三好達治

日本の詩人・翻訳家・評論家

三好 達治(みよし たつじ、1900年明治33年)8月23日 - 1964年昭和39年)4月5日)は、大阪府大阪市出身の詩人翻訳家文芸評論家日蓮宗本山本満寺貫首を務めた三好龍紳は実弟。

三好 達治
(みよし たつじ)
Miyoshi Tatsuji.jpg
誕生 1900年8月23日
日本の旗 日本大阪府大阪市西区
死没 (1964-04-05) 1964年4月5日(63歳没)
日本の旗 日本東京都大田区田園調布
墓地 本澄寺
職業 詩人作詞家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 東京帝国大学仏文科
ジャンル 短歌翻訳随筆
代表作測量船』(1930年)
『駱駝の瘤にまたがつて』(1952年)
主な受賞歴 日本芸術院賞(1953年)
読売文学賞(1963年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

大阪市西区西横堀町に父政吉・母タツの長男として生まれた。家業は印刷業を営んでいたがしだいに没落し、市内で転居を繰り返した。小学生の頃から病弱で神経衰弱に苦しみ学校は欠席がちであったが、図書館に通い高山樗牛夏目漱石徳冨蘆花などを耽読した。大阪府立市岡中学に入学し、俳句に没頭したほか、雑誌『ホトトギス』を購読した。

しかし学費が続かず、2年で中退。大阪陸軍地方幼年学校に入校。後に二・二六事件の首謀者として死刑(銃殺)となる西田税と出会い同士であり親友となる。陸軍中央幼年学校本科を経て1920年(大正9年)に陸軍士官学校に入校するも、翌年に北海道までに及ぶ大脱走をし退校処分となった(この時陸軍士官学校を自主的に退学するには脱走しかなかった)。このころ家業が破産、父親は失踪し、以後大学を出るまで学資は叔母の藤井氏が出してくれた[1]

1922年(大正11年)、第三高等学校(現・京都大学総合人間学部)文科丙類(フランス語必修)に入学。三高時代はニーチェツルゲーネフを耽読し、同級の丸山薫の影響で詩作を始める[2]。丸山と共に百田宗治の『椎の木』に作品寄稿し、そこで阪本越郎伊藤整と面識を持つ[2]。また剣道部に所属し、三段まで上がる。

第三高等学校卒業[3]後、東京帝国大学文学部仏文科に入学。同じ三高から同学部に進んだ淀野隆三から梶井基次郎(文学部英文科)を紹介され、梶井と中谷孝雄外村茂の創刊した同人誌『青空』に16号から参加した[4][5]

1927年梶井基次郎の転地療養先の伊豆湯ヶ島で、萩原朔太郎と知り合い、朔太郎の住む東京の馬込文士村の地に下宿し、詩誌『詩と詩論』創刊に携わり[6][7]、偶然湯本館を訪れていた広津和郎ギ・ド・モーパッサン女の一生」の翻訳に力を貸した。師事していた萩原朔太郎には妹が4人いて、郷土前橋では聞こえた美人だった。朔太郎より18歳下の末の妹・アイは、姉たちとは違っては華やかなタイプの美女だがわがままで、23歳で2度の離婚を経験し、兄・朔太郎夫婦の元で暮らしていた[6]。達治はアイに一目惚れし求婚するが、達治は27歳で東大仏文科を卒業したばかりの貧乏書生で、文士を生活無能力者とみなしていた萩原の両親の大反対にあい、断念した[6]

朔太郎が『月に吠える』を再刊した版元のアルスに、朔太郎の口利きで就職をした達治はアイと婚約するが、会社が倒産してアイとの結婚が破談となった[6]。絶望した達治は、シャルル・ボードレールの散文詩集『巴里の憂鬱』の全翻訳を始めた[6]。その後、処女詩集『測量船』を刊行。叙情的な作風で人気を博す。十数冊の詩集の他に、詩歌の手引書として『詩を読む人のために』、随筆集『路傍の花』『月の十日』などがある。また中国文学者吉川幸次郎との共著『新唐詩選』(岩波新書青版)は半世紀を越え、絶えず重版されている。

太平洋戦争が始まると達治は日本の勝利や日本の国家国民を賞賛称揚する「戦争詩」を複数制作し、『捷報いたる』『寒柝』『干戈永言』といった詩集にまとめて発表した[8]桑原武夫は戦後「三好達治君への手紙」という文章で、「自由をもたぬ日本人が戦争を歌ふとすれば、戦争は天変地異にほかならぬわけであり、自然詩となるのは当然である。(中略)したがつて君のみならず日本の詩人は、ヴィクトール・ユゴーのやうに、またアラゴンのやうに(「世界評論」にのつた嘉納君の断片訳をみたのみだが)戦争の内へ入つて、その悲惨と残忍を描きつゝ、なほかつそれらがより高きものの実現のためには不可避だとし、つまりその戦ひをよしとしてこれを歌ふことはできなかつた。」と評した[8]。また、石原八束は「開戦当初の捷報がこの知識人一般をも狂わせたのである。三好の詩業にとってもこの詩集がその汚点となり無限の悔恨となったことは云うをまつまい」と指摘するとともに、軍隊経験のある達治が「国のために命を捧げている軍人」に対して「できるだけのことはしなければいけない、ということだったのではないでしょうか」と述べている[8]日本文学報国会から委嘱されて「決戦の秋は来れり」の作詞も手がけた。

アイが再々婚した作詞家・佐藤惣之助が1942年に死去すると、達治は妻・智恵子(佐藤春夫の姪)と離婚し、朔太郎の三回忌に夜どおし説得し、アイを妻(達治41歳、アイ37歳)とし福井県三国町(現・坂井市)で暮らす。しかし、10か月で地方暮らしの単調さにアイが不満を口にし、達治は凄惨な暴力で報い、1945年の雪解けを待ちかねて東京へ逃げ帰り離婚した。これを題材にして、アイの姪(朔太郎の娘)の萩原葉子が小説『天上の花』(新潮社、1966年6月)を書いた。後に遺品の行李からアイの長襦袢の片袖が出てきて、葉子は、達治が死ぬまで若いアイの幻影が断ち切れなかったと思った[9]。一方、三国町に居住した縁からのちに「福井県民歌」や福井県立大野高等学校校歌福井県立三国高等学校校歌の作詞に関わった。

1949年(昭和24年)2月、福井三国町より「東京都世田谷区代田一ノ三-三岩沢方に移り、終生そこを離れなかった」[10]。 なお、この番地は旧番地である。萩原家に迫害された萩原葉子に印税の半分がわたるように奔走した。

1953年 (昭和28年)に芸術院賞(『駱駝の瘤にまたがつて』、創元社)、1963年(昭和38年)に読売文学賞(『定本三好達治全詩集』、筑摩書房)を受賞。

この他、東京工業大学学歌、神奈川県立横須賀高等学校校歌、静岡県立浜名高等学校校歌、仙北市立角館中学校校歌、大和紡社歌等多数の歌の作詞に関わった。三好が作詞した歌はほとんどが諸井三郎によって作曲されたものである。

1964年(昭和39年)、心筋梗塞に鬱血性肺炎を併発し、田園調布中央病院分院で死去。戒名は法治院平安日達居士[11]。没後ほどなく、『三好達治全集』(全12巻、筑摩書房)の刊行が開始された。三好の墓は大阪府高槻市本澄寺にある。住職である三好の甥によって、境内の中に三好達治記念館が建てられている。

亡くなる5日前に書かれ絶筆となった詩「春の落葉」は雑誌『小説新潮』の1964年6月号で絶筆作として発表されたが、直筆原稿の行方は分かっていなかった。2019年に福井県ふるさと文学館の学芸員が都内の三好の親族宅を訪ねた際に直筆原稿が見つかり、2020年に福井県が譲り受け、生誕120年に合わせ同文学館で展示された[12]

人物編集

喧嘩に強く、三島由紀夫からは文壇最強だと思われていたという。

佐藤春夫とは仲が悪く、三好が佐藤の家の前で「バカヤロウ」と怒鳴り走り去るとすぐさま佐藤も三好の家の前へ行き「バカヤロウ」と怒鳴り返した。ただお互い詩の才能は認めていた(何故仲が悪くなったのかは不明)。中谷孝雄は佐藤の弟子で三好達治の友人だったことから喧嘩の板挟みにされていた。佐藤が中谷に三好のことを聞いた時、佐藤が「自分のところには菊を寄越したよ。」と言ったエピソードがある。この言葉は当時流行っていた太平洋行進曲の歌詞とかけた洒落で仲直りをしたわけではない。

主な著書編集

※「詩集」は、岩波文庫・新潮文庫・ハルキ文庫・新書版の思潮社「現代詩文庫」で刊行。

詩集編集

  • 測量船』(第一書房、1930年) のち講談社文芸文庫
  • 『南窗集』(椎の木社、1932年)
  • 『閒花集』(四季社、1934年)
  • 『山果集』(四季社、1935年)
  • 『霾』(合本詩集『春の岬』(創元社、1939年)所収)
  • 『艸千里』(四季社、1939年)
  • 『一點鐘』(創元社、1941年)
  • 『捷報いたる』(スタイル社、1942年)
  • 『覇旅十歳』(臼井書房、1942年)
  • 『寒柝』(大阪創元社、1943年)
  • 『朝菜集』(青磁社、1943年)
  • 『花筐』(青磁社、1944年)
  • 『干戈永言』(青磁社、1945年)
  • 『春の旅人』(三好達治詩集頒布の会、1945年)
  • 『故郷の花』(大阪創元社、1946年)
  • 『砂の砦』(臼井書房、1946年)
  • 『日光月光集』(高桐書院、1947年)
  • 『駱駝の瘤にまたがつて』(創元社、1952年)
  • 『定本三好達治全詩集』(筑摩書房、1962年)(『捷報いたる』は削除)

歌集編集

  • 『日まはり』(椎の木社、1934年)

随筆編集

  • 『夜沈々』(白水社、1938年)
  • 『風蕭々』(河出書房、1941年)
  • 『屋上の鶏』(文体社、1943年)
  • 『灯下言』(高桐書院、1947年)
  • 『卓上の花』(創元社、1952年)
  • 『路傍の秋』(筑摩書房、1958年)
  • 『草上記』(新潮社、1963年)
  • 『月の十日』(新潮社、1964年、講談社文芸文庫、2003年)
  • 『三好達治随筆集』(岩波文庫、1990年) 中野孝次

詩歌論編集

  • 『諷詠十二月』(新潮社、1942年) のち新潮文庫講談社学術文庫講談社文芸文庫
  • 『詩を読む人のために』(至文堂、1952年、岩波文庫、1991年) 解説杉本秀太郎
  • 『俳句鑑賞』(筑摩書房、1955年)
  • 『萩原朔太郎』(筑摩書房、1963年、講談社文芸文庫、2006年)

伝記ほか編集

派生関連本編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本近代文学会関西支部大阪近代文学事典編集委員会2005『大阪近代文学事典』「三好達治」の項参照
  2. ^ a b 三好達治「文學的青春傳」(群像 1951年5月号)。別巻 2000, pp. 199-206に所収
  3. ^ 『第三高等学校一覧 大正15年4月起大正16年3月止』第三高等学校、1926年7月、p.(名簿)156
  4. ^ 「第七章 天に青空、地は泥濘――本郷と目黒にて」(大谷 2002, pp. 137-161)
  5. ^ 「第八章 冬至の落日――飯倉片町にて」(大谷 2002, pp. 162-195)
  6. ^ a b c d e 「第十章 冬蠅の恋――湯ヶ島その二」(大谷 2002, pp. 216-242)
  7. ^ 「第四部 第二章 帰阪」(柏倉 2010, pp. 367-376)
  8. ^ a b c 徳永光展「三好達治戦争詩の考察 (PDF) 」『福岡工業大学研究論集』Vol.49 No.2、2016年、pp.65 - 68
  9. ^ 関川夏央(「あはれ花びらながれ…」『やむを得ず早起き』(小学館、2012年)
  10. ^ 『三好達治詩集』巻末年譜より。(岩波文庫)ISBN 4003108213 C0129
  11. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)319頁
  12. ^ 詩人・三好達治の絶筆「春の落葉」 直筆原稿が東京都内で見つかる

参考文献編集

  • 中外日報1992年12月11日
  • 梶井基次郎全集第3巻 書簡』 筑摩書房、2000年1月。ISBN 978-4-48-070413-9 
  • 『梶井基次郎全集別巻 回想の梶井基次郎』 筑摩書房、2000年9月。ISBN 978-4480704146 
  • 大谷晃一 『評伝 梶井基次郎』(完本版) 沖積舎、2002年11月。ISBN 978-4806046813  初本(河出書房新社)は1978年3月 NCID BN00241217。新装版は 1984年1月 NCID BN05506997。再・新装版は1989年4月 NCID BN03485353
  • 柏倉康夫 『評伝 梶井基次郎――視ること、それはもうなにかなのだ』 左右社、2010年8月。ISBN 978-4903500300 
  • 安西的「名のりの詩」三好達治全集 月報8

外部リンク編集