メインメニューを開く

キングトップガン日本競走馬。おもな勝ち鞍に2011年目黒記念函館記念

キングトップガン
King-topgun20111127.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2003年4月24日(16歳)
登録日 2005年10月6日
抹消日 2012年11月21日
マヤノトップガン
グリタリングフラワ
母の父 マルゼンスキー
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 北星村田牧場
馬主 池田豊治
調教師 鮫島一歩栗東
調教助手 寺井千万基
競走成績
生涯成績 47戦7勝
獲得賞金 1億9641万7000円
テンプレートを表示

目次

戦歴編集

2006年6月のデビュー。以降翌2007年までに条件戦などで4勝をマーク、5歳となった2008年春に準オープンを勝ち上がりオープンクラスへと昇級する。

デビュー当時はダート中距離を使われてきた同馬であったが、管理調教師である鮫島は「実績はダートにあるけど、フットワークを考えれば芝のほうが合っている」[1]と評し昇級後はほぼ芝の中長距離でのレースが定着化する。

オープン入りを果たしたもののその後はダートOP特別競走での3着が1回あるのみで2桁着順を幾度も繰り返すなど苦戦を続けたキングトップガンは、2010年夏に2度目の骨折が判明。馬主らとの協議の結果、陣営は当時7歳という高齢馬であった同馬の内視鏡手術へと踏み切る。この決断が後の躍進へと繋がる。

2011年初頭の復帰後も以前同様に凡走を続け、「年齢的なものを感じる」という諦めの声も上がっていた[2]キングトップガンであったが、大阪-ハンブルクカップにて18頭中18番人気という低評価に反発し、2着という結果を出し関係者を驚かせ[3]てから成績が一変し始める。「(前走と)似たような条件のここで走れば本物」[4]と出走したメトロポリタンステークスでも僅差の内容、さらに「降雨で馬場が渋ればプラス」[5]と送り出した目黒記念ではその思惑どおり馬場が悪化する中、3年ぶりに51キロで乗った[6]という横山典弘騎手を背に重賞初勝利を記録。「瞬発力は無いが渋とさで勝負するタイプ」[7]と評されていた本馬に軽量ハンデと先行策から早め抜け出しの戦法が合わさった勝利となった。

キングトップガンは続いて出走した函館記念も制覇し重賞2連勝をマーク。暑さを避け涼しい時間に調教を施し、約2年ぶりに背負う斤量54キロの対策として調教時の鞍を重くするなど関係者の努力が実った一戦となる[8]

その後は芝の中長距離競走で凡走を続け、ダートにも挑戦したが勝てず2012年11月21日に競走馬登録を抹消された。引退後は福島競馬場乗馬となる[9]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム 着差 勝ち馬/(2着馬)
2006.06.11 中京 3歳未勝利 16 012.7 0(5人) 04着 池添謙一 56 芝1800m(稍) 1:50.3 -0.5 イブキドミナーレ
0000.07.02 函館 3歳未勝利 16 002.5 0(1人) 06着 池添謙一 56 芝2000m(良) 2:03.3 -0.6 マイネルヴェステン
0000.07.15 函館 3歳未勝利 13 001.9 0(1人) 01着 安藤勝己 56 ダ1700m(良) 1:49.2 -1.0 (ボビン)
0000.07.30 函館 500万下 13 003.1 0(2人) 01着 安藤勝己 54 ダ1700m(良) 1:48.7 -0.0 (レフォルマ)
2007.03.25 中山 富里特別 13 013.2 0(4人) 04着 松岡正海 54 ダ1800m(稍) 1:53.5 -0.3 リスキーアフェア
0000.05.26 中京 1000万下 13 001.9 0(1人) 01着 安藤勝己 57 ダ1700m(稍) 1:45.6 -0.0 (ウインプログレス)
0000.06.24 阪神 鷹取特別 16 003.7 0(1人) 01着 安藤勝己 57.5 ダ2000m(不) 2:05.6 -0.6 (クリーン)
0000.07.28 小倉 宮崎競馬100年記念 16 004.0 0(3人) 02着 川田将雅 57 ダ1700m(良) 1:45.5 -0.6 サンライズレクサス
0000.12.22 阪神 摩耶S 16 004.7 0(2人) 07着 安藤勝己 57 ダ1800m(重) 1:51.8 -1.1 サトノスローン
2008.01.05 中山 初日の出S 16 007.9 0(4人) 14着 川田将雅 57 ダ1800m(良) 1:54.0 -1.7 レオエンペラー
0000.01.19 京都 雅S 16 008.1 0(5人) 03着 安藤勝己 57 ダ1800m(良) 1:51.7 -0.2 ゼンノパルテノン
0000.02.10 京都 北山S 16 005.9 0(4人) 05着 松岡正海 57 ダ1800m(不) 1:51.7 -0.3 ナナヨーヒマワリ
0000.03.01 阪神 御堂筋S 16 010.0 0(6人) 05着 安藤勝己 57 芝2400m(良) 2:29.3 -0.4 メトロシュタイン
0000.03.23 阪神 但馬S 15 013.0 0(6人) 04着 川田将雅 57 芝2000m(良) 2:02.2 -0.3 バトルハートオー
0000.04.05 阪神 難波S 15 005.7 0(3人) 01着 川田将雅 57 芝1800m(良) 1:46.2 -0.1 (アグネストレジャー)
0000.04.26 京都 オーストラリアT OP 15 014.3 0(6人) 10着 安藤勝己 56 芝1800m(良) 1:48.2 -0.8 オーシャンエイプス
0000.06.01 東京 目黒記念 JpnII 18 057.1 0(9人) 06着 安藤勝己 54 芝2500m(良) 2:32.6 -0.7 ホクトスルタン
0000.07.05 函館 大沼S OP 13 006.2 0(2人) 03着 武幸四郎 54 ダ1700m(良) 1:43.9 -0.2 フェラーリピサ
2009.04.12 福島 福島民報杯 OP 14 023.4 (10人) 12着 勝浦正樹 56 芝2000m(良) 1:59.8 -2.0 ホッコーパドゥシャ
0000.07.26 函館 函館記念 GIII 16 090.9 (14人) 10着 安藤勝己 54 芝2000m(良) 2:01.5 -0.9 サクラオリオン
0000.08.08 札幌 みなみ北海道S OP 13 013.1 0(7人) 11着 安藤勝己 54 芝2600m(良) 2:41.4 -2.3 クィーンスプマンテ
0000.08.29 札幌 しらかばS OP 13 031.3 0(7人) 06着 安藤勝己 54 ダ1700m(良) 1:43.9 -1.0 エーシンモアオバー
0000.10.11 京都 京都大賞典 GII 14 201.2 (14人) 13着 秋山真一郎 57 芝2400m(良) 2:25.7 -1.4 オウケンブルースリ
0000.10.31 東京 ブラジルC OP 16 043.8 (10人) 09着 柴山雄一 54 ダ2100m(良) 2:11.7 -1.7 エーシンモアオバー
2010.01.17 京都 日経新春杯 GII 12 105.1 (11人) 10着 川田将雅 53 芝2400m(良) 2:26.9 -2.5 メイショウベルーガ
0000.02.13 京都 アルデバランS OP 16 257.4 (13人) 13着 川田将雅 53 ダ1900m(重) 1:58.3 -2.9 トランセンド
0000.03.07 阪神 大阪城S OP 16 043.7 (11人) 10着 熊沢重文 52 芝1800m(稍) 1:50.3 -1.2 マヤノライジン
0000.04.10 阪神 大阪HC OP 12 267.7 (12人) 08着 木幡初広 52 芝2400m(良) 2:27.5 -0.5 ニホンピロレガーロ
0000.04.24 東京 メトロポリタンS OP 14 231.7 (14人) 06着 中谷雄太 52 芝2400m(良) 2:27.3 -1.2 ナカヤマフェスタ
0000.06.19 函館 函館グランドOP OP 16 071.0 (15人) 14着 上村洋行 52 芝1800m(良) 1:49.1 -1.5 マンハッタンスカイ
2011.02.12 京都 アルデバランS OP 16 344.2 (16人) 14着 国分恭介 51 ダ1900m(良) 2:00.3 -2.5 ピイラニハイウェイ
0000.02.19 東京 ダイヤモンドS GIII 16 221.6 (16人) 15着 吉田豊 51 芝3400m(良) 3:35.2 -3.3 コスモメドウ
0000.04.09 阪神 大阪HC OP 18 477.7 (18人) 02着 国分恭介 50 芝2400m(良) 2:26.4 -0.0 ビートブラック
0000.04.24 東京 メトロポリタンS OP 14 025.9 (11人) 06着 丸山元気 51 芝2400m(良) 2:28.2 -0.2 ケイアイドウソジン
0000.05.28 東京 目黒記念 GII 17 016.3 0(7人) 01着 横山典弘 51 芝2500m(稍) 2:32.5 -0.0 (ハートビートソング)
0000.07.24 函館 函館記念 GIII 16 007.6 0(4人) 01着 横山典弘 54 芝2000m(良) 2:00.3 -0.0 (マヤノライジン)
0000.08.21 札幌 札幌記念 GII 13 006.3 0(3人) 12着 横山典弘 57 芝2000m(良) 2:00.2 -1.6 トーセンジョーダン
0000.11.06 東京 アルゼンチン共和国杯 GII 18 019.2 0(9人) 06着 横山典弘 56 芝2500m(良) 2:32.5 -1.0 トレイルブレイザー
0000.11.27 東京 ジャパンC GI 16 240.0 (16人) 15着 戸崎圭太 57 芝2400m(良) 2:26.5 -2.3 ブエナビスタ
0000.12.25 中山 有馬記念 GI 13 132.9 (13人) 13着 柴田善臣 57 芝2500m(良) 2:37.4 -1.4 オルフェーヴル
2012.02.08 佐賀 佐賀記念 JpnIII 16 005.3 0(4人) 06着 安藤勝己 58 ダ2000m(不) 2:06.8 -1.1 ピイラニハイウェイ
0000.04.08 阪神 大阪HC OP 14 042.3 (11人) 12着 池添謙一 56 芝2400m(良) 2:29.4 -3.1 ユニバーサルバンク
0000.04.21 東京 メトロポリタンS OP 11 068.7 0(9人) 08着 田辺裕信 56 芝2400m(良) 2:28.5 -1.4 スマートロビン
0000.05.27 東京 目黒記念 GII 18 137.9 (15人) 10着 田辺裕信 56 芝2500m(良) 2:31.7 -1.1 スマートロビン
0000.07.15 函館 函館記念 GIII 16 045.8 (11人) 16着 横山典弘 56 芝2000m(良) 2:08.9 -8.5 トランスワープ
0000.08.25 札幌 エルムS GIII 11 259.7 (10人) 10着 丸山元気 57 ダ1700m(良) 1:44.8 -2.6 ローマンレジェンド
0000.11.18 福島 福島記念 GIII 16 166.5 (16人) 15着 津村明秀 55 芝2000m(稍) 2:01.3 -1.8 ダイワファルコン

血統表編集

キングトップガン血統ロベルト系 / アウトブリード (血統表の出典)

マヤノトップガン
1992 栗毛
父の父
*ブライアンズタイム
1985 黒鹿毛 アメリカ
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
父の母
アルプミープリーズ
1981 栗毛 アメリカ
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Swiss Vaguely Noble
Gala Host

グリタリングフラワ
1993 鹿毛
マルゼンスキー
1974 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
*シル Buckpasser
Quill
母の母
カシマアロー
1985 黒鹿毛
アローエクスプレス *スパニッシュイクスプレス
*ソーダストリーム
トキノマツカゼ *チャイナロック
オーマツカゼ F-No.12


脚注編集

  1. ^ 2009年10月11日競馬エイト・鮫島師
  2. ^ 2011年4月9日ケイバブック・寺井助手
  3. ^ 2011年4月24日東京スポーツ・寺井助手
  4. ^ 2011年4月24日東京中日スポーツ・寺井助手
  5. ^ 2011年5月28日日刊スポーツ・鮫島師
  6. ^ netkeiba 目黒記念結果
  7. ^ 2011年5月28日サンケイスポーツ・鮫島師
  8. ^ 2011年7月25日日刊スポーツ
  9. ^ キングトップガン号が競走馬登録抹消 JRA公式サイト 2012年11月21日

外部リンク編集