メインメニューを開く

1954年スペイングランプリ (1954 Spanish Grand Prix) は、1954年のF1世界選手権第9戦(最終戦)として、1954年10月24日ペドラルベス・サーキットで開催された。

スペイン 1954年スペイングランプリ
レース詳細
1954年F1世界選手権全9戦の第9戦
Circuit Pedralbes.png
日程 1954年10月24日
正式名称 XII Gran Premio de España
開催地 ペドラルベス・サーキット
スペインの旗 スペイン バルセロナ
コース 市街地コース
コース長 6.316 km (3.925 mi)
レース距離 80周 505.280 km (313.966 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ランチア
タイム 2:18.1
ファステストラップ
ドライバー イタリア アルベルト・アスカリ ランチア
タイム 2:20.4 (3周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 マセラティ
3位 メルセデス

レースは80周で行われ、フェラーリマイク・ホーソーンが優勝、マセラティルイジ・ムッソが2位、メルセデスファン・マヌエル・ファンジオが3位となった。

レース概要編集

ランチアの新車D50(90度V型8気筒)がようやく姿を現した。アルベルト・アスカリは予選でポールポジションを獲得し、初戦から速さを見せつける。決勝でもアスカリが3周目にトップに立ち、次第にリードを広げていきファステストラップもマークする。しかし、10周目にクラッチが壊れてリタイアとなった。代わってトップに立ったのはマセラティハリー・シェル。これにフェラーリモーリス・トランティニアンマイク・ホーソーンスターリング・モス(マセラティ)、ファン・マヌエル・ファンジオメルセデス)が順位を入れ替えながら続く。シェルはチームの指示により、ハーフタンクで先行して他車のペースを撹乱させる作戦であったがリタイアとなる。モスは燃料ポンプの不調により順位を落とし、トランティニアンもエンジントラブル、ファンジオ以外のメルセデス2台もオーバーヒートで脱落する。その後はホーソーンがトップをひた走り、ファンジオが差を縮めていったが、ファンジオのマシンから白煙が吐き始めペースを落としていき、マセラティの若手2人(セルジオ・マントヴァーニルイジ・ムッソ)に迫られていく。マントヴァーニはリタイアとなったが、ムッソがファンジオを抜き2位の座を奪った。ホーソーンは2勝目を挙げ、足回りに改良を受けたフェラーリ・553(スクアーロ)は初勝利となった[1]

翌年ル・マン24時間レースの大事故によりスペインGPはキャンセルされ、ペドラルベス・サーキットでF1が開催されるのも当レースで最後となった。以後スペインGPは1966年まで開催されず、1967年ハラマ・サーキットで非選手権として再開、翌1968年に同地で選手権の一戦に復帰した。

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ファン・マヌエル・ファンジオ   ダイムラー・ベンツ メルセデス W196 メルセデス M196 2.5L L8 C
4   カール・クリング
6   ハンス・ヘルマン
8   スターリング・モス   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
10   ロベルト・ミエレス
12   セルジオ・マントヴァーニ
14   ルイジ・ムッソ
16   パコ・ゴディア
18   プリンス・ビラ   プリンス・ビラ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
20   ロベール・マンヅォン   エキュリー・ロジェ フェラーリ 625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4 P
22   エマヌエル・ド・グラッフェンリード
  オットリーノ・フォロンテリオ 1
  バロン・デ・グラッフェンリート マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
24   ハリー・シェル   ハリー・シェル マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
26   ルイ・ロジェ   エキュリー・ロジェ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
28   ケン・ウォートン
  グエリーノ・ベルトッキ 2
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
30   ジャック・スウォーターズ   エキュリー・フランコルシャン フェラーリ 500/625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4 E
32   ジョヴァンニ・デ・リウ 3   ジョヴァンニ・デ・リウ マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
34   アルベルト・アスカリ   スクーデリア・ランチア ランチア D50 ランチア DS50 2.5L V8 P
36   ルイジ・ヴィッロレージ
38   マイク・ホーソーン   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 553 フェラーリ Tipo554 2.5L L4 P
40   モーリス・トランティニアン 625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4
42   ピーター・コリンズ   GAヴァンダーヴェル ヴァンウォール スペシャル ヴァンウォール 254 2.5L L4 P
44   ジュゼッペ・ファリーナ 3   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4 P
46   ジャン・ベーラ   エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 23 2.5L L6 E
48   ジャック・ポレー
50   フレッド・ワッカー 3
ソース:[2]
追記
  • ^1 - 決勝で車両共有
  • ^2 - 交代要員としてエントリーしたが出走せず
  • ^3 - エントリーしたが出走せず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 34   アルベルト・アスカリ ランチア 2:18.1
2 2   ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス 2:19.1 + 1.0
3 38   マイク・ホーソーン フェラーリ 2:20.6 + 2.5
4 24   ハリー・シェル マセラティ 2:20.6 + 2.5
5 36   ルイジ・ヴィッロレージ ランチア 2:21.0 + 2.9
6 8   スターリング・モス マセラティ 2:21.1 + 3.0
7 14   ルイジ・ムッソ マセラティ 2:21.5 + 3.4
8 40   モーリス・トランティニアン フェラーリ 2:21.9 + 3.8
9 6   ハンス・ヘルマン メルセデス 2:21.9 + 3.8
10 12   セルジオ・マントヴァーニ マセラティ 2:22.0 + 3.9
11 10   ロベルト・ミエレス マセラティ 2:22.3 + 4.2
12 4   カール・クリング メルセデス 2:23.4 + 5.3
13 16   パコ・ゴディア マセラティ 2:24.2 + 6.1
14 28   ケン・ウォートン マセラティ 2:25.7 + 7.6
15 18   プリンス・ビラ マセラティ 2:26.1 + 8.0
16 48   ジャック・ポレー ゴルディーニ 2:27.4 + 9.3
17 20   ロベール・マンヅォン フェラーリ 2:27.5 + 9.4
18 46   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 2:27.8 + 9.7
19 30   ジャック・スウォーターズ フェラーリ 2:28.0 + 9.9
20 26   ルイ・ロジェ マセラティ 2:29.8 + 11.7
21 22   エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 2:29.8 + 11.7
22 42   ピーター・コリンズ ヴァンウォール no time - 1
ソース:[3]
追記
  • ^1 - コリンズはアクシデントのため予選に出走せず

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 38   マイク・ホーソーン フェラーリ 80 3:13:52.1 3 8
2 14   ルイジ・ムッソ マセラティ 80 +1:13.2 7 6
3 2   ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス 79 +1 Lap 2 4
4 10   ロベルト・ミエレス マセラティ 79 +1 Lap 11 3
5 4   カール・クリング メルセデス 79 +1 Lap 12 2
6 16   パコ・ゴディア マセラティ 76 +4 Laps 13
7 26   ルイ・ロジェ マセラティ 74 +6 Laps 20
8 28   ケン・ウォートン マセラティ 74 +6 Laps 14
9 18   プリンス・ビラ マセラティ 68 +12 Laps 15
Ret 12   セルジオ・マントヴァーニ マセラティ 58 ブレーキ 10
Ret 22   エマヌエル・ド・グラッフェンリード
  オットリーノ・フォロンテリオ
マセラティ 57 エンジン 21
Ret 6   ハンス・ヘルマン メルセデス 50 インジェクション 9
Ret 40   モーリス・トランティニアン フェラーリ 47 ギアボックス 8
Ret 48   ジャック・ポレー ゴルディーニ 37 エンジン 16
Ret 24   ハリー・シェル マセラティ 29 トランスミッション 4
Ret 8   スターリング・モス マセラティ 20 オイルポンプ 6
Ret 46   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 17 ブレーキ 18
Ret 30   ジャック・スウォーターズ フェラーリ 16 エンジン 19
Ret 34   アルベルト・アスカリ ランチア 10 クラッチ 1 1
Ret 36   ルイジ・ヴィッロレージ ランチア 2 ブレーキ 5
Ret 20   ロベール・マンヅォン フェラーリ 2 エンジン 17
DNS 42   ピーター・コリンズ ヴァンウォール 予選でアクシデント
ソース:[4]

注記編集

ランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
  1   ファン・マヌエル・ファンジオ 42 (57 17)
  2   ホセ・フロイラン・ゴンザレス 25 17 (26 914)
  1 3   マイク・ホーソーン 24 914
  1 4   モーリス・トランティニアン 17
  5   カール・クリング 12
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 2000, p. 103)
  2. ^ Spain 1954 - Race entrants”. statsf1.com. 2017年12月3日閲覧。
  3. ^ Spain 1954 - Qualifications”. statsf1.com. 2017年12月3日閲覧。
  4. ^ 1954 Spanish Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1950-1955』ニューズ出版、2000年。ISBN 4-89107-019-6

外部リンク編集