メインメニューを開く

ダノンヨーヨー (Danon Yoyo) は日本競走馬である。おもな勝ち鞍は富士ステークス。馬名は冠名+洋洋たる前途が開けることを願って。

ダノンヨーヨー
Danon-Yoyo20101121.jpg
欧字表記 Danon Yoyo
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2006年4月7日(13歳)
登録日 2009年3月12日
抹消日 2015年5月13日
ダンスインザダーク
フローラルグリーン
母の父 フォーティナイナー
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 ダノックス
調教師 音無秀孝栗東
競走成績
生涯成績 38戦6勝
獲得賞金 2億1284万6000円
テンプレートを表示

戦績編集

2009年編集

デビューは遅く、3歳春の4月12日阪神の未勝利戦芝1600m。直線追い込むも2着惜敗した。2戦目の4月25日京都の未勝利戦芝1600mは1番人気に応えて初勝利。しかし2週間後の京都の500万下は4着に敗れてその後休養に入る。

2010年編集

年明け早々の1月17日の京都芝1800mで復帰し、直線追い込むも2着。続く1月30日の京都芝1600m戦も2着。2ヶ月半間を開けた4月の阪神戦は人気に応え快勝した。続く東京の1000万下の立川特別は追い込み届かず3着だったが、6月の京都の六波羅特別は直線抜け出して3勝目となった。このあと新潟の月岡温泉特別も直線抜け出し人気に応えて4勝目。格上挑戦となった阪神のポートアイランドステークスも1番人気に応え勝利しオープン入りした。そして初重賞挑戦となった富士ステークスも勝利し4連勝で重賞初制覇を果たした。11月21日マイルチャンピオンシップでは4連勝の実績が評価されて1番人気で出走、後方追走から直線で外から追い込んできたが、内から抜け出してきたエーシンフォワードにクビ差届かず2着となった。

2011年編集

2月6日東京新聞杯に1番人気で出走、最後方からレースを進めたが直線で伸び切れず7着に敗れた。続くマイラーズカップでは好位追走も逃げるシルポートをとらえきれず3着。安田記念ではアパパネに次いで2番人気で出走したがスタートで出遅れて10着と惨敗。宝塚記念では中団で進むも直線で伸び切れず7着。夏の休養明け緒戦となった毎日王冠では最後方で脚を溜めたが直線で伸びず6着。天皇賞(秋)では15着と大敗した。マイルチャンピオンシップでは好位追走から直線で渋太く脚を伸ばし4着となった。

2012年〜2015年編集

2012年以降は勝ちきれず、2015年5月13日付けで競走馬登録を抹消された。引退後は乗馬となり、北海道苫小牧市のノーザンホースパーク[1]を経て熊本県立菊池農業高等学校で繋養されていたが、右前脚に蟻洞を発症して乗馬としての用途を断念、現役時代のファンの計らいにより2018年3月からは高知県須崎市土佐黒潮牧場で繋養されている[2]


競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2009 4. 12 阪神 未勝利 17 7.6 (4人) 2着 武豊 56 芝1600m(良) 1:37.8 (33.1) 0.3 メイショウドナリオ
4. 25 京都 未勝利 18 1.8 (1人) 1着 武豊 56 芝1600m(重) 1:38.5 (36.1) -0.1 (アグネスサクラ)
5. 9 京都 500万下 11 2.1 (1人) 4着 武豊 56 芝1600m(稍) 1:36.1 (34.0) 0.3 ジャングルストーン
2010 1. 17 京都 500万下 16 4.3 (2人) 2着 北村友一 56 芝1800m(良) 1:48.6 (33.8) 0.0 ハッピーパレード
1. 30 京都 500万下 16 1.7 (1人) 2着 武豊 56 芝1600m(良) 1:35.6 (33.8) 0.2 ガンダーラ
4. 18 阪神 500万下 18 2.0 (1人) 1着 川田将雅 57 芝1600m(良) 1:34.5 (34.4) -0.2 (ナミダガキラリ)
5. 15 東京 立川特別 13 3.1 (2人) 3着 岩田康誠 57 芝1600m(良) 1:34.1 (32.7) 0.2 ソーマジック
6. 13 京都 六波羅特別 15 2.8 (1人) 1着 岩田康誠 57 芝1600m(重) 1:35.6 (36.3) 0.0 (ピースピース)
8. 29 新潟 月岡温泉特別 18 3.8 (1人) 1着 松岡正海 57.5 芝1600m(良) 1:33.3 (33.3) 0.0 (ワールドコンパス)
10. 3 阪神 ポートアイランドS OP 10 3.5 (1人) 1着 北村友一 55 芝1600m(稍) 1:34.8 (33.5) -0.4 フライングアップル
10. 23 東京 富士S GIII 17 5.1 (2人) 1着 北村友一 56 芝1600m(良) 1:32.8 (33.5) -0.2 (ライブコンサート)
11. 21 京都 マイルCS GI 18 3.7 (1人) 2着 C.スミヨン 57 芝1600m(良) 1:31.8 (33.6) 0.0 エーシンフォワード
2011 2. 6 東京 東京新聞杯 GIII 16 2.3 (1人) 7着 北村友一 57 芝1600m(良) 1:32.8 (33.2) 0.3 スマイルジャック
4. 17 阪神 マイラーズC GII 18 4.2 (1人) 3着 内田博幸 57 芝1600m(良) 1:32.6 (33.4) 0.3 シルポート
6. 5 東京 安田記念 GI 18 5.1 (2人) 10着 C.ウィリアムズ 58 芝1600m(良) 1:32.5 (34.0) 0.5 リアルインパクト
6. 26 阪神 宝塚記念 GI 16 60.5 (11人) 7着 北村友一 58 芝2200m(良) 2:11.1 (35.6) 1.0 アーネストリー
10. 9 東京 毎日王冠 GII 11 9.6 (4人) 6着 北村友一 57 芝1800m(良) 1:47.0 (32.8) 0.3 ダークシャドウ
10. 30 東京 天皇賞(秋) GI 18 70.7 (11人) 15着 後藤浩輝 58 芝2000m(良) 1:58.8 (36.0) 2.7 トーセンジョーダン

血統表編集

ダノンヨーヨー血統サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系)/Raise a Native 12.50% 5x4x5 Double Jay 6.25% 5x5 (血統表の出典)

ダンスインザダーク
1993 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ダンシングキイ
Dancing Key
1983 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Key Partner Key to the Mint
Native Partner

フローラルグリーン
1998 栗毛
*フォーティナイナー
Forty Niner
1985 栗毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
File Tom Rolfe
ConTinue
母の母
*フローラルマジック
Floral Magic
1985 黒鹿毛
Affirmed Exclusive Native
Won't Tell You
Rare Lady Never Bend
Double AgentF-No.18

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ ダノンヨーヨー号が競走馬登録抹消–日本中央競馬会 2015年7月1日閲覧
  2. ^ 土佐黒潮牧場「牧場日記」 新しい仲間です♪–土佐黒潮牧場 2018年3月7日閲覧

外部リンク編集