メインメニューを開く

1954年ベルギーグランプリ

ウィキメディアの一覧記事

1954年ベルギーグランプリ (1954 Belgian Grand Prix) は、1954年のF1世界選手権第3戦として、1954年6月20日スパ・フランコルシャンで開催された。

ベルギー 1954年ベルギーグランプリ
レース詳細
1954年F1世界選手権全9戦の第3戦
スパ・フランコルシャン (1947-1978)
スパ・フランコルシャン (1947-1978)
日程 1954年6月20日
正式名称 XVI Grand Prix de Belgique
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギーの旗 ベルギー フランコルシャン
コース 公道コース
コース長 14.120 km (8.774 mi)
レース距離 36周 508.320 km (315.855 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー マセラティ
タイム 4:22.1
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ
タイム 4:25.5 (13周目)
決勝順位
優勝 マセラティ
2位 フェラーリ
3位 マセラティ

目次

レース概要編集

当レースより前に開催される予定だったオランダGPがキャンセルされたため、ヨーロッパラウンド最初のレースとなった。

メルセデス新車はまだ登場せず、ファン・マヌエル・ファンジオは前戦(インディ500を除く)アルゼンチンGPに引き続きマセラティをドライブする。マセラティのワークスはファンジオの他、オノフレ・マリモンセルジオ・マントヴァーニの3台体制。ノンワークスはスターリング・モスプリンス・ビラロベルト・ミエレスがプライベーターとして参戦する。

フェラーリは、前月に行われたミッレミリアで負傷したジュゼッペ・ファリーナが復帰し、ホセ・フロイラン・ゴンザレスとともに553をドライブする。当レースからモーリス・トランティニアンがワークス入りを果たし、マイク・ホーソーンとともに625をドライブする。地元出身のジャック・スウォーターズエキュリー・フランコルシャンから参戦する。

ゴルディーニジャン・ベーラに加え、地元出身のポール・フレールアンドレ・ピレットの3台体制。

ランチア新車もメルセデス同様開発が遅れ、前年度チャンピオンのアルベルト・アスカリはこのレースも欠場となった。

36周で行われたレースは、ファンジオがポール・トゥ・ウィン、トランティニアンが2位、モスが3位となった。

エントリーリスト編集

当レースでは14台がエントリーされた[1]

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ジャック・スウォーターズ   エキュリー・フランコルシャン フェラーリ 500/625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4 E
4   ジュゼッペ・ファリーナ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 553 フェラーリ Tipo554 2.5L L4 P
6   ホセ・フロイラン・ゴンザレス
8   モーリス・トランティニアン 625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4
10   マイク・ホーソーン
12   ジャン・ベーラ   エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 23 2.5L L6 E
14   アンドレ・シモン 1
16   ポール・フレール
18   アンドレ・ピレット
20   プリンス・ビラ   プリンス・ビラ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
22   スターリング・モス   スターリング・モス マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
24   ロベルト・ミエレス   ロベルト・ミエレス マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
26   ファン・マヌエル・ファンジオ   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
28   オノフレ・マリモン
30   セルジオ・マントヴァーニ
50   エマヌエル・ド・グラッフェンリード 2   バロン・デ・グラッフェンリート マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
ソース:[2]
追記
  • ^1 - シモンは病気のため欠場
  • ^2 - ド・グラッフェンリードは映画「ザ・レーサーズ」の撮影用マシンを走らせた

予選編集

ファンジオが1951年アルファロメオ・159で記録した4:25.0を上回る4:22.1のコースレコードでポールポジションを獲得した。ゴンザレスは1.5秒差の2位だったが、ハンドリングの改善に満足していた。ファリーナはマシンのセッティングが決まらず、ゴンザレスと2秒以上遅れて3位に終わった。

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 26   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 4:22.1
2 6   ホセ・フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 4:23.6 + 1.5
3 4   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 4:26.0 + 3.9
4 28   オノフレ・マリモン マセラティ 4:27.6 + 5.5
5 10   マイク・ホーソーン フェラーリ 4:29.4 + 7.3
6 8   モーリス・トランティニアン フェラーリ 4:30.0 + 7.9
7 12   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 4:34.5 + 12.4
8 18   アンドレ・ピレット ゴルディーニ 4:40.0 + 17.9
9 22   スターリング・モス マセラティ 4:40.8 + 18.7
10 16   ポール・フレール ゴルディーニ 4:42.0 + 19.9
11 30   セルジオ・マントヴァーニ マセラティ 4:42.0 + 19.9
12 24   ロベルト・ミエレス マセラティ 4:43.8 + 21.7
13 20   プリンス・ビラ マセラティ 4:46.5 + 24.4
14 2   ジャック・スウォーターズ フェラーリ 4:54.2 + 32.1
ソース:[3]

決勝編集

[1][4]

決勝は予選を走行した14台に加え、映画「ザ・レーサーズ英語版」の撮影用カメラを搭載したマセラティ・A6GCMエマヌエル・ド・グラッフェンリードがドライブした。

スタートでファンジオが出遅れ、ゴンザレスとファリーナの先行を許す。ミエレスのマセラティが炎に包まれたが、ミエレスはマシンを飛び降りて軽いやけどを負っただけで済んだ。

トップに浮上したゴンザレスは1周目にコンロッドが折れてリタイアとなった。これでトップに立ったファリーナだったが、3周目にファンジオがファリーナを抜いてトップに立った。

10周目、ファンジオのフロントサスペンションが壊れてファリーナに再び先行される。しかし、14周目にファリーナのエンジンが壊れてリタイアとなり、あとはファンジオが冷静沈着な走りで逃げ切った。

フェラーリ加入後最初のレースとなったトランティニアンが2位、モスが3位に食い込み、ともに初の表彰台に立った。

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 26   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 36 2:44:42.4 1 9
2 8   モーリス・トランティニアン フェラーリ 36 + 24.2 6 6
3 22   スターリング・モス マセラティ 35 + 1 Lap 9 4
4 10   マイク・ホーソーン
  ホセ・フロイラン・ゴンザレス
フェラーリ 35 + 1 Lap 5 1.5
1.5
5 18   アンドレ・ピレット ゴルディーニ 35 + 1 Lap 8 2
6 20   プリンス・ビラ マセラティ 35 + 1 Lap 13
7 30   セルジオ・マントヴァーニ マセラティ 34 + 2 Laps 11
Ret 4   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 14 イグニッション 3
Ret 16   ポール・フレール ゴルディーニ 14 エンジン 10
Ret 12   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 12 サスペンション 7
Ret 28   オノフレ・マリモン マセラティ 3 エンジン 4
Ret 6   ホセ・フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 1 エンジン 2
Ret 2   ジャック・スウォーターズ フェラーリ 1 エンジン 14
Ret 24   ロベルト・ミエレス マセラティ 0 火災 12
ソース:[5]

注記編集

  • 車両共有 – 10号車: ホーソーン(20周)、ゴンザレス(15周)
  • 初表彰台: トランティニアン(2位)、モス(3位)
  • 初ポイント: モス(3位・4ポイント)、ピレット(5位・2ポイント。ピレットは当レースが唯一の入賞となった)
  • ファンジオはF1通算11回目のファステストラップを記録し、自身が持つ最多記録を更新した。
  • ファリーナは当レースが1954年のF1における最終出走となった。
  • ド・グラッフェンリードは映画「ザ・レーサーズ」の撮影のため、マセラティ・A6GCMを走らせた。

第3戦終了時点でのランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
  1   ファン・マヌエル・ファンジオ 17
  5 2   モーリス・トランティニアン 9
  1 3   ビル・ブコビッチ 8
  1 4   ホセ・フロイラン・ゴンザレス 6.5
  2 5   ジュゼッペ・ファリーナ 6
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b Grand Prix de Belgique”. motorsportmagazine.com (2014年7月7日). 2017年6月14日閲覧。
  2. ^ Belgium 1954 - Race entrants”. statsf1.com. 2017年8月15日閲覧。
  3. ^ Belgium 1954 - Qualifying”. statsf1.com. 2017年8月16日閲覧。
  4. ^ (林信次 2000, p. 98)
  5. ^ 1954 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1950-1955』ニューズ出版、2000年。ISBN 4-89107-019-6

外部リンク編集