メインメニューを開く

ケイティーズKaties1981年4月22日 - 2004年8月20日)はアイルランド産の競走馬1984年アイリッシュ1000ギニー優勝馬。引退後は繁殖牝馬となり、GI競走2勝を挙げたヒシアマゾンなど3頭の重賞優勝馬を輩出した。

ケイティーズ
欧字表記 Katies
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1981年4月22日
死没 2004年8月20日
ノノアルコ
Mortefontaine
母の父 ポリック
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 R.M.オーフェール
馬主 J.フィッシャー
T.P.ラムズデン
調教師 M.J.ライアン(アイルランド
競走成績
生涯成績 10戦4勝
 
勝ち鞍
GI 愛1000ギニー 1984年
GI コロネーションS 1984年
テンプレートを表示

半弟に種牡馬のミルフォンティーヌ(父ミルリーフ)、伯父にナンソープステークスなど重賞3勝のポリフォトがいる。

経歴編集

戦績編集

1歳時に上場されたセリ市において1万1000ギニーという安価で購買され、J.フィッシャーの所有馬となった[1]。1983年9月にニューマーケット競馬場でデビューし、2戦目で初勝利。翌1984年4月に2勝目を挙げ、同月に出走したG2競走・プリンセスエリザベスステークスで3着となった後、その素質を見込んだ馬主のテリー・ラムズデンに50万ポンドトレードされた[1]

次走に臨んだアイルランドの牝馬クラシック初戦・アイリッシュ1000ギニーではオッズ20対1と人気薄であったが、フィリップ・ロビンソンを背に、最後の直線入り口での先頭からゴールまで逃げ切って優勝、重賞初勝利をG1競走で果たした。続くコロネーションステークスではイギリスの1000ギニーを制したペブルス(en)と対戦。同馬もロビンソンが騎手を務めていたが、当日は本馬の方に騎乗した。レースでは直線で先頭にペブルスをゴール前で差し切り、1馬身半の差を付けて勝利した。

しかし、次走のチャイルドステークスでは同期牝馬マイセリームに5馬身差の2着と敗れ、9月に出走したクイーンエリザベス2世ステークスでは5歳騸馬テレプロンプター(翌年のアーリントンミリオン優勝馬)と直線で競り合ったが、クビ差後れての2着となった。

この後、ケイティーズはゴフスで行われた繁殖牝馬セールに上場されたが、280万ギニーという設定価格で主取り(購買者なし)となった[2]。これを受けて翌年以降も現役を続行すると見られたが、結局以後は出走することなく引退した[2]

繁殖牝馬時代編集

1985年よりイギリスで繁殖生活に入り、クリスと交配された後にアメリカへ送られ、クリスタルスプリングスファームに繋養された。以後出産した3頭の産駒はいずれもヨーロッパとアメリカで出走している。

1989年11月、ファシグティプトン社主催のセールへアリダーの仔を受胎した状態で上場され、日本から参加していた阿部雅一郎が100万ドルで落札した。このセールで阿部は計3頭の繁殖牝馬を購買、他の2頭は日本へ送られたが、ケイティーズだけは調教師の中野隆良の進言でアメリカに残され、ケンタッキー州テイラーメイドファームに預託繋養された[3]。以後は1998年に売却されるまで、交配・出産をアメリカで行い、産駒は日本で走るという形が取られ、セール時に受胎していたヒシアリダーは日本で走った後種牡馬入りした。阿部購買後の2番目の産駒ヒシアマゾンはGI競走の阪神3歳牝馬ステークスエリザベス女王杯を含め、牡馬も相手に9つの重賞に勝利した。他にヒシナイル、ヒシピナクルも重賞勝利を挙げている。また、初仔ケイティーズファースト、3番仔ホワットケイティーディドは繁殖牝馬として日本で良績を残し、前者は2007年のJRA年度代表馬アドマイヤムーンの祖母、後者は日本に輸入され、2008年のJRA賞最優秀短距離馬スリープレスナイトの母となった。

ケイティーズ自身は1998年11月にキーンランドで行われた繁殖牝馬セールに出品され、有力馬主のアーロン・ジョーンズが62万5000ドルで購買した[4]。以後もテイラーメイドファームで繋養が続けられたが、2004年8月20日、立ち上がることができなくなったため安楽死の措置が執られた[4]。23歳。遺体は同場内に葬られた[4]

産駒一覧編集

生年 馬名 戦績 主な勝利競走
1987 ケイティーズファースト Kris 19戦4勝
1988 Jet Route Alydar 5戦3勝
1989 ホワットケイティーディド Nureyev 6戦3勝
1990 ヒシアリダー Alydar 20戦5勝
1991 ヒシアマゾン Theatrical 20戦10勝
1992 ヒシフジヤマ Bering 8戦0勝
1993 ヒシイースター シアトルダンサーII 27戦3勝
1994 ヒシナイル A.P.Indy 29戦2勝
1995 ヒシレイホウ Dayjur 25戦4勝
1996 ヒシピナクル Theatrical 24戦4勝
  • (GII) ローズステークス
1999 マチカネウコン Theatrical 3戦1勝
2000 Word of Mouth Saint Ballado 不出走
2001 ロードレンジャー Forestry 26戦2勝
2004 Broadway Bound Theatrical 3戦0勝

主なファミリーライン編集

※1:「f」は「filly(牝馬)」の略、「c」は「colt(牡馬)」の略。 ※2:括弧内の競走名のうち、太字は国内限定を含む GI 級競走、#印は統一性のない主催者独自格付けの重賞競走。

ケイティーズ 1981 f
|ケイティーズファースト 1987 f
||クィーンズダガー 1995 f
|||ダガーズアラベスク 2003 f(4 勝、東京2歳優駿牝馬#ローレル賞#優勝)
||マイケイティーズ 1998 f
|||アドマイヤムーン 2003 c(10 勝、ドバイデューティーフリー宝塚記念ジャパンカップなど重賞 8 勝)
|||サブミーカー 2005 c(種牡馬)
|Jet Route 1988 f
||シルクフレアー 1995 f
|||シルクヴィーナス 2006 f
||||プレイアンドリアル 2011 c (3 勝、京成杯ジュニアグランプリ#
|ホワットケイティーディド 1989 f
||アドマイヤライト 1996 f
|||ベルーガ 2015 f(現役、ファンタジーステークス優勝)
||スリープレスナイト 2004 f(9 勝、スプリンターズステークスなど重賞 3 勝)
||スクワドロン 2010 c(現役、黒潮スプリンターズカップ#
|ヒシアリダー 1990 c(種牡馬)
ヒシアマゾン 1991 f(10 勝、エリザベス女王杯阪神 3 歳牝馬ステークスなど重賞 9 勝)
|ヒシナイル 1994 f(2 勝、フェアリーステークス優勝)
|ヒシレイホウ 1995 f(4 勝)
||ヒシセーブル 1993 f (0 勝)
|||プルーフポジティブ 2009 c (7勝、宝満山賞#、鶴見岳賞#、六角川賞#優勝)
|ヒシピナクル 1996 f(4 勝、ローズステークス優勝)

血統表編集

ケイティーズ血統ニアークティック系 / PharosFairway) 4×4=12.50%、Papyrus 5×5=6.25%(母内)) (血統表の出典)

*ノノアルコ
Nonoalco
1971 鹿毛
父の父
Nearctic
1954 鹿毛
Nearco Pharos
Nogara
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah
父の母
Seximee
1966 栗毛
Hasty Road Roman
Traffic Court
Jambo Crafty Admiral
Bank Account

Mortefontaine
1969 鹿毛
*ポリック
Polic
1953 黒鹿毛
Relic War Relic
Bridal Colors
Polaire Le Volcan
Stella Polaris
母の母
Brabantia
1953 黒鹿毛
Honeyway Fairway
Honey Buzzard
Porthaven Portlaw
Peaceful Light F-No.7-f


出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『名馬列伝ヒシアマゾン』p.132
  2. ^ a b 『名馬列伝ヒシアマゾン』p.134
  3. ^ 『名馬列伝ヒシアマゾン』pp.84-85
  4. ^ a b c Katies, Dam of Hishi Amazon, Dead”. BloodHorse.com (2004年8月25日). 2010年3月28日閲覧。

参考文献編集

  • 光栄出版部編『名馬列伝ヒシアマゾン』(光栄、1997年)ISBN 978-4877195083

外部リンク編集