サディアス・ロス

サディウス・ロスは、ジェネラル・ サデウス・E・サンダーボルトロスレッド・ハルクとも呼ばれる)は、マーベル・コミックスが出版したハルクを特集しているコミックに登場する架空のキャラクター。ロスはアメリカ軍の将校であり、グレン・タルボットの義父ベティ・ロスの父。2008年、ロスは彼の宿敵との戦いを改善するためにレッドハルクに変身。

サディアス・ロス
200x
出版の情報
出版者 Marvel Comics
初登場 As Thunderbolt Ross:
The Incredible Hulk #1 (May 1962)

As Red Hulk:
Hulk #1 (January 2008)
クリエイター Thunderbolt Ross:
Stan Lee
Jack Kirby

Red Hulk:
Jeph Loeb
Ed McGuinness
作中の情報
著名な別名 General Ross, Red Hulk, Rulk, The Thing (Future Imperfect)
能力 As Thunderbolt Ross:
Expert military strategist
Access to advanced technology and weapons
Commanding officer with access to many soldiers and armies
As Red Hulk:
Immense superhuman strength, stamina and durability
Healing factor
Energy absorption
Heat generation

キャラクター経歴編集

レッドハルク編集

ファイル:Redhulk.png
ハルク巻の表紙に見られる赤いハルク。 2#1(2008年1月)。 エド・マクギネスによるアート。

Red Hulk( Rulk [1]またはThe IncREDible Hulkとも呼ばれる )は、2008年にHulk #1で登場。レッドハルクは、ハルクに対する抑制のない、戦術的に知的な敵となるように作成され [2] [3] 1970年代のテレビシリーズThe Incredible Hulkの作成者であるKenneth Johnsonは、数十年前にその適応のために赤いハルクを提案[4]していたが、 マーベル編集長Joe Quesadaは、人間のアイデンティティが秘密だったキャラクターに[5]。 当初、レッドハルクの正体はストーリーのキャラクター[6]として知られていなかった[7]

MCU版編集

MCUでは、ウィリアム・ハートが演じる。日本語吹替は菅生隆之が担当。

キャラクター像編集

アベンジャーズをはじめとする超人ヒーローたちに、ヴィラン以外で批判的な姿勢を示す代表的人物。『インクレディブル・ハルク』ではアメリカ陸軍将軍として、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』以降はアメリカ国務長官として活動する。

職務に厳格で、勲章を複数持つなど立派な人物のようだが、ヒーローたちを露骨に毛嫌いし、彼らを合法的に圧制する術を模索している節もあり、“スーパーソルジャー計画”再開のためにブルース・バナー/ハルクを娘の恋人と知りながらも利用し、手段を選ばずに自らの保身と目的達成を企んだり、ヒーローたちを「“核弾頭”」と例えることに加え、協定に調印したトニー・スターク/アイアンマンジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシンの報告や意見を聞き入れず、一方的に自分の指示を押し付けるなど、度量が狭く独善的な冷血漢である。一方で娘のベティ・ロスとは、ブルースの実験失敗後に疎遠となり、顔を合わせる度に険悪なムードとなるが、内心では父親として偽りなく大切に思っている。

描写編集

インクレディブル・ハルク
本作でMCU初登場。5年前にスーパーソルジャー計画を再開させたものの、実験失敗でハルク化したブルースによってベティと共に負傷する。それ以降、体質が変化し行方を晦ましたブルースを目の敵・「軍の所有物」と見做し、捕獲して治療はせずに、スーパーソルジャー計画続行と実験失敗の事実の隠蔽のためにブルースの行方を追い続けていた。
現代においてブルースがリオデジャネイロに潜伏しているとの情報を得て、召集したエミル・ブロンスキーら特殊部隊を率いて現地へ向かい、作戦指揮を執るが、ブルース/ハルクの逃走を許した。その後、ブロンスキーに超人血清を勧めて投与させ、カルバー大学のキャンパスでの再戦時にもハルク捕獲の指揮を執るが、居合わせたベティの制止を聞き入れず、逆に彼女を窮地に追いやってしまい、ハルクに連れ去られることとなった。
後日、復活したブロンスキーに再度血清を投与させ、グレイバーン大学で遂にブルースを捕獲し、ベティを同乗させた輸送ヘリコプターで連行するが、アボミネーションとなってブロードウェイで暴れるブロンスキーを止めるため、彼を飛行中のヘリから降ろすことを渋々了承した。それでも、アボミネーションと戦うハルクの援護射撃を部下に指示し、ベティと2人で危機に陥りながらも激戦の顛末を見届けた。
物語のラストでは、スーパーソルジャー計画が永久凍結されたことを受け、バーで自棄酒と煙草に溺れていたが、そこに現れたトニーからチーム編成について交渉される。
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
本作では国務長官に就任しただけでなく、物語の5年前にゴルフ中に心臓発作を患い、13時間のバイパス手術を受けたことも言及している。
ラゴスで発生したアベンジャーズとブロック・ラムロウ/クロスボーンズの戦闘の余波による惨事の数日後に、“アベンジャーズ・コンパウンド”を訪ねて、アベンジャーズに超人たちを管理するために立ち上げられた“ソコヴィア協定”への登録を推し進めた。その後は、ルーマニアやドイツで幾度となく騒動を起こしたスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーたちを捉えるようにトニーたちへ命じ続けた。
事後は、戦犯としてスティーブたちを国際指名手配犯にするが、スティーブがラフト刑務所に侵入した際にトニーに連絡を取ったものの、トニーに無視されてしまう。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
本作では物語の前半にのみ登場。ニューヨークが“ブラック・オーダー”に襲撃され、地球の危機が迫っている中でも、ヒーローへの否定的かつ批判的な姿勢は一切変わらず、彼らに頼る事なく今回の事態を乗り切ろうとしていた。自身の保身及びヒーローの出撃が被害をより拡大させる可能性から、通信相手のローディに出動許可を出さないどころか、独断で戦いに赴いたトニーをソコヴィア協定に違反したとして非難し、協定に同意した事を後悔していたローディに水を差すような言い方をした。後にスティーブたちがアベンジャーズ・コンパウンドに現れた際も彼らを糾弾し、ローディに逮捕を命じるが、ローディの事実上の命令拒否によって通信を切られてしまう。
アベンジャーズ/エンドゲーム
本作では、物語のラストにのみ登場。“デシメーション”の影響で消滅していたかどうかは不明だが、トニーの葬儀に他の参列者たちと同様に、神妙な顔を浮かべながら参列する。

収集されたエディション編集

題名 収集された資料 発行日 ISBN
ハルクVol。 1:レッドハルク ハルク vol。 2#1–6 2009年2月 0-7851-2882-4
ハルクVol。 2:赤と緑 ハルク vol。 2#7–9; キングサイズのハルク #1 2009年7月 0-7851-2884-0
ハルクVol。 3:ハルク・ノー・モア ハルク vol。 2#10–13; インクレディブルハルク #600 2010年2月 0-7851-4052-2
ハルク:Fall of the Hulks Prelude ハルク vol。 2#2、16; スカー:Son of Hulk #1; ハルク:レイジングサンダー プラネットスカールプロローグ ; まったく新しいサベージShe-Hulk #4; 2010年2月 0-7851-4315-7
ハルクVol。 4:ハルクvs. X-Force ハルク vol。 2#14–18 2010年6月 0-7851-4053-0
ハルク:Fall of the Hulks –レッドハルク Fall of the Hulks:レッドハルク #1–4 2010年8月 0-7851-4795-0
ハルクVol。 5:ハルクスのFall落 ハルク vol。 2#19–21; Fall of the Hulks:ガンマ 2010年11月 0-7851-4054-9
ハルクVol。 6:世界大戦のハルクス ハルク vol。 2#22–24 2011年3月 0-7851-4267-3
レッドハルク:焦土 ハルク vol。 2#25–30 2011年5月 0-7851-4896-5
プラネットレッドハルク ハルク vol。 2#30.1、31〜36 2011年10月 0-7851-5578-3
恐怖そのもの:ハルク ハルク vol。 2#37–41 2012年2月 0-7851-5579-1
ハルク:ハルクオブアラビア ハルク vol。 2#42–46 2012年4月 0-7851-6095-7
ハルク:お化けハルク ハルク vol。 2#47–52 2012年8月 978-0-7851-6099-1
レッドハルク:マヤのルール ハルク vol。 2#53–57 2012年11月 0-7851-6097-3

脚注編集

  1. ^ "'Hulk' #5 is red hot – second printing announced". Comic Book Resources. August 12, 2008
  2. ^ George (2008年5月30日). “The Future of the Hulk: Marvel reveals new details about the current and future status of the Hulk line”. IGN. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ Colton, David (2008年2月17日). “The reliably green Incredible Hulk gets pulled into a crimson tide for '#2'”. USA Today. https://www.usatoday.com/life/books/news/2008-02-17-incredible-hulk_N.htm 2008年6月12日閲覧。 
  4. ^ Cronin, Brian. "Comic Book Urban Legends Revealed #62". Comic Book Resources. August 3, 2006.
  5. ^ Cavna, Michael (2008年9月3日). “The Interview: 'Hulk' Writer Jeph Loeb”. Washington Post. http://voices.washingtonpost.com/comic-riffs/2008/09/interview_with_the_cartoonist.html 2009年3月4日閲覧。 
  6. ^ Phegley, Kiel (July 24, 2009). "CCI: Introducing... Red She-Hulk". Comic Book Resources.
  7. ^ Strom, Marc. "Who is the Red Hulk?" Marvel.com. June 17, 2009

外部リンク編集