メインメニューを開く

エーシンフォワードとは日本競走馬である。おもな勝ち鞍はマイルチャンピオンシップなど。馬名は冠名+攻める。

エイシンフォワード
A-Shin-Forward20101121.jpg
欧字表記 A Shin Forward
香港表記 栄進快蹄
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2005年2月16日(14歳)
登録日 2007年9月20日
抹消日 2011年12月30日
Forest Wildcat
Wake Up Kiss
母の父 Cure the Blues
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Edition Farm
馬主 栄進堂
調教師 西園正都栗東
競走成績
生涯成績 31戦6勝
獲得賞金 中央競馬2億9739万1000円
地方競馬168万円
テンプレートを表示
2010年阪急杯

目次

戦績編集

2007年編集

10月8日の京都芝1400mの新馬戦で1番人気に応えてデビュー戦を飾った[1]。この競走の4着には翌年にNHKマイルカップ東京優駿の変則二冠を成し遂げたディープスカイが入った。続く500万下の連勝[2]。しかし朝日杯フューチュリティステークスは伸びを欠き9着に敗れた。

2008年編集

アーリントンカップニュージーランドトロフィーは共に2着となり健闘した[3][4]。しかしNHKマイルカップ日本ダービーはそれぞれ10着、15着惨敗となった。そして休み明けとなった暮れの阪神カップも11着となった。

2009年編集

年が明けても不調が続き、京都金杯は12着、ダート戦となったジャニュアリーステークスとすばるステークスは9着、15着に敗れる。このあと準オープンに降級し、道頓堀ステークスは3着となり、桂川ステークスは5着と復調気味になり、暮れの六甲アイランドステークスで2年ぶりの勝利を飾り、オープンに復帰した。その後の2009ファイナルステークスも直線抜け出して連勝をした[5]

2010年編集

中山のニューイヤーステークスは2着、東京東京新聞杯は3着となり、そして阪急杯は直線抜け出して重賞初制覇した[6]中京高松宮記念は3着に健闘[7]。しかし1番人気で迎えた京王杯スプリングカップは4着に敗れると安田記念は10着惨敗となった。このあと休養を挟んだスワンステークスは1番人気を裏切り8着となった。そして13番人気で迎えたマイルチャンピオンシップは直線抜け出して、追い迫るダノンヨーヨーなどを振り切り、GI初制覇した[8]。タイムも1分31秒8のコースレコードを更新した。香港へ遠征し、12月12日に行われた香港マイルでは好位の4・5番手につけ直線ではしぶとく伸びたがラジサマンとの4着同着となった。

2011年編集

初戦の高松宮記念では後方を追走するが直線で伸びず9着に敗れた。続く京王杯スプリングカップではストロングリターンの8着。安田記念では後方追走のまま12着に敗れた。休養を挟んだスワンステークスは中団後方を追走するが直線で伸びを欠き6着。連覇がかかったマイルチャンピオンシップでは15着惨敗となった。続く阪神カップでは中団を追走するが直線で伸びず7着に敗れた。交流重賞の兵庫ゴールドトロフィーでは後方から脚を伸ばしたが4着となった。12月30日付で競走馬登録を抹消し引退。北海道新ひだか町レックススタッド種牡馬となる[9]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2007 7. 2 京都 新馬 8 2.4 (1人) 1着 福永祐一 54 芝1400m(良) 1:23.6 (35.0) -0.3 (マックスバリハイ)
11. 3 京都 500万下 9 3.3 (2人) 1着 福永祐一 55 芝1400m(良) 1:23.0 (34.5) -0.1 (マリエンベルク)
12. 9 中山 朝日杯FS JpnI 16 11.7 (6人) 9着 福永祐一 55 芝1600m(良) 1:34.9 (36.1) 1.4 ゴスホークケン
2008 3. 1 阪神 アーリントンC JpnIII 12 34.3 (9人) 2着 福永祐一 56 芝1600m(良) 1:34.9 (34.2) 0.3 ダンツキッスイ
4. 12 中山 ニュージーランドT JpnII 16 17.4 (5人) 2着 和田竜二 56 芝1600m(良) 1:35.1 (35.8) 0.1 サトノプログレス
5. 11 東京 NHKマイルC JpnI 18 14.6 (7人) 10着 福永祐一 57 芝1600m(稍) 1:35.7 (35.3) 1.5 ディープスカイ
6. 1 東京 東京優駿 JpnI 18 179.5 (18人) 15着 和田竜二 57 芝2400m(良) 2:28.5 (35.8) 1.8 ディープスカイ
12. 21 阪神 阪神C JpnII 18 70.4 (14人) 11着 秋山真一郎 56 芝1400m(良) 1:22.5 (35.9) 0.9 マルカフェニックス
2009 1. 5 京都 京都金杯 GIII 16 51.1 (12人) 12着 秋山真一郎 54 芝1600m(良) 1:33.8 (35.4) 0.9 タマモサポート
1. 17 中山 ジャニュアリーS OP 16 16.6 (8人) 9着 勝浦正樹 54 ダ1200m(良) 1:10.8 (36.8) 0.9 ヒシカツリーダー
2. 7 京都 すばるS OP 16 15.4 (7人) 15着 吉田稔 56 ダ1400m(良) 1:26.4 (38.7) 2.7 ペプチドルビー
10. 4 阪神 道頓堀S 18 64.9 (12人) 3着 秋山真一郎 57 芝1400m(良) 1:20.7 (35.2) 0.2 ボストンオー
10. 25 京都 桂川S 18 5.6 (2人) 5着 秋山真一郎 57 芝1200m(良) 1:08.1 (33.9) 0.2 セブンシークィーン
12. 12 阪神 六甲アイランドS 18 4.9 (3人) 1着 池添謙一 57 芝1400m(良) 1:21.6 (35.3) -0.3 (オセアニアボス)
12. 27 阪神 ファイナルS OP 13 5.0 (3人) 1着 小牧太 55 芝1600m(良) 1:33.3 (34.0) -0.2 フィフスペトル
2010 1. 16 中山 ニューイヤーS OP 16 2.3 (1人) 2着 蛯名正義 57 芝1600m(良) 1:33.0 (35.2) 0.0 レッドスパーダ
1. 30 東京 東京新聞杯 GIII 16 11.3 (6人) 3着 柴田善臣 56 芝1600m(良) 1:32.3 (33.4) 0.2 レッドスパーダ
2. 28 阪神 阪急杯 GIII 16 4.4 (2人) 1着 岩田康誠 56 芝1400m(良) 1:21.4 (34.8) -0.2 ワンカラット
3. 28 中京 高松宮記念 GI 18 4.9 (3人) 3着 岩田康誠 57 芝1200m(良) 1:08.6 (34.5) 0.0 キンシャサノキセキ
5. 15 東京 京王杯SC GII 17 2.3 (1人) 4着 岩田康誠 57 芝1400m(良) 1:20.2 (33.6) 0.4 サンクスノート
6. 6 東京 安田記念 GI 18 17.4 (9人) 10着 岩田康誠 58 芝1600m(良) 1:32.6 (36.3) 0.9 ショウワモダン
10. 30 京都 スワンS GII 14 3.6 (1人) 8着 C.スミヨン 57 芝1400m(良) 1:21.6 (34.3) 0.6 マルカフェニックス
11. 21 京都 マイルCS GI 18 52.4 (13人) 1着 岩田康誠 57 芝1600m(良) R1:31.8 (34.3) 0.0 ダノンヨーヨー
12. 12 沙田 香港マイル GI 13 (4人) 4着 岩田康誠 57 芝1600m(良) 1:35.01 (34.8) 0.22 Beauty Flash
2011 3. 27 阪神[10] 高松宮記念 GI 16 12.7 (6人) 9着 岩田康誠 57 芝1200m(良) 1:08.7 (34.0) 0.8 キンシャサノキセキ
5. 14 東京 京王杯SC GII 17 9.8 (5人) 8着 岩田康誠 59 芝1400m(良) 1:20.7 (33.9) 0.5 ストロングリターン
6. 5 東京 安田記念 GI 18 30.9 (10人) 12着 岩田康誠 58 芝1600m(良) 1:33.0 (34.3) 1.0 リアルインパクト
10. 29 京都 スワンS GII 18 23.5 (9人) 6着 岩田康誠 59 芝1400m(良) 1:20.4 (34.0) 1.0 リディル
11. 20 京都 マイルCS GI 18 24.5 (10人) 15着 岩田康誠 57 芝1600m(稍) 1:35.2 (35.7) 1.3 エイシンアポロン
12. 17 阪神 阪神C GII 18 25.4 (9人) 7着 岩田康誠 57 芝1400m(良) 1:21.2 (35.2) 0.7 サンカルロ
12. 28 園田 兵庫GT JpnIII 11 13.0 (5人) 4着 岩田康誠 58.5 ダ1400m(良) 1:27.8 (36.6) 0.5 スーニ

種牡馬成績編集

引退後の2012年からレックススタッドで繋養される。

2015年に初年度産駒がデビューした。

2018年よりアメリカ・ニューヨーク州のロックリッジスタッドで種牡馬生活を送ることになった[11]

血統表編集

エーシンフォワード血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ストームバード系ストームキャット系
[§ 2]

Forest Wildcat
1991 黒鹿毛
父の父
Storm Cat
1983 黒鹿毛
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
父の母
Victoria Beauty
1972 栗毛
Bold Native Raise a Native
Spring Beauty
Abifaith Seaneen
Sherry Jen

Wake Up Kiss
1998 芦毛
Cure the Blues 
1978 鹿毛
Stop the Music Hail to Reason
Bebopper
Quick Cure Dr.Fager
Speedwell
母の母
Good Morning Smile
1988 芦毛
Morning Bob Blushing Groom
Guillotine Miss
Charming Smile Mac Diarmida
Quiet Charm
母系(F-No.) 16号族(FN:16-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Nearctic 6.25% 5x5、Bold Ruler 6.25% 5x5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ エーシンフォワード 5代血統表2017年9月14日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com エーシンフォワード 5代血統表2017年9月14日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ エーシンフォワード 5代血統表2017年9月14日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com エーシンフォワード 5代血統表2017年9月14日閲覧。


脚注編集

  1. ^ “外国産馬エーシンフォワードが完勝/2歳新馬”. netkeiba.com. (2007年10月8日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=23465 2015年9月1日閲覧。 
  2. ^ “外国産馬エーシンフォワードがデビュー2連勝”. netkeiba.com. (2007年11月3日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=24074 2015年9月1日閲覧。 
  3. ^ “第17回 アーリントンC”. JRA. (2008年3月1日). http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2008/019.html 2015年9月1日閲覧。 
  4. ^ “第26回 ニュージーランドT”. JRA. (2008年4月12日). http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2008/038.html 2015年9月1日閲覧。 
  5. ^ “エーシンフォワードが09年を締めくくる/ファイナルS”. netkeiba.com. (2009年12月27日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=42862 2015年9月1日閲覧。 
  6. ^ “第54回 阪急杯”. JRA. (2010年2月28日). http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2010/021.html 2015年9月1日閲覧。 
  7. ^ “第40回 高松宮記念”. JRA. (2010年3月28日). http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/g1/takamatsu/result/takamatsu2010.html 2015年9月1日閲覧。 
  8. ^ “第27回 マイルチャンピオンシップ”. JRA. (2010年11月21日). http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/g1/mile/result/mile2010.html 2015年9月1日閲覧。 
  9. ^ “マイルCS覇者エーシンフォワード引退、種牡馬入り”. netkeiba.com. (2011年12月30日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=60861 2015年9月1日閲覧。 
  10. ^ この年は中京競馬場改修工事のため、阪神競馬場での開催。
  11. ^ エーシンフォワード、生まれ故郷のニューヨーク州で供用(アメリカ・日本)ジャパンスタッドブックインターナショナル、2018年1月25日閲覧

参考文献編集

外部リンク編集