AR2008021500818.html 2010年5月1日閲覧。 
  30. ^ Williams, Alex (2008年5月4日). “Trying to Put a Name to the Face of Evil”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/05/04/fashion/04myanmar.html 2010年5月1日閲覧。 
  31. ^ Actress Ellen Page comes out in speech to Human Rights Campaign event The Guardian 2014年2月15日
  32. ^ Surprise! Ellen Page Is Married to Emma Portner” (英語). PEOPLE.com (2018年1月3日). 2020年12月1日閲覧。
  33. ^ a b Steinmetz, Katy (2021年3月16日). “Elliot Page Is Ready for This Moment”. 2022年11月23日閲覧。
  34. ^ Elliot Page's Wife Says She's 'So Proud' of Him for Coming Out as Transgender: 'Love You So Much'”. People (2020年12月1日). 2020年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月1日閲覧。
  35. ^ 'Juno' Star Elliot Page, Formerly Known As Ellen Page, Comes Out As Transgender”. NDTV. 2020年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月2日閲覧。
  36. ^ Silva, Cynthia (2020年12月1日). “'Brave,' 'beautiful': Celebs support 'Juno' star Elliot Page after he announces he's trans”. NBC. オリジナルの2020年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201202172311/https://www.nbcnews.com/feature/nbc-out/my-name-elliot-celebs-show-support-after-juno-star-comes-n1249567 2022年11月23日閲覧。 
  37. ^ “Elliot Page: Canadian actor announces he's transgender”. Global News. (2020年12月1日). オリジナルの2020年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201201184046/https://globalnews.ca/news/7494755/elliot-page-transgender/ 2020年12月2日閲覧。 
  38. ^ a b Lang, Brent; Donnelly, Matt (2020年12月1日). “Elliot Page Will Continue to Star in 'Umbrella Academy,' Netflix Changes Credits on His Past Films”. Variety. オリジナルの2020年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201202031811/https://variety.com/2020/tv/news/elliot-page-umbrella-academy-netflix-1234843387/ 2021年12月26日閲覧。 
  39. ^ “Netflix amends Elliot Page's name on all past credits”. Special Broadcasting Service. (2020年12月8日). オリジナルの2021年12月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211227070347/https://www.sbs.com.au/topics/pride/fast-lane/article/2020/12/04/netflix-amends-elliot-pages-name-all-past-credits 2021年12月26日閲覧。 
  40. ^ a b Holland, Oscar (2021年3月17日). “Elliot Page becomes first trans man to appear on Time magazine cover”. CNN. 2021年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月13日閲覧。
  41. ^ Robey, Tim (2021年12月2日). “Elliot Page has been through enough – let the 'deadnaming' stop now”. The Daily Telegraph. オリジナルの2022年1月10日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20220110/https://www.telegraph.co.uk/films/0/elliot-page-has-enough-let-deadnaming-stop-now/ 2021年6月15日閲覧。 
  42. ^ “Elliot Page on Oprah Winfrey: Transition surgery 'life-saving'”. BBC News. (2021年4月30日). オリジナルの2021年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210430230209/https://www.bbc.com/news/world-us-canada-56952345 2021年5月1日閲覧。 

関連項目

編集

外部リンク

編集