メインメニューを開く

カンニング・モンキー/天中拳』( - てんちゅうけん、原題:一招半式闖江湖、英題:Half A Loaf Of Kung-Fu! )は、1978年に製作された、ジャッキー・チェン主演のカンフー・コメディー映画。

カンニング・モンキー/天中拳
一招半式闖江湖
Half A Loaf Of Kung-Fu!
監督 チェン・チーホワ
脚本 湯明智
製作 許麗華
製作総指揮 ロー・ウェイ
出演者 ジャッキー・チェン
撮影 チェン・チンチェー
配給 東映
公開 香港の旗 1980年7月1日
日本の旗 1983年8月6日
上映時間 95分
製作国 香港の旗 イギリス領香港
言語 広東語
興行収入 香港の旗 1,526,871香港ドル
配給収入 10億4000万円
テンプレートを表示

概要編集

ロー・ウェイによって「第二のブルース・リー」として売り出されたがヒット作には恵まれず、ロー・ウェイの押し付けるシリアスな作風と自らの持ち味とのギャップに苦しんでいたジャッキー・チェンが、パロディ要素を満載にして若いスタッフたちとともに、結果長い期間をかけて製作した映画である。

この年代のジャッキーの作品では修行による主人公の成長を描いているものが多いが、本作に関しては異色であり、ほとんど成長がみられない主人公で、戦闘も運がかりな勝利が多く描かれている(お陰で一時ヒロインから軽蔑されるシーンもある)。また、「一指動山拳」や「片足拳」「友達の輪拳」など冗談とも思える技も登場しており、悪人の鬘(辮髪がついている)をヌンチャクのように使ったり、ポパイのように道端に生えていたホウレン草を食べて強くなったり、夢の中で座頭市に扮するなど、ジャッキーが様々なパロディを行っている。

この映画を試写で見たロー・ウェイは激怒してお蔵入りにし、ジャッキーが成功した後の1980年まで公開しなかった。しかしジャッキー本人は自伝の中で、「この映画はレンタルして見る価値があると断言できる。映画の中のセリフを借りて言うなら「嘘をついていたら、僕はどうしようもない畜生です」」と書いている[1]

日本では1983年8月6日から『伊賀野カバ丸』と2本立ての併映にて封切り公開され、10億4000万円の配給収入を上げた[2]

ストーリー編集

風来坊の青年コウ(ジャッキー・チェン)はある日、賞金稼ぎがお尋ね者と対決しているところに遭遇、両者は相打ちとなり、コウは賞金稼ぎになりすまし賞金を手に入れた。

しかし、そのおかげで五毒党という盗賊団に狙われるハメに。あわや、というところで彼はカンフーの達人の老人に救われ、警備局の隊長を紹介される。

五毒党から秘薬を守る警備隊に入ったコウは、謎の拳法使いに技を習いながら、一人前の武道家に成長していく。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ ブロードウェイ版
江濤(コウ・ジィアン) ジャッキー・チェン 石丸博也 山野井仁
苗天順(ミャオ) ジェームス・ティエン 沢木郁也 柳沢栄治
任一符(ヤン・ウー) カム・コン 石森達幸
神丐茅(マオ大人) リー・マンチン 小松方正 岩崎ひろし
方蕾(ファン・リー) ロン・ジェンエール 高木早苗
風太郎(マオ大人の弟子) ディーン・セキ 清川元夢 相沢まさき
柳劍萍(リュウ・キンレイ) キム・チンラン 吉田理保子
方威(ファン・イ) リー・ハイロン 飯塚昭三 小山武宏
呂不奉(ロウ・通称:鉄腕ロウ) チャン・チーピン 有本欽隆
衛天鷹(ロウの弟のピンク髪の笠の男) リン・チャオシュン 岡和男 岩崎ひろし
苗春花(ミャオ・チュンパン) リー・チーリン 北浜晴子
萬堂坤(ワン・コウを用心棒に採用した男) ミャオ・ティエン 有本欽隆 小山武宏
柳如龍(リュウ・レンライ) マー・ユーロン 仲木隆司 柳沢栄治
史太冲(タオ・スー) リー・ミンラン 藤本譲 小山武宏
劉三(リュウサン・コウの用心棒の先輩) シュー・ユエン 杉原康 柳沢栄治
鄭協元(テイ・町の有力者) ウー・テーサン 鈴木勝美 相沢まさき
賈冲(ツンガー) ホー・コン 龍田直樹 柳沢栄治
大金剛(冒頭に出てくる肥満の用心棒) ユー・ボン 島香裕 相沢まさき

スタッフ編集

日本公開版編集

既に何本もの主演作品が公開されて人気を誇っていた比較的後期に12本目として公開。

日本公開においては、日本限定のオリジナルサウンドトラックが作られ、本編に編入され、OPを短く編集したり、一部音声を消してBGMだけにしたり独自仕様で公開された。

日本公開版は初期のTV放送(一部BGMの使用場面が違う)およびソフト化のみで使用されたが、配給元東映の権利が喪失した後は公開されることはなくなり、以後はオリジナル香港版に準拠したソフトが発売されるのみであった。しかし2012年に発売されたブルーレイソフトには、日本語吹替音源と共に映像特典として日本公開版が復刻収録されており、「カンニング・モンキー」の流れるバージョンが再び日の目を見るに至った。

2014年発売された国内版ブルーレイでは日本公開版フィルムをテレシネして全編収録しており、公開されてから31年振りに完全な日本公開版がソフト化された。日本語字幕は「いっぽんでもニンジン拳」や「友達の輪拳」や「タケちゃんマン」や「8時だよ!全員集合」や萩本欽一の番組のギャグを取り入れた元と大きくかけ離れた訳になっていた。現行のDVDは元に沿った訳になっている。

脚注編集

  1. ^ 『I AM JACKIE CHAN―僕はジャッキー・チェン 初めて語られる香港帝王の素顔』 近代映画社
  2. ^ 1983年 (1月〜12月)”. 過去配給収入上位作品 (配給収入10億円以上番組). 日本映画製作者連盟. 2013年3月2日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク編集