メインメニューを開く

クリエイション(ブルース・クリエイション、クリエーション、CREATION)は、日本ロックバンド

クリエイション
CREATION
別名 ブルース・クリエイション(1969年 - 1972年)
クリエーション(1981年 - 1983年)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ニューロック
ブルースロック
サイケデリックロック
ハードロック
フュージョン
活動期間 1969年 - 1984年
2005年 - 現在
レーベル ポリドール・レコード
日本コロムビア
東芝EMI
アイビーレコード
公式サイト creation-web
メンバー 竹田和夫ボーカル/ギター
樋口晶之ドラムス
ヒロ小川ベース
ミック三国キーボード
旧メンバー 本文参照

1960年代末、竹田和夫を中心に結成。日本ロック史の草創期において、早くからハードロック・スタイルを取り込んだグループの一つ。 その後も変遷を経て、1980年代初期には楽曲「ロンリー・ハート」が全国区でヒットを放つ。一度解散したが、2005年より再始動を果たした。

目次

来歴編集

ブルース・クリエイション期(1969年 - 1972年)編集

1968年竹田和夫(ギター)、洪栄龍(ギター)、布谷文夫(ボーカル)らは、ザ・ジャガーズの弟分バンド「ザ・ビッキーズ」として渋谷のディスコ専属で活動を始め、東京12チャンネルの番組「R&B天国」で5週勝ち抜き優勝するなど実績を積む。

1969年、竹田、布谷らで新たにブルースロックバンド「ブルース・クリエイション」を結成。その後、野地義行(ベース)、田代信一(ドラムス)が加入した4人編成となり、同年10月、ポリドールよりデビューアルバム『ブルース・クリエイション』をリリースする。

1971年、大沢博美(ボーカル)、樋口晶之(ドラムス)にメンバーチェンジし、2ndアルバム『悪魔と11人の子供達』をリリース。初期の「ブラック・サバス」的アプローチで、ハードロック・スタイルの雛形となった[1]。同年8月、カルメン・マキをボーカルに迎えて「第3回全日本フォークジャンボリー」に出演したのち、日本コロムビアより『カルメン・マキ&ブルース・クリエイション』をリリースする。

1972年、ブルース・クリエイションは解散し、竹田和夫は松本繁(ベース)、内藤正美(ドラムス)らと「ブラッディ・サーカス」を結成するが短命に終わる。

クリエイション期(1972年 - 1978年)編集

1972年、竹田、松本、樋口、大沢でブルース・クリエイションを再興し、「クリエイション」と改め新規に結成。飯島義昭(ギター)が追加入してツイン・リード体制となるが、大沢が早々に脱退し竹田がボーカルを兼任する。

1975年東芝EMIより、内田裕也のプロデュースで、1stアルバム『クリエイション』をリリースする。当時の国内盤LPとしては珍しくビニールシュリンクされていた。同年、ワールド・ロック・フェスティバルで共演した元「マウンテン」のフェリックス・パパラルディにコンタクトを取り渡米しパパラルディのプロデュースでレコーディング[2]

1976年、2ndアルバム『クリエイション・ウイズ・フェリックス・パパラルディ』をリリースする。このアルバムはアメリカでは『FELIX PAPPALARDI & CREATION』としてリリースされ、同年7月より、パパラルディを加えたメンバーで、キッスジョニー・ウィンターなどと共に全米ツアーを行った。また、日本人単独アーティストとしては初の武道館公演を行った。

1977年、3rdアルバム『ピュア。エレクトリック。ソウル』をリリース。このアルバムからは、「スピニング・トー・ホールド」が、アメリカのプロレス兄弟チーム、ザ・ファンクスの入場テーマ曲に使用され有名になった。その後、松本が脱退し山内テツ(ベース)が参加し、フリートウッド・マックサンタナらとオーストラリアツアーを行った。

新生クリエーション〜解散から再結成(1979年 - 1984年、2005年 - 現在)編集

1979年、竹田和夫はこれまでのメンバーを刷新。ボーカルにアイ高野(元ザ・カーナビーツ1977年の竹田和夫オールスターズにも参加)を迎え、フュージョン路線もまじえた『朝日の国』をリリース。

1981年にバンド名を「クリエーション」に改名し、アルバム『ロンリー・ハート (Lonely Hearts)』をリリース。表題曲「ロンリー・ハート」がドラマ『プロハンター』の主題歌に使われスマッシュ・ヒットとなった。

こののち、竹田和夫&クリエイション名義でアルバム『ソング・フォー・ア・フレンド』(1983年)、『レイニー・ナイト・ドリーマー』(1984年)をリリース。その後、竹田和夫はソロ活動に移りクリエイションは解散する。

2005年、竹田和夫はソロ活動と平行し再びクリエイションとしての活動を再開し[3]2014年アイビーレコードより、過去ナンバーの新録音を中心とした30年ぶりのアルバム『リザレクション』をリリースし、リユニオンコンサートを行う[4]。以降、クリエイション名義でのライヴを年に2回のペースで行っている[3]

メンバー編集

ボーカル ギター ベース ドラムス キーボード サックス
1969
(ブルース・クリエイション)
布谷文夫
大沢博美
竹田和夫
野地義行
篠崎淳 田代信一 志村守
1969-1970 布谷文夫 竹田和夫 野地義行
1970 竹田和夫
1970 上村律夫
1970 山崎隆史
1970 大沢博美
1970 佐伯正志
1971 竹田和夫
大沢博美
樋口晶之
1971–1972
(ブラッディ・サーカス)
竹田和夫 松本繁 内藤正美
1972–1973
(クリエイション)
竹田和夫
大沢博美
樋口晶之
1973–1976 竹田和夫 竹田和夫
飯島義昭
佐伯正志
1976–1977 竹田和夫
フェリックス・パパラルディ
松本繁
フェリックス・パパラルディ
1977–1978 竹田和夫 山内テツ
1978–1981 奥本亮
1981–1982 竹田和夫
アイ高野
竹田和夫 ヒロ小川 高木貴司
裵天外
安藤ジュン
1982–1983 竹田和夫
佐野行直
高木貴司
アイ高野
ミック三国
1983–1984 樋口晶之
アイ高野
信田和雄 皆川トオル
1984-2005 解散中
2005–2008 竹田和夫 竹田和夫
ブルー・バロン
栃原優二 樋口晶之 ミック三国
2008-現在 竹田和夫 ヒロ小川

ディスコグラフィー編集

スタジオアルバム編集

ブルース・クリエイション

  • 『ブルース・クリエイション』(1969)
  • 『悪魔と11人の子供達』(1971)
  • 『カルメン・マキ&ブルース・クリエイション』(1971)

クリエイション

  • 『クリエイション』(1975)
  • 『クリエイション・ウイズ・フェリックス・パパラルディ』(1976)
  • 『ピュア・エレクトリック・ソウル』(1977)
  • 『スーパー・ロック』(1978)
  • 『朝日の国』(1979)
  • 『ロンリー・ハート』(1981)(クリエーション名義)
  • 『ソング・フォー・ア・フレンド』(1983)(竹田和夫&クリエイション名義)
  • 『レイニー・ナイト・ドリーマー』(1984)(竹田和夫&クリエイション名義)
  • 『リザレクション』(2014)

ライブアルバム編集

  • 『スタジオ・ライブ!』(1979)
  • 『ジャスト・アライヴ』(1982)(クリエーション名義)
  • 『CREATION with FELIX PAPPALARDI Live at BUDOKAN 1976』(2007)

シングル編集

名義 発売日 レーベル 品番 タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
クリエイション 1976年 東芝EMI・Express ETP-10036 A 夢の彼方に
B シークレット・パワー
1977年 RPT-8073 A トーキョー・サリー
B 幻の10年 Happenings Ten Years Time Ago
1978年 ETP-10370 A スピニング・トー・ホールド Spinning toe Hold
B スピニング・トー・ホールド No.2 Spinning toe Hold
1978年 ETP-10398 A 危険な関係のブルース No Problem 日活映画『危険な関係』主題曲
B フーフー・ガンガン Fou-Fou,Gun-Gun
1978年 ETP-10441 A 暗闇のレオ TBSテレビドラマ『ムー一族』主題歌
B 夢の彼方に
1979年 ETP-10611 A ママ・ユードン・クライ 唐十郎 竹田和夫

加藤和彦

水曜劇場『家路』の主題歌。
B 夢の彼方に
クリエーション 1981年4月21日 東芝EMI・EASTWORLD EWS-17116 A ロンリー・ハート 大津あきら 竹田和夫 クリエーション 1981年4月日本テレビ系全国ネット『プロハンター』主題歌。
B Lonely Hearts(英語版)
1981年 WTP-17207 A Hello アップルヒップ クリエーション

小川ミミ

竹田和夫 クリエーション ワコールCMソング
B BANZAI CLIFF -

脚注編集

  1. ^ ブルース・クリエイションの『悪魔と11人の子供達』は洋楽と遜色のない日本のロックを響かせた歴史的名盤”. okmusic (2018年4月27日). 2019年5月12日閲覧。
  2. ^ JAPROCKSAMPLER.COM,Julian Cope [1]
  3. ^ a b 竹田和夫 CREATION WEB クリエイション ヒストリー[2]
  4. ^ 80年代ロックの二大バンドが今よみがえった!”. ORICON NEWS (2014年4月30日). 2019年5月12日閲覧。

外部リンク編集