メインメニューを開く

カジメ(搗布、学名Ecklonia cava)は、コンブ目 レッソニア科カジメ属に属する褐藻の1種である。長い部の先に「はたき」のような側葉を持つ。水深2〜10mの岩礁上に密な群落(海中林)を形成する。薬品原料、肥料、食料品などとして用いられてきた。日本では主に本州中部太平洋側と九州北部に分布する。

カジメ
Brown algae hi.jpg
カジメ
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
階級なし : ディアフォレティケス Diaphoretickes
階級なし : SARスーパーグループ Sar
階級なし : ストラメノパイル Stramenopiles
: 不等毛植物門 Heterokontophyta
: 褐藻綱 Phaeophyceae
: コンブ目 Laminariales
: レッソニア科 Lessoniaceae[1]
: カジメ属 Ecklonia
: カジメ E. cava
学名
Ecklonia cava Kjellman[1][2]
和名
カジメ

同じレッソニア科のアラメに似るが、カジメは茎部が枝分かれしない(アラメは2分岐)点、及び側葉の表面が波打たずに平滑である点などが異なる。

利用編集

九州北部では主に味噌汁などの汁物に入れて食される。アラメと比べ分布範囲も水揚げ量も流通量も少なく、古くからヨードチンキなどの薬品の素材となって来た為、一般的にアラメよりカジメの方が高価である。アラメがカジメとして流通していることも多い。一方、アラメとカジメが完全に入れ替わっている例も多く、方言とも取れる。アラメに比べアルギン酸の含有率が高いため、汁物へ入れるとカジメの方がよく粘る。特に産地である九州北部では混同が多いことから、食用として本来のカジメを求める場合は注意が必要である。

カジメと呼ばれる海藻は、関西北陸では佃煮として食される。また神奈川県鎌倉市では、従来廃棄していた海岸に漂着したカジメを、養豚飼料とした「鎌倉海藻ポーク」の生産が始まっている[3]

地方によっては、浴槽に入れて入浴する「かじめ湯」という習慣がある[4]

脚注・出典編集

  1. ^ a b 吉田忠生・吉永一男 (2010) 日本産海藻目録(2010年改訂版), 藻類 Jpn.J.Phycol. (Sorui) 58:69-122, 2010
  2. ^ カジメ Biological Information System for Marine Life 国立研究開発法人海洋研究開発機構
  3. ^ 【食のフロンティア】鎌倉の海藻でブランド豚/水産・福祉・畜産 三位一体で『日経MJ』2019年7月8日(フード面)。
  4. ^ はぎ屋旅館(日立市)観光いばらき(茨城県観光物産協会)2019年7月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集