キングスマン

キングスマン』(Kingsman: The Secret Service)は、2014年イギリススパイ映画英語版。原作はマーク・ミラーデイヴ・ギボンズ英語版によるコミック『キングスマン:ザ・シークレット・サービス英語版』。同じくミラー原作の映画『キック・アス』を監督したマシュー・ヴォーンが監督を務めた。主演はコリン・ファース。どの国にも属さない世界最強のスパイ機関「キングスマン」の活躍と亡き父の後を継いでキングスマンのスパイとなる道を選んだ青年の成長をユーモアを交えて描いた作品である。

キングスマン
Kingsman: The Secret Service
監督 マシュー・ヴォーン
脚本 ジェーン・ゴールドマン
マシュー・ヴォーン
原作 マーク・ミラー
デイヴ・ギボンズ英語版
キングスマン:ザ・シークレット・サービス英語版
製作 マシュー・ヴォーン
デヴィッド・リード
アダム・ボーリング
製作総指揮 マーク・ミラー
デイヴ・ギボンズ
スティーヴン・マークス
クローディア・ヴォーン
ピエール・ラグランジェ
出演者 コリン・ファース
サミュエル・L・ジャクソン
マーク・ストロング
タロン・エガートン
マイケル・ケイン
音楽 ヘンリー・ジャックマン
マシュー・マージェソン
撮影 ジョージ・リッチモンド
編集 エディ・ハミルトン
ジョン・ハリス
製作会社 Marv Films英語版
Cloudy Productions
TSG Entertainment英語版
配給 イギリスの旗 20世紀フォックス
日本の旗 KADOKAWA
公開 イギリスの旗 2015年1月29日
日本の旗 2015年9月11日
上映時間 129分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
アラビア語
スウェーデン語
製作費 $81,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $406,934,064[1]
日本の旗 9億8000万円[2]
次作 キングスマン: ゴールデン・サークル
テンプレートを表示

2014年12月に開催された映画鑑賞マラソンイベント「Butt-Numb-A-Thon英語版」で初上映された。

2017年に続編となる『キングスマン: ゴールデン・サークル』が全米公開予定[3]

目次

ストーリー編集

ロンドンのサヴィル・ロウにある「キングスマン」は表向きは高級テーラーだが、実は、どこの国にも所属せずに、難事件・テロリズムを解決するスパイ組織「キングスマン」の拠点であった。

海兵隊を辞めて無為に日々を過ごす若者エグジーことゲイリー・アンウィンは、チンピラ相手のつまらない諍いで逮捕され、組織の正体を知らぬまま「キングスマン」に保釈の面倒をみてもらった。エグジーの父(リー・アンウィン)は「キングスマン」の候補生だったが、17年前に殉職したのだ。「キングスマン」のメンバーで、かつてリーに命を救われたハリー・ハートは、エグジーの頭脳と身体能力に目を止めて、エグジーを候補生としてスカウトした。

家柄の良い候補生たちと共に過酷な試練に耐え、最終試験まで残るエグジー。しかし、合格したのは紅一点のライバル ロキシーだった。一方、ハリーは人類の存亡に関わる巨大な陰謀を追っていた。この件にヴァレンタインという富豪の実業家が絡んでいることを突き止めるハリー。だが、ハリーは道半ばでヴァレンタインに射殺された。

「キングスマン」の内部にも、ヴァレンタインのシンパがいることに気付くエグジー。信用できるのは、指導教官マーリンとロキシーだけだった。ハリーの仇を取るために、ロキシー達と共にヴァレンタインに戦いを挑むエグジー。ヴァレンタインの秘密基地に潜入したエグジーは、激戦の末に勝利を手にするのだった。

キャスト編集

ゲイリー・“エグジー”・アンウィン
演 - タロン・エガートン、日本語吹替 - 木村昴
父を亡くして以来、人生をあきらめ自堕落な生活を送っていた青年。ハリーによってキングスマンにスカウトされ、亡父もまたキングスマン候補生であったことを知る。
ハリー・ハート
演 - コリン・ファース、日本語吹替 - 森田順平
キングスマンのベテランスパイ。コードネームは「ガラハッド」。
キングスマンになるのに出自は関係ないとして、17年前にエグジーの父リーをキングスマンに勧誘した。任務中、リーによって命を救われた。
リッチモンド・ヴァレンタイン
演 - サミュエル・L・ジャクソン、日本語吹替 - 玄田哲章
世界規模のテロ計画を進めるIT富豪。血を見ると嘔吐してしまう。
環境問題に関心を寄せており、地球を救うためには人口を減らす必要があると考えている。
マーリン
演 - マーク・ストロング、日本語吹替 - 加藤亮夫
キングスマンの新人候補生を指導する教官。
アーサー
演 - マイケル・ケイン、日本語吹替 - 佐々木敏
キングスマンのリーダー。「上流階級出身者の方がキングスマンとしての適正を持っている」と考えている。
ロキシー・モートン
演 - ソフィ・クックソン、日本語吹替 - 下山田綾華
キングスマン候補生。上流階級出身だが、他の候補生と違いエグジーにも分け隔てなく接する。
ガゼル
演 - ソフィア・ブテラ、日本語吹替 - 沢城みゆき
ヴァレンタインの部下で、両足が義足の殺し屋。
ミシェル・アンウィン
演 - サマンサ・ウォマック英語版
エグジーの母親。リーを亡くして以来自堕落な生活を送っている。
リー・アンウィン
演 - ジョノ・デイヴィース英語版
エグジーの父親。元キングスマン候補生。17年前の任務中、敵の自爆攻撃からハリーを庇って殉職した。
ディーン・ベイカー
演 - ジェフ・ベル英語版、日本語吹替 - 後藤哲夫
エグジーの義父で、ミシェルの夫(再婚相手)。不良グループのリーダーでエグジーやミシェルにしばしば暴力を振るう。
チャーリー・ヘスケス
演 - エドワード・ホルクロフト、日本語吹替 - 櫻井トオル
キングスマン候補生。上流階級出身でエグジーを見下しており、他の候補生と一緒にエグジーへ嫌がらせ行為を行う。
アーノルド教授
演 - マーク・ハミル、日本語吹替 - あべそういち
フルネームはジェームズ・アーノルド。ガイア理論を提唱する学者。謎の一味に拉致される。
ランスロット
演 - ジャック・ダヴェンポート、日本語吹替 - 桐本琢也
17年前、リーが殉職した任務に同行していた候補生であり、今ではキングスマンのベテランスパイ。劇中序盤においてアーノルド教授の救出任務に向かう。
ティルデ王女
演 - ハンナ・アルストロム英語版、日本語吹替 - 佐古真弓
スウェーデンの王女。ヴァレンタインに誘拐され物語終盤まで監禁されるが、エグジーらの活躍により救出される。その後、世界を救ったエグジーにサービスする。
JB
エグジーが訓練の一環として育てることになったパグ。名前の由来は『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー

受賞編集

映画賞 対象 結果
2016 第39回日本アカデミー賞[4] 最優秀外国作品賞 ノミネート

出典編集

  1. ^ a b Kingsman: The Secret Service (2015)” (英語). Box Office Mojo. 2015年9月5日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 45頁
  3. ^ “『キングスマン』続編、4か月公開延期!”. シネマトゥデイ. (2016年11月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0087806 2016年11月25日閲覧。 
  4. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表!『海街diary』が最多12部門(2/2)”. シネマトゥデイ (2016年1月18日). 2016年1月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集